トップへ戻る

世界的に有名なトヨタ ランドクルーザー 中古価格まとめ

世界的に有名なトヨタ ランドクルーザー 中古価格まとめ

トヨタのランドクルーザーは、年代によって姿を変えてきた大型クロスカントリー車です。高価な車であるため、新車ではなかなか買えないという人も多いかもしれませんね。本記事ではそんな方向けに、中古車情報をまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ランドクルーザーとは

2007年モデル

トヨタのランドクルーザーは、製造・販売する大型クロスカントリー車です。世界的にも人気があり、とりわけその耐久性には定評があります。

ランドクルーザーから派生したSUV、ランドクルーザープラドも人気が高い車種となっています。

ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラド

気になる!トヨタ ランドクルーザーが人気なわけ

悪路であっても、ものともしないパワフルでダイナミックな走り、そしてそのタフさ、頑丈さがランドクルーザーの最大の魅力です。「壊れない」と有名なランクル。「ランクルならどんなに走っても、悪路でも安心!」そんな信頼性もポイントです。

トヨタ ランドクルーザーの中古車 モデル別中古車相場・中古価格

トヨタ ランドクルーザー100(1998年1月~2007年6月)

100系

1998年に登場した100系のランドクルーザーは、トヨタ最上級のSUVとして、今もなお愛され続けています。クロスカントリー4WDとして、北米や中東の市場をターゲットにしており、内外装とも高級路線となっています。

エクステリアはフルカラードのバンパーにより都会的な演出を行い、インテリアでは本革やウッドの使用により上質感を醸し出しています。足回りには車高調整装置AHCや16段階で減衰力を電子制御するスカイフックTEMSなどを装備しています。そして、エンジンは4.7LのV8ガソリンと4.2Lのディーゼルターボの2種類があります。

燃費性能は、10・15モード燃費:6.1~6.5km/l です。

 
トヨタ ランドクルーザー100(1998年1月~2007年6月)
平均価格約188.6万円
中古価格帯約149.8万円~779 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

トヨタ ランドクルーザー200(2007年9月~)

トヨタ ランドクルーザー 200

トヨタ ランドクルーザー 200

トヨタ ランドクルーザー200は、4WDの王者として、伝統の機能性能と最新技術によってランドクルーザーの人気を不動のものとしました。オフロードの走破性や耐久性だけでなく、快適性や高級感も併せ持ったクルマと言えます。

プラットフォームやフロントサスペンションは強化され、スタビライザーをコントロールするKDSSやトルク感応型駆動力配分機構をもつ4WDシステムが最新技術により装備されました。エンジンも新開発により基本性能が向上しました。

燃費性能は、10・15モード燃費:6.6~7.1km/Lで、新車価格は、435万円〜723.6万円となっています。

 
トヨタ ランドクルーザー200(2007年9月~)
平均価格約503.5万円
中古価格帯約198万円~1018 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

トヨタ ランドクルーザー200の新車当時の価格は435万円以上でしたが、2016年式車であれば、個体によっては車体価格395万円程で購入可能なものもあるようです。
※情報は2019年5月現在のものです

トヨタ・ランドクルーザー・ヘリテイジエディション(2019)

トヨタ・ランドクルーザー・ヘリテイジエディション(2019)

まとめ

100系

トヨタ ランドクルーザーは、フルモデルチェンジの度に姿を変えても、その強靭なボディや信頼性は変わらず、大型クロスカントリー車の代表として世界中で評価を受けています。

新車で購入するのはちょっと敷居が高いなあと思われる方、ぜひ中古車を検討してみてはいかがでしょうか。

ランドクルーザープラドに関する記事はこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。