目次へ戻る

日本初公開!アストンマーティン ヴァンキッシュS 新型!究極スーパーGT

日本初公開!アストンマーティン ヴァンキッシュS 新型!究極スーパーGT

英国高級スポーツカーブランドのアストンマーティンは、「究極のスーパーGT」を謳う新型『ヴァンキッシュS』の日本での販売を開始しました。


アストンマーティン ヴァンキッシュS 新型!

英国高級スポーツカーブランドのアストンマーティンは、「究極のスーパーGT」を謳う新型『ヴァンキッシュS』の日本での販売を開始しました。

『ヴァンキッシュ』。ロードカーラインアップの最上級に位置していますが、そこからさらに全面強化され、「これまで以上にスリリングなドライビング体験を提供する」とのことです。

ヴァンキッシュ、インテリアは「フィオグラフ・キルトデザイン」と呼ばれる手法を採用しました。

この手法により、ハンドメイドならではの上質さと、スポーティさを高次元で両立しています。

機能面ではサテライト・ナビゲーション付き「AMi III インフォテインメント・システム」を搭載するほか、iPhoneとの連携を可能とするApple CarPlayにも対応しました。

ヴァンキッシュSは、他ラインアップと同様にクーペとオープンカーの「ヴォランテ」を用意。

これらにはそれぞれ7種類のデザインスペックを用意するほか、「Q by アストンマーティン」によるビスポーク(カスタム)プログラムにも対応していますよ。

そのため、自分だけの、世界に1台のヴァンキッシュSを作ることも可能になりますね。

気になる価格ですが、3457万9982円からです。

アンディ・パーマーCEOが語る史上最高のクルマ。

ヴァンキッシュSについて、来日中のアンディ・パーマーCEOは「アストンマーティン史上最高のスーパーGTに仕上がっている」と紹介しました。

発表会でパーマーCEOは、まず「初代ヴァンキッシュが発表された時から、このクルマはモダンなアイコンとして人々の注目を集め、このクルマはアストンマーティンがハンドメイドカーの時代から、クラフトマンシップとテクノロジーを融合して新しい英国製GTカーを製造する時代へと変化をとげる推進役となりました。

第2世代のヴァンキッシュはフルカーボンファイバー製のボディワークによる最先端のエンジニアリング、見るものを魅了する全体的なスタイリングによって、その役割を現代へと受け継いでいる」とヴァンキッシュの歴史を紐解きました。

CEOのお墨付き!アストンマーティン、新型ヴァンキッシュ

さらに「このクルマはヴァンキッシュSは0→100km/hをわずか3.5秒で加速し、最高速度は323km/hに達する。私たちは常にヴァンキッシュをスーパーGTとして位置付けてきました。

ヴァンキッシュは極めて速いだけでなく、快適でスタイリッシュに長距離を移動することもできました。

今回、パフォーマンス、ハンドリング、そしてスタイリングがさらに進化したヴァンキッシュSはアストンマーティン史上最高のスーパーGTに仕上がっている」と述べています。

さすがヴァンキッシュS。
実際に走っているところを自分の目で見てみたいですね。

関連するキーワード


アストンマーティン

関連する投稿


アストンマーティンのスポーツカー!ヴァンテージ新型 価格・試乗記・評価は

アストンマーティンのスポーツカー!ヴァンテージ新型 価格・試乗記・評価は

アストンマーティン・ヴァンテージは、イギリスの高級車メーカーであるアストンマーティンが製造するスポーツカーです。2017年に約12年ぶりとなるフルモデルチェンジを行いました。そんなヴァンテージ新型について見ていきます。価格・試乗記・評価・性能ほか。


【ジュネーブモーターショー2019】アストン初!ミッドシップスーパーカー ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト

【ジュネーブモーターショー2019】アストン初!ミッドシップスーパーカー ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト

アストンマーティンは3月5日、ジュネーブモーターショー2019において、『ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト』(Aston Martin Vanquish Vision Concept)を初公開しました。アストンマーティンは、スーパーカーの激戦区ともいえるミッドエンジンカテゴリーに参入することを目指します。


限定50台!アストンのDBS スーパーレッジェーラ タグホイヤー仕様設定!

限定50台!アストンのDBS スーパーレッジェーラ タグホイヤー仕様設定!

アストンマーティンは1月20日、『DBSスーパーレッジェーラ』(Aston Martin DBS Superleggera)に、「タグホイヤー・エディション」を設定すると発表しました。いったいどのような仕様なのでしょうか。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。名だたる外車メーカー・ブランドの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば2019年発売が予測される海外の輸入車・外車の新型車・新車情報を一気に先取りです!


アストンマーティン初のSUV 名前はDBX 最新情報まとめ

アストンマーティン初のSUV 名前はDBX 最新情報まとめ

アストンマーティンは11月14日、ブランド初のSUVの車名を『DBX』(Aston Martin DBX)と公式に発表し、同車のプロトタイプ車の画像を公開しました。初のアストンSUVとなる、DBXについてまとめています。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。