目次へ戻る

今年こそキャンプデビュー!初心者におすすめのキャンプ場【関東】

今年こそキャンプデビュー!初心者におすすめのキャンプ場【関東】

一度は挑戦してみたいキャンプ。だけど大変かも?我が家には乗用車しかないし大丈夫だろうか?遠くまで行かないとないのか?など心配なことも。そこで、初心者でも安心して楽しめるキャンプ場をご紹介します。結論から言うと、意外と近くに設備の整ったキャンプ場があるのです。それでは関東周辺のおすすめキャンプ場をご紹介しましょう。


大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

〒319-3552 茨城県久慈郡大子町矢田15-1 TEL:0295-79-0031
HP http://www.greenvila.jp/

東北自動車道宇都宮IC、常磐自動車道那珂ICのどちらも利用できるアクセスの良さで到着する大子広域公園は、奥久慈地方の豊かな自然環境や温泉資源を活かし、県北地方のスポーツレクリエーション活動の拠点として整備されています。

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラは、日本オートキャンプ協会の格付けで5つ星を認定されたキャンプ場です。隣接する「大子広域公園」には、テニスコートや多目的運動広場のほか、ダイナミックなアスレチック場があります。さらに、大露天風呂をはじめ、気泡風呂、うたせ風呂、サウナなど、体を癒せる設備がそろっているので、疲れた体をリフレッシュできます。また、遊歩道にはウッドチップが敷き詰められており、リラックスしたひとときを過ごせます。

お勧めポイント

通常のレンタル用品の他に、お皿からテントまでがセットになった「手ぶらキャンプセット」があります。13,200円でキャンプ、バーベキューに必要なもの全てが揃っていて、しかも2日目以降は半額という安さ。
初心者はこのセットで体験し、のちに自分で道具をそろえる参考にするといいでしょう。

施設利用料金(通常シーズン)

オートサイト:5,900円
フリーサイト: 3,600円
キャンピングカーサイト: 6,900円
キャビン :28,700円~
トラベル トレーラー:19,800円
温泉施設「ふれあいの湯」:大人500円小人300円

星の降る森キャンプフィールド

〒378-0071群馬県沼田市上発知町2543 TEL:0278-23-7213 FAX:0278-23-7211
HP http://www.star-forest.com/html/charge.html

関越自動車道沼田ICより約15分。 一面に広がる芝生の中に、気軽にアウトドアを楽しめるキャンプ場「星の降る森キャンプフィールド」はあります。その名の通り、夜は澄んだ空気の中、都会では見られない星が夜空に広がります。
また、夏にはゴムボートで急流を下るラフティングや、滝を下るキャニオニング、沢を滑り降りるシャワークライミング、カヌーなどのウォーターアクティビティが充実、4輪バギーやパラグライダーも体験できまる大人の遊びが楽しめます。
さらに、周辺はさくらんぼ、ブルーベリー、ぶどう、りんご、きのこなどの味覚狩りが可能なエリアでもあります。

お勧めポイント

なんといっても、その名の通りのまるで空から降り注ぐような星空につきます。ただし、お天気に左右されるのでご注意を。

施設利用料金(通常シーズン)

オートキャンプエリア:3,100円~
バンガロー:10,500円~
ロッジ:5,000円(1人)~

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

新空港自動車道・成田ICより15km、車で約25分 。首都圏近郊で最もアウトドアが盛んな千葉県には、素晴らしいキャンプ場が多くあります。その中で、初心者にお勧めしたいのが、「成田ゆめ牧場」に隣接し、東京ドーム7つ分の広大なサイトを持つキャンプ場「成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場」です。牧場ですから当然、動物と触れ合えるのが最大の魅力、乗馬が楽しめるほか、ヤギやヒツジとふれあえる動物広場があるのでお子さんには夢のようなひと時が過ごせます。

さらに、サウナやシャワー、ウォシュレット付きトイレも完備されていることも高い評価を受けています。

お勧めポイント

手ぶらでいっても安心な、「手ぶらでテント宿泊セット」・「らくらくBBQセット(食材なし)」・「食材のセット」などのセット商品が用意されています。また、テントの設営やBBQの際の火起こしなどをスタッフにおまかせできる「女子会宿泊パック」といってユニークなプランもあるので、女性同士のグループでも安心できます。

施設利用料金(通常シーズン)

サイト使用料金:大人2,000円小人1,000円
駐車料金:1台1,200円

まとめ

2017年2月2~5日に幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー」には多くのファンが集まり、アウトドアライフへの熱気が感じられました。しかし、キャンピングカーには憧れるものの、まずはキャンプデビューが先。家族で気軽に出かけて楽しさを共有できれば、「キャンピングカーも欲しいね!」ということになるかも。

今回は関東周辺に限ってのご紹介でしたが、これらの他にもまだまだ多くの魅力あるキャンプ場があります。気に入ったキャンプ場を見つけて今年こそキャンプデビューといきましょう。

関連するキーワード


アウトドア

関連する投稿


車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊をする際に不可欠なアイテムであるマット。価格もピンキリでニトリ等のホームセンターで買えるものも多いです。今回はそんなおすすめのマットを軽自動車サイズのもの等と分けてご紹介します。


【オススメ】車中泊に持ってこい!SUV厳選3選

【オススメ】車中泊に持ってこい!SUV厳選3選

キャンピングカーとまでいかなくても、車中泊をたのしんでみたいな。そんな願望を持ったことはありませんか?本記事では車中泊もOKなSUVをまとめてご紹介いたします!


キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプや釣り、アウトドアアクティビティを楽しむ場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちです。車でアウトドアに出かけるのであれば、ルーフボックスは備えておくべきアイテムです。本記事ではルーフボックスを選ぶ際のポイントについて説明しています。


【車中泊のプロに聞く】車中泊 おすすめグッズ22選&おすすめ車種3選

【車中泊のプロに聞く】車中泊 おすすめグッズ22選&おすすめ車種3選

道の駅の車中泊スポットの整備や、キャンプ人気の高まりから注目されている「車中泊」。必須のアイテムを揃えればすぐにでも始められる車中泊ですが、本記事では車中泊のプロに聞いた、必須アイテムに加え、車中泊におすすめのグッズを22商品紹介するとともに、車中泊に適したおすすめの車種を3車種ご紹介します。


夏のアウトドア|水源がなく片付けに困る人は7割超!解決アイテムをご紹介

夏のアウトドア|水源がなく片付けに困る人は7割超!解決アイテムをご紹介

高圧洗浄機で有名なケルヒャーが夏のアウトドアレジャーに関するアンケート調査を発表しました。アンケート結果では、水源がなく汚れ落としに困る方が7割超とのことで片付けに悩みを持っている方が多く見受けられました。そんな悩みを解決するアイテムをケルヒャーが出しているので紹介します。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。