トップへ戻る

3列シート×7人乗りの国産車まとめ 大人数で出かけるならこの車!

3列シート×7人乗りの国産車まとめ 大人数で出かけるならこの車!

大人数でドライブやアウトドアに出かけたい、そんな時に活躍するのが7人乗り自動車です。ミニバンや大型SUVなど、2列目シートがキャプテンシートになっているモデルも多く、4人以下で乗る際にも実用性が高そうなのが良いですね。今回は7人乗り国産乗用車をメーカー別で全車種紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


国内自動車メーカーの7人乗り自動車ラインアップ

本記事では、7人乗り×国産車(現行モデルのみ)を一覧にまとめました。

ご家族が大人数の方、友人たちとアウトドアを楽しむ機会が多い方はぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

※情報は2019年11月時点のものです

トヨタの7人乗り自動車

アルファード

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

トヨタ自動車のミニバン・ラインアップにおいてフラッグシップの立ち位置にあるのがアルファードです。

フラッグシップモデルというだけあって内装・外装の高級感は他のミニバンと比較しても頭ひとつ抜きん出ています。

ビジュアル的に存在感のあるフロントフェイスや各部に見られるメッキ加工の施されたパーツ、そして車内のホテルラウンジと言わんばかりのレザーシートやゆとりのあるスペースによって生み出される高級感溢れる演出、グレードによって差はあるとしてもこの特別感は格別です。

7人乗りモデルでは2列目シートがキャプテンシートとなっているのでゆったりとした時間を過ごすことができます。

ボディサイズ
・全長4,945~4,950mm
・全幅1,850mm
・全高1,935~1,950mm
・ホイールベース3,000mm

新車価格:3,479,000円~6,947,000円

ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア

ヴェルファイアはアルファードの兄弟車に当たるミニバンです。

兄弟車ということもあって共通点や似ている点も多くありますが、フロントフェイスデザインはアルファードと大きく異なります。ヴェルファイアのほうがフロントフェイスが落ち着いた雰囲気です。

ボディサイズと価格帯もほとんど同じとなっています。ヴェルファイアのほうが最安値のグレードが若干安いです。

ボディサイズ
・全長4,935mm
・全幅1,850mm
・全高1,935~1,950mm
・ホイールベース3,000mm

新車価格:3,439,000~6,947,000円(税抜)

ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

トヨタのミニバンラインアップにおいて中堅どころとして存在感を放っているヴォクシー、ボディサイズと価格的にもすでに紹介したフラッグシップミニバンの、アルファードやヴェルファイアなどと比べて手の届きやすい価格帯となっている点がその大きな特徴と言えるでしょう。

外装・内装共にシンプルなデザインで、飽きのこない感じが印象的です。

ガソリン車モデルとハイブリッドモデルが用意されています。

7人乗りモデルでは2列目シートがキャプテンシートとなっています。

ボディサイズ
・全長4,695~4,710mm
・全幅1,695~1,735mm
・全高1,825~1,870mm
・ホイールベース2,850mm

新車価格:2,352,000~3,130,000円

ノア

トヨタ ノア

ノアはヴォクシー の姉妹車に当たるミニバンです。ヴォクシー の姉妹車ですから、デザイン性の違いがこれら2車種の違いとなります。どちらかというとノアのフロントフェイスのほうがインパクトが強いです。

ボディサイズ
・全長4,695~4,710mm
・全幅1,695~1,735mm
・全高1,825~1,870mm
・ホイールベース2,850mm

新車価格:2,352,000~3,130,000円。

エスクァイア

トヨタ エスクァイア

エスクァイアはノアとヴォクシーの姉妹車として販売されているミニバンです。

ノアとヴォクシーの姉妹車でありながら、これら2台よりも高級感多めに作られています。外装や内装のデザインを見ればそれは明らかです。

ボディサイズはヴォクシーとノアのそれと若干の違いがありながらも、ほとんど同じ規格となっています。価格帯はエスクァイアの方が数万円高いです。

お手頃価格で高級感を味わいたい方でノア・ヴォクシー・エスクァイアでお悩みの方にはエスクァイアをオススメします。

ボディサイズ
・全長4,695mm
・全幅1,695mm
・全高1,825~1,865mm
・ホイールベース2,850mm

新車価格:2,495,000~3,146,000円。

シエンタ

トヨタ シエンタ

コンパクトミニバンとして販売されているシエンタ、乗車定員5人・6人・7人乗りモデルをラインアップしており、コンパクトミニバンでありながらも頑張っています。

これまで紹介したミニバンとは異なり、どちらかというとアクティブでアウトドア系な雰囲気を感じさせるデザインです。

7人乗りモデルでは2列目シートに3名、3列目シートに2名乗車するようになっています。

コンパクトミニバンというだけあって全長と全高はミニバンラインアップの中でもコンパクトサイズですから、ボディサイズという面での街中における使い勝手は便利そうです。価格も200万円前後で購入できる点は魅力的と言えるでしょう。稀に7人乗る可能性がある方なら、シエンタがオススメです。。

ボディサイズ
・全長4,260mm
・全幅1,695mm
・全高1,675~1,695mm
・ホイールベース2,750mm

新車価格:1,682,000~2,345,000円

プリウスα

トヨタ プリウスα

プリウスαはハイブリッドシステムを搭載するステーションワゴンタイプの自動車です。

街中でよく見かけるセダンのプリウスは乗車定員5名ですが、こちらは7人乗車することができるようになっています(5名乗車モデルもあり)。

実際に7名で乗車するかどうかは別にして、5名乗車での利用がメインとなっても3列目シート部分を倒して荷室として活用することで旅行やお買い物でも役立ちそうです。

ボディサイズ
・全長4,630~4,645mm
・全幅1,775mm
・全高1,575mm
・ホイールベース2,780mm

新車価格:2,375,000~3,018,000円

ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー

ランドクルーザーはトヨタのSUVラインアップの中でトップクラスの本格的な四輪駆動SUVです。

優れた走破性でオフロードや雪道でも軽快かつ・安心した走りを提供してくれること間違いなしの車両でありながら、車内を見てみるとその走りとのギャップを感じさせる上品な感じがこれまた一興。

2列シートの5名乗車モデルと3列シートの7名乗車モデルを用意、3列シートではシートバリエーションも豊富ですから、荷物をたくさん持ち運ぶアウトドア活動でも活躍しそうです。

ボディサイズ
・全長4,950mm
・全幅1,980mm
・全高1,870~1,880mm
・ホイールベース2,850mm

新車価格:4,770,000~6,340,000円

ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

ランドクルーザーの姉妹車に当たるのがランドクルーザープラドです。

ボディサイズそして車両価格は、ランドクルーザーよりも小さくなおかつ安いです。取り回しやコスト的な意味でもこちらの方が手の届きやすい車種と言えるでしょう。

ガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルが用意されています。

ボディサイズ
・全長4,825mm
・全幅1,885mm
・全高1,835~1,850mm
・ホイールベース2,790mm

新車価格:3,419,000~4,966,000円

マツダの7人乗り自動車

CX−8

マツダ CX-8

CX-8はマツダのSUVラインアップにおいてフラッグシップモデルに該当する車種です。

マツダのラインアップ乗用車ラインアップの中で唯一の3列シートモデルに該当します。2列目シートは3人乗車、3列目シートは2名乗車できる仕様です。グレードによっては6名乗車モデルのみとなっています。

ボディサイズ
・全長4,900mm
・全幅1,840mm
・全高1,730mm
・ホイールベース2,930mm

新車価格:2,680,000~4,446,000円

ホンダの7人乗り自動車

オデッセイ

ホンダ オデッセイ

オデッセイは、ダイナミックなデザインが印象的なホンダのミニバンラインアップを支える主力車両の1つです。

洗練されていてミニバンとは思えないスタイリッシュなデザイン性を感じさせます。7人乗りモデルと8人乗りモデルを用意、7人乗り仕様車は2列目シートがキャプテンシートで3列目シートに3名乗車するようになっています。

ボディサイズは全体的に大きいです。価格帯はミニバンとしては中堅どころの価格帯と言えるでしょう。ガソリン車とハイブリッド車から選べます。

ボディサイズ
・全長4.840mm
・全幅1.820mm
・全高1,685~1,715mm
・ホイールベース 2,900mm

新車価格:3,123,186~4,314,852円(税込価格)

フリード

ホンダ フリード

コンパクトミニバンとして販売されているのがフリードです。

フィットを思わせるようなフォルムを持ったミニバンとなっています。フロントフェイスが独特で好みは分かれそうですが、全体的に見るとシンプルに仕上げられている点がポイントです。

フリードには5名・6名・7名モデルが用意されています。ボディサイズは乗車人数の割にはコンパクトですが、価格帯が絶妙です。

ボディサイズ
・全長4,265mm
・全幅1,695mm
・全高1,710~1,735mm
・ホイールベース2,740mm

新車価格:2,182,400 ~2,583,900円(税込価格)

ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

AピラーからBピラーにかけての造形が独特で印象に残るミニバンのステップワゴン 、キャラクターラインと共にステップワゴンを個性的なミニバンへと導いています。

乗車定員が7名のモデルでは2列目シートがキャプテンシート、3列目シートが3人乗り仕様です。

ボディサイズ
・全長4,600~4,760mm
・全幅1,695mm
・全高1,840~1,855mm
・ホイールベース2,890mm

新車価格:2,501,400~4,070,000円(税込価格)

CR-V

ホンダ CR-V

数少ないホンダのSUVラインアップの一角を占めるのがCR-Vです。

SUVらしい存在感のあるデザインを持っている車種になります。スタイリッシュです。

乗車定員5名のモデルが数多くある中、ガソリン車に限って乗車定員7名モデルが用意されています。

価格帯的にはSUVの中でも中堅どころという感じです。

ボディサイズ
・全長4,605mm
・全幅1,855mm
・全高1,680~1,690mm
・ホイールベース2,660mm

新車価格:3,484,800~4,105,200円(税込価格)

日産の7人乗り自動車

エルグランド

日産 エルグランド

日産のカーラインアップにおいて最高級ミニバンの位置付けにあるのがエルグランドです。

7人乗りモデルでは2列目シートがキャプテンシートとなっていて、3列目シートが3人乗車するように設計されています。

ボディサイズ
・全長4,945~4,975mm
・全幅1,850mm
・全高1,815mm
・ホイールベース3,000mm

新車価格:3,073,000~7,560,000円

セレナ

日産 セレナ

中堅モデルのミニバンとして販売されているのがセレナです。

シンプルで控えめな感じが印象的な感じで、まさにミニバンという感じがありながらもカッコよさを感じさせるデザインです。

仕様としては、ガソリンエンジン搭載モデルとe-POWERモデルの2つに大きく分けられます。

乗車定員7名のモデルと8名のモデルが用意されています。ボディサイズと価格帯は一般的なミニバンのそれとほとんど同じです、

ボディサイズ:
・全長4,685~4,770mm
・全幅1,695~1,740mm
・全高1,865mm
・ホイールベース2,860mm

新車価格:2,342,000~3,268,000円

エクストレイル

日産 エクストレイル

SUVらしいパワフルな走りに加えて街中でも映えるスタイリッシュなデザイン性が印象的な車がエクストレイルです。デザイン的に筆者が結構気に入っている車種の1つになります。2018年には4WDのSUVで販売台数ナンバー1の座に輝いたことでも有名です。

7人乗り仕様車では4:2:4に分割できる2列目シートに3名・3列目シートに2名乗車するようになっています。

かっこいいだけでなく走破性が良いものを求めるなら、エクストレイルはオススメです。

ボディサイズ
・全長4,690~4,770mm
・全幅1,820mm
・全高1,730~1,740mm
・ホイールベース2,705mm

新車価格:2,066,000~3,523,000円

三菱の7人乗り自動車

アウトランダー

関連するキーワード


SUV ミニバン 7人乗り

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。