トップへ戻る

ダイハツ ロッキー 日本に最適サイズのコンパクトSUV!最新情報

ダイハツ ロッキー 日本に最適サイズのコンパクトSUV!最新情報

ダイハツよりロッキーが発売されました。ロッキーは日本に最適といえるコンパクトSUVです。同時にトヨタからも「ライズ」が発売され、ますます国内SUVの競争も激化されそうな予感です。今回は、ダイハツ「ロッキー」にスポットをあてて、気になるコンパクトSUVの内容についてまとめていきます。特に女性にもおすすめなSUV、ロッキーとは、いったいどんなコンパクトSUVなんでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ・ロッキーとは?

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

ロッキーは、新世代のクルマつくりをコンセプトにダイハツから2019年11月5日から発売されたコンパクトSUVです。

DNGAによる新技術は、2019年7月にフルモデルチェンジした「タント」に初めて搭載した新技術をロッキーに搭載しました。

DNGAとは、(Daihatsu New Global Architecture) として新世代のクルマづくりでCASEへの新技術対応スピーディーな商品のラインナップ拡充を同時に実現するため「一括企画開発」の手法を取り入れ、プラットフォームの構成要素を同時刷新するものです。

ダイハツ・ロッキー ボディサイズ

ロッキーは軽自動車を基点としてつくられているDNGAの技術により、コンパクトなボディサイズと広い室内空間を手に入れました。

全長3995mm
全幅1695mm
全高1620mm

とっても小回りが効くコンパクトSUVになります。

コンパクトサイズのSUV!女性にもおすすめ!

また、ゆったりと座れる快適な室内空間を実現し、荷室は最大長755mmとなっています。

容量369リットルを確保し、アンダーラゲージは80リットルも確保。さらに6:4分割可倒式リヤシートを倒すと、長いものなども載せることができます。

コンパクトながらもしっかり荷物も積むことができて、女性のアウトドア好きには、もってこいのクルマです。

次は、インテリアを詳しくみていきましょう。

ダイハツ・ロッキー インテリア

ロッキー インテリア

ロッキー インテリア

ダイハツのロッキーのインテリアは、シルバー加飾が施してあり、コックピットタイプのインパネデザインで、スタイリッシュにつくられています。

高い位置にあるスポーティーなシフトレバーも特徴的。SUVらしいデザインも実現しています。

G・Xグレードには赤色の内装加飾が施してあります。

そして、最上級グレードプレミアムには、革巻きのステアリングやシフトノブ、ソフトレザー調のシートも採用されており、黒・シルバーの加飾を施して、さらに質感を高めています。

高い位置にあるナビゲーションは見えやすさ抜群です。

ダイハツ ロッキー インテリア

ロッキー インテリア

ダイハツ・ロッキーエクステリア

エクステリアは、デザインをシンプルにし、大径タイヤを使用することで、SUV感が強調される洗練されたデザインになっています。

コンパクトSUVならでは視認性の高さも保ち、安全性と先進性を表現したLEDシーケンシャルターンランプを採用しています。

ホイールもかっこいい・飽きがこないデザイン

ダンロップ エナセーブ EC300+(195/60R17 90H)を装着するダイハツ ロッキー

ダンロップ エナセーブ EC300+(195/60R17 90H)を装着するダイハツ ロッキー

ホイールもかなりインパクト大で、17インチのタイヤを採用しながら、最小回転版権は5.0mと、高い小回り性による取り回しの良さも実現しています。

※16インチのタイヤの場合は、4.9mとなります。

実際に写真でホイールを見ると、デザイン性が高くクールです。ボディが都会的なデザインですが、どこか無骨な印象を受ける、とにかく飽きのこないデザインですね。

では、次に、安全機能について見ていきます。

ダイハツ・ロッキー安全機能

ダイハツ ロッキー インテリア

ロッキーの安全性能については、新たに後方確認をサポートする機能2つを採用しています。
スマートアシスト(予防安全機能)全10機能
スマートアシストプラス(運転をサポート)全7機能

そして、新機能ブラインドスポットモニターは隣接する車線の死角領域を走行した場合や、死角領域に急接近してくる車両を検知し、ドライバーに通知してくれる機能がついています。

これは、女性や高齢者の方にとっては、とっても嬉しい機能ですよね。また、リヤクロストラフィックアラートは後方を横切る車両を検知し、ミラーインジケーターの点滅とブザーオンによりお知らせしてくれます。

「ダイハツコネクト」が初搭載されており、スマートフォンを活用して事故や故障時にスムーズな対応を可能とする「つないでサポート」や、ドライバーの状況や家族等の見守り役にメールを送信できる「見えるドライブ」などもあります。

ダイハツ・ロッキー新車価格

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

ダイハツ・ロッキーの価格は、170万5000円~242万2200円となります。

まとめ

ダイハツ ロッキー(左)とトヨタ ライズ(右)

ダイハツ ロッキー(左)とトヨタ ライズ(右)

ダイハツから新しく発売された、ロッキーについて見てきました。

①ダイハツ・ロッキーは2019年11月5日に発売されたばかりのコンパクトSUV
②トヨタからもライズという車種で販売
③ロッキーのインテリアは、SUVを意識したスタイリッシュなデザイン
④ロッキーのエクステリアは、シンプルなデザインだが、ホイールなどがとてもオシャレな作りになっており、女性にもおすすめ
⑤ロッキーには安全性能が高い最新の車線逸脱機能アラームなど、これがあればより安全な機能が満載

気になる方はぜひ、ダイハツのディーラーなどでロッキーの姿を見てみてくださいね。

関連する投稿


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

今年秋のモデルチェンジが噂される日産 エクストレイル。日産のベストセラーSUVがどんな変化を遂げるのか、現在流れている情報をもとに検証していきましょう!


北米トヨタの製造するフルサイズSUVセコイア!

北米トヨタの製造するフルサイズSUVセコイア!

あまり聞きなれない名前とお思いの方や、見たことがない方は一度見ればその圧倒的な大きさにある種の感動さえ覚えるかもしれません。トヨタのエンブレムがなければアメ車と思ってしまうほどの大きさはまさに圧巻です!


最新の投稿


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

クルマやバイクに乗っていればいつ遭遇してもおかしくないのが交通事故です。今回は、交通事故における運転手の義務や事故発生時の対処方法、昨今の交通事故事情などをご紹介します。これを読んで万が一の時慌てないようにしましょう。


エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

車に乗ったのにキーが回らない、という経験をしたことをありませんか?これは、車の盗難防止策の一つであるハンドルロックという機能の存在が関係しているかもしれません。今回は、そんなハンドルロックの仕組みとハンドルロックの解除方法に関して解説していきます。


インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!