目次へ戻る

ダイハツ ロッキー 日本に最適サイズのコンパクトSUV!最新情報

ダイハツ ロッキー 日本に最適サイズのコンパクトSUV!最新情報

ダイハツよりロッキーが発売されました。ロッキーは日本に最適といえるコンパクトSUVです。同時にトヨタからも「ライズ」が発売され、ますます国内SUVの競争も激化されそうな予感です。今回は、ダイハツ「ロッキー」にスポットをあてて、気になるコンパクトSUVの内容についてまとめていきます。特に女性にもおすすめなSUV、ロッキーとは、いったいどんなコンパクトSUVなんでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ・ロッキーとは?

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

ロッキーは、新世代のクルマつくりをコンセプトにダイハツから2019年11月5日から発売されたコンパクトSUVです。

DNGAによる新技術は、2019年7月にフルモデルチェンジした「タント」に初めて搭載した新技術をロッキーに搭載しました。

DNGAとは、(Daihatsu New Global Architecture) として新世代のクルマづくりでCASEへの新技術対応スピーディーな商品のラインナップ拡充を同時に実現するため「一括企画開発」の手法を取り入れ、プラットフォームの構成要素を同時刷新するものです。

ダイハツ・ロッキー ボディサイズ

ロッキーは軽自動車を基点としてつくられているDNGAの技術により、コンパクトなボディサイズと広い室内空間を手に入れました。

全長3995mm
全幅1695mm
全高1620mm

とっても小回りが効くコンパクトSUVになります。

コンパクトサイズのSUV!女性にもおすすめ!

また、ゆったりと座れる快適な室内空間を実現し、荷室は最大長755mmとなっています。

容量369リットルを確保し、アンダーラゲージは80リットルも確保。さらに6:4分割可倒式リヤシートを倒すと、長いものなども載せることができます。

コンパクトながらもしっかり荷物も積むことができて、女性のアウトドア好きには、もってこいのクルマです。

次は、インテリアを詳しくみていきましょう。

ダイハツ・ロッキー インテリア

ロッキー インテリア

ロッキー インテリア

ダイハツのロッキーのインテリアは、シルバー加飾が施してあり、コックピットタイプのインパネデザインで、スタイリッシュにつくられています。

高い位置にあるスポーティーなシフトレバーも特徴的。SUVらしいデザインも実現しています。

G・Xグレードには赤色の内装加飾が施してあります。

そして、最上級グレードプレミアムには、革巻きのステアリングやシフトノブ、ソフトレザー調のシートも採用されており、黒・シルバーの加飾を施して、さらに質感を高めています。

高い位置にあるナビゲーションは見えやすさ抜群です。

ダイハツ ロッキー インテリア

ロッキー インテリア

ダイハツ・ロッキーエクステリア

エクステリアは、デザインをシンプルにし、大径タイヤを使用することで、SUV感が強調される洗練されたデザインになっています。

コンパクトSUVならでは視認性の高さも保ち、安全性と先進性を表現したLEDシーケンシャルターンランプを採用しています。

ホイールもかっこいい・飽きがこないデザイン

ダンロップ エナセーブ EC300+(195/60R17 90H)を装着するダイハツ ロッキー

ダンロップ エナセーブ EC300+(195/60R17 90H)を装着するダイハツ ロッキー

ホイールもかなりインパクト大で、17インチのタイヤを採用しながら、最小回転版権は5.0mと、高い小回り性による取り回しの良さも実現しています。

※16インチのタイヤの場合は、4.9mとなります。

実際に写真でホイールを見ると、デザイン性が高くクールです。ボディが都会的なデザインですが、どこか無骨な印象を受ける、とにかく飽きのこないデザインですね。

では、次に、安全機能について見ていきます。

ダイハツ・ロッキー安全機能

ダイハツ ロッキー インテリア

ロッキーの安全性能については、新たに後方確認をサポートする機能2つを採用しています。
スマートアシスト(予防安全機能)全10機能
スマートアシストプラス(運転をサポート)全7機能

そして、新機能ブラインドスポットモニターは隣接する車線の死角領域を走行した場合や、死角領域に急接近してくる車両を検知し、ドライバーに通知してくれる機能がついています。

これは、女性や高齢者の方にとっては、とっても嬉しい機能ですよね。また、リヤクロストラフィックアラートは後方を横切る車両を検知し、ミラーインジケーターの点滅とブザーオンによりお知らせしてくれます。

「ダイハツコネクト」が初搭載されており、スマートフォンを活用して事故や故障時にスムーズな対応を可能とする「つないでサポート」や、ドライバーの状況や家族等の見守り役にメールを送信できる「見えるドライブ」などもあります。

ダイハツ・ロッキー新車価格

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

ダイハツ・ロッキーの価格は、170万5000円~242万2200円となります。

まとめ

ダイハツ ロッキー(左)とトヨタ ライズ(右)

ダイハツ ロッキー(左)とトヨタ ライズ(右)

ダイハツから新しく発売された、ロッキーについて見てきました。

①ダイハツ・ロッキーは2019年11月5日に発売されたばかりのコンパクトSUV
②トヨタからもライズという車種で販売
③ロッキーのインテリアは、SUVを意識したスタイリッシュなデザイン
④ロッキーのエクステリアは、シンプルなデザインだが、ホイールなどがとてもオシャレな作りになっており、女性にもおすすめ
⑤ロッキーには安全性能が高い最新の車線逸脱機能アラームなど、これがあればより安全な機能が満載

気になる方はぜひ、ダイハツのディーラーなどでロッキーの姿を見てみてくださいね。

関連する投稿


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。


【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!


その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

レズバニから、ギリシャ神話最大の英雄の名を名付けられた最強カーが登場するとの情報が入ってきました。その名はヘラクレス。いったいどんな車に仕上がっているのか?注目が集まります。


日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の新たな電動SUV、アリアが登場します。市販版は7月に発表されるとのこと。本記事では今わかっている最新情報をまとめてお届けいたします。


【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

日産の「新型キックス」が6月30日に発売されます。本記事では「新型キックス」の最新情報をまとめています。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。