目次へ戻る

【東京モーターショー2019開幕】必見!見逃せない展示車達

【東京モーターショー2019開幕】必見!見逃せない展示車達

今回の東京モーターショーには、お立ち台の上で派手な演出はしなくても、今後の新車市場に重要な役割をもつモデルがまるで隠れキャラのように潜んでいます。そのようなモデルを探すにも東京モーターショーの楽しみ方の一つです。これからお出かけの際には、ぜひこれらの重要なモデルを探してみてください。


スズキの軽SUV ハスラーは新型になってもハスラーだった!?

人気の軽SUV、スズキ「ハスラー」の次期モデルがコンセプトとしてお披露目されました。

そのエクステリアは、現行ハスラーに限りなく近いものの、ライト類やドアの形状などが変更され、デザインはより先鋭化されています。

さらに、車体形状がより箱型に近くなり、リアクォーターウインドウが追加されたことによってより車体が大きく、道具感が増して見えるようになりました。

インテリアは、現行モデルのカラフルでポップなスタイリングを継承し、外観同様に「ジムニー」や「スペーシア」のような、道具感の溢れるコックピットとなっています。

また、パワーユニットには全てにマイルドハイブリッドが搭載され、展示車の駆動方式は4WDとなっています。また、「アーバンアウトドアスタイル」は、鮮やかなオレンジのボディカラーに「タフさ」「力強さ」を際立たせたアウトドアスタイルを提案しています。

現行ハスラーの小動物のような可愛さは半減し、より人気軽SUV「ジムニー」よりのワイルドなイメージとなったことが従来のファンを失望させるか、あるいは新たなファンを獲得するのかが注目されます。

少なくとも新型ジムニー人気につい洗脳されて、長い列に並ぶ人たちに、「こっちの方が良いかも」と、現実に引き戻すことは間違いないでしょう。

ルノーが ルーテシア 新型を公開

ルノーの2020年前半に発売予定となる5代目の新型「ルーテシア」。

新型は機能、装備、室内空間、あらゆる面でクラスを超えるモデルに仕上がっているとのことで、運転支援システムもフルで搭載しています。

5代目モデルとなる新型のエクステリアは、よりダイナミックなデザインとなり、大型化されたフロントグリルや、大型のインテークを備えたフロントバンパーが目を引きます。

また、ボディサイズは、先代比で全長が14mmコンパクトになり、全高は30mm低くなっています。そしてCシェイプが特徴のヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーが組み込まれます。

さらに、インテリアには最新のコネクティビティ技術を反映させた「スマートコクピット」が導入され、クラス最大級の9.3インチ縦型マルチメディアモニターを設定。メーターパネルがデジタル化され、スクリーンには、ドライバーにナビゲーションを含めた各種情報を見やすく表示します。そして、パワートレーンは新世代1.3TCe GPF型直4ターボに7速EDC(エフィシェント デュアル クラッチ)の組み合わせで、ベーシックな130psと、ハイチューン版も加わるはずです。

超小型EV「マイクロリノー」は1枠に3台駐車可能

マイクロスクーター・ジャパンは、スイス・マイクロモビリティ社の日本販売総代理店として、小型EV「マイクロリノー」を参考出展します。

「マイクロリノー」は、都市用モビリティで、すでに世界中から1万5000件以上の予約受注があり、2020年に生産・販売を予定し、日本では2021年に販売を予定しています。

マイクロリノーは、全長2435mm×全幅1500mm×全高1459mm、重量513kgというコンパクトサイズの2人乗りの都市型モビリティとなっており、トランクには駐車場から最終目的地までのラストマイルを簡易移動できるマイクロキックボードを標準搭載します。

一般家庭用プラグを使って4時間で充電でき、最高時速90km、航続距離125kmを実現する性能も持っていて、十分な実用性があります。そして、長さ2.4mのマイクロリノーは、一般的な駐車場に横向きで停めることが可能で、横向きに駐車した場合は1台分のスペースに横向きで3台まで駐車できるのです。

小泉進次郎氏も視察…環境省のロゴマークが付いた車

AGV

環境省の小泉進次郎大臣が環境省の展示スペースを訪れ、環境省が作った車が東京モーターショーに初出展される車両の解説を受けました。環境省は「ミライのクルマ」を謳う2台のコンセプトカー、「AGV」と「NCV」を展示。AGVはミライの車のあるべき姿で、NCVは木から作る自然な車になっています。

AGV

AGVは「All GaN Vehicle」の略で、次世代の半導体材料「GaN」=窒化ガリウムを電動化技術に適用し、従来の車よりCO2排出量を約20%削減することを目標に、4名が乗車できるアーバン・コンパクト・スポーツビークルとなっています。そして開発には、ノーベル物理学賞を受賞した天野浩教授ら、名古屋大学などが協力しています。

また、後席の居住空間を最大化させ、クラストップレベルのリヤドア開口部と後席足元空間と、ブラウンを基調とし、オレンジの差し色を随所に入れたシックでプレミアムな空間のインテリアとなっています。また、シートは合成皮革とダイヤキルティングの組み合わせとし、上質感を演出しています。

木から作られた車?!

NCV

NCVは「ナノ・セルロース・ビークル」の頭文字で、2シーター・スポーツカーのNCVは、環境省の「セルロース・ナノ・ファイバー(CNF)等の次世代素材活用推進事業」として作られています。また、CNFとは植物を原料としたナノレベルの強化繊維のことで、ボディパネルの樹脂素材にCNF材料を適用し、それぞれ10%以上の軽量化を達成しており特にボンネットは100%CNFとなっています。

…ようするに新型eKスペースですよね?

三菱ブースでは、2019年度内に発売する新型軽スーパーハイトワゴンのコンセプトモデル「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT」を公開しています。

デザインは、ロングホイールベースを活かしたキャビンシルエットと、動きのあるキャラクターラインで力強さを表現させ、サイドシルガーニッシュとホイールアーチをブラックにし、SUVらしさを強調しています。

さらに高性能エンジンとCVTで、低速域から高速域までストレスなくキビキビとした走りを実現させているとしています。

つまり、新型「eKスペース」ひいては日産の新型「デイズルークス」なのは確実。高速道路同一車線運転支援技術 MI-PILOT(マイパイロット)や、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストなど、サポカーSワイドに該当する予防安全技術 e-Assist を採用しています。

まとめ

今回の東京モーターショーは、多くの海外メーカーが出展を取りやめたことで盛り上がりが危惧されていましたが、国内メーカーや自動車以外のメーカーなどが頑張ってくれたことで、日本のユーザーにとってはかえって興味深いものになったようです。広い会場でお目当てのモデルを探すのは大変ですが、この記事がその指針になれば幸いです。

関連する投稿


【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

カスタム車のビックイベントと言えば?そう東京オートサロンですね。東京オートサロン2020が1月10日~12日に、幕張メッセにて開催されます。本記事では期待が高まる東京オートサロン2020の最新情報をまとめています。情報が入り次第、随時更新いたします。【11月11日更新】


【東京モーターショー2019】美麗!美しすぎるコンパニオン画像集

【東京モーターショー2019】美麗!美しすぎるコンパニオン画像集

本記事では、美しく華麗なるコンパニオンの高画質な画像を忙しい貴方のために、女性編集部員が全総力をあげて厳選してご紹介!東京モーターショー2019に参加される方・されない方も必見!煌めく笑顔が満載です!


【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています


【新型比較】トヨタの新型ヤリスとホンダの新型フィット買うならどっち?

【新型比較】トヨタの新型ヤリスとホンダの新型フィット買うならどっち?

10月16日に発表されたトヨタの新型「ヤリス(旧ヴィッツ)」、10月23日の東京モーターショーにて初公開されたホンダの新型「フィット」。このコンパクトカー市場でしのぎを削るライバルが相次いでデビューし、発売予定も両車とも2020年の2月というガチ勝負となります。そこでヤリスとフィット、この最新モデルの魅力を比較し、少々フライング気味ですがどちらを選ぶべきか考えてみました。しかし、それにしても悩みます…!


【東京モーターショー2019】EV祭り!コンセプトカー特集!

【東京モーターショー2019】EV祭り!コンセプトカー特集!

いよいよ一般公開される東京モーターショー2019では、販売予定の車種やコンセプトカーなど、各メーカーからEV(電気自動車)が大挙して参戦しており、さながらEV祭りですね。その中でもとりわけ気になるEVをご紹介しましょう。これから東京モーターショーに来られる方は、各ブースのEV巡りをしてみてはいかがでしょうか?


最新の投稿


2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

いよいよ今年もあと少し。そうです、「日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」の時期というわけです。11月7日にまず発表されたのは、全35台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」。この中から12月6日の最終選考で日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定するのですが、どれも今年話題になった車ばかりで…。イヤーカーはどのクルマになるのでしょうか?


光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

1994年に、二人乗りオープンカーであるゼロワンを発売し、日本で10番目の自動車メーカーとなった光岡自動車。そんな光岡自動車が2008年に発売したオープンカー、ヒミコを中古車情報と共にご紹介していきます。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月14日更新】


【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

トルクレンチは自動車のホイールナットなどを締める工具で、用途により沢山の種類があります。今回はおすすめのトルクレンチを紹介して行きますので、お買い求めの際に参考になれば幸いです。


日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン。デイズシリーズの第2弾のハイトワゴンモデルがデイズルークスです。本記事ではデイズルークスの中古車情報を紹介しています。(※情報は2019年10月現在のものです)