トップへ戻る

次世代物流サービス「ロボネコヤマト」が宅急便を変革する!?

次世代物流サービス「ロボネコヤマト」が宅急便を変革する!?

いつかは全てロボットがやってくれるようになる…?今何かと話題の宅急便事情。テクノロジーが進めば、もっとドライバーの方にとっても仕事しやすい環境になるのではないでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ロボネコヤマト登場

DeNAとヤマト運輸は、神奈川県藤沢市の限定エリアにて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を4月17日から開始すると発表しました。

今回の実用実験は、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、保管ボックスを設置した専用EV車両を使用して2018年3月31日まで実施。

オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と買物代行サービス「ロボネコストア」を対象エリアの住民に体験してもらうそうです。

ロボネコデリバリーは、希望する時間に、希望する場所で荷物を受取ることができる配送サービス。配送時間は10分刻みで選択可能で、最寄駅や会社など、対象エリア内であれば、自宅以外の場所でも受取りができるようになります。

冷凍・冷蔵品にも対応し、荷物の到着予定時刻の3分前には、スマートフォン等に自動音声で到着を知らせてくれます。

いつもお世話になっています!クロネコヤマトの宅配便事情調べてみた

http://matome.response.jp/articles/186

深刻なドライバー不足。オンラインショップの発達による宅急便の便数の増加。増える残業時間…などなど今、改めて日本の宅配制度が見直されつつあります。その中でも特に話題になっていたクロネコヤマトについて調べてみました。

ロボネコストアは、インターネット上の仮想モールから対象店舗の商品を一括購入できるサービス。

今回の実用実験によれば、地元商店の商品を自宅や外出先にいながらまとめて注文・受取り可能です。

冷蔵・冷凍品にも対応し、荷物の到着予定時刻は、スマートフォンからリアルタイムで確認できます。

今回の実用実験は、将来の自動運転社会を想定したものだが、原則としてはドライバーによる有人運転を行います。

ドライバーは荷物の発送・受取りに関与せず、両サービスともに、指定場所に到着した荷物は、顧客自身で車両の保管ボックスを開けて取出します。

体験をしてもらう中で、サービス受容性の検証や、サービス利用時の細かな要望収集を行っていきます。

なお、2018年を目処に、一部の配送区間における自動運転の導入を予定しています。

ヤマト宅急便、取扱が5年前より31.1%増えていた

ヤマト運輸は4月6日、2016年度(2016年4月~2017年3月)の宅急便取扱実績を発表、前年度比7.9%増の18億6756万3562個だった。

宅急便取扱実績は、2011年度の14億2360万8136個と比較すると31.1%増、2006年度の11億7459万9922個と比較すると59.0%増と大幅に増加している。

近年、インターネット通販の普及による取扱量の増加や、再配達率の高止まりなど、宅配便業者の負担増が社会問題となっている。特にヤマト運輸は、佐川急便がAmazonとの契約を解除した2013年以降、大量の荷物をほぼ一手に引き受けることになり、セールスドライバーの負担が一気に増大。抜本的な問題解決に迫られている。

関連するキーワード


トラック 物流・運送

関連する投稿


さらば、農道のNSX!ホンダ・アクティ トラックを徹底解説!

さらば、農道のNSX!ホンダ・アクティ トラックを徹底解説!

農村のNSX、ホンダ・アクティ トラックが、2021年6月で生産停止になってしまいます。今回は、エンジンをミッドシップに積んだ軽トラ、と言う独特なメカニズムを持ったアクティ トラックを、詳しく見ていきましょう!


トラック運転手の仕事はきつい?必要な免許や仕事内容をご紹介

トラック運転手の仕事はきつい?必要な免許や仕事内容をご紹介

トラック運転手は、男女問わずできる職種です。しかし、車の免許があるだけトラックをすぐに運転できると思っていませんか?今回ご紹介する記事では、「トラック運転手」を始めるのに必要な免許やその仕事内容もご紹介します。


その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

レズバニから、ギリシャ神話最大の英雄の名を名付けられた最強カーが登場するとの情報が入ってきました。その名はヘラクレス。いったいどんな車に仕上がっているのか?注目が集まります。


【豆知識】トラックレンタカーとは?

【豆知識】トラックレンタカーとは?

新生活で引っ越し費用を抑えたい。大きな荷物の運搬にどうしても使いたい。そんな希望に応えるのがトラックのレンタカーです。免許の区分で借りられる大きさや費用、運転のコツについてもご紹介します。


【軽トラ】現行軽トラック徹底比較!何が違う?注目すべきポイントは?

【軽トラ】現行軽トラック徹底比較!何が違う?注目すべきポイントは?

農家ではおなじみ軽トラック(軽トラ)、しかし軽トラといってもメーカーからいろんな車種が発売されています。ですので似ているようで違いもあります。今回は現行の軽トラックを5つのポイントに絞って比較を行いました。どういう違いがあるのかを確認して、あなたにピッタリの軽トラを探してみましょう。(※2020年3月更新しました)


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。