目次へ戻る

【今からチェック!】ボーナスで買いたいおすすめ軽自動車5選

【今からチェック!】ボーナスで買いたいおすすめ軽自動車5選

冬のボーナスでは買えなかったけど、今年の夏のボーナスでは頭金にして新車を購入したいと考える方も多いのではないでしょうか?そこで本記事では最新の軽自動車の中からおすすめの5台を紹介します。ボーナスまで待ちきれない…かもしれません!!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【今からチェック】ボーナスで買いたい軽自動車

みなさんは、欲しい車がありますか?

クルマを購入するというのは、人生の一大イベント。高い買い物ですので、何を購入しようか、迷うところですよね。

そんなわけで本記事では、これからの夏のボーナスを控える貴方に、一足お先におすすめの軽自動車をご紹介します。

今から何を購入するか、検討してみてはいかがでしょうか!

①日産 ルークス

日産 ルークス 新型

ルークスの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込):1,415,700~2,066,900円       

ルークスの燃費

WLTCモード燃費:16.4~20.8㎞/L JC08モード燃費:21.2~27.2㎞/L 

大人4人がゆったりくつろげる室内空間

3月19日から発売された日産の新型「ルークス」は、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現した、今最も注目されている軽スーパーハイトワゴンです。

今、家族で乗れて軽自動車でも、我慢せずに街乗りから長距離まで乗れる車を探しているなら、間違いなく最高の選択になるはずです。

座って時の時の膝回りスペースも十分に確保され、後席では膝と全席の間が795mmもあり、ゆったりと座ることができます。また後席の室内高は1400mmなので、小さなお子さんなら立ったまま着替えることもできます。

さらに荷室床面の長さを675mm確保して、48Lのスーツケースを同時に4個も積載できる荷室容量もバッチリです。

快適な使い勝手と進化した安全性能

ハンズフリーオートスライドドア

快適な使い勝手では、後席スライドドアの開口幅を650mm確保して乗降性を向上。さらに「ハンズフリーオートスライドドア」、最大320mmスライド可能なリアシートを装備し、助手席側スライドドア部の「オートステップ」をオプション設定しています。

また、今回ルークスにも日産の誇る、運転支援技術「プロパイロット」を進化させて搭載。先進安全技術も機能を向上させた上で、「ハイウェイスターシリーズ」には、緊急事態に通報できる「SOSコール」を標準搭載しています。

そして全車に、マイルドハイブリッドシステムの「スマートハイブリッド」を採用しており、低燃費とスムーズな走行性能も可能になっています。

ルークスを購入できるお店

ルークスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

②スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

ハスラーの価格

メーカー希望小売価格(消費税込):1,280,400~1,790,800円       

ハスラーの燃費

WLTCモード燃費:20.8~25.0㎞/L JC08モード燃費:27.8~30.4㎞/L 

広いだけじゃない 遊びに行きたくなるスタイルと機能

1月20日より発売された新型「ハスラー」は、想像力や行動力をさらにかき立てる新たなハスラーを目指して開発されました。活動的で、車でアクティブに過ごしたい、アウトドアライフにも挑戦したいという人に最適な車といえます。

エクステリアは、ひと目でハスラーとわかる丸型ヘッドランプと厚みのある顔周りを表現しています。また、インテリアは、タフな世界観を演出する3連インパネカラーガーニッシュや4.2インチカラー液晶メーターを採用するなど運転を楽しくしてくれます。

機能面では、シーンにあわせてラゲッジスペースの荷室容量を調整できたり、荷室下には防汚タイプラゲッジアンダーボックスを採用して背の高い荷物を収納することもできるなど、使い倒せる仕様となっています。

クラス最高燃費と安全性能

安全面では、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に加え、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を標準装備し、前後の安全性能を高め、ターボ車には全車速での追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロールや車線逸脱抑制機能をスズキ軽自動車として初採用するなど、安全運転を支援する機能を充実させています。

エンジンは、新開発されたエンジンと新開発CVTの組み合わせた新パワートレインと、マイルドハイブリッドを全車に搭載しています。ハスラーはクラス最高燃費も見逃せません。

ハスラーを購入できるお店

ハスラーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

③ホンダ N-WGN

N-WGNの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込):1,298,000~1,827,100円       

N-WGNの燃費

WLTCモード燃費:20.0~23.2㎞/L JC08モード燃費:23.8~29.0㎞/L

N-BOXよりも快適で優れた機能と価格のバランス

ホンダの軽自動車といえばN-BOXを思い浮かべます。たしかにN-BOXは今、日本で一番売れている車ですが、そのN-BOXよりも新しく、機能のバランスも優れ、N-BOXより約20万円も安い価格ということで注目されているのが新型N-WGNです。

N-WGNの優れている点は、N-BOXよりも100mm以上高さが低いけれど乗り込んでしまえば室内の広さは同等で、後席の座り心地は、多彩な機能を備えたシートのN-BOXよりも快適。

しかも、荷室の床面地上高は490mmと低くて荷物を積みやすく荷室は上下2段に分割して使えます。

最新のホンダセンシングと電動式パーキングブレーキは魅力大

そして、安全装備のホンダセンシングは、歩行者/自転車/自動車を検知して、衝突被害軽減ブレーキを作動させられ、クルーズコントロールは、N-BOXより進化した全車速追従型になっています。

さらに、電動式パーキングブレーキは、先行車に追従して停車した後、停車時間が長引いた時はパーキングブレーキを自動的に作動させられることもできるなど、まさに上級車以上の機能となっています。

車って、これで十分ではないかと本気で思わせる車がN-WGNなのです。

N-WGNを購入できるお店

N-WGNについてもっと詳しく知りたい方はこちら

④三菱 eKクロススペース

eKクロススペース

eKクロススペースの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込):1,655,000~1,991,000円      

eKクロススペースの燃費

WLTCモード燃費:16.4~20.8㎞/L JC08モード燃費:21.2~27.2㎞/L

SUVテイストあふれるクロスオーバーモデルスタイル

約6年ぶりにフルモデルチェンジされ、3月19日から発売された三菱自動車の軽スーパーハイトワゴン新型「eKスペース」は、日産の「ルークス」の姉妹車ですが、三菱独自の上級モデルとして、
SUVテイストのクロスオーバーモデル「eKクロススペース」を新たに設定しています。

日産の「ルークス」及び「ルークスハイウェイスター」と基本的には同じ車ですが、そのSUVテイスト溢れるフロントフェイスは、三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用しており、三菱のデリカD:5を思わせるSUVらしい力強さと安定感を表現したデザインになっています。

また、サイドシルガーニッシュとホイールアーチをブラックとし、前後バンパー下部のスキッドプレート形状部をシルバーとすることで、SUVらしさを強調しています。

日産のルークスとは異なる三菱らしいモデル

さらに、ボディカラーは全13通りからなり、テーマカラーのオリーブグリーンメタリック/ホワイトソリッド等のSUVテイストをより一層引き立たせるカラーを設定ししています。

室内の広さもパワーユニットも日産の「ルークス」と変わりませんが、この三菱独自のデザインにより差別化が図られ、前代モデル以上の人気車種となっています。SUVテイストの軽自動車は好きだけど、家族と乗る機会が多いのでスライドドアは必要、と思われる人には最適の車種です。

eKクロススペースを購入できるお店

⑤ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ミライースの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込):828,000~1,372,800円      

ミライースの燃費

WLTCモード燃費:23.2~25.08㎞/L JC08モード燃費:32.2~35.2㎞/L

低価格と低燃費そして最高レベルの安全性能

人によってボーナスの額は違いますが、出来れば支出は抑えたいと思うはず。車を買うにもとにかく価格にこだわりたいと思われる方にはダイハツの「ミライース」がおすすめです。

「ミライース」の魅力は858,000円からという低価格だけではありません。普通車のハイブリッド並みのJC08モード35.2km/Lの低燃費を達成させ、また衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を採用することで、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現しています。(スマートアシストIII 装備車は924,000円~)

関連する投稿


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


【徹底調査!】スズキ ジムニーは燃費が悪い?ライバル車と比較も

【徹底調査!】スズキ ジムニーは燃費が悪い?ライバル車と比較も

唯一無二の個性的な存在、スズキ ジムニー。ジムニーは小さなボディに超本格的な走破性能を備え、世界中にファンのいる車です。毎日の街乗りに、あるいはセカンドカーに欲しいと思っている方も多いのではないでしょうか?ジムニーの購入を検討する際に最も気になるのが、”燃費”です。今回はジムニーの燃費を中心に詳しく検証していきます。


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。