目次へ戻る

【東京モーターショー2019】EV祭り!コンセプトカー特集!

【東京モーターショー2019】EV祭り!コンセプトカー特集!

いよいよ一般公開される東京モーターショー2019では、販売予定の車種やコンセプトカーなど、各メーカーからEV(電気自動車)が大挙して参戦しており、さながらEV祭りですね。その中でもとりわけ気になるEVをご紹介しましょう。これから東京モーターショーに来られる方は、各ブースのEV巡りをしてみてはいかがでしょうか?


日産は次世代のEV2台をワールドプレミア

IMk

日産 IMk(東京モーターショー2019出品車)

日産 IMk(東京モーターショー2019出品車)

日産 IMk(東京モーターショー2019出品車)

日産 IMk(東京モーターショー2019出品車)

日産自動車は23日のプレスカンファレンスで、軽自動車のEV「IMk」と、SUVのEV「アリアコンセプト」という次世代のEV2台を世界初公開しました。

「IMk」は、新開発したEVプラットフォームに、EVならではの低重心のパッケージを採用し、軽自動車規格のコンパクトな車体サイズにまとめ、エクステリアには日本らしい伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質でシックなデザインを取り入れ、新しい時代の小型EVの姿を提案しています。

日産アリアコンセプト

また、「アリアコンセプト」は全長4600mm×全幅1920mm×全高1630mmというボディサイズとなるミッドサイズのSUVタイプで、2モーターで前後輪をそれぞれ駆動させる4WDシステムを搭載し、モーターならではの発進性能だけでなく、あらゆる路面での安定性や高い乗り心地を追求しています。

そしてこのEV2台は、運転支援技術「プロパイロット2.0」を進化させた次世代の運転支援技術を搭載している他、クルマが無人の状態で自ら駐車スペースを探して自動で駐車し、ドライバーがスマートフォンで呼ぶと迎えに来てくれる「ドライバーレスバレーパーキング」機能などの先進技術も搭載しています。

日産自動車 アリア コンセプト

日産自動車 アリア コンセプト

日産自動車 アリア コンセプト

日産自動車 アリア コンセプト

三菱はガスタービンエンジン+PHEVで勝負!

三菱 MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)

三菱 MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)

三菱ブースは得意のPHEVを小さなSUVに搭載したコンセプトモデル「MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)」を出展しました。バギータイプの電動SUVコンセプトカーと言えます。

軽量・コンパクトなガスタービンエンジンを採用したPHEVシステムによって生まれるメリットは、ガソリンだけではなく、軽油や灯油、アルコールなど地域によって最適な燃料を選べるエネルギー問題に対して柔軟性がある点です。

また4WDシステムには、モーター2基で構成するデュアルモーターAYCを、前輪と後輪それぞれに搭載する「クアッドモーター4WDシステム」という三菱独自技術の4モーター方式を採用しています。コンセプトカーならではの近未来的なデザインの「マイテックコンセプト」ですが、ガスタービンエンジンを採用したPHEVってありなのかもしれません。

トヨタは 超小型EVを2020年冬頃の発売予定 ミライ新型も

トヨタの超小型EV

トヨタ超小型EV

トヨタは、東京モーターショー2019のMEGA WEBという別会場で開催される「FUTURE EXPO」に、「超小型EV」を出展します。

この超小型EVは、免許取得まもない初心者ドライバーや高齢者などが、近距離移動することを想定して開発されたシティコミューターという位置づけで、全長は2490mm、全幅1290mm、全高は1550mmというコンパクトサイズ。

最小回転半径は3.9mと取り回しの容易なサイズとなっていて、乗車定員は2名、最高速度は60km/hで、一回の充電で約100kmの走行が可能となります。また、満充電には200Vで約5時間程ということです。

そして、パワートレインにはリチウムイオン電池を床下に搭載し、駆動モーターはリアに配置、リアタイヤを駆動します。また、タイヤサイズは、13インチと軽自動車での普及サイズを採用することでスタッドレスタイヤの調達も容易にしています。

さらに、安全面についても、超小型モビリティの安全基準案を満たす要件で開発が進められているほか、インテリジェントクリアランスソナーや衝突時被害軽減ブレーキが設定されているなど、普及する上での十分な実用性も兼ね備えているので、価格次第では大きな話題となりそうです。なお、2020年冬頃の発売を予定しています。

新型ミライコンセプト

トヨタミライコンセプト

また、このFUTURE EXPOブースの未来のエネルギーエリアには、先日発表されたトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)の コンセプトモデル「ミライ・コンセプト」も展示されています。

「ミライ・コンセプト」は、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)によるプラットフォームが採用され、FC(燃料電池)スタックや水素タンクなど、ほぼすべての部品が刷新され、航続距離は現行モデルより約30%延長され、約850kmとなっています。

デザインは245/45R20といった大きなサイズを採用しているなどスポーティなものに変化しています。

発売時期は明言されていませんが、モデルチェンジするに当たって性能面も当然改良してアップしていくとされています。

Honda e(ホンダ イー)は来年にも発売開始!

Honda e(ホンダ イー)

コンセプトカーだと思ったらこのまま正式に販売してしまうということで驚かせたホンダのEVが「ホンダe」です。

すでに年内に生産が開始される予定で、日本でも2020年末の発売とされています。「ホンダe」は、10年先のクルマの姿を描いて具現化したEV専用モデルで、充電、給電システムに対応しエネルギーのやり取りが体感できるとしています。

そして、コンパクトなボディーながらロングホイールベースと短いオーバーハングを実現し、街中での取り回しの良さと優れた走行性能を両立し、モーターによる走りの楽しさを実現しながら、EV走行距離は200km以上を達成。そして30分で80%まで充電が可能な急速充電にも対応しています。今回のショーでは新型フィットに勝るとも劣らない注目を集めるのは間違いありません。

かわいいその姿をぜひとも見てもらいたい一台となっています。

まとめ

これまでもEVは自動運転とともにモーターショーで発表されるコンセプトカーの常連となっていましたが、今年はさらに実現性が増し、すでに市販された車種や発売間近い車種などが盛りだくさん。

いよいよ電動化の時代が目の前に迫っているのを感じるショーになりました。

あなたも次の車はEVになるかも…と考えたら、真剣に見比べてみたくなるのではないでしょうか?

関連する投稿


【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

カスタム車のビックイベントと言えば?そう東京オートサロンですね。東京オートサロン2020が1月10日~12日に、幕張メッセにて開催されます。本記事では期待が高まる東京オートサロン2020の最新情報をまとめています。情報が入り次第、随時更新いたします。【11月11日更新】


【東京モーターショー2019】美麗!美しすぎるコンパニオン画像集

【東京モーターショー2019】美麗!美しすぎるコンパニオン画像集

本記事では、美しく華麗なるコンパニオンの高画質な画像を忙しい貴方のために、女性編集部員が全総力をあげて厳選してご紹介!東京モーターショー2019に参加される方・されない方も必見!煌めく笑顔が満載です!


【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています


【新型比較】トヨタの新型ヤリスとホンダの新型フィット買うならどっち?

【新型比較】トヨタの新型ヤリスとホンダの新型フィット買うならどっち?

10月16日に発表されたトヨタの新型「ヤリス(旧ヴィッツ)」、10月23日の東京モーターショーにて初公開されたホンダの新型「フィット」。このコンパクトカー市場でしのぎを削るライバルが相次いでデビューし、発売予定も両車とも2020年の2月というガチ勝負となります。そこでヤリスとフィット、この最新モデルの魅力を比較し、少々フライング気味ですがどちらを選ぶべきか考えてみました。しかし、それにしても悩みます…!


【東京モーターショー2019開幕】必見!見逃せない展示車達

【東京モーターショー2019開幕】必見!見逃せない展示車達

今回の東京モーターショーには、お立ち台の上で派手な演出はしなくても、今後の新車市場に重要な役割をもつモデルがまるで隠れキャラのように潜んでいます。そのようなモデルを探すにも東京モーターショーの楽しみ方の一つです。これからお出かけの際には、ぜひこれらの重要なモデルを探してみてください。


最新の投稿


2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

いよいよ今年もあと少し。そうです、「日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」の時期というわけです。11月7日にまず発表されたのは、全35台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」。この中から12月6日の最終選考で日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定するのですが、どれも今年話題になった車ばかりで…。イヤーカーはどのクルマになるのでしょうか?


光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

1994年に、二人乗りオープンカーであるゼロワンを発売し、日本で10番目の自動車メーカーとなった光岡自動車。そんな光岡自動車が2008年に発売したオープンカー、ヒミコを中古車情報と共にご紹介していきます。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月14日更新】


【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

トルクレンチは自動車のホイールナットなどを締める工具で、用途により沢山の種類があります。今回はおすすめのトルクレンチを紹介して行きますので、お買い求めの際に参考になれば幸いです。


日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン。デイズシリーズの第2弾のハイトワゴンモデルがデイズルークスです。本記事ではデイズルークスの中古車情報を紹介しています。(※情報は2019年10月現在のものです)