目次へ戻る

LFA の再来なるか、レクサス LC F…高性能カーボンスタイルを大胆予想

LFA の再来なるか、レクサス LC F…高性能カーボンスタイルを大胆予想

ついに発売されたレクサスのフラッグシップ・クーペ、「LC」。その頂点を極める、高性能モデル「LC F」の登場が確実視されており、レスポンスでは情報を元にCGを制作しました。


レクサス LC F…高性能カーボンスタイルを大胆予想

ついに発売されたレクサスのフラッグシップ・クーペ、「LC」。その頂点を極める、高性能モデル「LC F」の登場が確実視されており、レスポンス(スパイダーセブン)では情報を元にCGを制作しました。

ボンネットにはエアーバルジ、フロントには、ノーマルよりエアロダイナミクス性能を高める形状の大口エアインテーク、フロントサイドにはエアアウトレット、リアフェンダー前部には、冷却機能向上させる大型エアインレットや、高速性能を安定させるサイドスカートなどを装備させました。

そして軽量化、スポーティー力をアップさせるカーボンを、ルーフ、ミラー、そしてエアインテークにあしらっています。

これまでの「F」の血統を受け継ぐ、上品かつグラマラスなエクステリアへとグレードアップしています。

パワートレインは、5リットルV型8気筒ターボをブラッシュアップさせ、最大馬力は620ps程度まで引き上げられるとみられます。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーかと予想はされていますが、遅れれば2018年9月頃になりそうだと考えられます。

日本での価格帯は2000万円~2300万円くらいでしょうか。
さすが、ラグジュアリークーペ。お値段も張りますね。

気になる レクサスLCのデザインについて迫る

3月16日に発売された、レクサスの新型ラグジュアリークーペ『LC』。ブランドにおける最上級クーペであり、フラッグシップの役割も担うモデルだ。その開発の背景を、製品企画と車両実験の担当者に聞いた。

◆デザインスタディをそのまま市販モデルに

LC開発の契機となったのは、2012年のデトロイトショーで公開したコンセプトカー『LF-LC』だ。もともとはデザインスタディ(習作)だったが、これを可能な限りそのまま商品化しようとしたのが開発のきっかけだったという。「市販を期待する声が大きく、それならばブランドの進化の象徴として実現しようという挑戦がスタートしました」と説明するのは、レクサスインターナショナル製品企画担当の落畑学主幹。

プラットフォームは新型『LS』と同じ最新FR用の「GA-L」を使いつつ「レクサスが目指す走行性能や要件を織り込みながら、LF-LCのデザインモチーフをさらに美しく昇華させることが必要でした」と振り返る。そしてこれを実現するために辿り着いたコンセプトは「Back to Basic」というものだったという。

エンジンはフロントミッドシップ、タイヤはボディ四隅に配置してオーバーハングを短縮。軽量化を追求し、バッテリー等のレイアウトを最適化して慣性モーメントの低減と低重心化を図る…等々、スポーツクーペとして基本的な機能を追求してパッケージレイアウトを構築した結果、LF-LCのような低重心でダイナミックなプロポーションが実現できたと落畑 主幹は説明する。「走行性能のための要件を織り込んでいくと、“性能がいい=美しい”というところに行き着くことに気づいたのです」とのこと。

◆エレガントかつアバンギャルドなエクステリア

そしてエクステリアの造形テーマは、クーペならではの艶やかさと先進技術の融合をめざす「Seduction & Technology」というもの。「例えるなら、一流のアスリートが肉体をひけらかすことなく、良質な装いに身を包んで颯爽と駆け抜けるイメージ」と落畑 主幹。スポーティなだけでなく、オーナーのライフスタイルを感じさせるようなデザインを目指したという。

一見して気づくのは、シンプルな要素で伸びやかさやダイナミックさを表現していることだ。ボディサイドではキャラクターラインやグラフィック要素に頼らず、ホイールのフレアをボディ四隅に向かって張り出す形状にすることで大きな抑揚を持たせた。ボディ全体でカタマリ感がありつつも、躍動感も備わったスタイリングだ。このダイナミックなプロポーションと、エレガントさの融合を目指して「従来にない面構成や立体感を意識してスタイリングを進めました。プレミアムセグメントのクーペとしてはアバンギャルドな造形を追求しています」と落畑主幹。

◆乗員の所作をもデザインしたインテリア

インテリアもまた、エクステリアと同様のテーマでデザインがまとめられている。具体的には「ドライビングの高揚感を生み出す“コックピット空間”と、パッセンジャーを包み込む”おもてなし空間”を高次元で融合させることを目指しました」という。

さらに「運転時の所作や、乗降時の姿勢も美しく見えるように気を配っています」と落畑主幹。
たとえばドライバーが運転操作に集中できるように表示操作系をレイアウト。視線が彷徨うことなく、また移動量も少なく済むように高さを統一。そして横方向に展開している。これはドライバーだけが計器に囲まれることで表現される、従来のコックピット感覚とは異なった流儀だ。

またドライバーやパッセンジャーが乗降する際の動きなども考慮してデザインしているという。一例として「ハイヒールを履いた女性が美しく降り立てるように…といったことなどを想定しながら、技術的なデザイン検討を進めてきました」と紹介する。

レクサスLC、走りのキーワードは

◆走りのキーワードは「より鋭く、より優雅に」

エクステリアとインテリアで目指した、異なる要素の融合は「走り」、つまり走行感覚における開発キーワードの内容とも一致している。この領域における開発キーワードは「より鋭く、より優雅に」というもの。「鋭くとは正確でリニアな操縦性能、優雅とは動きのつながりやしなやかさのことです」と説明するのは、車両実験部の伊藤俊則主幹。鋭さはクイックな挙動などで比較的容易に表現できるが「それだけでは、レクサスではない。エレガントさをどう表現するのかが難しかった部分ですね」と振り返る。

なお基本的な「乗り味」に関しては、今後に登場するレスサス車に共通したものになっているという。スポーティクーペのLCと近々発売予定のフラッグシップサルーンLSでは、キャラクターは異なっているが「基本的な乗り味や、提供したい感覚はまったく一緒です」とのこと。

またサイズの異なる他のモデルでも、同じ感覚を提供するべく「匠ドライバー」と呼ばれるスタッフが「走り」だけでなく静的な品質感までもチェックし、ブランドとして横串を通した評価をしているという。感覚的な部分でもブランドアイデンティティを構築し、伝わるものにしようとしているわけだ。「感性の世界の表現は、ブランドを世に発信するためには必須だと考えています」と伊藤主幹は語る。

関連する投稿


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格をまとめてみました。【4月17日更新】


【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開しました。大注目のLMの最新情報について見ていきましょう。最新のエクステリア画像・インテリア画像も満載です。そして一番気になるポイント…日本導入はあるんでしょうか?


レクサスLFAの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

レクサスLFAの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

レクサスのスーパーカー。それがLFAです。LFAは2010年から2012年にかけて限定500台で製造販売した2人乗りの高性能スーパーカーです。2020年以降に復活するとも噂されている話題のレクサスLFAについて本記事ではまとめています。


ついに!?レクサス版アルファード!?LM登場か

ついに!?レクサス版アルファード!?LM登場か

台湾レクサスは、公式Facebookにて謎のティザーイメージを公開。その画像を海外エージェント経由でを入手しました。


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。