トップへ戻る

冬のボーナスで買いたいおすすめ車5選!

冬のボーナスで買いたいおすすめ車5選!

いよいよもうすぐ冬のボーナス到来!これを頭金に新車を購入しようと考える方も多いのではないでしょうか?そこで今年発売された新型車を含めたこの冬に買うべき5台をカテゴリ別にリストアップ、価格と特徴を紹介します。軽自動車、コンパクトカー、SUV、ミニバン、外車ほか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


軽自動車クラス

ホンダN-WGN

使い勝手をゼロから見直したらこうなった ホンダN-WGN

今回おすすめしたいのがホンダの「N-WGN」です。エッ?部品の不具合で生産停止に追い込まれたあの車?大丈夫?」と思われるかもしれませんが、大丈夫(なはず)です。

リコールではなく今回はすぐに対策を取ったため、生産が再開されれば問題はありません。車そのものはデビューした時には各メディアが大絶賛したように、その高品質とシンプルなデザインは「N-BOX」の流れをくんでいて、各部がブラッシュアップされています。

ホンダ N-WGN

そして、「N-WGN」向けに専用設計したプラットフォームとセンタータンクレイアウトによる低床化で大空間の室内を実現させ、荷室は低床化された上で、備え付けのボードを使うことで上下2段の積み分けを可能としています。

安全性能も軽自動車トップクラスでしかも標準装備されます。

「N-BOX」との大きな違いは後部ドアにスライドドアではなく、通常のヒンジドアを採用していること。スライドドアと高い車高が全ての人に必要ではないという事を感じさせてくれる車です。もちろん、低燃費も魅力のひとつです。

ホンダN-WGN 新車価格

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)1,298,000円~
※公式サイト調べ(2019年10月現在)

コンパクトカークラス

マツダ2

上質なパーソナルカー マツダ2(旧デミオ)

新型ホンダ「フィット」もヴィッツ改めトヨタの「ヤリス」も発表されましたが、どちらも予約はできても発売は2020年2月。

トヨタの大本命新型「カローラ」もフルモデルチェンジされましたが、コンパクトカーとは言えないクラスに出世してしまいました。

そこでおすすめするのはデミオ改め「マツダ2」です。マイナーチェンジで名称が変わっただけと思いきや、その中身が大改良されているというマツダ流の「お得感」満載のコンパクトモデルなのです。

マツダ2

おすすめのポイントは、余計な要素をそぎ落とし、研ぎ澄ましたシンプルかつ豊かさのある彫りの深い造形のエクステリアデザインと、上級車種に引けを取らない上質さと、厳選した素材で造り込まれているインテリアデザインです。

また、新構造のフロントシートや高速走行時の車両の挙動を安定させる「G-ベクタリングコントロールプラス」を採用するなど、「人馬一体」を基礎とするマツダらしい運転の楽しさが味わえる極上のコンパクトカーです。

マツダ マツダ2 新車価格

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)1,573,000円~
※公式サイト調べ(2019年10月現在)

SUVクラス

ダイハツ ロッキー

軽のDNAを持ったコンパクトSUV ダイハツ ロッキー

SUVではダイハツから4mを切るサイズのコンパクトSUV「ロッキー」が登場しました。DNGA (Daihatsu New Global Architecture)の第2弾である「ロッキー」は1.0Lの3気筒ターボエンジンを搭載し、トヨタにも「ライズ」のモデル名でOEM供給し、同時発売されています。

実際にはトヨタの「ライズ」の方が販売台数も多くなるのですが、おすすめはあえてダイハツの「ロッキー」。

理由は、おしゃれで乗用車よりの「ライズ」に対して、よりSUVらしいアグレシップなフロントデザインが、厚みのあるロアボディと踏ん張りのある大径タイヤと張り出したフェンダーにフィットしていることです。

ダイハツ ロッキー

5ナンバーサイズとしながらも、前後のカップルディスタンスは900mmと広い室内空間を実現していて、荷室は最大積載量369Lという大容量を確保。

2段可変式のデッキボードの下にはさらに多くの収納が可能になっています。軽自動車造りのノウハウをつぎ込んだダイハツならではのパッケージングがあってこそのコンパクトSUVだといえます。

ダイハツ ロッキー

特に、最近のSUVは魅力的であっても大柄なボディの3ナンバーがほとんどで、使い勝手の良いサイズで、手ごろな価格のSUVは待ち望まれた車種でした。

そのため、数ある国産SUVの中でも誰でも気軽に乗れるSUVとしておすすめです。

ダイハツ ロッキー 新車価格

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)1,705,000円~
※公式サイト調べ(2019年10月現在)

ミニバンクラス

トヨタ シエンタ 特別仕様車 クエロ

ファミリーのためのコンパクトミニバン シエンタ

家族といっしょに出かける機会が多く、どうしてもミニバンが必要だったり、次こそはミニバンにしたいと思う人にとって、日産「セレナ」やトヨタ「ヴォクシー」の大きさにしり込みすることもあるかもしれません。

そこで今回おすすめするのがトヨタの「シエンタ」です。コンパクトミニバンともいわれますが、3列シート車であり、日産「セレナ」やトヨタ「ヴォクシー」ほどではなくても、セダンやハッチバックよりも広い室内を持っています。

しかも、運転もしやすくトヨタ「アクア」や日産「ノート」などのコンパクトカーと比べても違和感がありません。

トヨタ シエンタ

同じクラスにホンダ「フリード」があり、性能も広さも甲乙つけがたいのですが、「シエンタ」をおすすめするのには理由があります。

それは3列シートの考え方です。シートそのものの実用性や座り心地は「フリード」の方が上なのですが、このクラスの3列シート車を利用する人で3列シートをフルに使う人はあまりいないという前提です。

普段は荷室として使うために収納して、時には人も乗せるという使い方であれば、座り心地は劣りますが、床下にすっきり格納できる「シエンタ」の方がおすすめできます。

トヨタ シエンタ 新車価格

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)1,809,500円~
※公式サイト調べ(2019年10月現在)

輸入車クラス

もう夢じゃない輸入車 フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロ

「輸入車は高い」というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、フォルクスワーゲンの「ポロ」は新車価格が216万円~となっています。

216万円台というと国産車で言えばトヨタの「アクア」や日産の「ノート」と同価格帯。もしくはその他のコンパクトカーの上位グレードと変わらぬ価格です。

これがおすすめするひとつの理由ですが、価格の話抜きにしても「ポロ」はおすすめポイントは他にもあります。

フォルクスワーゲン ポロ

サイズとしては全長が4mちょっとなので取り回しは心配なし。

さらに、インフォテイメントシステム「ディスカバー・プロ」を採用し、8インチディスプレイにセンサーボタンとダイヤルが組み合わされ、高い視認性とスムーズな操作性を実現。

また、「フォルクスワーゲン カーネット」に対応しており、最新の施設検索や運転に必要な情報などを取得できます。「MQB」モジュールの採用により、これまで上級モデルに採用されていた先進安全装備が装備されています。

さらに、駐車支援システム「パークアシスト」なども採用するなど装備は十分。

フォルクスワーゲン ポロ

パワートレインには、3気筒の1.0LTSIエンジンが搭載され、最高出力95ps、最大トルク175Nmを発揮、7速DSGトランスミッションと組み合わされています。

輸入車には他にも魅力的なモデルがありますが、性能と装備そして価格を考えると「ポロ」がもっともおすすめで、国産車と比較してもお買い得感があります。

フォルクスワーゲン ポロ 新車価格

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)2,163,000円~
※公式サイト調べ(2019年10月現在)

【まとめ】貴方のボーナスはどのクルマに捧げる?

マツダ2

経団連による調査の結果、この冬のボーナスは2年連続で最高の支給額となるそうですが、消費税も上がってしまったので新車の購入にも慎重にならざるを得ません。 

そして、自分のライフスタイルにあっているか、性能や広さがオーバースペックではないのかなど、今まで以上に真剣に検討する時代になっています。今回選ばせていただいたのはほんの一例ですが、車選びの参考にして頂ければ幸いです。

おすすめ記事はこちら

2020年期待!新型車情報はこちら

関連する投稿


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


マツダ2とはどんな車?価格やおすすめグレードそして新型情報も!

マツダ2とはどんな車?価格やおすすめグレードそして新型情報も!

マツダのコンパクトカーであるマツダ2のモデルチェンジが近づいています。いったいどのようになるのか興味が尽きませんが、現行モデルのマツダ2はどんな車なのでしょうか。そこで、新型の情報とともに、現行モデルの魅力を徹底解説します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


ダイハツ ロッキーの魅力は?スタイルから燃費まで徹底解説!

ダイハツ ロッキーの魅力は?スタイルから燃費まで徹底解説!

国内市場でますます存在感を増している、コンパクトSUVカテゴリーの大ヒットモデルとなったダイハツロッキー。今回は、ロッキーの魅力をスタイルや燃費などさまざまな角度からご紹介します。


マツダ2へと生まれ変わったデミオの魅力!コンパクトカーの大本命!

マツダ2へと生まれ変わったデミオの魅力!コンパクトカーの大本命!

長年にわたってマツダのコンパクトカーとして親しまれ続けてきた、デミオ(現マツダ2)の特徴や魅力を解説します。歴史の長いモデルでもあるので、中古車を購入する方向けに過去のモデルについても触れます。軽自動車との違いやメリットなどについてもご紹介するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。