目次へ戻る

プジョー 208 新型最新情報 価格・発売日・試乗記ほか

プジョー 208 新型最新情報 価格・発売日・試乗記ほか

群雄割拠する国内Bセグメント市場。そんな中にプジョーの新型『208』が登場しました。プジョーの新型208には同社初の電気自動車(EV)である『e-208』が用意され、最新の先進運転支援システムを全車標準装備している点も特長です。本記事ではそんな208についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


プジョー 208 新型最新情報 価格・スペック・試乗記ほか

プジョー新型208

プジョー新型208

群雄割拠する国内Bセグメント市場。そんな中にプジョーの新型『208』が登場しました。

プジョーの新型208には同社初の電気自動車(EV)である『e-208』が用意され、最新の先進運転支援システムを全車標準装備している点も特長です。本記事ではそんな208についてまとめています。

プジョー新型208 7月2日より発売開始

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー初の電気自動車(EV)『e-208』および、ベースとなる新型『208』の販売を7月2日より開始しました。

7年ぶりの全面改良となる新型208およびe-208。これには最新世代のコンパクトカープラットフォームCMPを採用します。

現行モデルに比べ、ボンネットが低く長く、よりタイヤが四隅に配され、安定したスタンスを持つ美しいプロポーションを実現しました。

プジョー新型208 価格

価格は208が239万9000円から293万円。

EVタイプのe-208は389万389万9000円から423万円。

プジョー新型 208 パワートレイン

新型208のパワートレインは、最高出力100ps、最大トルク205Nmを発揮する1.2リットル3気筒ガソリンターボと電子制御8速ATの組み合わせになっています。

GPF(ガソリン・パーティクル・フィルター)を装着し、排ガスのクリーン化とともに燃費を約7%改善。19.5km/リットル(JC08モード)という低燃費。

一方、EVモデル e-208は最高出力136psを発生する電気モーターと、Bセグメントでは大容量となる50kwhのバッテリーを搭載しました。

自然吸気ガソリンエンジンで2.6リットル相当の最大トルク260Nmをゼロ回転から発生。瞬時の応答性を発揮することで刺激的なドライビング体験を提供します。

ドライビングモードは、「スポーツ」「ノーマル」「エコ」の3種類を用意。

ブレーキは、内燃機関でのエンジンブレーキをシミュレートした「D」モードおよび、エネルギー回生を強化し、アクセルペダルだけでより積極的に減速をコントロールする「B」モードの2つから選択可能です。

プジョー新型 EVモデルのe-208 満充電の時間は?

満充電に要する時間は、コンセント型の普通充電(3kw/15A/200V)で約18時間、ウォールボックス型の普通充電(6kw/200V)で約9時間。

CHAdeMO急速充電(50kw)では約50分で80%充電できます。満充電での最大走行距離は340km(欧州WLTPモード)となっています。

プジョー新型208 最新画像

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー e-208(左)と208(右)

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー e-208(左)と208(右)

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

《写真提供 プジョー・シトロン・ジャポン》プジョー 208

プジョー新型208 試乗記

プジョー 208GT Line

プジョー 208GT Line

今回テスト出来たのは最上級グレードの「208 GT Line」。そのパワートレインはPure Tech 1.2リットルターボエンジンだ。このエンジンは世界各国の自動車評論家やジャーナリストの投票によって決められるインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで2015年の登場以来5年連続で選出されたマスターピースともいえるもので、3気筒のイメージを覆す低振動、低騒音とドライバーの意図に忠実なトルクデリバリーに定評がある。

最高出力は100ps/5500rpm、最大トルクは205Nm/1750rpmを発生。そこにBセグメント最多段数(2020年7月現在)となる電子制御8速オートマチックトランスミッション、EAT8が組み合わされる。

プジョー 208GT Line

プジョー 208GT Line

この208の大きな特徴のひとつが、プジョーお得意の「i-Cockpit」がバージョンアップし「3D i-Cockpit」となったことだ。具体的にはヘッドアップメーターが3D表示になったことで、ドライバーは情報に対して0.5秒ほど反応時間を短縮する効果が得られたという。

テスト車のGT Lineにはホールド性の高いダイナミックシートが装備されているほか、シート素材にアルカンタラ&テップレザーを採用することでスポーティーなドライビングを支え、モダンなデザインと質感を創造しているという。因みに「Allure」グレードには長時間ドライブでも疲れにくいコンフォートシートを設定。ファブリック&テップレザーのカジュアルな雰囲気がドライビングを引き立てる。

GTラインが欲しくなる理由

最後は293万円という値段を出してでもGTラインが欲しくなる理由である。因みに新しい208には下に「アリュール」と「スタイル」というグレードが控えるが、最後のスタイルは受注生産のようだから実質的にはアリュールとGTラインなのだが、この2車、見た目にだいぶ異なる。

一見同じように見えて、GTラインの方はホイールオープニングに黒の縁取りがある。これでタイヤを大きく見せ、全体的なバランスを俄然よくしている。次にヘッドライト回りのデザインが異なる。こちらも一見同じに見えるが、公式ホームページのラインナップのところで、GTラインとアリュールを見比べてみて欲しい。すぐにその違いに気付くはずである。突出した性能も、抜群の燃費性能もないが、実際に試乗してみてとても良いクルマに乗っている印象を与える。強いて難点を挙げると、ラゲッジスペース。折りたたんだ後席とフロアに大きな段差が出来てしまい、荷物の収納に少し困る。ここは浅くなってもフラットフロアを実現して欲しいところだ。

今回は300kmほどしか走れず、その大半を灼熱の一般道で過ごしたので、燃費は悪い。気温が高いとこのクルマはアイドリングストップを拒むからだ。設定からアイドリングストップを試みると「気温が適していない」としてアイドリングストップを拒むのだ。まあ、自分の体をよく知っていると好意的に理解する。

それにしても良くできたBセグメントである。

関連するキーワード


プジョー 車種情報 208

関連する投稿


国産車と輸入車のクリーンディーゼル搭載車一覧!人気の車を徹底解説

国産車と輸入車のクリーンディーゼル搭載車一覧!人気の車を徹底解説

日本ではディーゼルエンジンを搭載した乗用車が昭和から平成にかけて数多く存在していましたが、排気ガス規制の影響で平成中盤になるとディーゼル車は街でほとんど見かけなくなりました。ところがここ最近クリーンディーゼルエンジンの開発が進んだ事からディーゼルエンジンを搭載した乗用車が復活し始めています。国産車や輸入車を問わず、数多くの自動車メーカーがクリーンディーゼルエンジンの開発に成功し、ディーゼル車が販売に加わっています。


人気・おすすめの7人乗り外車(輸入車)SUV10選!人気車種を比較!

人気・おすすめの7人乗り外車(輸入車)SUV10選!人気車種を比較!

人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シート、7人乗りタイプのおすすめの外車・輸入車SUVをまとめてみました。(※2020年4月更新しました)


プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

ステーションワゴンとは一般的に車高が低くて2BOXの乗用車となり、アウトドアなどに行った際に車中泊するのに適しています。今回はプジョーから販売されている新型ステーションワゴン「508SW」に焦点を当てて見ていきましょう。


【2020年最新版】プジョーのSUV一覧

【2020年最新版】プジョーのSUV一覧

フランスの自動車メーカーであるプジョー。2008・3008・5008とSUVラインアップがあり、どれがいいか悩ましいですよね。そんな貴方に本記事では、プジョーのSUVをまとめてご紹介します。プジョーのSUVが欲しい方は必見です!


プジョーのクーペ RCZ の歴史や特徴・燃費まとめ

プジョーのクーペ RCZ の歴史や特徴・燃費まとめ

プジョーのRCZは、プジョー初のスポーツクーペです。本記事ではRCZの歴史や概要、燃費をまとめています。買い替えを考えている方はぜひ参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。