トップへ戻る

【限定3台】BMW 8シリーズグランクーペ 京都エディションがまさに匠の技

【限定3台】BMW 8シリーズグランクーペ 京都エディションがまさに匠の技

BMWジャパンは、日本の匠とドイツのクラフトマンシップを融合した特別仕様車『8シリーズ・グランクーペ京都エディション』を3台限定で8月28日より発売しています。京都エディションは、まさに匠の技が光る特別仕様。気になるその詳細をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【限定3台】BMW 8シリーズグランクーペ 京都エディション

《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》BMW 8シリーズ グランクーペ 京都エディション

《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》BMW 8シリーズ グランクーペ 京都エディション

BMWジャパンは、日本の匠とドイツのクラフトマンシップを融合した特別仕様車『8シリーズ・グランクーペ京都エディション』を3台限定で8月28日より発売しています。

京都エディションは、まさに匠の技が光る特別仕様。気になるその詳細をご紹介します。

BMW 8シリーズグランクーペ 京都エディションとは

今回導入された、BMWの8シリーズ グランクーペ 京都エディションは、BMWジャパンが独自展開する「BMWと日本の名匠プロジェクト」の一環です。

このプロジェクトは日本が誇る匠の技と、BMWの妥協なきクルマ造りの技術と哲学、そしてBMWインディビジュアルに込めたドイツ・クラフトマンシップ技術との融合により、世界に唯一無二のラグジュアリー感を実現する特別限定車の第1弾として企画されました。

BMW 8シリーズ グランクーペ 京都エディション 気になる詳細画像

BMW 8シリーズグランクーペ「京都エディション」

BMW 8シリーズグランクーペ「京都エディション」

《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》BMW 8シリーズ グランクーペ 京都エディション

《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》BMW 8シリーズ グランクーペ 京都エディション

BMW 8シリーズ グランクーペ 京都エディション 匠の技が光る

ベースモデルは、最高出力530psの4.4リットルV型8気筒ガソリンターボエンジンを搭載する「M850i xDrive グランクーペ」。

エクステリアではBMWインディビデュアル特別色のアズライトブラックを採用します。

アズライト(=藍銅鉱)は、日本の伝統絵画にも広く用いられた高貴な色。

その深みある藍の色合いにクロームのキドニーグリルやウィンドーモールディング、マルチスポークの20インチアロイホィールの輝きとのコントラストが、優雅で美しいスタイリングを引き立たせました。

インテリアでは、高品質なBMWインディビジュアル フルレザーメリノをアイボリーホワイトとタルトゥーフォーとのバイカラー仕様で採用しました。

《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》アルカンターラを細い線状に裁断したものを上質な絹糸を使って西陣織の伝統技術で織り込んだクッション

《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》アルカンターラを細い線状に裁断したものを上質な絹糸を使って西陣織の伝統技術で織り込んだクッション

なおかつ工場生産ラインオフ後に職人による手作業でステアリングコラムやフロントシート台座部分までレザーで覆う、BMWインディビジュアル マニュファクチュール加工を施し、高い品質感と限定感を演出している。

センターコンソール部分のインテリアトリムには、京都を代表する漆芸家である岡田紫峰氏が手掛けた漆塗り蒔絵螺鈿細工が施されている。煌びやかな蒔絵螺鈿細工は、「駆けぬける歓び」をモチーフに本限定車のみに特別にデザインされ、特別感を演出している。また、トリムと同じデザインを施した蒔絵螺鈿細工の専用キートレイも設定。美意識にあふれる車を所有するオーナーの生活を彩る。

室内にはさらに、老舗西陣織メーカー「加納幸」と、限定車のルーフライニングと同素材であるアルカンターラを使用した新しい取り組みをしている。加納幸の異素材を織り込みデザインを表現するという技術を駆使し、アルカンターラを細い線状に裁断したものを上質な絹糸を使って西陣織の伝統技術で織り込んだクッションを特別装備。日欧の技術共演を演出している。

価格は2150万円

価格は2150万円。全国のBMW正規ディーラーにて2台、BMWオンラインストアにて1台、限定3台の販売となっています。納車は今秋以降を予定しています。

購入はできないが、一目見たい!!という貴方に

また、この8シリーズ・グランクーペ京都エディションは、8月26日よりBMWグループテラス(東京都千代田区)に展示されています。

さらに、9月19日からは京都にて開催予定の「KYOTOGRAPHIE(京都国際写真祭)2020」でも展示されるとのこと。

一目見たいという方は、こちらに足を運んでみても良いかもしれませんね。

KYOTOGRAPHIE

https://www.kyotographie.jp/

「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」は、京都を舞台に開催される国際的な写真祭です。2020年、第8回のテーマは「VISION」。KYOTOGRAPHIE is held annually over four weeks in spring. Our theme for 2020 is “VISION.”

関連する投稿


【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!


クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。


【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

悪路を毎日通らないのにSUVを買ったり、毎日7人を乗せるわけではないのにミニバンを買ったりするより、たくさん種類のある自動車の中でもグラマラスな外観が持ち味のクーペを愛車にしてみれば、新たな世界が開けるかもしれませんよ。この記事では、今おすすめしたい最新のクーペを3台ご紹介していきます。使い勝手をちょっぴり我慢する見返りに、最高のクーペライフが待っているはずです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


最新の投稿


【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

車が欲しいと思った時、マイカーローンで購入する人は多いですよね。しかしながらローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見も。ローンを利用してでも購入すべき時はある?そもそもローンを利用すると、どれくらい余分に支払わなければいけないの?今回は気になるカーローンの特徴と注意事項についても解説します。


おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

今や、世の中のクルマのほとんどがオートマ車になってしまいました。でも、まだまだマニュアル車も様々なモデルが発売されています。 運転を奥深く、知的なゲームにしてしまう、おすすめのマニュアル車をご紹介いたします!


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

エンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。エンジンオイルを賢く選びたいという方はぜひ本記事をご覧ください。