トップへ戻る

【2019年度上半期新車販売】「N-BOX」自己新記録で3年連続トップもホンダは素直に喜べない?

【2019年度上半期新車販売】「N-BOX」自己新記録で3年連続トップもホンダは素直に喜べない?

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した、9月および2019年度上半期(4~9月)の車名別新車販売台数によると、ホンダ N-BOXが9月度は25か月連続、上半期でも自己新記録で3年連続トップとのこと。 9月は東京モーターショー直前だけに通常の月よりも、より意義のあるランキングとなりそうです。 しかし、発売以来好調な滑り出しを見せた新型N-WGNが生産停止という、ホンダにとって深刻な事態が発生し、思わぬ展開になっているとか…?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


9月車名別新車販売台数ランキング

ホンダN-BOX

()内は前年同月比

1位:ホンダN-BOX 2万8484台(26.4%増・5か月連続増)
2位:ダイハツ・タント 2万1858台(84.3%増・14か月連続増)
3位:日産デイズ 1万7841台(18.4%増・6か月連続増)
4位:スズキ・スペーシア 1万5754台(14.2%増・4か月ぶり増)
5位:トヨタ・シエンタ 1万3558台(85.4%増・6か月連続増)
6位:ダイハツ・ムーヴ 1万3497台(21.0%増・2か月連続増)
7位:日産ノート 1万3183台(3.0%減・3か月連続減)
8位:トヨタ・プリウス 1万1158台(16.7%増・6か月連続増)
9位:トヨタ・カローラ 1万1046台(26.5%増・3か月ぶり増)
10位:トヨタ・ヴォクシー 1万0178台(41.6%増・6か月連続増)

9月度 タント新型も及ばずN-BOX が25か月連続トップ

ダイハツタント

N-BOXは25か月連続のトップとなり、7月にフルモデルチェンジされたタントも前年同月比84.3%増の2万1858台と好調でしたが、N-BOXはそれを上回る同26.4%増の2万8484台。前月1444台にまで詰めたその差も、6626台と大きく差を広げて不動のトップは動きませんでした。

トヨタシエンタ

登録車ではトヨタのシエンタが前年同月比85.4%増の1万3558台で2か月連続トップとなりました。

しかし、順位は5位どまりで軽自動車がトップ4を独占しました。トップ10の車種では軽自動車と登録車が5台ずつと分け、好調な販売を続ける車種が並びますが唯一、日産のノートだけが同減となっているのが気になります。

9月度軽自動車新車販売 新型N-WGNが生産停止!!

ホンダN-WGN

N-BOXが25か月連続のトップとなり、しかも前年同月比も 26.4%増とまったく衰えを知らない勢いです。

しかし、喜んでばかりいられない事件が発生。なんと前月6位に急浮上した新型N-WGNが生産停止という事態を受け、8月の3割程度しか販売できませんでした。

発売からたった2ヵ月で生産停止となった原因は新しく装備された「電動パーキングブレーキ」の不具合が発覚したために、部品供給がストップしたことによります。

実はこの部品、発売予定が遅れた原因でもあり、さらに、発売まじかの新型フィットにも採用されるそうなので、かなり深刻な状況。

対策が取られ次第生産は開始されますが、せっかくN-BOXに次ぐホンダの旗艦車種となるはずだったために、今後の影響が気になります。

ダイハツタント

ダイハツのタントは再びN-BOXに大きく差を付けられましたが、前年同月比84.3%増で14か月連続で増加させ、しかも2万台を超えたのはN-BOX以外にはこのタントだけ。

好調なうちにN-BOXを追い詰めておかないと、年末に発売予定の新型デイズルークスが登場すると話題を独占される可能性もあります。

9月度登録車新車販売 やはり来た!カローラベスト10入り!

トヨタカローラ

総合で9位、登録車で4位に登場した新型カローラ。しかも9月17日に発売されたため、半月に満たない実績ながらも 1万1046台を登録しています。

フルに1ヵ月稼働すれば登録者としては久々の2万台も可能性があるのです。N-BOXを押さえるのはタントではなく、このカローラかもしれません。

マツダ3

その他では、マツダ3として新登場した旧アクセラが登録車で11位に入っており、マツダ2(旧デミオ)とともにじわじわと順位を上げています。

ただし、マツダではCX-3、CX-5、CX-8という主力のSUVシリーズが揃って不振なのが気がかりではあります。

SUVではトヨタのC-HR、日産のエクストレイル、スバルのフォレスターがいずれも台数を減らしており、唯一好調だったRAV4も勢いが止まっており、SUV人気に影がさしている?かもしれません。

日産スカイライン

意外だったのが日産のスカイライン。

台数こそ1000台強とランキング下位ですが、なんと前年比3倍以上の伸びをいせています。もっともこれまでが売れなさすぎともいえるのですが、「プロパイロット2」の話題性とスカイライン史上最強と言われる新機種の「400R」が人気となり、名車復活となりそうな勢いです。

2019年度上半期新車販売台数 N-BOX自己新記録で3年連続トップ 

トヨタプリウス

同時に発表された2019年度上半期の販売ランキングでは、ホンダN-BOXが上半期過去最高の13万6047台(前年同期比16.2%増)を販売し、3年連続のトップとなり、2位は7月にモデルチェンジしたダイハツタントで同39.4%増の8万8233台。

3位には日産デイズが入り、4位のスズキスペーシアを含め、トップ10の中に軽自動車は5台が入り、トップ4を独占しました。

そして、登録車トップのトヨタのプリウスは5位どまりとなり、軽自動車優位の状況は続いており、特にトップ4の4台は当分の間不動と思われます。

【2019年度上半期】 車名別新車販売台数ランキング

日産ノート

()内は前年同月比

1位:ホンダN-BOX 13万6047台(16.2%増)
2位:ダイハツ・タント 8万8233台(39.4%増)
3位:日産デイズ 8万1932台(29.7%増)
4位:スズキ・スペーシア 7万9843台(8.5%増)
5位:トヨタ・プリウス 6万6628台(22.5%増)
6位:ダイハツ・ムーヴ 6万2768台(2.7%増)
7位:日産ノート 5万9474台(6.0%減)
8位:トヨタ・シエンタ 5万5602台(43.9%増)
9位:トヨタ・アクア 5万1168台(17.8%減)
10位:トヨタ・ルーミー 4万9206台(10.8%増)

まとめ

ホンダ N-BOXの25か月連続トップ、上半期自己新記録で3年連続トップという誇らしげなホンダのリリースも、新型N-WGNの生産停止というニュースの前にちょっぴりかすんでしまった9月度でした。

そしてSUV人気に影が忍び寄る中、カローラの躍進、スカイラインの復活という新たな展開も見えてきました。

また、東京モーターショウではマツダCX30や三菱の新型軽自動車、そしてホンダのフィットや電気自動車など、新型車が続々と登場します。

さて、10月のランキングはどうなるでしょうか?今から楽しみですね!

関連するキーワード


軽自動車 ランキング

関連する投稿


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


スズキ スペーシアカスタムとは?軽を超えた迫力のボディと広々車内空間

スズキ スペーシアカスタムとは?軽を超えた迫力のボディと広々車内空間

スズキのスペーシアカスタムについてご紹介する記事です。通常のスペーシアとカスタムの違いをはじめとして、外装の質感の高さや広い車内空間などの魅力を解説。そして、ライバルにあたるモデルとの比較も行います。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。