目次へ戻る

次世代物流サービス「ロボネコヤマト」が宅急便を変革する!?

次世代物流サービス「ロボネコヤマト」が宅急便を変革する!?

いつかは全てロボットがやってくれるようになる…?今何かと話題の宅急便事情。テクノロジーが進めば、もっとドライバーの方にとっても仕事しやすい環境になるのではないでしょうか。


ロボネコヤマト登場

DeNAとヤマト運輸は、神奈川県藤沢市の限定エリアにて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を4月17日から開始すると発表しました。

今回の実用実験は、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、保管ボックスを設置した専用EV車両を使用して2018年3月31日まで実施。

オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と買物代行サービス「ロボネコストア」を対象エリアの住民に体験してもらうそうです。

ロボネコデリバリーは、希望する時間に、希望する場所で荷物を受取ることができる配送サービス。配送時間は10分刻みで選択可能で、最寄駅や会社など、対象エリア内であれば、自宅以外の場所でも受取りができるようになります。

冷凍・冷蔵品にも対応し、荷物の到着予定時刻の3分前には、スマートフォン等に自動音声で到着を知らせてくれます。

いつもお世話になっています!クロネコヤマトの宅配便事情調べてみた

http://matome.response.jp/articles/186

深刻なドライバー不足。オンラインショップの発達による宅急便の便数の増加。増える残業時間…などなど今、改めて日本の宅配制度が見直されつつあります。その中でも特に話題になっていたクロネコヤマトについて調べてみました。

ロボネコストアは、インターネット上の仮想モールから対象店舗の商品を一括購入できるサービス。

今回の実用実験によれば、地元商店の商品を自宅や外出先にいながらまとめて注文・受取り可能です。

冷蔵・冷凍品にも対応し、荷物の到着予定時刻は、スマートフォンからリアルタイムで確認できます。

今回の実用実験は、将来の自動運転社会を想定したものだが、原則としてはドライバーによる有人運転を行います。

ドライバーは荷物の発送・受取りに関与せず、両サービスともに、指定場所に到着した荷物は、顧客自身で車両の保管ボックスを開けて取出します。

体験をしてもらう中で、サービス受容性の検証や、サービス利用時の細かな要望収集を行っていきます。

なお、2018年を目処に、一部の配送区間における自動運転の導入を予定しています。

ヤマト宅急便、取扱が5年前より31.1%増えていた

ヤマト運輸は4月6日、2016年度(2016年4月~2017年3月)の宅急便取扱実績を発表、前年度比7.9%増の18億6756万3562個だった。

宅急便取扱実績は、2011年度の14億2360万8136個と比較すると31.1%増、2006年度の11億7459万9922個と比較すると59.0%増と大幅に増加している。

近年、インターネット通販の普及による取扱量の増加や、再配達率の高止まりなど、宅配便業者の負担増が社会問題となっている。特にヤマト運輸は、佐川急便がAmazonとの契約を解除した2013年以降、大量の荷物をほぼ一手に引き受けることになり、セールスドライバーの負担が一気に増大。抜本的な問題解決に迫られている。

関連するキーワード


トラック 物流・運送

関連する投稿


【どうする?】デートに軽トラは【アリ?!ナシ!?】

【どうする?】デートに軽トラは【アリ?!ナシ!?】

高級車ほどまでいかなくても、それなりにカッコイイSUVなどで迎えに来てもらった日には、女性も一日ご機嫌…かもしれません。そんな中、殴り込みをかけてきたのがご存知「軽トラ」。軽トラでドライブデート、これはアリ?それとも…ナシ?


小型・軽トラック・バンの保有台数の減少傾向続く。その理由

小型・軽トラック・バンの保有台数の減少傾向続く。その理由

日本自動車工業会は、2016年度に実施した「小型・軽トラック市場動向調査」の結果をまとめました。気になる結果は…?


大型ドライバー不足対策「ダブル連結トラック」「隊列走行」

大型ドライバー不足対策「ダブル連結トラック」「隊列走行」

物流業界は深刻なドライバー不足に陥っています。国土交通省は少ない人数で大量の貨物を輸送するための技術として「ダブル連結トラック」や「隊列走行」など様々な実験を行っています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング