トップへ戻る

トヨタの新型プリウス最新情報 評価・内装・価格・燃費ほか完全網羅

トヨタの新型プリウス最新情報 評価・内装・価格・燃費ほか完全網羅

2018年12月にマイナーチェンジされたトヨタの新型プリウスは、現在、国内最高燃費を誇るハイブリッドカーです。そして プリウスαやプリウスPHVといった個性的な派生車種をラインナップしているのも、人気となっている理由です。当記事ではそんな新型プリウスの最新情報を、ユーザーの評価や内装、価格、そして燃費等をご紹介します。燃費の良い車ならプリウスがおすすめです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタの新型プリウス最新情報

トヨタ プリウス

新型プリウスとは

トヨタ プリウス

2015年12月に発売された4代目モデルの新型プリウスは、優れた環境性能をさらに進化させ、TNGAやリチウムイオン電池の採用などで、世界トップレベルの燃費性能を実現しました。

デザインでは、低重心パッケージによるエモーショナルなスタイルと、先進的で温かみを持たせたインテリアが特徴になっています。

さらに、新型プリウスは、TNGAの第1号車として低燃費とともに、低重心スタイルや走りの楽しさと乗り心地といった基本性能を大幅に向上させ、新たに4WD車も設定されました。

マイナーチェンジが行われた新型プリウス、評価はどうなの?

トヨタ プリウス

2018年12月にマイナーチェンジされた新型プリウスは、販売が低迷した最大の原因である、”攻めすぎたデザイン”を大幅に改良しています。

新型プリウスのメリットは

最大の問題点だったフロントグリルやバンパー、ランプ類などのデザインを変更し、より踏ん張り感のあるシルエットとしています。

先進的という意味では従来のデザインの方が未来的でしたが、プリウスの主なユーザーが高齢化していることもあって、マイナーチェンジされたデザインによって落ち着いたイメージに好感が持たれました。

さらに、先進安全システムの「トヨタ・セーフティーセンス」が標準装備化され、リアクロストラフィックアラートもメーカーオプション設定されています。

また、専用通信機DCMを全車に標準装備し、T-Connectサービスの3年間の無償提供が付与されることとなっています。

新型プリウスのデメリットはある?

最高燃費は発売当時の40.0㎞/Lから39.0㎞/Lに後退。これは安全装備などによる重量の増加によるものですが、「E」グレード以外のグレードに燃費の変更はありません。

また、デザインにおいてはまだ不評であり、逆にプリウスPHVのデザインの評価が高まっています。

プリウスの派生形、プリウスα(アルファ)とは

トヨタ プリウスα Gツーリングセレクション(5人乗り)

2011年5月に発売された プリウスαは、当時発売されていた3代目プリウスをベースに、5人乗り仕様と7人乗り仕様を持つ、ハイブリッド専用ステーションワゴンとして開発されました。

プリウスが新型となった後、現在でもフルモデルチェンジされずに、発売から9年目になる現在も販売されています。

プリウスαの価格とボディサイズやボディタイプ

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション(5人乗り)

プリウスαのボディタイプ

プリウスαのボディタイプは、ベースの3代目プリウスのプラットフォームを延長させたボディに、大きな荷室を持つステーションワゴンの2列シート5人乗りと、7人乗り仕様はミニバンとしての性格を持つ 3列シート7人乗りを設定しています。

プリウスαのボディサイズ

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション(7人乗り)

全長:4,645mm(5人乗り4,630mm)
全幅:1,775mm
全高:1,575mm

特に全高が新型プリウスに比べて約10㎝、3代目プリウスよりも8.5cmも高く、室内空間の広さが際立っています。

プリウスαの燃費

JC08モード燃費:26.2㎞/L

5人乗りと7人乗りは同じ燃費性能ですが5人乗りでは3代目プリウスと同じくニッケル水素電池、7人乗りでは3列目シートの室内空間を確保するために軽量で小型のリチウムイオン電池を採用しています。

プリウスαの価格

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション(7人乗り)

車両本体価格(消費税10%込)

プリウスα5人乗り:2,612,500円~3,319,800円
プリウスα7人乗り:2,968,900円~3,529,900円
プリウスα特別仕様車 S“tune BLACK Ⅱ”
5人乗り:2,834,700円
7人乗り:3,044,800円

新型プリウスのPHVモデル、プリウスPHVとは

トヨタ プリウスPHV

2017年2月に追加設定さえた新型プリウスのプラグインハイブリッドモデルである「プリウスPHV」は、リチウムイオン電池の容量をに増やしたり、システムの効率化を行ったことで、EV走行距離を先代モデルから2倍以上の68.2kmへと向上させています。

つまり、JC08モード通りなら日常使いではガソリンを一滴も使わなくて済みます。

外部給電できる機能では、エンジンをかけずに給電する「EV給電モード」を追加し、エンジンを作動する「HV給電モード」では最大2日程度の電力供給を可能にしていて、アウトドアだけではなく、災害時にも利用できるとして注目されています。

また、エクステリアデザインも新型プリウスと差別化され、照射範囲を左右16個のLEDを備えた4灯式LEDタイプフロントグリルは透明アクリル樹脂を採用した大型タイプになり空力性能を向上させる二つの膨らみを持つバックドアガラスを採用しています。

ようするに、プラグインハイブリッドの機能とともに、新型プリウスであっても、フロントとリアも全く異なるデザインを持つのがプリウスPHVなのです。

プリウスPHVの燃費と走行距離

JC08モード燃費:37.2km/L
JC08モードEV走行距離:68.2km

プリウスPHVのボディサイズ

全長:4,645mm
全幅:1,760mm
全高:1,470mm

プリウスPHVの価格

車両本体価格(消費税10%込)
3,237,300円~4,345,000円

トヨタの新型プリウス基本情報

トヨタ プリウス

新型プリウスのスペック(ボディサイズ・燃費・エンジンほか)

新型プリウスのボディサイズ

全長:4,575mm
全幅:1,760mm
全高:1,470mm

新型プリウスのスペックと燃費

エンジン:直列4気筒1.8L
最高出力:72kw(98PS)
最大トルク:142N・m(14.5kgf・m)
モーター
最高出力(フロント):53kw(72PS)
最高出力(リア):5.3kw(7.2PS)
最大トルク(フロント):163N・m(16.6kgf・m)
最大トルク(リア):55N・m(5.6kgf・m)
JC08モード燃費:34.0~39.0㎞/L

新型プリウスの燃費は本当にいいのか?

新型プリウスでは、1.8Lエンジンを吸気ポートやピストン形状の改良するなどされています。さらに、ハイブリッドシステムもモーター、トランスアクスル、パワーコントロールユニット、駆動用バッテリーの小型・軽量化を進めて低燃費性能を高めました。

さらに、軽量・高剛性のTNGAに基づいたプラットフォームを導入することでも、低燃費に光線しています。

その結果、最高燃費は「E」グレードの39.0㎞/Lで、他のグレードも2WDは37.2㎞/L、4WDでも34.0㎞/Lと国内トップクラスの低燃費性能となっています。

しかし、あいかわらずWLTCモードは公表されていないのが気になります。

同じハイブリッドシステムを採用する最新モデルの「ヤリス」が、WLTCモード36.0㎞/Lを記録しているので、約300㎏重い新型プリウスが、WLTCモードで「ヤリス」を超えるとは考えにくいです。

新型プリウスの内装

新型プリウスの室内は、インストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインとなっています。

また、コンソールトレイ内の、“おくだけ充電(ワイヤレス充電)”は、早値の大型スマートフォンにも対応するようにスペースを拡大しています。

さらに、吸い込み方式のシートベンチレーションを全席の背もたれ面と座面に設置し、シート表皮の熱気や、エアコンの冷風を吸い込むことで冷涼感をもたらし、快適性を高めています。

新型プリウスの外装

新型プリウスの外観は、グリルやバンパー、ランプ類などのデザインを踏ん張り感のあるシルエットとし、アルミホイールは、17インチが樹脂加飾部にチタン調の塗装を採用、15インチはツインスポーク形状を採用してスタイリッシュなデザインが採用されています。

さらに、ボディカラーには鮮やかなブルーメタリックとエモーショナルレッドⅡを新たに加え、全9色となっている他、“ツーリングセレクション”には、幾何学調ルーフフィルムをあしらったカラーリングを採用しプレミアムな印象となっています。

新型プリウスのTNGA

関連する投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ポルテってどんな車?グレードや走行性能は?

トヨタ ポルテってどんな車?グレードや走行性能は?

トヨタのポルテ、「ポルテ」とはフランス語で扉を意味しています。その名前の通り、助手席側のドアが大きくスライドする特徴がある、トヨタのトールワゴンに位置する車です。今回はこのトヨタ ポルテについてご紹介します。


トヨタ ヤリスのグレード別価格まとめ!ライバル車も紹介

トヨタ ヤリスのグレード別価格まとめ!ライバル車も紹介

ヤリスと聞いて一瞬「?」となった方も多いはずです。もともとヤリスという名前はトヨタヴィッツの海外モデルの販売名でしたが、モデルチェンジと時を同じくして、国内でもヤリスの名前に統一されました。今回はこのヤリスのグレードの違いやグレード別価格を中心に、どんなグレードがあるのかを紹介します。また気になるライバル車についてもご紹介します。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。