目次へ戻る

【ライダー必見】もうすぐ夏休み!アウトドアに最適なグッズまとめ

【ライダー必見】もうすぐ夏休み!アウトドアに最適なグッズまとめ

季節は初夏。アウトドアに最適な時期がやってきました。特にこの季節はツーリングにも最適な、風の心地よい季節でもありますよね。 そんなわけで今回は、あればアウトドアを120%楽しめる、そんなライダー必見のアウトドアグッズをご紹介します!!


ガリガリ君が外でもおいしく食べられる!絶対必須の保冷バッグ

バイク用保冷バッグ「ライダーズクーラーバッグ」がドッペルギャンガーアウトドアから5月17日より発売されました。

大型クーラーボックスを持って行くことができないツーリングライダーにとって、テント設営後の買い出しで、どうやって食材・飲料を保冷して運ぶかが悩みのタネですよね。

この新製品はそんな悩みを解消しました!!
キャンプでもキンキンに冷えたビールとアイスが欲しいという、わがままライダーのための製品です。

ライダーズクーラーバッグはバイクのリアシートに積載しやすい低重心設計で優れた安定性を持たせつつ、10mmの極厚断熱ウレタンの採用によって保冷効果も確保。

保冷剤を併用すれば保冷持続時間も延長できますよ。

またボディ素材のターポリンも断熱性が高く、極厚ウレタンとの相乗効果で秋から冬にかけては保温効果も期待できそうです。今年の必需品になりそうな予感です。

赤城乳業 ガリガリ君ソーダ 110ml×31本

¥ 2,009

アウトドアで大活躍!オススメ便利グッズ

http://matome.response.jp/articles/28

車に乗ってアウトドアに出かけようと思っている人もいるでしょう。そのようなとき、アウトドアに使える便利なグッズを持っているとさらに楽しむことができます。どのようなグッズがあるのでしょうか。

ドッペルギャンガーの保冷バック中身はこんな感じ

気になる中身がどうなっているのか…というと。

ライダーズクーラーバッグには、10か所にDリングが付属し、市販のツーリングコードで簡単に積載可能に。

また肩がけ用のワンショルダーストラップが付属するほか、本体にも3か所のハンドルグリップを備え、簡単に持ち運ぶことができます。

缶ビールがこんなに入るぞ

12本がすっきり。

リュックにもなるし、ショルダーにもなる優れもの。

参考価格(税別)は5600円です。

2人でもゆとりある空間!ライダーズタンデムテント

ドッペルギャンガーアウトドアは、ペアツーリングに最適なワンタッチ式テント「ライダーズタンデムテント」を発売しました。

ライダーズタンデムテントは「ツーリングでも、ふたりでゆったり」が開発コンセプト。

従来のツーリング用テントはソロキャンプ前提で積載性を優先しているため、快適性を損なっているケースも多いです。

新製品は独自のワンタッチシステムを改良し、広い寝室・前室と積載性の確保を両立。2人でもゆったり使用できる、大型サイズのツーリング用テントとなっています。

【GW目前!】予定が決まっていない貴方!今年のGWはアウトドアで決まり!

http://matome.response.jp/articles/443

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィーク!お子さんよりも大人が一番楽しみにしている!?かもしれない大型連休ですが、どこに行くか決めましたか?まだ迷っているという人、今年はドライブして、アウトドアを楽しむのもオススメです!

大人が横たわっても余裕!!!優れもののテント

寝室は大人2人が横たわっても余裕があり、身の回り品や着替えも置けるサイズにこだわって設計。

約2m四方の大きさで、最大4人まで就寝することができます。

前室も付属のポールでキャノピー仕様にすれば、約2m四方に拡張。リビングスペースとして食事や団欒を楽しめます。

設営は、傘を開くようにジョイント部の紐を引っ張るだけです。

初心者や力の弱い人でも手早く簡単にできますよ。

また収納サイズは、バイクによっては横向きでも積める直径20×65cm。重量は約5.4kg。ベルトで小さくまとめられるコンプレッションバッグが標準で付属しています。

参考価格(税別)は4万8000円です。

あんなにゆとり空間なのにも関わらず、バイクに積めるコンパクトさ

もはやガレージは俺のもの!俺専用のガレージとは

ドッペルギャンガーは、自宅に自分だけのバイク・自転車用ピットを簡単に作れる「ストレージバイクガレージ」を発売しています。

ストレージバイクガレージ、とは「自宅に俺専用ガレージを」をテーマに、バイクや自転車などを保管・整備できるスペースを手軽に作れるよう開発されたもの。

各ポールには番号が振られており、工具を使わず簡単に設営できるよう設計。

ポールをつなぎ合わせて生地をかぶせ、固定するだけで組み立てが完了します。

趣味や嗜好を詰め込んだ「俺専用」の空間を演出すべく、本体生地には落ち着いたグレーを、パイプカラーは工具ボックスでよく使われる鮮やかな赤色を採用。

屋外での長期使用を想定し、本体生地には強固な600Dポリエステルを、裏面には撥水性を高めるためにPUコーティングを施しています。

また、開口部にはアイレットを配備し、ワイヤーロックを通すことで盗難抑止効果を向上。常設用・強風対策用の高強度ペグも4本付属しています。

さらに保管場所としてだけではなく、メンテナンススペースとして機能するよう、コンプレッサーやランタンなどを庫内に導入できるケーブルホールやランタンフックなども完備。

また、作業時に空気のこもらないよう出入口を前後に設置したこともポイントが高いですね。

また庫内にはメッシュポケットを2か所に配置。工具や部品などの細かいパーツを保管できます。

サイズは車種や台数に合わせて選べる2サイズ展開。バイクの場合、Mサイズには中型バイク、Lサイズには大型バイクが1台保管可能。自転車の場合、Mサイズはスポーツバイク2台、Lサイズは3台駐輪できます。

価格(税別)はMサイズが2万6000円、Lサイズが3万2000円。

関連するキーワード


アウトドア 夏休み

関連する投稿


車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊をする際に不可欠なアイテムであるマット。価格もピンキリでニトリ等のホームセンターで買えるものも多いです。今回はそんなおすすめのマットを軽自動車サイズのもの等と分けてご紹介します。


【オススメ】車中泊に持ってこい!SUV厳選3選

【オススメ】車中泊に持ってこい!SUV厳選3選

キャンピングカーとまでいかなくても、車中泊をたのしんでみたいな。そんな願望を持ったことはありませんか?本記事では車中泊もOKなSUVをまとめてご紹介いたします!


キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプや釣り、アウトドアアクティビティを楽しむ場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちです。車でアウトドアに出かけるのであれば、ルーフボックスは備えておくべきアイテムです。本記事ではルーフボックスを選ぶ際のポイントについて説明しています。


【車中泊のプロに聞く】車中泊 おすすめグッズ22選&おすすめ車種3選

【車中泊のプロに聞く】車中泊 おすすめグッズ22選&おすすめ車種3選

道の駅の車中泊スポットの整備や、キャンプ人気の高まりから注目されている「車中泊」。必須のアイテムを揃えればすぐにでも始められる車中泊ですが、本記事では車中泊のプロに聞いた、必須アイテムに加え、車中泊におすすめのグッズを22商品紹介するとともに、車中泊に適したおすすめの車種を3車種ご紹介します。


【 夏休み】子どもとお出かけどこへ行く?最も多かった場所は…

【 夏休み】子どもとお出かけどこへ行く?最も多かった場所は…

ホンダアクセスは2018年の6月14日〜18日の5日間、マイカーと子どもを持つ20〜59歳の男女1000人にインターネット上でアンケートを実施し、その結果を発表しました。本記事ではアンケート結果と、子どもとのお出かけに役立つグッズをご紹介します。


最新の投稿


200万円以下で購入できる!ランドローバーの中古車 4選

200万円以下で購入できる!ランドローバーの中古車 4選

ランドローバーとは、英国の自動車メーカー・ブランドで、現在はインドのタタ・モーターズの傘下になっています。ランドローバーは高級車で、新車ではなかなか手が出しづらいと思われる方も多いかもしれませんが、中古車であれば200万円以下で購入することが出来るモデルもあります。本記事ではランドローバーの中古車を4選紹介します。


岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県も残すは中国山脈側を残すのみとなりました。前回は瀬戸内海側(南部)を紹介してまいりましたが、今回は北部側の道の駅を紹介しましょう。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

都心にほど近い千葉県の道の駅である「道の駅 いちかわ」。 スタイリッシュな建物の中には、ショップ、レストラン、カフェだけでなく、ラウンジ、カルチャースペース、スタジオ等の様々な施設がそろっています。今回は、そんな道の駅 いちかわの見どころを紹介していきます。


デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

アートトラック、カスタム、デコトラの制作を手掛けて20年以上の歴史を誇るアートフレンド。事業全体では自動車産業以外にも幅広く活躍する企業へと発展したアートフレンドグループの概要をご紹介します。