目次へ戻る

【東京モーターショー2019】スズキはみんなをワクワクさせてくれそうな予感

【東京モーターショー2019】スズキはみんなをワクワクさせてくれそうな予感

スズキは東京モーターショー2019の出品概要を発表しました。スズキは2020年に100周年を迎えることから、次の100年に向けて、小さなクルマだからできるワクワクのある毎日を「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。」というテーマで演出。四輪車では、参考出品が5車種7台市販車が12台で、四輪のワールドプレミアも7台と多く、相当気合が入っています。そんなスズキの出品車の中から注目車種を抜粋してご紹介します。


ハスラーコンセプト・・・もはや予告先発!!

ハスラーコンセプト

ユニークなSUVコンセプトで発売直後から人気車種となったハスラーの、新型予告ともいうべきコンセプトモデル「HUSTLER CONCEPT(ハスラー・コンセプト)」が2台出展されます。

ハスラー・コンセプトでは、ライフスタイルが多彩になっていることから日常で楽しく乗りこなせる「タフで力強い」新たなハスラースタイルをデザインで提案しています。

現行ハスラーと比べて車体がスクエアになり、リアクォーターウインドーが追加されています。

フロントフェイスこそ現行モデルを引き継いでいますが、全体的に大きく立派になって、これまで以上にSUVテイストが増し、現行モデルのように女性ユーザーから「カワイイ」という評価はもらえないかもしれません。

2004年まで発売されていたダイハツの「ネイキッド」や、2000年まで販売されていた日産の「ラシーン」を少し思い出しますね。

新しい派生車種か?・・・ハスラー「アーバンアウトドアスタイル」

アーバンアウトドアスタイル

アーバンアウトドアスタイル

加えて、“標準仕様”ハスラーコンセプトとともに、日常でアウトドアスタイルを楽しむ「アーバンアウトドアスタイル」を強調した、バーミリオンオレンジ車体色のカスタマイズ仕様も展示されます。

デカールやルーフラッピング、ルーフラックが装備され、ただでさえSUVテイストが増しているハスラーコンセプトが本格的アウトドアモードに変身しています。

主要諸元も全長3395mm、全幅1475mm、全高1680mm(ルーフラック無し)、ホイールベース2640mm。

パワーユニットは658cc直列3気筒・吸排気VVTマイルドハイブリッドと、658cc直列3気筒ターボ・吸気VVTマイルドハイブリッドが設定され、コンセプトカーとしては出来上がりすぎなので、標準車とともにこのまま市販されるかもしれませんね。発売に期待です。

つまりトランスフォーマーだな・・・コンセプトカー「WAKUスポ(ワクスポ)」

WAKUスポ(ワクスポ)

モーターショーならではのコンセプトカーの1台が「WAKUスポ(ワクスポ)」です。1台で楽しさやワクワクを家族でシェアできるというパーソナルコンパクトPHEVとして提案されています。

WAKUスポ(ワクスポ)

シェア?というのは、「ワクワクスイッチ」を押すとリヤの車体構造が変化し、ノッチバッククーペスタイルとワゴンスタイルにトランスフォームするというものです。

フロントグリルの意匠も変わり、インパネもドライバーの好みで変更でき、クーペ向けとして、全面大型モニター、ワゴン向けとして木目調加飾が設定されています。

全長3700mm、全幅1650mm、全高1430mm(クーペとワゴンで共通)のAセグメントボディで4名乗車、パワーユニットはPHEV、駆動レイアウトは4WDを想定していて、過去に登場したダイハツのコペンや日産のエクサがボディの一部やパネルを取り換える構造にあっているのと異なり、スイッチ一つで変更できるのがポイントです。

近未来を感じます。

母屋から離れていくお部屋・・・モバイルルーム「HAHARE(ハナレ)」

HAHARE(ハナレ)

HAHARE(ハナレ)

モバイルルーム自動運転車「HAHARE(ハナレ)」は、誰もが移動時間とほどよい空間を有効活用することを意図し、家の「離れ」のような空間が移動することで、プライベートな空間と、遊びの拠点との空間とを両立します。

また、レベル5の完全自動運転を想定し、ステアリングホイールやインパネを無くしたことによって、室内空間を増やし、レイアウトの自由度を得ています。

狭い場所での出入りが楽な前後対称のデザインで、全長3900mm、全高1800mm、全幅1900、4WDのEVとなっています。もちろん住宅の「離れ」をイメージしたネーミングですが、この「ハナレ」はどんどん離れていくのです。

必要なんだよなーおむつ買える場所・・・参考出品車「エブリイどこでもベビールーム with コンビ」

エブリイどこでもベビールーム with コンビ

車そのもののコンセプトではなく、利用方法の提案型です。

軽商用車「エブリイ」をベースに、ベビー用品を扱うコンビ(株)とコラボレーションしたコンセプトモデルで、屋外イベント会場や災害時の避難所等で、安心しておむつ替えや授乳ができる車両を提案しています。

あまり話題になっていませんが、たしかにお子さんがいる方にとっては絶対必要なのです。

その他の市販車

ジムニー

おなじみの市販車からは登録車は、クロスビー、ソリオ バンディット、エスクード、ジムニーシエラ、スイフトスポーツ、SX4 S-CROSS。軽自動車はスペーシア ギア、スペーシア カスタム、ジムニー、アルト、ワゴンR、スーパーキャリイが出展されます。

まとめ

メインはハスラーコンセプト。コンセプトとなっているものの、これが新型ハスラーそのものであるのは誰ですかも若い借ります。

またまた大ヒットする可能性大ありなので業界関係者のみならず、特に2014年発売の現行車種に乗っている方にとっては興味津々であることは間違いないでしょう。

輸入車が少ない今回の東京モーターショーですが、スズキをはじめとする国産メーカーの小さいけどわくわくするモデルを見られるのはここだけかも!

逆に海外のメディアの方が注目するかも知れませんね。

関連する投稿


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月14日更新】


【2019年最新版】軽自動車の人気ランキングTOP10! 人気・おすすめの軽自動車は?

【2019年最新版】軽自動車の人気ランキングTOP10! 人気・おすすめの軽自動車は?

軽自動車人気ランキングトップ10(全軽自協調べ/2019年上半期)をご紹介します。幅広い世代から高い人気を誇る軽自動車。新車価格・中古車価格・燃費性能・特徴、画像も多数!購入検討をしている方から、どんな軽自動車が売れているのかな?という方まで。軽自動車が気になる方はぜひ、本記事を!【11月更新しました】


スズキのSUV エスクードの評価や燃費、中古価格一覧|マイナーチェンジ情報も

スズキのSUV エスクードの評価や燃費、中古価格一覧|マイナーチェンジ情報も

スズキ セーフティ サポート搭載の人気車種、「エスクード」の歴代モデルの特徴や評価・中古価格や燃費などをまとめてみました。エスクードに乗り換えをお考えの方は是非ご参考にしてください。


元宅配ドライバーが選ぶ!仕事に使える!おすすめの軽バンはこれだ!

元宅配ドライバーが選ぶ!仕事に使える!おすすめの軽バンはこれだ!

現在、宅配や小口運送に代役する軽自動車規格の商用バン、いわゆる「軽バン」は、ダイハツの「ハイゼットカーゴ」とスズキの「エブリイ」という2強と、新たに参戦したホンダ「N-VAN」という3車種とそれらのOEM供給車両に限られています。そして、軽バンにかかわらない人にとっては、これら3車種のどこが違うのかわからないかもしれません。しかし、この「軽バン」、知れば知るほど個性満載の内容になっているのです。そこで今回、元宅配ドライバーでもある筆者が、「軽バン」3車種をご紹介すると同時に仕事に使えることを基準に評価したいと思います。


本格派SUV ジムニーとジムニーシエラ買うならどっち?

本格派SUV ジムニーとジムニーシエラ買うならどっち?

2018年7月に発売されて以来大ヒット中の新型ジムニー。ご存じの通り軽自動車軽規格の本格派SUVですが、共通のボディを持ちながらも1.5Lエンジンを搭載する小型自動車のジムニー・シエラも高い人気をほこっています。見た目に大きな違いがないこともあり、どちらにするか悩む人も多いと思います。そこでこの記事では、ジムニーとジムニーシエラそれぞれの特徴と違いをご紹介します。あなたはどちらを選びますか?


最新の投稿


2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

いよいよ今年もあと少し。そうです、「日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」の時期というわけです。11月7日にまず発表されたのは、全35台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」。この中から12月6日の最終選考で日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定するのですが、どれも今年話題になった車ばかりで…。イヤーカーはどのクルマになるのでしょうか?


光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

1994年に、二人乗りオープンカーであるゼロワンを発売し、日本で10番目の自動車メーカーとなった光岡自動車。そんな光岡自動車が2008年に発売したオープンカー、ヒミコを中古車情報と共にご紹介していきます。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月14日更新】


【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

トルクレンチは自動車のホイールナットなどを締める工具で、用途により沢山の種類があります。今回はおすすめのトルクレンチを紹介して行きますので、お買い求めの際に参考になれば幸いです。


日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン。デイズシリーズの第2弾のハイトワゴンモデルがデイズルークスです。本記事ではデイズルークスの中古車情報を紹介しています。(※情報は2019年10月現在のものです)