トップへ戻る

【新車ランキング 10月度】トヨタのカローラが11年ぶりトップ!?

【新車ランキング 10月度】トヨタのカローラが11年ぶりトップ!?

2019年10月、一番売れた車は何だった?10月の車名別新車販売台数(自販連と軽自協が発表)を元に新車売上をまとめています。ホンダのN-BOX、そしてトヨタのカローラが健闘!貴方の気になる車は何位だったのでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


「N-BOX」がV26 カローラが11年ぶりの登録車首位

新型トヨタカローラ

トップ10の内前月を上回ったのはカローラのみという低調ぶりであり、首位の「N-BOX」や日産の「デイズ」、ダイハツの「タント」「ムーヴ」といった上位常連組が50%台という状況だけに、この順位はある意味特殊な結果ではないでしょうか。

消費税前の9月中に登録台数を稼いだとみられ、頑張ったメーカーが10月になって息切れという見方です。

そんな中でも「カローラ」が3位に入ったのは膨大な顧客の代替えが順調に進んでいるとみても良いかもしれません。また、東京モーターショー後の11月、12月の商戦ではどんな展開になるのか予断が許せない状況です。

通称名別10月度販売台数 前月比/前年同月比

ホンダ N-BOX

1位 ホンダ N-BOX 15,768台  55.4%/76.9%
2位 スズキ スペーシア 12,433台  78.9%/105.2%
3位 トヨタ カローラ 11,190台  101.3%/129.5%
4位 ダイハツ タント 11,071台  50.6%/95.8%
5位 日産 デイズ 9,334台  52.3%/82.4%
6位 トヨタ シエンタ 9,302台   68.6%/94.5%
7位 ダイハツ ムーヴ 7,621台  56.5%/64.5%
8位 トヨタ ルーミー 6,962台  77.0%/108.1%
9位 トヨタ プリウス 6,898台   61.8%/78.5%
10位 スズキ アルト 6,441台  98.5%/121.3%

【軽乗用車】トップ10全てが前月割れ、前年比も軒並みダウン

ホンダ N-BOX

消費税アップの影響を最も受けたのは景気同車だったのかもしれません。例年ある程度の落ち込みは織り込み済みのはずですが、今年は大きすぎる気がします。

台風の影響も少なくないと思いますが、「N-BOX」「タント」「デイズ」といった主力車種が50%台というのは異例。しかも前年比で増となったのは「アルト」と、当時、新型への買い控えで販売台数が減っていた「スペーシア」のみ。

年末商戦が始まったばかりですが、いち早く10月の低迷から立ち直るのはどの車種か、登場が待たれるスズキの新型「ハスラー」や、日産の「デイズルークス」がどう食い込んでくるのでしょうか。

軽乗用車10月度販売台数 前月比/前年同月比

スズキ スペーシアギア

1位 ホンダ N-BOX 15,768 台 55.4%/76.9%
2位 スズキ スペーシア 12,433 台 78.9%/105.2%
3位 ダイハツ タント 11,071 台 50.6%/95.8%
4位 日産 デイズ 9,334台 52.3%/82.4%
5位 ダイハツ ムーヴ 7,621台 56.5%/64.5%
6位 スズキ アルト 6,441台 98.5%/121.3%
7位 スズキ ワゴンR 5,703台 66.1%/76.8%
8位 ダイハツ ミラ 5,367台 62.1%/56.8%
9位 スズキ ハスラー 4,642台 67.2%/81.0%
10位 ダイハツ キャスト 3,009台 70.3%/80.7%

【登録乗用車】祝!カローラ11年ぶりの首位!ベスト10にトヨタ車が9台

新型トヨタ カローラツーリング

カローラがついに首位奪還。なんと11年ぶりだそうです。といっても前年比約130%程度なのでロケットスタートという印象はありません。何か月も前から地道な顧客代替えを進めてきた結果、他が低迷する中でも一定数を確保したものです。

気になるのは主力がかつてのセダンから旧名称カローラフィルダーの「ツーリング」へ移行していること。事前受注でもセダン5,400台、ツーリング13,700台、ハッチバックのスポーツが3,000台と、ツーリングがセダンの倍を受注しており、かつてのカローラ顧客がそっくり乗り換える可能性が低いこと。

また、3ナンバーになって価格も上がったことから、このままかつての黄金期のような販売台数は見込めそうもなさそうです。変わって、「シエンタ」「ルーミー/タンク」といったコンパクトミニバンや、モーターショーでも注目された「ヤリス」や「ライズ」などがその受け皿になるはずです。

その他、ベスト10にトヨタ車が9台も入っており、顧客数の多さと営業力が低迷した中で威力を増しています。また、「ヴィッツ」や「アクア」が「ヤリス」が姿を現した影響か勢いがないようです。

登録乗用車 10月度販売台数 前月比/前年同月比

トヨタ ヴィッツ

1位 トヨタ カローラ 11,190台 101.3%/129.5%
2位 トヨタ シエンタ 9,302台 68.6%/94.5%
3位 トヨタ ルーミー 6,962台 77.0%/108.1%
4位 トヨタ プリウス 6,898台 61.8%/78.5%
5位 トヨタ タンク    5,420台 71.6%/96.2%
6位 日産 ノート    5,263台 39.9%/54.0%
7位 トヨタ アルファード 5,130台 78.6%/88.2%
8位 トヨタ アクア    4,967台 51.0%/47.7%
9位 トヨタ ヴォクシー 4,394台 43.2%/56.1%
10位 トヨタ ヴィッツ 4,383台 62.7%/73.8%

その他気になる車種

マツダ CX-30

SUVではマツダ「CX-30」が順調な販売を見せ、台数的にはまだ少ないもの、早くもトヨタの「C-HR」に並んでいます。

「フィット」が前年比50%を切るなど台失速で順位を下げていますが、ヴィッツ同様、新が東京モーターショーに姿を現し、好評を得ていることから2月の発売まで買い控えや生産調整も進みそうです。

変わったところではトヨタのタクシー専用車「ジャパンタクシー」が相変わらず台数を伸ばしています。これは、東京オリンピックを見据えてタクシー会社の切り替えが進んだ結果です。

トヨタ ジャパンタクシー

14位 ホンダ フィット 3,136台
20位 トヨタ C-HR 2,554台
21位 マツダ CX-30  2,525台
41位 トヨタ ジャパンタクシー 771台

まとめ

今月に入ってコンパクトSUV、ダイハツの「ロッキー」とそのOEMであるトヨタの「ライズ」が登場しました。

「ルーミー/タンク」と「トール」のような、あるいはそれを上回る人気モデルとなる可能性を秘めており、2月の「フォット」「ヤリス」の発売前の年末商戦で、台風の目になるかもしれません。また、今回首位になった「カローラ」の真価がわかることになるでしょう。あとはホンダの「N-WGN」の復帰を待つだけなのですが。

みなさんはどう思われますか?

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。