目次へ戻る

シボレー コルベット 新型 初となる右ハンドルも!!

シボレー コルベット 新型 初となる右ハンドルも!!

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は27日、シボレー新型『コルベット』の国内における仕様および価格を決定しました。さらにコルベット史上初のハードトップを採用した「コルベット コンバーチブル」を日本市場に導入すると発表しています。最新情報をまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


シボレー コルベット 新型最新情報

《写真提供 ゼネラルモーターズ・ジャパン》シボレー コルベット コンバーチブル

《写真提供 ゼネラルモーターズ・ジャパン》シボレー コルベット コンバーチブル

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は27日、シボレー新型『コルベット』の国内における仕様および価格を決定しました。

またコルベット史上初のハードトップを採用した「コルベット コンバーチブル」を日本市場に導入すると発表しています。

また、注目すべきは日本市場へはコルベットブランド初の右ハンドルを導入するという情報です。

シボレーコルベット新型 気になる価格は

《写真撮影 雪岡直樹》シボレー コルベット コンバーチブル(東京オートサロン2020)

《写真撮影 雪岡直樹》シボレー コルベット コンバーチブル(東京オートサロン2020)

クーペモデルには「2LT」および「3LT」の2トリムを用意。

価格はクーペ 2LTが1180万円、クーペ 3LTが1400万円、コンバーチブルが1550万円。

シボレー コルベット新型 発売日は?

《写真撮影 雪岡直樹》シボレー コルベット コンバーチブル(東京オートサロン2020)

《写真撮影 雪岡直樹》シボレー コルベット コンバーチブル(東京オートサロン2020)

デリバリー開始は2021年5月を予定しています。

シボレー コルベット新型 気になるスペックは?

8世代目となる新型コルベット。

気になる性能ですが、最大出力495hp、最大トルク637Nm(いずれも北米仕様参考値)を発生する直噴6.2リットルV8ガソリンエンジンをミッドシップに搭載しています。

さらに8速デュアルクラッチと組み合わせることで、新次元のパフォーマンスと最上級の操作性・快適性を実現しました。

シボレー コルベット新型 コルベット初のリトラクタブルハードトップ

コンバーチブルモデルは、コルベット史上初となるリトラクタブルハードトップを採用します。

さらに、従来のソフトトップに比べ、より静粛なキャビンとセキュリティの向上、シームレスな格納によるクリーンな外観を実現。48km/hまでの走行時でも16秒で開閉が可能となります。

また、トップ収納時もゴルフバッグ2個分を搭載できるトランクスペースを確保。フロントの収納スペースと合わせて、クーペと同等の実用性を維持しました。

また、GMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」を標準装備。最新の地図を常にストリーミングし、トンネルなどGPSで測位できない環境でも自律航法を可能であるとのこと。

シボレー コルベット 新型 最新画像

《写真提供 ゼネラルモーターズ・ジャパン》シボレー コルベット コンバーチブル(左)とクーペ

《写真提供 ゼネラルモーターズ・ジャパン》シボレー コルベット コンバーチブル(左)とクーペ

《写真提供 ゼネラルモーターズ・ジャパン》シボレー コルベット コンバーチブル

《写真提供 ゼネラルモーターズ・ジャパン》シボレー コルベット コンバーチブル

《写真提供 ゼネラルモーターズ・ジャパン》シボレー コルベット コンバーチブル

《写真提供 ゼネラルモーターズ・ジャパン》シボレー コルベット コンバーチブル

関連する投稿


シボレー ボルト EV 次期型 派生電動SUV「EUV」も!

シボレー ボルト EV 次期型 派生電動SUV「EUV」も!

GMのシボレーブランドは8月26日、次期『ボルトEV』とその派生車種の『ボルトEUV』を、2021年から生産すると発表しています。最新情報をお届けします。


シボレーカマロ|燃費・値段・新型カマロの最新情報など

シボレーカマロ|燃費・値段・新型カマロの最新情報など

アメリカンマッスルカーの「シボレー カマロ」に一度は乗ってみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。そんな「シボレー カマロ」の新型情報と性能、新車情報と中古車情報を見ていきたいと思います。


車好きがおすすめするクーペ各5選!国産と外車のおすすめガイド

車好きがおすすめするクーペ各5選!国産と外車のおすすめガイド

若者や大人に人気の「クーペ」。美しいシルエットと高い走行性能が魅力的な車です。休日のドライブや通勤に利用される移動手段として利用する方も多いでしょう。この記事では、おすすめのクーペについて国産・外車それぞれご紹介します。


シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

日本国内でも販売されていたシボレー「トレイルブレイザー」は、本場アメリカの5ドアSUVです。欧州のプレミアムカーとして開発が行われ、最新テクノロジーや製造方法など専用の設計になっています。見た目がカッコよく、幅広い年代から支持されるトレイルブレイザー。本記事では歴代モデルごとにご紹介します。


シボレー コルベット・スティングレイ新型!コルベット初の右ハンドル仕様も

シボレー コルベット・スティングレイ新型!コルベット初の右ハンドル仕様も

シボレーのスポーツカー、コルベット。8世代目となるコルベット・スティングレイ新型が7月18日に発表されました。本記事ではそんなコルベット・スティングレイの最新情報についてまとめています。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。