トップへ戻る

【フランクフルトモーターショー2019】ついに来たランドローバー ディフェンダー新型

【フランクフルトモーターショー2019】ついに来たランドローバー ディフェンダー新型

ランドローバーは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019において、新型『ディフェンダー』(Land Rover Defender)を初公開しています。本記事では最新情報とともに最新画像もまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【フランクフルトモーターショー2019】ついに来たランドローバー ディフェンダー新型

《photo by Land Rover》ランドローバー・ディフェンダー 新型

《photo by Land Rover》ランドローバー・ディフェンダー 新型

ランドローバーは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、新型『ディフェンダー』(Land Rover Defender)を初公開しています。本記事では最新情報とともに最新画像もまとめています。

ランドローバー ディフェンダー最新画像

《photo by Land Rover》ランドローバー・ディフェンダー 新型

《photo by Land Rover》ランドローバー・ディフェンダー 新型

《photo by Land Rover》ランドローバー・ディフェンダー 新型

《photo by Land Rover》ランドローバー・ディフェンダー 新型

《photo by Land Rover》ランドローバー・ディフェンダー 新型

《photo by Land Rover》ランドローバー・ディフェンダー 新型

新型は、短い前後オーバーハングにより、優れたアプローチアングル、デパーチャーアングルを追求した。ひと目でディフェンダーとわかるシルエットに仕上げている。ランドローバーのデザイナーは、専用の直立フォルムをはじめ、ルーフ後方に取り付けた「アルパインライト」ウィンドウ、横開きのリアテールゲート、背面スペアタイヤなど、初代ディフェンダーの特長を新たな形で取り入れ、21世紀仕様の最新SUVを開発した。

オフロード性能が向上!

ランドローバーが、極限での環境向けに新開発した「D7x」アーキテクチャーは、軽量アルミニウムのモノコック構造で、ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造になっています。

従来のラダーフレーム構造と比較して、およそ3倍のねじり剛性を確保しました。開発の過程で6万2000項目以上のテストをしており、シャシーとボディ構造は一般的なSUVや乗用車の基準を上回るとのことです。

パーマネントAWD、ツインスピード・オートマチック・ギアボックス、センター・ディファレンシャル、オプションのアクティブ・ロッキング・リア・ディファレンシャルなど、柔らかい砂が舞う砂漠地帯から極寒のツンドラ地帯まで、あらゆる環境で優れたパフォーマンスを発揮するために、必要なすべての機能を追求しています。

新型で新採用した「コンフィギュラブル・テレイン・レスポンス」では、オフロード経験が豊富なドライバーが状況に応じて細かな車両設定が可能になります。

今からオフロードを楽しみたいというドライバーも、インテリジェントオート機能を利用して、地形に合わせたモードをシステムに検出させることが可能になります。

マイルドハイブリッドモデルも

パワートレインは、ガソリンとクリーンディーゼル。

2020年にはプラグインハイブリッド車(PHV)を追加する予定です。

導入時は、高効率なマイルドハイブリッドテクノロジーを搭載した4気筒の「P300」と、パワフルな6気筒の「P400」のガソリンモデルをラインアップ。

このほか、4気筒ディーゼルエンジンは「D200」とパワフルな「D240」の2種類を設定しています。

NEDC(新欧州サイクル)による燃費は13.2km/リットル、CO2排出量は99g/kmを実現します。

ランドローバーのディフェンダーってどんな車なの?

ランドローバー ディフェンダー

ランドローバー ディフェンダー

ディフェンダーは、ランドローバーの第一号車として、1948年にデビューした「シリーズ1」の伝統を受け継ぐSUVです。

高い悪路走破性を最優先に追求したモデルで、その無骨なまでのフォルムと優れたオフロード性能は、世界中で多くのファンに支持されてきました。

このディフェンダーの量産は2016年1月に終了しています。

関連する投稿


【中止決定】1月15日~17日に東京オートサロン2021開催!会場、チケット情報

【中止決定】1月15日~17日に東京オートサロン2021開催!会場、チケット情報

【中止決定】「東京オートサロン2021」が、2021年1月15日から17日の3日間、幕張メッセで開催されます。今年は「現地(リアル)」と「インターネットによる配信」が併用され、より多くの自動車ファンが楽しめる形式です。そこで、東京オートサロン2021の概要と共に、前回開催の「東京オートサロン2020」についてもまとめました。


トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタの新たなSUVと言われているTj(ティージェイ)クルーザー。Tjクルーザー、特に注目したい点がスライドドア付きSUVという点。今回はこのTjクルーザーというトヨタの新たなコンセプトカーがどういう車なのか?そもそも発売はあるのか?価格・発売日・スペック他気になる最新情報をまとめて紹介します。


外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

アウトドアに使いやすいSUVを探している方にとって、国産車とは違った個性的なエクステリアでラグジュアリーな外車のSUVは魅力的です。しかし価格が高いと感じるモデルもありますし、どんなメーカーがどんな車種を販売しているのか分かりにくいこともあるでしょう。そこで今回の記事では、外車のSUVにはどんな種類があるのか、主なメーカーと代表的なモデルをご紹介します。


レンジローバーとは?ランドローバーとの違いや現行車種一覧!

レンジローバーとは?ランドローバーとの違いや現行車種一覧!

高級SUVを調べていると必ずと言っていいほど目にするのがレンジローバー。レンジローバーはランドローバーと混同しそうになりますが、高級SUVのフラッグシップモデルの名前です。しかしなぜランドローバーと勘違いしてしまうのでしょうか?この記事では、レンジローバーが生まれた背景や現行車種の一覧をご紹介します。


ランドローバーの現行車種を徹底解説!その歴史やレンジローバーとの違いも

ランドローバーの現行車種を徹底解説!その歴史やレンジローバーとの違いも

高級SUVブランドであるランドローバー。耳にしたことはあってもどんなブランドなのかは知らない方もおられるかもしれません。また混同されがちなものとしてレンジローバーがあります。今回は、ランドローバーの歴史や日本で発売されているモデル、またレンジローバーとの違いまで詳しくご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。