目次へ戻る

レクサスLC改良新型登場 コンバーチブル追加!改良ポイントまとめ

レクサスLC改良新型登場 コンバーチブル追加!改良ポイントまとめ

レクサスのラグジュアリークーペ、LCが一部改良されました。今回のLC改良で特に注目したいのが、コンバーチブルがLCに初設定されたこと。本記事ではLC改良新型の改良ポイントをまとめてお届けいたします!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスLC改良新型登場でコンバーチブル追加!改良ポイントまとめ

レクサス LC 改良新型

レクサス LC 改良新型

レクサスは6月18日、フラッグシップクーペの『LC』を一部改良して発表しました。

今回、特に注目したいのはコンバーチブルが追加されたこと。
本記事では、
・今回追加されたコンバーチブルに関する最新情報
・LC改良情報
・最新画像
についてまとめています。

LCコンバーチブルモデル動画

LC、改良でどう変わった?注目ポイントをチェック

LC500 コンバーチブルが新登場

《画像:トヨタ自動車》レクサス LC500コンバーチブル(ホワイトノーヴァガラスフレーク)

《画像:トヨタ自動車》レクサス LC500コンバーチブル(ホワイトノーヴァガラスフレーク)

今回、LCに初となるコンバーチブルモデルが登場します。

LC500コンバーチブルは、レクサスのフラッグシップコンバーチブルとしての存在感を、LC独自の世界観とともに表現。

ソフトトップルーフは約50km/h以下の走行時でも開閉でき、所要時間は約15秒という速さ。

書の三折法にヒントを得て、開閉動作を「動き出し」「途中」「動き終わり」の3ステップに分解し、動き出しと動き終わりには適度な「タメ」を持たせながらも、極端な速度変化がないようリズム良く繋ぐことで、優雅で自然な動きを実現している点がポイント。

四季折々のオープンドライブにおいても快適に乗員が過ごせるようエアコン、シートヒーター、ネックヒーター、ステアリングヒーターを自動制御し、乗員にとって最適な室内空間を提供してくれます。

さらにエアコンの制御をルーフのオープン/クローズ状態に合わせて変更することでそれぞれの環境における快適性を追求しました。

エクステリアカラー11色とソフトトップ2色、内装色3色で44通りの組み合わせがあり、LCコンバーチブルを自分色に染めることができます。

LC500h/LC500一部改良

《画像:トヨタ自動車》左:レクサス LC500h Sパッケージ(ディープブルーマイカ)、右:LC500コンバーチブル(ホワイトノーヴァガラスフレーク)

《画像:トヨタ自動車》左:レクサス LC500h Sパッケージ(ディープブルーマイカ)、右:LC500コンバーチブル(ホワイトノーヴァガラスフレーク)

LC500h/LC500は、クルマや路面との対話を感じられる「一体感のある走り」を実現するため、基本性能の向上を図りました。

例えば、フロントのサスペンションロアアームのアルミ化。

リヤスタビライザーバーの中空化。

コイルスプリングの高強度材採用。
ディスクホイールの軽量化…など、ばね下質量を約3.7kg軽量化。

また、バウンドストッパーの特性変更やAVSによるショックアブソーバーの伸び側減衰力の独立制御により、路面変化に対する追従性の高い、しなやかなサスペンションの動きを実現しました。

これにより、さらなる上質な乗り心地を提供してくれます。

また、滑らかでパワフルな加速性能を感じられるよう、駆動力特性を追求。ガソリンモデルでは、停止状態から100km/hあたりまでの常用域で、より気持ちの良い加速と強い伸び感、心地良いエンジンサウンドが楽しめます。

ハイブリッドモデルでは、バッテリーの使用領域を拡大することで、モーターからのトルクアシストを増幅させ、駆動力がさらに向上しました。

レクサス改良新型 最新画像

エクステリア(外装)画像

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

インテリア(内装)画像

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

《写真提供 トヨタ自動車》レクサス LC 改良新型

発売日

発売日は、LC500hとLC500が6月18日、LC500コンバーチブルは7月15日です。

価格


モデル名価格
LCコンバーチブル1,500万円
LC5001,350万~1,450万円
LC500h1400万~1500万円


気になる価格ですが、メーカー希望小売(10%消費税込み)はLC500コンバーチブルが1500万円、LC500が1350万~1450万円、LC500hが1400万~1500万円となっています。

特別仕様車登場、青の洞窟をモチーフに

LC特別仕様車

LC特別仕様車

特別仕様車は、LC500コンバーチブルをベースに、専用外板色ストラクチュラルブルーと、専用内装色ライムストーンによる青の洞窟をモチーフとしたカラーコーディネートを採用した。

ストラクチュラルブルーは、海の青と同様に特定の波長の光を反射する構造発色の原理を持ち、唯一無二の鮮やかな青を実現したレクサス独自のカラーです。

白い海底に見立てた内装色ライムストーンと組み合わせることで、外板色の青を際立たせ、自然が生み出す奇跡の現象を表現しました。

価格は1650万円です。

カプリ島(イタリア)青の洞窟

まとめ

レクサスのフラッグシップクーペ、LCが改良され、コンバーチブルモデルも登場し発売です。LCは性能はもちろん、所有欲も満たしてくれる上質なクーペです。

かなりお高めの価格にさえ目をつぶれれば、クーペを狙っている人はもちろんのこと、多くの方におすすめしたい一台です。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


「レクサス LFA」世界が羨んだ国産車の頂点、そのスゴさとは!

「レクサス LFA」世界が羨んだ国産車の頂点、そのスゴさとは!

スーパーカーとは、自ら名乗るものではなく、世界で認められた車がそう呼ばれて存在するもの。その基準で考えれば、レクサス LFAは、誰もが認めるスーパーカーでしょう。4千万円に届こうかという新車価格と、全世界500台限定という稀少性によって、限られたオーナーしか知り得ない国産車の頂点の世界には、どんな景色が広がっているのでしょうか? ご紹介いたします。


【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

まず車を買おうと考えた時、みなさんはどんな車種を買おうか悩みますよね。今人気のある車も気になるところです。けれど、すでに最初から購入する車種は決めていたって方も多いかもしれませんね。本記事では、今人気のかっこいいSUVの購入をご検討の方参考にして頂きたい車種を5選より直ぐってお届けしていきます。


100万円以下で始めるレクサスライフ?!中古レクサス CTを狙え

100万円以下で始めるレクサスライフ?!中古レクサス CTを狙え

レクサスという名前、そしてそのLのバッジには、えも言われぬハイクラスのイメージがありますよね。そんなレクサス車は、新車で買うと同クラスの国産車よりも100万円以上高くなってしまうことも…。でも、レクサスの信頼性の高さなら、中古車でも全く問題ないと思いませんか? お得にレクサスオーナーになる近道、CTの中古車についてご紹介します。


ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

自動車界の花形ともいえる、2ドアクーペ。近年は大衆向けのクーペはめっきり少なくなっており、欧州高級車ブランドによるプレミアムクーペが市場では多く見られます。そんな輸入車勢に真っ向から立ち向かうレクサスのクーペ、RC。果たして勝ち目はあるのでしょうか?詳しく見ていきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。