トップへ戻る

【ライダー必見】もうすぐ夏休み!アウトドアに最適なグッズまとめ

【ライダー必見】もうすぐ夏休み!アウトドアに最適なグッズまとめ

季節は初夏。アウトドアに最適な時期がやってきました。特にこの季節はツーリングにも最適な、風の心地よい季節でもありますよね。 そんなわけで今回は、あればアウトドアを120%楽しめる、そんなライダー必見のアウトドアグッズをご紹介します!!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ガリガリ君が外でもおいしく食べられる!絶対必須の保冷バッグ

バイク用保冷バッグ「ライダーズクーラーバッグ」がドッペルギャンガーアウトドアから5月17日より発売されました。

大型クーラーボックスを持って行くことができないツーリングライダーにとって、テント設営後の買い出しで、どうやって食材・飲料を保冷して運ぶかが悩みのタネですよね。

この新製品はそんな悩みを解消しました!!
キャンプでもキンキンに冷えたビールとアイスが欲しいという、わがままライダーのための製品です。

ライダーズクーラーバッグはバイクのリアシートに積載しやすい低重心設計で優れた安定性を持たせつつ、10mmの極厚断熱ウレタンの採用によって保冷効果も確保。

保冷剤を併用すれば保冷持続時間も延長できますよ。

またボディ素材のターポリンも断熱性が高く、極厚ウレタンとの相乗効果で秋から冬にかけては保温効果も期待できそうです。今年の必需品になりそうな予感です。

赤城乳業 ガリガリ君ソーダ 110ml×31本

¥ 2,009

アウトドアで大活躍!オススメ便利グッズ

http://matome.response.jp/articles/28

車に乗ってアウトドアに出かけようと思っている人もいるでしょう。そのようなとき、アウトドアに使える便利なグッズを持っているとさらに楽しむことができます。どのようなグッズがあるのでしょうか。

ドッペルギャンガーの保冷バック中身はこんな感じ

気になる中身がどうなっているのか…というと。

ライダーズクーラーバッグには、10か所にDリングが付属し、市販のツーリングコードで簡単に積載可能に。

また肩がけ用のワンショルダーストラップが付属するほか、本体にも3か所のハンドルグリップを備え、簡単に持ち運ぶことができます。

缶ビールがこんなに入るぞ

12本がすっきり。

リュックにもなるし、ショルダーにもなる優れもの。

参考価格(税別)は5600円です。

2人でもゆとりある空間!ライダーズタンデムテント

ドッペルギャンガーアウトドアは、ペアツーリングに最適なワンタッチ式テント「ライダーズタンデムテント」を発売しました。

ライダーズタンデムテントは「ツーリングでも、ふたりでゆったり」が開発コンセプト。

従来のツーリング用テントはソロキャンプ前提で積載性を優先しているため、快適性を損なっているケースも多いです。

新製品は独自のワンタッチシステムを改良し、広い寝室・前室と積載性の確保を両立。2人でもゆったり使用できる、大型サイズのツーリング用テントとなっています。

【GW目前!】予定が決まっていない貴方!今年のGWはアウトドアで決まり!

http://matome.response.jp/articles/443

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィーク!お子さんよりも大人が一番楽しみにしている!?かもしれない大型連休ですが、どこに行くか決めましたか?まだ迷っているという人、今年はドライブして、アウトドアを楽しむのもオススメです!

大人が横たわっても余裕!!!優れもののテント

寝室は大人2人が横たわっても余裕があり、身の回り品や着替えも置けるサイズにこだわって設計。

約2m四方の大きさで、最大4人まで就寝することができます。

前室も付属のポールでキャノピー仕様にすれば、約2m四方に拡張。リビングスペースとして食事や団欒を楽しめます。

設営は、傘を開くようにジョイント部の紐を引っ張るだけです。

初心者や力の弱い人でも手早く簡単にできますよ。

また収納サイズは、バイクによっては横向きでも積める直径20×65cm。重量は約5.4kg。ベルトで小さくまとめられるコンプレッションバッグが標準で付属しています。

参考価格(税別)は4万8000円です。

あんなにゆとり空間なのにも関わらず、バイクに積めるコンパクトさ

もはやガレージは俺のもの!俺専用のガレージとは

ドッペルギャンガーは、自宅に自分だけのバイク・自転車用ピットを簡単に作れる「ストレージバイクガレージ」を発売しています。

ストレージバイクガレージ、とは「自宅に俺専用ガレージを」をテーマに、バイクや自転車などを保管・整備できるスペースを手軽に作れるよう開発されたもの。

各ポールには番号が振られており、工具を使わず簡単に設営できるよう設計。

ポールをつなぎ合わせて生地をかぶせ、固定するだけで組み立てが完了します。

趣味や嗜好を詰め込んだ「俺専用」の空間を演出すべく、本体生地には落ち着いたグレーを、パイプカラーは工具ボックスでよく使われる鮮やかな赤色を採用。

屋外での長期使用を想定し、本体生地には強固な600Dポリエステルを、裏面には撥水性を高めるためにPUコーティングを施しています。

また、開口部にはアイレットを配備し、ワイヤーロックを通すことで盗難抑止効果を向上。常設用・強風対策用の高強度ペグも4本付属しています。

さらに保管場所としてだけではなく、メンテナンススペースとして機能するよう、コンプレッサーやランタンなどを庫内に導入できるケーブルホールやランタンフックなども完備。

また、作業時に空気のこもらないよう出入口を前後に設置したこともポイントが高いですね。

また庫内にはメッシュポケットを2か所に配置。工具や部品などの細かいパーツを保管できます。

サイズは車種や台数に合わせて選べる2サイズ展開。バイクの場合、Mサイズには中型バイク、Lサイズには大型バイクが1台保管可能。自転車の場合、Mサイズはスポーツバイク2台、Lサイズは3台駐輪できます。

価格(税別)はMサイズが2万6000円、Lサイズが3万2000円。

関連するキーワード


アウトドア 夏休み

関連する投稿


ウィンタースポーツに向いているクルマとは?おすすめをご紹介!

ウィンタースポーツに向いているクルマとは?おすすめをご紹介!

ウィンタースポーツを楽しむためには、どんな特徴を備えたクルマがいいでしょうか?本記事では、冬のアクティビティで遭遇するさまざまな状況を考慮して、ウィンタースポーツに向いているクルマの特徴を取り上げました。そして、おすすめのクルマを紹介しています。ぜひご覧ください。


アウトドアで大活躍!おすすめしたい車10選

アウトドアで大活躍!おすすめしたい車10選

キャンプ、釣り、サイクリングなど、アウトドアが趣味の方も多いでしょう。アウトドアに最適な車なら沢山の道具を積んで、快適に移動することができます。目的地に着いたら、車を拠点に趣味を満喫。疲れたら車に戻って休憩するのも良いですね。今回はそんなアウトドア趣味に最適な車をご紹介します。


【車中泊のプロに聞く】車中泊におすすめのクルマ3選&おすすめグッズ22選

【車中泊のプロに聞く】車中泊におすすめのクルマ3選&おすすめグッズ22選

道の駅の車中泊スポットの整備や、キャンプ人気の高まりから注目されている「車中泊」。必須のアイテムを揃えればすぐにでも始められる車中泊ですが、本記事では車中泊のプロに聞いた、必須アイテムに加え、車中泊におすすめのグッズを22商品紹介するとともに、車中泊に適したおすすめの車種を3車種ご紹介します。(※2020年3月更新しました)


車中泊におすすめ!国産SUV 厳選3選

車中泊におすすめ!国産SUV 厳選3選

キャンピングカーとまでいかなくても、車中泊をたのしんでみたいな。そんな願望を持ったことはありませんか?本記事では車中泊もOKなおすすめの国産SUVをまとめてご紹介いたします!(2020年2月更新しました)


釣りに行くならこの車!おすすめグッズ5選&おすすめ車種6選

釣りに行くならこの車!おすすめグッズ5選&おすすめ車種6選

釣り人の「足」として欠かせないアイテムが「車」! 車釣行派であれば愛車にさまざまなグッズを備えておくことで、快適かつ便利に釣行を楽しむことができますよね。 そこで今回は、そんな釣行車に備えておきたい「おすすめグッズ5商品」と「釣り用におすすめの車種6車種」を紹介します!


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。