トップへ戻る

日本の高級ブランドレクサス人気車種!LC RX RC LFA 紹介

日本の高級ブランドレクサス人気車種!LC RX RC LFA 紹介

日本車の高級ブランドとして世界中で認められる強固な地位を築いた「レクサス」。スポーツ、セダン、ハイブリッド、SUV、クーペと、さまざまなラインナップが揃えられています。2017年春に展開予定の注目すべき新型モデルはどんな車でしょう?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサス、LCが2017年に発売!

2017年、それはレクサスLCの年といっても過言ではありません。

LCは、レクサス最上級2ドアクーペタイプのスポーツカーです。走行性能は安定感且つダイナミックな馬力を誇っています。概観はレクサスという高級感を無くすことなく、RCに似た上品なプロモーションです。

LC500のパワートレーンにはRCF、GFS用の【2UR-GSE】型5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンが搭載されています。

LCが2017年発売されることに先駆けで、特設サイトを立ち上げています。無料の会員登録を行うことで商品情報や開発者のメッセージなどが閲覧可能です。

気になるハイブリッドは?加速感は大丈夫?

LC500

レクサスのLCハイブリッドは、中国で行われた広州モーターショー16で、2016年11月に初公開しています。

LC500のハイブリッド版で、マルチステージハイブリッドを搭載していてLCで初めて開発されている機能です。

エンジンはモーターと合わせる事により、360psの高パワーが出ます。ギアの変更が可能で、エンジンの回転に合わせた走りをしてくれます。低速でも高速でも効率の良い動作が選択するため、燃費が良い走りが出来ます。

2ドアクーペといえば燃費が悪いというのが通説で、燃費のいいSUVの売れ行きが伸びている一方、クーペの売れ行きが落ちている理由もここにあります。

「レクサスLC」には、大きくわけてLC500とLC500hの2つのグレードがあり、LC500hはハイブリッドモデルです。

新開発のマルチステージハイブリッドが採用されていて、スーパースポーツクーペの設定にもかかわらず、18.0km/Lと言う低燃費を実現しています。一方、モーターと有段のギアを組み合わせることで、駆動力は従来の30%向上。これまで以上にダイレクトな加速感も実現しています。

ここで押さえておきたいハイブリッド仕様一覧

余談ですが、レクサスのハイブリッド仕様車には10種あり、その中でLSは匠の技を取り入れたデザインで運転を触発してくれます。

GSは美しいデザインで、ゆとりのある室内で運転していても快適に過ごせます。ISは先進機能が搭載されていて、ドライバーの好きな運転が可能です。これらの販売を行っていて、ついに累計台数100万台を2016年3月末に達成しています。

そして現在は最新の車種にLC500hがあり、マルチステージハイブリッドシステムにより加速と効率の両方を兼ね備える事が出来ています。

プレミアムサウンドシステム搭載

LC500

レクサス「LC」の大きな魅力のひとつが「ハイエンドオーディオ」です。パイオニア製のプレミアムサウンドシステムを標準装着しています。

新開発の8チャンネルフルデジタル クラス-Dアンプと、12個のスピーカーで構成されていて、ハイエンドオーディオブランド「TAD(テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ)」の技術も投入し、原音に忠実な再生を実現しています。

V8エンジンの音が響くクーペの車内が、フロント、サイド、リアにバランスよく配された12個のスピーカーにより、迫力の音場空間へと変化します。

LCはより優雅に。よりシャープに。

写真からでもわかるこの品格!!乗ってみたい

2ドアクーペの最大の課題はなんといっても軽量化です。車の重心を落とし、後方にずらすことで、走行はより安定しますが、より早く走るためには軽量化が欠かせません。

レクサス「LC」のボディデザインは、従来のRCに比べてフロント部分が長く見えます。エンジンをやや後方に下げることで、重心を後方にずらすと同時に先端をよりシャープなデザインにしています。

同時に軽量化へも取り組んでいます。カーボン素材を積極的に採用し、サスペンションタワーをアルミ製にすることで、約100kgの軽量化を実現しています。

レクサスRX

レクサスRXのハイブリッド車は、価格が6,025,000円~7,425,000円です。燃費は18.8Km/Lで、3.5Lアトキンソンサイクルエンジンにより走りは力強いものの排出するガスを効率よく燃やしています。

E-Four 機能搭載で、滑りやすい路面を走行しても安定して走れます。どんな路面でも車両の揺れを感じにくいため、乗り心地が快適です。

燃費と環境に優しい機能の代表の、アイドリングストップ機能をもちろん搭載されています。回旋する時は安定した走行で、燃費向上に繋がっています。

RXが進化した!新型ハイブリッド

RX ハイブリッド

フルモデルチェンジしたレクサスRXは4代目で、ハイブリッドを搭載した型になっています。燃費は1.4リットル向上していて、更に低燃費になりました。デザインはコンセプトが色気がある力強さで、ホイルベースを伸ばした事で室内を広くしています。

タイヤのサイズも大きくなり、RXがまさに進化したデザインです。フロント面にはLEDライトを使用して、ライトの寿命を長持ちさせ環境にも優しいです。シーケンシャルターンシグナルランプにした事で、見やすい明るさが実現しています。

レクサス RCについて知りたい

RC350

RCの2ドアクーペは、日本ではいまひとつ人気のなかったレクサスを奮起させる期待の込めた名車として販売させました。

RC350で3.5リットルのV6エンジンとRC300hの2.5リットル直4エンジン+モーターのHVが開発されました。価格はRC350が596万円~660万円で、RC300hは565万円~629万円となります。

室内は、圧迫感のないラグジュアリーな室内空間となっていて、着座位置は低くありません。トランクルームはゴルフバッグが2つ入るほどの広さで決して狭くはありません。

RCFについて知りたい

RCFは、これまでの経験を活かした開発でスタートしています。RCと同時開発でISFとは全く違った発想を持ち、RC専用チームが試行錯誤で完成させた相乗効果の高まった車です。

RCFはレーサーのためじゃない車として販売されています。同時開発のRCはスポーツタイプをウリにしてサーキット”も”走れる車として販売されたのに対し、RCFは家族を乗せて思いっきりサーキットを楽しめ、帰りは観光をする為に寄り道して帰ってくるという行楽を1台で完結できるというコンセプトからサーキット”が”走れる車というのがRCFの狙いです。

RCFの価格は1000万円前後と高額になります。

価格は3750万円?!LFAについて知りたい

LFA

LFAは、Lexus Flagship Apexの頭文字を取って名づけられ、レクサスブランドで頂点に立つスポーツカーです。世界で500台の限定車で、日本での販売台数は165台しかありません。

V型10気筒の4.8リットルエンジンは、最高出力560PS、最大トルク48.9と、高級スポーツカーならではの加速力をもっています。

価格は3750万円と高額ではありますが、世界最高レベルのトヨタの技術力とレクサスブランド力で、トップレベルですし、そもそも利益度外視して送り出した車なので頷けます。
高級感と最高峰の走行性能を兼ねたトヨタ至上最高傑作です。

一度は乗りたい高級車レクサス!最新LS、LC500~人気車種まとめ

http://matome.response.jp/articles/22

高級車ブランド、レクサス(LEXUS)。レクサスと言ってもそのバリエーションはライフスタイルに合わせてさまざまです。最新の新型LS、LC500、特に人気の高いハイブリッド車、SUV、クーペについて、価格や違いなどをまとめてみました。

関連する投稿


高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

国産車の中でも一際高いブランドイメージで憧れの「レクサス」。高級ホテルのようなその販売店に並べられる新車たちはお高めの価格設定になっていますし、中古車であっても高い人気を背景に値段が下がらない車種もあります。そこでこの記事では、レクサスバッジの優越感を味わえるのにおトクな「安いレクサス」の選び方を、実例もまじえてご紹介していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。