トップへ戻る

VWの電動SUV『ID.4』最新情報 ワールドプレミアは9月末!

VWの電動SUV『ID.4』最新情報 ワールドプレミアは9月末!

フォルクスワーゲンは8月27日、新型電動コンパクトSUVの『ID.4』(Volkswagen ID.4)のデザインの特長を発表しました。このID.4は、9月末にワールドプレミアする予定となっています。期待の新SUVに関する最新情報をまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


VWの電動SUV『ID.4』最新情報

《photo by VW》フォルクスワーゲン ID.4 のティザーイメージ

《photo by VW》フォルクスワーゲン ID.4 のティザーイメージ

フォルクスワーゲンは8月27日、新型電動コンパクトSUVの『ID.4』(Volkswagen ID.4)のデザインの特長を発表しました。

このID.4は、9月末にワールドプレミアする予定となっています。期待の新SUVに関する最新情報をまとめています。

ID.4とは?

 《photo by VW》フォルクスワーゲン ID.4 のプロトタイプ

《photo by VW》フォルクスワーゲン ID.4 のプロトタイプ

ID.4はフォルクスワーゲンの新世代EVの「ID.」ファミリーの2番目のモデルです。

第1弾は、小型ハッチバックの『ID.3』でした。

ID.4は、2017年春に発表されたコンセプトカーの『ID.CROZZ』の市販バージョンとして開発され、フォルクスワーゲン初の本格的な電動SUVになります。

VWの新型EV『ID.3』

【参考】VWの新型EV『ID.3』

ID.4の、IDとは?

ID.4は、力強いスタイル、先進的な機能、ゼロエミッション走行という特長を持っています。

車名の数字の「4」は、コンパクトSUVセグメントを代表するニューモデルを意味します。

ID.4は『ビートル』・『ゴルフ』に続いて、フォルクスワーゲンにおける重要な歴史の扉を開いた第3のエポックメーキングモデル、ID.3に続く新型車、という意味が込められています。

また、「ID.」とは、インテリジェントなデザイン、アイデンティティ、時代を先取りしたテクノロジーを表しています。

ID.4は、ID.ファミリーのすべての長所を備える

ID.4は、世界最大の市場セグメントに成長しているコンパクトSUVセグメントに投入するために開発されました。

ID.3と同様、高い拡張性を持つ電動車専用の「モジュラーエレクトリックツールキット(MEB)」プラットフォームをベースにしています。

フォルクスワーゲンによれば、ID.4はコンパクトなサイズ、広い室内、スポーティなキャラクター、直感的な操作方法、完全なコネクテッド機能など、ID.ファミリーのすべての長所を備えているとのこと。

ID.4のエクステリアデザイン 新しいデザインの幕開け

ID.4のエクステリアデザインは、クリーンで流麗でパワフルなものとなっています。

新しいデザイン言語を導入し、強くて自信に満ちているように見えるデザインを狙います。

さらに、重視されたのは主に、シームレスで空力性能を追求したスタイル。ID.4は力強いプロポーション、流れるようなボディライン、彫刻的なリアデザインなどが特長となっています。

ヘッドライトのデザインも、個性が存分に反映されているといえるでしょう。

フォルクスワーゲンによると、テールライトクラスターと大型のルーフスポイラーが、空気の流れをきれいに分離するようデザインされた、ID.4のエクステリアデザインは、新しい時代の幕開けを明示しているとそうです。

1回の充電での航続は最大500km!

ID.4では、数多くのモジュラー駆動コンポーネントを利用できます。初めに、後輪駆動モデルが発売され、その後パワフルな4輪駆動モデルが追加される予定です。

モーターは、シングルスピードのトランスミッションを介してパワーを路面に伝達。

よりスポーティな加速を可能にする走行モードや、エネルギー節約に役立つ走行モードを設定することが可能です。様々なモードが、車両の航続を長くするように設計されています。

高電圧バッテリーはパッセンジャーセルの下に設置されていることにより、低い重心とバランスの取れた軸荷重配分を実現。

バッテリーの充電は、AC(交流)、DC(直流)、三相交流で行うことが可能になりました。駆動パッケージによっては、1回の充電で最大500km(WLTP計測)を走行することが可能、としています。

関連するキーワード


VW 車種情報 SUV

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。