目次へ戻る

期待のラグジュアリークーペ、ドリフトも可能なレクサスLChのヒミツ

期待のラグジュアリークーペ、ドリフトも可能なレクサスLChのヒミツ

レクサスのラグジュアリークーペ『LC500h』に搭載されるマルチステージハイブリッドシステムには、電気式無段変速機ながら、LC500に搭載される10速ATと同様に、10段の変速制御を設け、リニアな感覚を実現しているという。


レクサスのハイブリッド!レクサスLChをご紹介

LC500。

LC500は、2012年にデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー『LF-LC』の革新的なデザインイメージをモチーフに開発されました。

ボディサイズは、全長4770mm、全幅1920mm、全高1345mm、ホイールベース2870mm。

低重心かつ低い全高とワイドな全幅でアグレッシブなスタンスを実現し、四隅のタイヤを強調するフェンダーが張り出した、抑揚ある立体構成で、まさにクーペとしての機敏さを表現しています!!

レクサスLC、インテリアは?

Dレンジでもリニアな感覚を重視

インテリアは、ドライビングの高揚感を演出するコックピット空間と、乗員を包み込むおもてなしの助手席側空間を融合し、艶やかさと先進的な機能性とを兼ね備えた独自のラグジュアリー性を表現。

また、ペダルやスイッチ類の配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、徹底した走り込みに基づく細部にこだわったレイアウトを実現しました。

また、レクサスFRラインアップの基礎となる新開発GA-Lプラットフォームを採用し、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。

軽量のCFRPやアルミ部材の積極的な採用で、重心高を下げるとともに、慣性モーメントを低減し、優れた慣性諸元を追求し、回頭性に優れた素直なハンドリングを実現しています。

パワートレインは、ハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた世界初のマルチステージハイブリッドシステムをLC500hに採用しています。

レクサスLC500・LC500h 3月16日より発売開始!価格は1300万円から!

http://matome.response.jp/articles/191

レクサスは、新型ラグジュアリークーペ『LC500』を3月16日より発売しました。世界が待っていたLC500。気になるスペックやインテリア、デザインについてまとめてみました。

「LC500hの変速機の開発にあたっては、まずマニュアルモードがあるハイブリッドを作ろう。そして、ドリフトが出来るようにしたい。この二つから始めた」とは、レクサスインターナショナルHVシステム制御開発主任の加藤春哉さんの言葉でした。

まず、マニュアルモードではギア比をどうするかが課題となったものの、「クロスレシオにし、また、変速する速さは早い方が気持ちいいので、それを可能にした。更に、ブリッピングをして音の演出を加えるなど、やりたいことをピックアップしながら、実現していった」と話しています。

そうした中で加藤さんがこだわったのはリニアな感覚でした。

当初、Dレンジは他のハイブリッドと同様、変速感がなく、エンジンの回転が上がってから速度が付いてくるという感覚だったといいます。

しかし、「エンジン回転数と車速がリンクしてリニアに上がっていく感覚が絶対に必要だ」とし、Dレンジでも変速点を設けることになりました。

ハイブリッドだってドリフト可能!?のヒミツ

そもそも何故ハイブリッドはドリフトが出来なかったのでしょうか。

加藤さんは「モーターや電池などの電気部品を保護しなければならないからだ」と説明します。
電池のパワー状況に関しては、モーターがしっかりと管理することが重要です。

その管理のひとつに速度があり、これはセンサーで行っています。
一方で、ドリフトするということはタイヤが滑るので、そのセンシングに遅れが発生し、パワーの管理にずれが生じてしまうのです。

そこで、「センシングは今まで通りだが、センシングの遅れを補てんする制御を導入。遅れはどこにあるかをひとつひとつ洗い出し、地道にひとつずつ潰した結果、滑らせても大丈夫になった」とコメント。因みに、このセンシングの遅れを補てんしなかった場合、「すぐには壊れないが、メーカーとして保証しなければいけない耐久性が若干落ちてしまうことがある」と述べていました。

もっとレクサスLCを知りたい貴方に!工場をチラ見せ!!

http://matome.response.jp/articles/491

レクサスのラグジュアリークーペ『LC』を組み立てるアッセンブリー工場がメディアに公開されました。レクサスが生まれる場所は、いったいどんなところなのでしょうか。

レクサスLC、気になるお値段はこれくらい

新型ラグジュアリークーペ『LC500』が3月16日より発売されました。

価格はLC500が1300万円から1400万円、LC500hが1350万円から1450万円。

少しお高めですが、一度はレクサスに乗ってみたいですね。

関連する投稿


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格をまとめてみました。【4月17日更新】


【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開しました。大注目のLMの最新情報について見ていきましょう。最新のエクステリア画像・インテリア画像も満載です。そして一番気になるポイント…日本導入はあるんでしょうか?


レクサスLFAの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

レクサスLFAの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

レクサスのスーパーカー。それがLFAです。LFAは2010年から2012年にかけて限定500台で製造販売した2人乗りの高性能スーパーカーです。2020年以降に復活するとも噂されている話題のレクサスLFAについて本記事ではまとめています。


ついに!?レクサス版アルファード!?LM登場か

ついに!?レクサス版アルファード!?LM登場か

台湾レクサスは、公式Facebookにて謎のティザーイメージを公開。その画像を海外エージェント経由でを入手しました。


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。