目次へ戻る

【大注目】ホンダe 最新情報 価格は451万円から!10月30日発売!

【大注目】ホンダe 最新情報 価格は451万円から!10月30日発売!

大注目のホンダの新型電気自動車(EV)、ホンダeに関する最新情報をまとめています。発売日、価格、特徴ほか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【大注目】ホンダe 最新情報

大注目の、ホンダの新型電気自動車(EV)、ホンダeに関する、最新情報をまとめています。発売日、価格、特徴ほか。

《写真提供 本田技研工業》ホンダe アドバンス(チャージイエロー)

《写真提供 本田技研工業》ホンダe アドバンス(チャージイエロー)

ホンダeのコンセプト

ホンダの新型電気自動車(EV)ホンダeは、これまでのクルマにはない魅力を追求するとともに、EVの本質を見つめ、柔軟な発想で、未来を見据えてつくりあげた都市型モビリティ。

シンプルでモダンなデザインと、力強くクリーンな走りや取り回しの良さ、多彩な先進機能を搭載。ユーザーの移動と暮らしをシームレスに繋げる生活のパートナーとなることを目指しています。

ホンダeの発売日は10月30日

ホンダe、発売日は10月30日を予定しています。

ホンダeの価格は?

ホンダeの価格は標準グレードが451万円。

アドバンスが495万円。

また、年間販売計画台数は1000台としています。

航続距離は?

気になるのが航続距離ですが、

標準グレードがWLTCモードで283km、JC08モードで308km、アドバンスが同じく259km、274km。

高出力型リチウムイオンバッテリーを搭載し、急速充電(CHAdeMO)において30分程度で満充電量の約80%充電できるとのことです。

気になる!ホンダe ホンダeの魅力ポイント

《写真提供 本田技研工業》ホンダe

《写真提供 本田技研工業》ホンダe

世界初のワイドビジョンインストルメントパネル採用

《写真提供 本田技研工業》ワイドスクリーン ホンダコネクトディスプレー

《写真提供 本田技研工業》ワイドスクリーン ホンダコネクトディスプレー

ホンダeは、世界初となる5つのスクリーンを水平配置するワイドビジョンインストルメントパネルを採用。中央には、12.3インチのスクリーンを2画面並べた「ワイドスクリーン ホンダ コネクト ディスプレー」を配置しています。

運転席や助手席でそれぞれ表示機能を選択したり、左右のアプリを入れかえたりなど自在な操作性を実現。

また、スマートフォンとの接続によって音楽アプリやエンターテイメントアプリを表示するなど、楽しみながら新たな使い勝手を創造できるディスプレーとしています。

とにかく親しみやすく、かわいらしいデザイン

《写真提供 本田技研工業》ホンダe

《写真提供 本田技研工業》ホンダe

エクステリアデザインは、円を基調としたシンプルでモダンなデザインに。

また、見せる要素と隠す要素を明確化することで、よりアイコニックな要素であるフロントグリルなどを際立たせています。

毎日使う充電/給電ポートを中央に配置。リッドは触り心地がよく美しい全面ガラスとし、シンプルで美しいデザインに仕上がっています。

一方のインテリアデザインですが、移動している時はもちろん、止まっている時の心地よさも重視し、シンプルで心安らぐリビングのような空間を実現。

パネルには、ぬくもりを感じる自然な風合いのウッド調パネルを採用。スイッチ類を極限まで減らすことでシンプルなデザインと人にやさしい操作性を実現しています。

さらにシートとドアの表面のメランジ調のファブリック、ブラウンのシートベルトやダウンライト式のLEDルームライトにより、上質でモダンなリビング空間を演出しました。

OK,ホンダと呼びかけて!

また、クラウドAIによる音声認識と情報提供を行う「ホンダパーソナルアシスタント」を搭載。

「OK, ホンダ」と呼びかけることで、最新かつリアルタイムの情報をオンデマンドに提供します。

また、語りかけに対してキャラクターが7つの表情で反応するなど、クルマへの愛着を感じてもらうことを目指しました。

上質な乗り心地&安定感のある走りを実現!

パワーユニットは、リアに大トルクモーターを配置し、力強い加速と、高いボディ剛性、四輪独立懸架サスペンションの採用により、上質な乗り心地ときびきびとした安定感のある走りを実現しました。

また、最小回転半径は約6mの片側1車線の道路でもUターンできる4.3m。都市での扱いやすさも追求した。さらに2つの走行モードやシングルペダルコントロールなど、ドライバーの好みやシーンに合わせた走りの設定を可能に。

また、コンパクトなボディでありながらも、ゆとりあるドライビングポジションを確保。

シートは、アコードのフレームを使用することで、広々とした座り心地に。

大人4人が快適に過ごせる空間としました。

ホンダe 最新エクステリア&インテリア画像

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

《写真撮影 中野英幸》ホンダe(Honda e)

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 ホンダe

関連する投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらに日産からはキックスがついに国内へ導入されました。また、フォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。


【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

人気の高いコンパクトSUV。続々と新型が発売され、多くの方が車を選ぶ際選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。その中でもどんな車種がおすすめなのか、国産SUV、外車SUV(輸入車)からそれぞれピックアップし、価格、燃費、スペック、評価、レビューなどを比較できるようご紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。