目次へ戻る

【車の売却方法まとめ】初めての方向け!車の売り方

【車の売却方法まとめ】初めての方向け!車の売り方

車を売ろうと思ったとき、どういった方法で車を売ればいいのかわからない人も少なくないでしょう。そこで今回は、初めて車を売る方向けに、車の売り方を解説していきます。売却の流れから必要な書類までご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車の売却時の流れ

年配の夫婦と若い男性

車を売却する手順を知ろう!

まず最初に、本当に売却しても後悔しないか考えてみましょう。

新車で買ったときには高価な買い物だった自動車も、月日が経ち古くなってくると買取・下取り価格は思いのほか安くなります。

家族構成の変化や転勤などで車を使わなくなる際はよいのですが、単純に新しいクルマに乗りたい、別の車種に乗り換えたいという思いだけで車を手放すと後悔することもあるかもしれません。

手放す前に、最後にもう一度だけ後悔しないか考えてみましょう。

売却する、後悔しないと決めたら下記の流れで車を売却します。
※情報は2020年1月現在のものです

買取業者を探す

車を売却する際は、まず、買取をしてくれる業者を探しましょう。

インターネットを活用し、お住いの地域の中でできれば1か所ではなく複数個所リストアップしましょう。

買取業者に査定してもらう

リストアップした業者に連絡し、車を査定してもらいましょう。

査定には、店舗に車両を持ち込んでの査定と自宅などに業者に来てもらって行う出張査定があります。

自身の都合に合わせて選択しましょう。

必要な書類を用意する

車の売却で必要になる書類を準備します。

必要な書類については後ほど紹介します。

買取の契約をし、車を引き渡す

査定額に納得できる場合は、契約書に署名捺印します。

荷物のおろし忘れに注意し、ドライブレコーダー、カーナビの情報削除を行ってから引き渡しましょう。

お金を受け取る

店頭などで即日支払う業者もあるようですが、後日、銀行口座へ入金されるのが一般的です。

きちんと振り込まれている事を確認し、売却は完了です。

車の売却時に必要な書類

自動車検査証

自動車の売却には車検証も必要

車を引き渡すタイミングで「書類が無い!」とならない様に、必要書類をあらかじめ用意して行きましょう。

必要な書類は下記の通りです。

自動車検査証

通常、自動車のグローブボックス(助手席前方の収納部)に保管してあるはずです。

自動車検査証(車検証)は、その車が保安基準検査に合格している事を証明する書類です。万が一紛失している場合は、管轄の陸運局で再発行してもらえます。

申請用紙が約100円、再交付申請手数料は300円です。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書(自賠責保険証)とは、自賠責保険に加入している事を証明する書類です。

自動車に乗る際には携行する事が法律で義務付けられています。万が一紛失した際は、保険会社へ連絡すると再発行してもらえます。

尚、再発行の際には、下記の物が必要になります。

・自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書
・印鑑
・身分証明書(運転免許証など)のコピー

自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書 は、保険会社に連絡すると郵送で送ってくれる会社が多いようです。

※自賠責保険証明書の不携行は道路交通法違反となるため、法律で罰せられる可能性があります。紛失に気づいたら、再発行した書類が手元に届くまでは運転してはいけません。

自動車納税証明書

自動車税納税証明書は、自動車税を納めた事を証明する書類です。

万が一紛失の際は、普通自動車であれば都道府県または税事務所で、軽自動車の場合はお住いの市区町村の窓口に申請する事で再発行が可能です。

リサイクル券

廃車のリサイクルと適正な処理を行う為に、2005年から導入されたシステムです。

万が一紛失した場合は、「自動車リサイクル料金の預託状況」画面を印刷する事で、リサイクル券の代わりとなります。

尚、リサイクル料金検索を行う際は、車検証を手元に用意し、車体番号・登録番号をご確認ください。


「自動車ユーザー向け/リサイクル料金検索」
http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html

印鑑登録証明書

お住いの地域を管轄する役所に自分の印鑑を登録しておき、自動車などの取引の際に、お持ちの印鑑が契約者本人の印鑑である事を証明する書類です。印鑑証明と呼ばれる事も多いです。役所で貰う事ができます。

運輸支局(陸運局)での手続きの際、有効な印鑑証明書は取得してから3ヶ月以内のものですが、3ヶ月の期限ギリギリのものだと買取の際に業者に受け付けてもらえない場合があります。その際は新しく取得しなおす事になります。

書類の他に、契約の際にも印鑑が必要になります。普通自動車の場合は実印、軽自動車の場合は認印でも可能です。

車の売却手段とそれぞれのメリット・デメリット

メリット・デメリット

それぞれのメリット・デメリットを考えよう

車の売却手段は、「新車ディーラー・中古車販売店での下取り」と「自動車買取専門店での買取」の主に2つに分けられます。

それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

新車ディーラーや中古車販売店での下取りの場合

新車ディーラーや中古車販売店で下取りしてもらう場合のメリットには

・車が無い期間がない
・一定価格の値段がつく場合がある

などが挙げられます。

下取りとは、そのお店で車を購入する事を前提に今乗っている車に値段を付けてもらう仕組みです。

今ある車を手放すのと次の車の入手が同時にできるので、車の無い期間が生じません。その為、車を手放してから新たに入手するまでの移動手段(レンタカーなど)を考えずに済みます。

また、そのお店で車を買うお客さんとなるため、買取専門業者では値段の付けかない様な車でも、一定の価格(一般的に1万円~数万円程度)の値段が付く場合があります。


デメリットとしては、

・プラス査定があまり期待できない
・現金を受け取れない

などがあります。

下取りでは、人気車種・人気グレード・社外品パーツなどでのプラス査定があまり期待できません。

また、下取り代金は、そのお店で購入する車の代金に充当される為、現金を受け取る事ができません。

買取専門業者の場合

買取専門業者に買取りを依頼する場合のメリットには、

・査定の手間が省ける
・代金を実際に受け取る事ができる
・プラス査定が期待できる

などが挙げられます。

買取専門業者に買取りを依頼する場合、インターネットを使った複数業者の一括査定サービスを利用することができます。そのため、車を売却する手間を大きく省くことができます。

また、車を引き渡した後は、銀行口座にお金を振り込まれるか、代金を実際に受け取ることができます。

社外パーツなどを付けている事をアピールすると、プラス査定になる場合もあるでしょう。


デメリットとしては、

・需要の少ない車は査定額が低くなる
・交通手段を自分で確保する必要がある

などがあります。

買取専門業者に買取りを依頼する場合、低年式車や過走行車など、需要の少ない車は査定額が低くなる傾向があります。

また、買取専門業者に車を引き渡した後、次の車を買うまで、間の交通手段を自分で確保する必要があることもデメリットとなるでしょう。

車の売却時に掛かる税金

自動車と税金

車の売却時に掛かる税金とは?

売却時に利益が生じると、税金を納める義務が生じる義務があります。

詳しく見て行きましょう。

自動車税

厳密には、車の売却時に掛かる税金ではありません。しかし、その年の4月1日時点での車の所有者が1年分支払う事になっています。

例年4月下旬から5月上旬に納付書が郵送されてくるため、4月に車を売却した場合は、既に車を手放していても自動車税を納付する事になります。

所得税

通勤には使わず、趣味・レジャー目的で所有していた車を売却して利益が出た場合に、所得税の申告の義務が生じます。

個人の資産である車の売却で得た利益である為、会社員の方でも、確定申告が必要になります。

通勤・通学に使っていた車は仮に売却金額が購入金額を上回った場合でも、所得税を支払う義務は生じません。

車査定の相場

売却する前に、その車のおおよその相場を知っておく事で、買取額(又は下取り額)が適正かどうかが判断でき、安すぎる価格で売却してしまう事態を避けられます。

インターネットには一括査定サービスというものがあり、一括査定サービスを利用する事で複数社の査定額を知る事ができます。

多くのサイトでは、個人情報を入力せずに車の情報(車種・年式・グレード・走行距離など)を入力するだけで査定ができます。

ただし、実際に車を見てみないと分からない部分もある為、査定額はあくまで参考程度に留めておいた方が無難です。

ナビクル車査定

車の売却時の注意点

普通自動車の場合、前回の車検時に納めた自動車税の還付を受ける事ができます。特別な手続きは必要なく、運輸支局(陸運局)で車の抹消登録が完了すると、お住いの都道府県の税務署へ通知されます。


【還付金の受け取り方法】

・郵便局で受け取る
最寄の郵便局で、お住まいの都道府県から送付される振替払出証書、身分証明書(運転免許証など)、印鑑を持参し、還付金を受け取る事ができます。

・銀行で受け取る
指定された銀行窓口で、お住いの都道府県から送付される送金支払通知書、身分証明書(運転免許証など)、印鑑を持参し、還付金を受け取る事ができます。


自動車税は車の排気量によって税額が異なります。従って還付される金額も排気量によって異なってきます。また、自動車税に滞納がある場合は還付金を受け取る事はできませんので注意しましょう。

※自動車税が還付されるのは普通車に限られます。

まとめ

鍵を手渡す場面

よく考えて売却しよう!

今回は、自動車の売却の流れ、必要なものなどについてご紹介してきました。

少し手間はかかるものの、方法によっては損をするか得をするか大きく変わってきます。

車を売却する場合は、どういった手段、タイミングで売りたいのかよく考えた上で、スムーズに売却できるように準備しておきましょう。

車を高く売るならナビクル!シェアNO.1・ご利用実績460万人突破

https://www.rentracks.jp/adx/r.html?idx=0.30850.245917.4802.7043&dna=96743

車を「楽に、高く売る」ならナビクル!かんたん車査定で、優良な車買取業者・最大10社の買取額が比較できます。手間も時間もかけずに、買取相場がすぐ分かる!

車査定に関する記事はこちら

関連するキーワード


買い方・売り方 買取

関連する投稿


【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

車が欲しいと思った時、マイカーローンで購入する人は多いですよね。しかしながらローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見も。ローンを利用してでも購入すべき時はある?そもそもローンを利用すると、どれくらい余分に支払わなければいけないの?今回は気になるカーローンの特徴と注意事項についても解説します。


車のローン審査は通りやすい?通らない場合にチェックしたいポイント・基準を紹介

車のローン審査は通りやすい?通らない場合にチェックしたいポイント・基準を紹介

憧れの車を手に入れたい!車検や修理にまとまったお金が必要!そんな時に使う自動車ローン審査について分かりやすく解説します。審査基準やローンの種類、審査に通るための工夫や審査申込みでやってはいけない注意点などもご紹介。審査に落ちる原因や審査に通りやすい人の特徴など、初めて自動車ローンの審査に申し込む前に必読!!


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


車買取の査定相場を調べる方法&高く買い取ってもらう方法を解説

車買取の査定相場を調べる方法&高く買い取ってもらう方法を解説

愛車を売る時は、出来るだけ高く買い取って欲しいと思う人は多いです。買い取りの際に気になるのが、愛車の相場です。愛車の相場や車の仕様によって高く売ることができる時期などを、把握することで満足した売却を行う事ができます。今回は、車買取の査定相場を調べる方法や、高く買い取ってもらうにはどうしたらいいのか分かりやすくまとめて紹介していきます。


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」!iOS/Android対応!

DMMが2018年の6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をスタートしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


最新の投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【今さら聞けない】8ナンバーとは?

【今さら聞けない】8ナンバーとは?

車の話をしている時に8ナンバーって聞いたことありませんか?詳しくは知らない・初めて聞いたという方。本記事で一緒に8ナンバーについて見ていきましょう。