トップへ戻る

プジョー 208 新型最新情報 価格・発売日・試乗記ほか

プジョー 208 新型最新情報 価格・発売日・試乗記ほか

群雄割拠する国内Bセグメント市場。そんな中にプジョーの新型『208』が登場しました。プジョーの新型208には同社初の電気自動車(EV)である『e-208』が用意され、最新の先進運転支援システムを全車標準装備している点も特長です。本記事ではそんな208についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


プジョー 208 新型最新情報 価格・スペック・試乗記ほか

プジョー新型208

プジョー新型208

群雄割拠する国内Bセグメント市場。そんな中にプジョーの新型『208』が登場しました。

プジョーの新型208には同社初の電気自動車(EV)である『e-208』が用意され、最新の先進運転支援システムを全車標準装備している点も特長です。本記事ではそんな208についてまとめています。

プジョー新型208 7月2日より発売開始

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー初の電気自動車(EV)『e-208』および、ベースとなる新型『208』の販売を7月2日より開始しました。

7年ぶりの全面改良となる新型208およびe-208。これには最新世代のコンパクトカープラットフォームCMPを採用します。

現行モデルに比べ、ボンネットが低く長く、よりタイヤが四隅に配され、安定したスタンスを持つ美しいプロポーションを実現しました。

プジョー新型208 価格

価格は208が239万9000円から293万円。

EVタイプのe-208は389万389万9000円から423万円。

プジョー新型 208 パワートレイン

新型208のパワートレインは、最高出力100ps、最大トルク205Nmを発揮する1.2リットル3気筒ガソリンターボと電子制御8速ATの組み合わせになっています。

GPF(ガソリン・パーティクル・フィルター)を装着し、排ガスのクリーン化とともに燃費を約7%改善。19.5km/リットル(JC08モード)という低燃費。

一方、EVモデル e-208は最高出力136psを発生する電気モーターと、Bセグメントでは大容量となる50kwhのバッテリーを搭載しました。

自然吸気ガソリンエンジンで2.6リットル相当の最大トルク260Nmをゼロ回転から発生。瞬時の応答性を発揮することで刺激的なドライビング体験を提供します。

ドライビングモードは、「スポーツ」「ノーマル」「エコ」の3種類を用意。

ブレーキは、内燃機関でのエンジンブレーキをシミュレートした「D」モードおよび、エネルギー回生を強化し、アクセルペダルだけでより積極的に減速をコントロールする「B」モードの2つから選択可能です。

プジョー新型 EVモデルのe-208 満充電の時間は?

満充電に要する時間は、コンセント型の普通充電(3kw/15A/200V)で約18時間、ウォールボックス型の普通充電(6kw/200V)で約9時間。

CHAdeMO急速充電(50kw)では約50分で80%充電できます。満充電での最大走行距離は340km(欧州WLTPモード)となっています。

プジョー新型208 最新画像

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー e-208(左)と208(右)

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー e-208(左)と208(右)

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

プジョー新型208 試乗記

プジョー 208GT Line

プジョー 208GT Line

今回テスト出来たのは最上級グレードの「208 GT Line」。そのパワートレインはPure Tech 1.2リットルターボエンジンだ。このエンジンは世界各国の自動車評論家やジャーナリストの投票によって決められるインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで2015年の登場以来5年連続で選出されたマスターピースともいえるもので、3気筒のイメージを覆す低振動、低騒音とドライバーの意図に忠実なトルクデリバリーに定評がある。

最高出力は100ps/5500rpm、最大トルクは205Nm/1750rpmを発生。そこにBセグメント最多段数(2020年7月現在)となる電子制御8速オートマチックトランスミッション、EAT8が組み合わされる。

プジョー 208GT Line

プジョー 208GT Line

この208の大きな特徴のひとつが、プジョーお得意の「i-Cockpit」がバージョンアップし「3D i-Cockpit」となったことだ。具体的にはヘッドアップメーターが3D表示になったことで、ドライバーは情報に対して0.5秒ほど反応時間を短縮する効果が得られたという。

テスト車のGT Lineにはホールド性の高いダイナミックシートが装備されているほか、シート素材にアルカンタラ&テップレザーを採用することでスポーティーなドライビングを支え、モダンなデザインと質感を創造しているという。因みに「Allure」グレードには長時間ドライブでも疲れにくいコンフォートシートを設定。ファブリック&テップレザーのカジュアルな雰囲気がドライビングを引き立てる。

GTラインが欲しくなる理由

最後は293万円という値段を出してでもGTラインが欲しくなる理由である。因みに新しい208には下に「アリュール」と「スタイル」というグレードが控えるが、最後のスタイルは受注生産のようだから実質的にはアリュールとGTラインなのだが、この2車、見た目にだいぶ異なる。

一見同じように見えて、GTラインの方はホイールオープニングに黒の縁取りがある。これでタイヤを大きく見せ、全体的なバランスを俄然よくしている。次にヘッドライト回りのデザインが異なる。こちらも一見同じに見えるが、公式ホームページのラインナップのところで、GTラインとアリュールを見比べてみて欲しい。すぐにその違いに気付くはずである。突出した性能も、抜群の燃費性能もないが、実際に試乗してみてとても良いクルマに乗っている印象を与える。強いて難点を挙げると、ラゲッジスペース。折りたたんだ後席とフロアに大きな段差が出来てしまい、荷物の収納に少し困る。ここは浅くなってもフラットフロアを実現して欲しいところだ。

今回は300kmほどしか走れず、その大半を灼熱の一般道で過ごしたので、燃費は悪い。気温が高いとこのクルマはアイドリングストップを拒むからだ。設定からアイドリングストップを試みると「気温が適していない」としてアイドリングストップを拒むのだ。まあ、自分の体をよく知っていると好意的に理解する。

それにしても良くできたBセグメントである。

関連するキーワード


プジョー 車種情報 208

関連する投稿


日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

今年も様々な車が発売されましたが、一体、どの車を買えばいいのでしょう? 先ごろ発表された、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの結果を振り返りながら考えてみましょう。


【現行フランス高級SUV】最新3選! 価格、燃費

【現行フランス高級SUV】最新3選! 価格、燃費

自動車の黎明期から数々の名車を生み出してきたフランス車は、シックな車作りで世界中にファンを持っており、高級車の世界でも定評があります。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、フランス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


国産車と輸入車のクリーンディーゼル搭載車一覧!人気の車を徹底解説

国産車と輸入車のクリーンディーゼル搭載車一覧!人気の車を徹底解説

日本ではディーゼルエンジンを搭載した乗用車が昭和から平成にかけて数多く存在していましたが、排気ガス規制の影響で平成中盤になるとディーゼル車は街でほとんど見かけなくなりました。ところがここ最近クリーンディーゼルエンジンの開発が進んだ事からディーゼルエンジンを搭載した乗用車が復活し始めています。国産車や輸入車を問わず、数多くの自動車メーカーがクリーンディーゼルエンジンの開発に成功し、ディーゼル車が販売に加わっています。


人気・おすすめの7人乗り外車(輸入車)SUV10選!人気車種を比較!

人気・おすすめの7人乗り外車(輸入車)SUV10選!人気車種を比較!

人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シート、7人乗りタイプのおすすめの外車・輸入車SUVをまとめてみました。(※2020年4月更新しました)


プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

ステーションワゴンとは一般的に車高が低くて2BOXの乗用車となり、アウトドアなどに行った際に車中泊するのに適しています。今回はプジョーから販売されている新型ステーションワゴン「508SW」に焦点を当てて見ていきましょう。


最新の投稿


【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

車が欲しいと思った時、マイカーローンで購入する人は多いですよね。しかしながらローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見も。ローンを利用してでも購入すべき時はある?そもそもローンを利用すると、どれくらい余分に支払わなければいけないの?今回は気になるカーローンの特徴と注意事項についても解説します。


おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

今や、世の中のクルマのほとんどがオートマ車になってしまいました。でも、まだまだマニュアル車も様々なモデルが発売されています。 運転を奥深く、知的なゲームにしてしまう、おすすめのマニュアル車をご紹介いたします!


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

エンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。エンジンオイルを賢く選びたいという方はぜひ本記事をご覧ください。