トップへ戻る

マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUVであるCX-5は、マツダ車に共通するデザインコンセプト「魂動-SOUL of MOTION」を採用した最初の車種です。登場からまだ8年目ですが、すでに一度フルモデルチェンジを行っていて現行モデルは2代目に当たります。今回はマツダCX-5の中古車情報をお伝えします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダのクロスオーバーSUV CX-5とは

※写真は、CX-5の2012年発表モデルです。

CX-5は、5人乗りのクロスオーバーSUVとして2012年に登場。SKYACTIV(スカイアクティブ)技術をガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーのすべてに採用し、上質で気持ちのいい走りと、優れた燃費性能を両立し、その後のマツダによるSUVラインナップの中心車種となりました。

2016年12月にはフルモデルチェンジを受け、機能と性能を向上させ、さらに2018年2月の改良において2.5Lガソリン直噴ターボエンジンが追加されています。

マツダのCX-5の中古車 モデル別中古車相場・中古価格

※写真は、CX-5の2016年発表モデルです。

ここからは、それぞれのモデル別中古車市場や価格などを中心に紹介するとともに、新車価格や中古市場で購入するときのポイントなどをまとめています。では、初代から見てみましょう。

マツダ 初代CX-5(2012年02月~2016年11月)

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

初代CX-5は2012年に発売を開始しされ、その人気は、2012年、2013年の国内SUV販売台数で1位を獲得するほどです。

複数回の改良によって商品価値を維持し、特に2014年の11月に行われた大幅な改良では先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を強化した他、日本の自動車メーカーで初めてとなるLEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを備えたヘッドランプシステム「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を新搭載するなど、刷新されています。

燃費についてはJC08で14.6km/L~18.6km/L、10.15では17km/L~20km/L、排気量は1997cc~2488ccとなっています。

初代CX-5 中古車価格

初代CX-5中古価格(2012年02月~2016年11月)
平均価格 約153.2万円
価格帯 約55万円~283万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

初代CX-5のエクステリア・インテリア画像

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

マツダCX-5(2012)

マツダ 2代目CX-5(2016年12月~)

マツダ CX-5(2019)

マツダ CX-5(2019)

2017年2月より、2代目CX-5が発売されました。初代と比較すると、台形フォルムになったエクステリア、インテリアではデコレーションパネルに新開発の加飾フィルム採用など、質感の向上をはかっています。

エンジンは当初、「SKYACTIV-G 2.0」、「SKYACTIV-G 2.5」、「SKYACTIV-D 2.2」。トランスミッションは、全グレードに6速ATの「SKYACTIV-DRIVE」(6EC-AT)を設定していました。

2018年10月には2.5L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」(PY-VPTS型)を日本向けに初採用した「25T L Package」を追加しています。

2代目CX-5 中古車価格

2代目CX-5中古価格(2016年12月~)
平均価格 約284.6万円
価格帯 約179万円~410 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

2代目CX-5のエクステリア・インテリア画像

マツダ CX-5 の2019年モデル

マツダ CX-5 の2019年モデル

マツダ CX-5 の2019年モデル

マツダ CX-5 の2019年モデル

マツダ CX-5 の2019年モデル

マツダ CX-5 の2019年モデル

マツダ CX-5 の2019年モデル

マツダ CX-5 の2019年モデル

まとめ

※写真は、CX-5の2012年発表モデルです。

以上、マツダCX-5について紹介してまいりました。 CX-5は、現在のマツダを代表するクルマです。人気を反映して中古車市場でも高年式車は値下がり幅は小さいのですが、買っても後悔しないことだけは確かです。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。