トップへ戻る

【2020年最新版】新型フィットに新型ヤリス!人気・おすすめコンパクトカー12選

【2020年最新版】新型フィットに新型ヤリス!人気・おすすめコンパクトカー12選

トヨタが新型ヤリス、ホンダが新型フィットをフルモデルチェンジし、2020年2月に同時発売されるなど、これまで軽自動車やSUVの人気に押され気味だったコンパクトカー市場が活気付いています。 当記事では、この話題沸騰の2モデル以外のコンパクトカーも含めて、おすすめのコンパクトカーを一気に12台ご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダ フィットクロスターはこんな車

ホンダ フィットクロスター

4代目となる新型ホンダの新型フィットは、従来のグレード構成とは異なり、ライフスタイルやライフステージに合わせた5つのタイプを設定したのが注目されています。

その中でも注目されるのが、クロスオーバーSUVスタイルの「クロスター」です。クロスターはSUVテイストの専用のエクステリアデザインと大径タイヤを採用し、ブラックのフロントグリルが大きな特徴となっています。

そして、バンパー下部やオーバーフェンダーにはブラックのパーツを装着し、ルーフレールも装着することで、SUVテイストを強調しています。しかし、公開された画像からは最低地上高などは他のタイプと変わらないように見受けられます。

さらに、インテリアには、シートやインパネソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用するなど、本格SUV同様のタフな内容となっています。

クロスターをすでに設定しているホンダのミニバン「フリードクロスター」では、車幅が3ナンバーになることを避けるためにオーバーフェンダーは装着されなかったという経緯があり、フィットクロスターではアクアクロスオーバーやノートCギア同様に3ナンバーになる可能性があります。

他のタイプである「ベーシック」、「リュクス」、「ネス」とともに発売されるクロスターですが、早くも一番人気という注目度の高いタイプとなっています。

フィットクロスターの価格とスペック

ホンダ フィットクロスター

2019年12月30日現在では価格やスペックは公開されていないため、情報が入り次第、内容を更新します。

ホンダ フィットクロスターはこんな人におすすめ

ホンダ フィットクロスター

新型フィットの購入を考えている人にとっては、どのタイプにするかは大事な問題です。しかし、燃費や他のスペックなどは共通で、4つのタイプも外観での差は大きくありません。であれば、もっとも話題となっているクロスターを選んではどうでしょうか?

ごついSUV仕様ではないので抵抗もなく受け入れられ、SUV好きのご主人も興味のない奥様も賛成すると思います。

コンパクトでもスポーツは忘れない!スポーツコンパクトカーTOP③

かつてはホットハッチと呼ばれ、小さなボディにパワーアップされたエンジンを搭載した元気印のコンパクトカーが若者の人気を集めていました。

時代は変わってもそんな元気印のコンパクトカーは健在で、少数派ながら実力のあるモデルが我々を楽しませてくれます。

1位スズキ スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツはこんな車

スズキ スイフトスポーツ

ベースとなるスイフトの軽量化されたボディに1.4Lのターボエンジンの「ブースタージェットエンジン」を搭載し、欧州製のホットハッチに匹敵するパワーとトルクを発生。日常での使いやすさを確保しながら、より高性能なホットハッチバックへと進化させたモデルです。

その圧倒的な走行性能と、燃費を削ったチューニングと無鉛ハイオク仕様の為により、標準車とは別モデルとしてラインナップされています。

さらに、新開発サスペンションによる高い動力性能とハンドリング性能を実現。また、スポーティーなエキゾーストサウンドや専用セミバケットシートなどスポーツマインドあふれる演出にもこだわっています。

この車をさらに駆り立てるのはギヤ比をクロスレシオ化させた6速のマニュアルシフト。今や本格スポーツカーでも指先でシフトするATが普通となっていますが、1トンを切る軽量なスイフトスポーツだからこそ、チューニングを行ない素早いシフト操作を可能にした、マニュアルシフトで走る楽しみがあります。

スイフトスポーツの価格とスペック

スズキ スイフトスポーツ

全長×全幅×全高:3,890×1,735×1,500(mm)
室内長×室内幅×室内高:1,910×1,425×1,225(mm)

エンジン種類・排気量:直列4気筒直噴ターボ・1.371㏄
最高出力(kW/rpm):103(140PS)5,500
最大トルク(N・m/rpm):230(23.4kg・m)/2,500-3,500
JC08モード燃費:16.2~16.4km/L

新車価格(消費税10%込):1,870,000~2,097,700円

※2019年12月現在公式サイト調べ

スズキ スイフトスポーツをおすすめする人

スズキ スイフトスポーツ

かつてはホットハッチといわれた車種を乗っていた、あるいは憧れていた世代の人も、これから車の楽しさを体験したいという若い人たちにも、おすすめしたいのがスイフトスポーツです。

もちろん普段使いでも便利だし、ファミリーにも好評のスイフトですが、走りを楽しむには最適な車です。

2位ホンダ シビックタイプR

ホンダ シビックタイプRはこんな車

ホンダ シビックタイプR

価格から考えるとコンパクトカーと言えるか微妙ですが、グローバルで見ればまさしくコンパクトハッチのど真ん中という事でご紹介。

これまでのタイプRのように、ノーマル車をベースにするのではなく、ノーマル車とタイプRモデルを同時開発している点が特徴となっています。

エンジンには320PSの2.0L VTECターボエンジンを採用し、エンジン回転数を自動で調整するレブマッチシステムや「SPORT」と「+R」に「COMFORT」を加えた3モードのドライブモードを採用しています。

また、シャシーはマルチリンク式リアサスペンションを新たに採用し、アダプティブ・ダンパー・システムなど制御技術の進化などにより、運動性能を大幅に向上させています。

その走行性能は2017年に、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて当時のFF市販車世界最速の座を奪還する結果を出しています。

6速MTのみの設定となるなど、日本が世界に誇るマニアにはたまらない存在のホットになっています

シビックタイプRの価格とスペック

ホンダ シビックタイプR

全長×全幅×全高:4,560×1,875×1,435(mm)
室内長×室内幅×室内高:1,905×1,465×1,160(mm)

エンジン種類・排気量:直列4気筒直噴ターボ・1.995㏄
最高出力(kW/rpm):235(320PS)6,500
最大トルク(N・m/rpm):400(40.8kg・m)/2,500-4.500
JC08モード燃費:12.8km/L

新車価格(消費税10%込):4,583,700円

※2019年12月現在公式サイト調べ

ホンダ シビックタイプRをおすすめしたい人

ホンダ シビックタイプR

この車はシビックの赤バッチ、タイプRをこよなく愛するマニアだけにおすすめする車です。もしくは国産のハイパフォーマンスモデルを探す人にも是非検討してもらいたい、世界に誇るFFホットハッチです。

3位日産 リーフ NISMO

日産 リーフ NISMOはこんな車

日産 リーフ NISMO

100%EVのリーフに、NISMOのスポーツパフォーマンスと、スタイリッシュなイメージを持たせた車がリーフ NISMOです。

ボディは、NISMOデザインのエアロによってcD値を確保しながらダウンフォースを増大させ高速での安定性の向上させ、さらに専用ホイール表面に流れる空気抵抗を低減させています。

そして、専用にチューニングされたサスペンションや、専用電動型制御ブレーキを採用し、シフトをBレンジに入れることで、強い加速と加減速が得られ、快適な加減速が楽しめます。

また、内装も専用シートや専用ステアリング、シフトやコンビメーターなどをガンメタクローム加飾や赤ステッチを織り込んで、スポーツムードを高めています。

他にはないEVのスポーツコンパクトであり、内燃機関のスポーツコンパクトに対抗する新時代のスポーツモデルがリーフ NISMOです。

リーフ NISMOの価格とスペック

日産 リーフ NISMO

全長×全幅×全高:4,510×1,790×1,550(mm)
室内長×室内幅×室内高:2,030×1,455×1,185(mm)
総電力量:40kWh
エンジン種類・排気量:直列4気筒直噴ターボ・1.995㏄
最高出力(kW/rpm):110(150PS)3832-9795
最大トルク(N・m/rpm):320(32.6kg・m)/0-3285
JC08モード一充電走行距離:350km

新車価格(消費税10%込):4,107,400円

※2019年12月現在公式サイト調べ

日産 リーフ NISMOをおすすめしたい人

日産 リーフ NISMO

リーフ NISMOは、新しいものにチャレンジしたい、誰も知らないことを最初に体験したい、そんなチャレンジ精神にあふれた人におすすめしたい車です。周りがV6だターボだと騒ぐ中、EVでさっそうと乗り付けてはいかがでしょう。

■外車だってコンパクト!外車(輸入車)コンパクトカーTOP③

外車(輸入車)イメージ

コンパクトカーを検討している人にとって、外車(輸入車)は考えないかも知れませんが、実は200万円を切るような、かなり安くてコンパクトな外車も多くなっているのです。次にげる3台はその中でも、もっとも手頃な車種なので、国産車だけでなく、外車も候補に入れてみてはどうでしょう。

1位フィアット 500(チンクエチェント)

フィアット 500はこんな車

フィアット500C

現行モデルは2007年に発売され、すでに12年が経過していますが、クラシカルなデザインは、年数がたつほどに味わいが深まり、その人気は劣る気配がありません。

フィアット500シリーズは、3ドアハッチバックの500と5ドアの派生車500X、そして電動開閉式ソフトトップを採用したオープントップの500Cという基本タイプからなっていて、エンジンには1,2Lの直列4気筒エンジンと、875ccの直列2気筒ターボエンジン「ツインエア」搭載車が設定されています。

フィアット 500の人気が衰えないのは、立て続けに投入される限定車もその要因となっています。
2019年だけに限っても、「コレツィオーネ」、「ユニセックス」、「マヌアーレ・ロッサ」、「ポップ・チェントヴェンティ」、「120th タキシード」、「イレジスティービレ」と6種の限定車が発売されており、いづれも人気となっています。

また、車両価格も200万円からと外車(輸入車)としては安価で、ポップでイタリアンカジュアルのおシャレな500は、コンパクトカーとして国産車にはない魅力をそなえています。

フィアット 500の価格とスペック

500/500Cイレジスティービレ

500
全長×全幅×全高:3,570×1,625×1,515(mm)
500C
全長×全幅×全高:3,570×1,625×1,505(mm)
500X
全長×全幅×全高:4,280×1,795×1,610(mm)

燃費
500 1,2:19.4km/L(JC08モード)
500 TwinAir:24.0km/L(JC08モード)
500X 1.4:13.5km/L(WLTCモード)

新車価格(消費税10%込)
500:2,000,000~2,760,000円
500C:2,600,000~2,950,000円
500X 1.4:2,990,000~3,410,000円

フィアット 500はこんな人におすすめ

フィアット 500X

4ドアのXもいいけど、やはり500の持ち味は2ドア。狭いし不便だし、力もないから軽自動車の方がよっぽど良いという人もいるかもしれませんが、とにかく楽しいと思える車は500以外にありません。

車を持つことで普段の生活も楽しく過ごしたい。そんな考えの人におすすめしたい車です。

2位フォルクスワーゲン UP!(アップ!)

フォルクスワーゲン UP!はこんな車

フォルクスワーゲン UP!

UP!は、グリルレス風のフロントマスクを持つデザインで、軽自動車より一回り大きく、国産コンパクトカーでも小さい部類のボディサイズに、高い質感と大人4人が無理なく乗れる室内スペースを確保したフォルクスワーゲン最小の車種です。

ロングホイールベースにより、後部座席でも十分なヘッドクリアランスが確保され、荷室容量は後席を折り畳むことで最大951Lを達成しています。

エンジンは3気筒1.0Lのみですがバリエーションは豊富で、軽快な2ドアと4ドアの「ムーブUP!」、15インチアルミホイールやクルーズコントロールなど充実装備の「ハイUP!」が標準モデルとなっています。

そして特別仕様として、パワーアップされたエンジンや専用17インチホイール、レッドブレーキキャリパー、伝統の赤いラインが印象的な「UP!GTI」、そしてSUVテイストのアレンジが人気の「クロスUP!」があります。

何より1,652,000円からという低価格設定が特徴であり、あの GTIであっても2,342,000円という国産車とほぼ同価格帯のVWというのが最大の魅力です。

フォルクスワーゲン UP!の価格とスペック

フォルクスワーゲン UP!

フォルクスワーゲン UP!の価格とスペック

全長×全幅×全高:3,610×1,650×1,495(mm)

JC08モード燃費:22.0km/L

新車価格(消費税10%込):1,652,000~2,342,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

フォルクスワーゲン UP!はこんな人におすすめ

軽自動車じゃ物足りないけど国産コンパクトカーは大きくなりすぎて高くなってしまい、自分の求める丁度良い車が見つからない人にはUP!がお勧めです。

国産車にはない個性とスポーツタイプを選んでも格安な価格、そして軽自動車とコンパクトカーの中間という微妙なサイズ感にきっと満足するはずです。

関連するキーワード


新型車 コンパクトカー

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【おすすめ5選】人気のコンパクトカーはどれだ?!

【おすすめ5選】人気のコンパクトカーはどれだ?!

普通乗用車の中でも小型なコンパクトカーは本体価格が手頃で燃費性能が良く、自動車税も安く抑えられるなどメリットが大きいことから人気があります。各メーカーからさまざまなコンパクトカーが発売されているため、最近人気の車種を知りたいという方もいるのではないでしょうか。コンパクトカーを選ぶ際は、ラゲッジスペースや乗り心地の快適さなども加味して自分のドライブスタイルに合った車種を選ぶことが大切です。そこで今回は、国内メーカー各社の人気コンパクトカーについておすすめ5選をご紹介します。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


低燃費コンパクトカー 5車種まとめ!エコも節約も両立しよう

低燃費コンパクトカー 5車種まとめ!エコも節約も両立しよう

車を運転するとどうしてもかかってしまう経費の一つがガソリン代。しかし、少しでも燃費のいい車に乗り換えれば、毎月しっかり節約でき、年間では驚くほど出費が減っているかもしれませんよ。この記事では、価格やサイズ的に扱いやすさも備えた普通車のコンパクトカーで、低燃費な5台をご紹介していきます。


最新の投稿


【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

車が欲しいと思った時、マイカーローンで購入する人は多いですよね。しかしながらローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見も。ローンを利用してでも購入すべき時はある?そもそもローンを利用すると、どれくらい余分に支払わなければいけないの?今回は気になるカーローンの特徴と注意事項についても解説します。


おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

今や、世の中のクルマのほとんどがオートマ車になってしまいました。でも、まだまだマニュアル車も様々なモデルが発売されています。 運転を奥深く、知的なゲームにしてしまう、おすすめのマニュアル車をご紹介いたします!


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

エンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。エンジンオイルを賢く選びたいという方はぜひ本記事をご覧ください。