目次へ戻る

【期間延長!】エコカー減税を有効活用してお得に車を買おう!

【期間延長!】エコカー減税を有効活用してお得に車を買おう!

2017年3月までとされていたエコカー減税が期間延長の報道がありました。この記事ではいまさら聞きにくいエコカー減税とは何か、いつまでか、実際にどの程度の金額が減税になるのかをわかりやすくまとめています。


エコカー減税とはどんな制度?

エコカー減税とは、国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値にクリアした、環境性能に優れた車の購入に関わる税金の優遇制度です。

車に関する税金には、取得税、重量税、自動車税がありますが、エコカー減税では購入時にかかる取得税と重量税を軽減します。

ちなみに毎年払う自動車税の軽減制度は自動車グリーン税制で、エコカー税制とセットで考えられる事があります。

現在の制度は当初から2年延長され平成29年3月までの適用となっており、平成27年度税制改正によって基準となる燃費性能の見直しが行われました。

現在、一番エコカー減税でお得なのは、次世代自動車(電気自動車)や平成32年度燃費基準+20%達成車で、こちらの取得税と重量税は100%免税、つまり支払いは0円となります。

その他の車は燃費や重量によって軽減率が変わっていきます。

車の購入に際しては、このエコカー制度をチェックすることが環境にも家計にも必須となっているのです。

エコカー減税 いつまで?

エコカー減税の適用期間がいつまでか。

重なるニュースで正確に把握している方より、困惑してしまっている方も多いのではないでしょうか?

2017年1月時点、最新の情報では、2016年12月に政府与党が「エコカー減税」について2年間延長することで一致しました。従って、現在来年の春(2017年3月末)までのものが2019年までとなります。

ただ、現在国内で販売されている新車の約9割が減税対象となっており、今はそれに対する絞り込みをどこまでやるのかが問題となっています。

今後の制度に関しては、対象車を2017年度で新車の8割、2018年度では7割程度まで絞込む方針です。

■関連ニュース

エコカー減税延長…自販連の久恒会長「税負担増加に一定の歯止め」 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/12/12/286843.html

日本自動車販売協会連合会の久恒兼孝会長は、与党の2017年度税制改正大綱で、エコカー減税について減税対象車が絞り込まれるものの「段階的な切り上げとするなど、自動車ユーザーの税負担増加に一定の歯止めがかけられたものと評価したい」とのコメントを発表した。

2016年12月のレスポンスの記事になります。

つまり、それまでエコカー減税の対象車となっていた車種が対象車ではなくなったり、軽減税率が変わる可能性があるという事です。

新しく車を購入する予定のある方は、これからの政府の動向に注意が必要となりますね。

すでに気になる車がある場合は、販売店等で最新の情報を教えて貰う事をおすすめします。

エコカー減税となるのはどんな車?購入時にチェック!

エコカー減税対象車は、簡単に言えば”燃費が良い車”です。

ガソリンを使う量が少なければ排出ガスも減り、「環境にやさしい=エコ」となります。

よって、現在一番優遇されているのが”次世代自動車(電気自動車等)”です。排出ガスが出ないのですから、納得です。

次は国土交通省が平成32年度に定めた排出ガス・燃費基準をどれだけ達成しているか、+20、+10、達成の順番で税率が変わってきます。

そのあとは旧基準の達成率でも税金が優遇されます。

このように達成度により税率が違うのですが、新エコカー減税に向けて、これから新車を購入する方はより新しい燃費基準をどれだけ達成しているかが、そのま減税率アップにつながりますので、各メーカーのホームページで軽減率等をチェックしてみて下さい。

各社見やすいラインナップを掲載していますし、基準達成度によりステッカーもあるので一目で分かるようになっています。

中古車を購入する場合ももちろん減税は適用されますが、今度は対象車ではなくなる車種もあるかもしれませんので、欲しい車が決まっている方は早めに決断した方が良いかもしれませんね。

いずれにしても情報を逃さない姿勢が重要となりそうです。

【エコカー減税】人気車種別の減税額について

日本国内の売上シェア上位を占める「トヨタ」、「ホンダ」、「日産」の3メーカーから、現在エコカー減税の対象車となっている人気車種ごとで、実際適用されるエコカー減税の減税額はどのくらいの金額なのかを、メーカー毎にまとめます。

トヨタの人気車種のエコカー減税額

トヨタの人気車種別に、実際のエコカー減税が適用される額をまとめます。

トヨタの人気車種として、売上別に車種を上げると、「アクア」、「プリウス」、「シエンタ」が挙げられます。いずれもエコカー減税の対象車となっています。

まずアクアですが、X-URBANの場合、エコカー減税と自動車グリーン税制の適用で、約101,800円の優遇が受けられます。

因みに、同じくスモールカーのシエンタHYBRID G(7人乗り)が約106,200円の適用となっているようです。

プリウスの特別仕様車 S“Safety Plus”が約119,300円の優遇になります。

※グレード、オプション等により車両価格も変わるため、上記の金額が必ずということにはなりませんが、上記の金額は目安です。購入時の税制等により金額は変動する可能性があります。

トヨタ人気車種 関連まとめ

トヨタ 人気ハイブリッド車、燃費情報まとめ(プリウスα、アクア、シエンタ)

http://matome.response.jp/articles/4

自動車業界、不動の1位を走るトヨタの人気ハイブリッド車、プリウスα、アクア、シエンタの魅力、燃費情報、オススメのポイントを網羅。

ホンダの人気車種のエコカー減税額

ホンダの人気車種は「フィット」「ヴェゼル」「ステップワゴン」が、売上上位を占める人気車種です。こちらもエコカー減税の対象車となっています。

実際にどの程度減税されるのか、各車種の特徴と共に並べます。

ホンダのフィットは、コンパクトな外観からは想像できないような、圧倒的な室内空間を実現している車種です。コンパクトカーを長年つくり続けてきたノウハウを活かし、無駄な空間を排除することで、扱いやすいサイズ、且つ快適に広い空間が売りの一台です。

エコカー減税の適用は、13G(FF/CVT)の場合、自動車税減税と合わせて、約44,500円の優遇になっています。

ヴェゼルは、SUVの力強さとクーペの美しさを融合したクルマで、フォルムにかんしてはシャープに研ぎ澄まされています。

風の流れを考え抜かれており、佇まいと走る姿の美しさにこだわった、快適な走行が実現しています。X・Honda SENSING(FF/CVT)の場合、約27.300円の優遇が受けられます。

ステップワゴンの特徴は、1列目から3列目まで広々していることで、クラストップレベルを実現しています。SPADA・Cool Spirit Honda SENSING(FF/CVT)の場合、約77.400円の優遇が受けられます。

※グレード、オプション等により車両価格も変わるため、上記の金額が必ずということにはなりませんが、上記の金額は目安です。購入時の税制等により金額は変動する可能性があります。

ホンダ人気車種 関連まとめ

ホンダ 人気車種 燃費情報まとめ(フィット、ヴェゼル、ステップワゴン)

http://matome.response.jp/articles/5

ホンダが販売する売上上位3車種、フィット、ヴェゼル、ステップワゴンのおすすめポイントと燃費情報についてをまとめました。

日産の人気車種のエコカー減税額

日産の人気車種は「ノート」「セレナ」「エクストレイル」が、売上上位の人気車種です。こちらもエコカー減税対象車となっています。

日産ノートの特徴は、搭載されているe-POWERが2.0Lターボエンジンに匹敵するビッグトルクを発揮する一台。

発進時から一気に最大トルクを発生するモーター特有の瞬発力によって、電気自動車と同様の加速性が得られます。

ノート MEDALIST(2WD・エクストロニックCVT)には、この技術が採用されており、購入時には約97,600円の優遇減税が受けられます。

セレナの特徴は、2列目シートをロングスライドすることができ、大人でも脚を伸ばせる広さになります。

3列目シートにもスライド機構が採用されており、ゆとりの座面幅とともに快適な乗り心地になっています。

セレナ ハイウェイスター (2WD・エクストロニックCVT)の場合 は、約77,400円の優遇が受けられます。

エクストレイルの特徴は、インテリジェント デュアル クラッチコントロールシステムが搭載されており、1つのモーターで走行と発電を効率的に行うことができます。

エクストレイル 20X HYBRID “エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD・エクストロニックCVT)の場合、約136,100円の優遇が受けられます。

※グレード、オプション等により車両価格も変わるため、上記の金額が必ずということにはなりませんが、上記の金額は目安です。購入時の税制等により金額は変動する可能性があります。

日産人気車種 関連まとめ

日産 人気車種 燃費情報 まとめ(ノート、セレナ、エクストレイル)

http://matome.response.jp/articles/6

日産が販売する売上上位3車種、ノート、セレナ、エクストレイルのおすすめポイントと燃費情報についての詳細をまとめました。

今後のエコカー市場について

今後、エコカーの市場はどうなっていくのか?

各報道を元にまとめていきます。

エコカーの購入を検討している人が増えています

以前に比べ、エコカー減税の対象車となる、エコカーの購入を検討している人の割合は増加傾向にあります。

J.D.パワーの2016年の調査によると、ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車・電気自動車・燃料電池車の購入を検討している人の割合が前年に比べそれぞれ数%ずつアップしているようです。

以前よりエコカーの購入が前向きに検討されている理由として、以前に引き続きエコカー減税が実施されていることや、燃費の面から維持費が経済的であること、環境の側面から非エコカーとされる車より地球に優しい(環境意識が高まっている)こと。

また、そういったニーズから、車両メーカーの企業努力によりエコカー対応している車種が増大したことにより、個人個人のそれぞれのニーズに合ったエコカーが選びやすくなったことなどが挙げられます。

また、今後はエコカー減税の対象車となる基準が厳しくなるようなので、気になる車がある場合は早めに検討したほうが良いかもしれません。

エコカー減税の処置、今後はどうなる?

三菱自動車による大きな燃費改竄問題が発覚し、今後エコカー減税というシステム自体が厳しくなっていく、または廃止されていくであろうことが予想されています。

2016年9月の段階で、「政府はエコカー減税について、2017年春から対象車の燃費基準を厳しくする」という検討に入った事が各社から報道されています。

2016年12月の報道で期間が延長されることは決定となりましたが、基準が厳しくなるということは、エコカー減税を受けられる車両自体を国が絞り込む(減少する)ということです。

たとえ各メーカーが凌ぎを削って燃費改善を行っていったとしても、エコカー認定される車両自体は減少していく傾向にあるだろうと言えます。

先行きの見えない現状においては、エコカー減税というシステムの恩恵を確実に受けたいのであれば、早めにエコカーの購入を検討していく必要があります。

燃費データ不正問題とは何だったのか

三菱自動車の燃費データ不正問題の概要を簡単に解説すると、三菱自動車は燃費の測定にあたり、国が定める測定方法を実施せず、燃費に有利に働くような数字を用いて、机上の計算で燃費を算出していました。

シャシーダイナモと呼ばれる走行に負荷を掛ける装置を用いて燃費を算出していたのですが、その際の抵抗値を意図的に誤ったものとし、自社の車両に有利となる結果を出していたことが問題となりました。

この問題の発覚の後、国はこのような燃費不正の問題を非常に重く受け止め、全メーカーへ実態調査を行わせ、その結果を公表させる事態へと発展。

その際、三菱自動車以外にスズキの車両だけが実際のデータと異なっていることが判明しましたが、あくまでも「国が定める方法」を用いなかっただけであり、燃費自体には大きな誤差がないことが調査やスズキの会見によって説明されています。

エコカー減税 関連最新ニュース

エコカー補助金 減税ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/special/recent/2699/%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91+%E6%B8%9B%E7%A8%8E

エコカー補助金 減税に関するニュースまとめ一覧。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗記。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドなどエコカーの最新情報や分析コラムなど。毎日約120回更新。“いま”の…

エコカー減税に関する最新のニュースをニュースサイト、レスポンスにて確認できます。

関連する投稿


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10  10位~6位

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10 10位~6位

2019年も多くの新型車が登場し、自動車市場を刺激しています。そこで、筆者が考える上半期に発表・発売された国産車の普通車、軽自動車のフルモデルチェンジからマイナーチェンジ、そしてお買い得な特別仕様の中から今年買うべき新型車のベスト10をご紹介します。まずは10位から6位!とはいえ、順位はあまり気にせず楽しんでくださいね。


【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

燃費だけでなく、パフォーマンスも高いディーゼルエンジン。乗用車ではイメージが薄いかもしれませんが、マツダは幅広い車種でディーゼルエンジンを展開しています。不具合やリコールの話題が出ましたが、維持のポイントを押さえれば大丈夫。圧縮比の知識はもちろん、オイル交換や維持の方法、販売中の車種や中古価格についてもご紹介します。


【カッコよすぎるホンダのCMソング】米津玄師もSuchmosもワンオクも!

【カッコよすぎるホンダのCMソング】米津玄師もSuchmosもワンオクも!

テレビから流れてくる車のCMソングに思わず手を止めた!という方、意外と多いのではないでしょうか。CMがきっかけで、そのアーティストを知った方も多いでしょう。そんな中、今改めて注目したいのがホンダのCM!以前から「かっこよすぎる曲が多い!神曲」と話題なんです!本記事ではホンダのカッコイイCMソングをご紹介します!


最新の投稿


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10  10位~6位

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10 10位~6位

2019年も多くの新型車が登場し、自動車市場を刺激しています。そこで、筆者が考える上半期に発表・発売された国産車の普通車、軽自動車のフルモデルチェンジからマイナーチェンジ、そしてお買い得な特別仕様の中から今年買うべき新型車のベスト10をご紹介します。まずは10位から6位!とはいえ、順位はあまり気にせず楽しんでくださいね。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格、中古車価格などをまとめてみました。【7月更新】


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。