目次へ戻る

ミライースが目指した軽自動車の次のステップとは?

ミライースが目指した軽自動車の次のステップとは?

フルモデルチェンジした新型「ミラ イース」の燃費は、ライバルのスズキ「アルト」に対抗せず、従来のまま据え置きとなっています。どうやらダイハツは不毛な燃費競争をやめて、他の方向に歩み始めたようです。ダイハツの考える軽自動車の次のステップとは何なのでしょうか?そしてユーザーはそれに納得するのでしょうか?


低燃費の追求をやめたミライース

ミライース JC08モード燃費35.2㎞/L

新型「ミラ イース」の価格は84万2400円~133万9200円。JC08モード燃費は2WD(FF)車が34.2km/L~35.2km/L、4WD車が32.2km/Lとなっています。価格は従来型より若干上がり、70万円台のモデルは消えましたが、売れ筋グレードはほぼ据え置きで装備が良くなっている分割安感もあります。

ハッチバックタイプの低燃費型軽自動車のポイントである、低価格と低燃費は十分に達成していますが、ライバルの「アルト」が誇る37.0㎞/Lという燃費性能には届きません。それどころか最高燃費は従来モデルとまったく同じなのです。新型のプラットフォームを採用したことで、大人一人分以上の軽量化を多勢瑛しているので、なにもしなくても1.8㎞/L程度は燃費が向上するはずなのにです。

その理由とは

スズキアルト JC08モード燃費37.0㎞/L

あえて燃費を据え置いたのには理由があります。もし、37.0㎞/Lとなってアルトに並んだり、ほんのわずかでもリードすれば、当然スズキも対抗してくるでしょう。アルトには従来モデルにあった「アルトエコ」を出していないことで、「ミライース」がもし燃費で挑んできたときのために温存しているという事も考えられます。スズキには他車種に採用しているマイルドハイブリッドがあり、いつでも40㎞/Lを狙える用意があるのです。

ダイハツにはそれに類したパワーユニットがないという事情もありますが、その争いを続けるには高価なシステムを導入しあい、双方の車の車両価格が上がることで低価格というこのクラスの持つ使命が失われることになりかねません。ダイハツはこのことを嫌い、低燃費に関しては、すでに十分達成しているとして燃費競争の終焉を宣言したのです。

「第三のエコカー」から「新みんなのエコカー」へ

衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

初代が発売された時代に求められた軽自動車

2011年9月発売 初代ミライース

ダイハツが初代ミラ イースを発表した2011年当時は、ガソリン価格の高騰や環境志向が高まっていたことなどから注目が集まっていたハイブリッドカーに対して、軽自動車の存在意義をハイブリッドカー同等の燃費性能をハイブリッドカーの半額の値段で実現したのが「第三のエコカー」初代ミライースだったのです。
それを実現したのがシンプル、スリムそして低コストでの生産でした。

現在に求められる軽自動車

現在、軽自動車は公共交通機関が十分ではない地方に住む人や、女性、高齢者などを中心に幅広いユーザーから利用される日常生活に寄り添うパートナーであり、そのような軽自動車であればこそ、安全・安心なクルマでなければならいということから、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を進化させ、「スマートアシスト3」では、前のクルマだけでなく、歩行者も認識して作動するまでになっています。

燃費よりも安心、安全を優先させたミライース

誤発進抑制制御機能(前方)

燃費よりも安心、安全を優先させる。この方針がユーザーに受け入れられたのは、発売された5月の販売台数では、前年比で約2倍となる10,562台となった販売台数を見ればわかります。そういえばキャッチフレーズは初代の「第三のエコカー」という低燃費を前面に押し出したものから、「新みんなのエコカー」と変わっています。みんなが安心安全であってのエコカーであって、けっしてエコが先ではないというメッセージなのかも知れません。

しかし、これだけで終わったのでは次なるステップとは言えないのです。

「+αの魅力」とは?

ストレスのない安心できる走り

低燃費、低価格という軽自動車の次なるステップとしては、「+αの魅力」が必要なのですが、安心、安全というのがその一つ。そしてさらに「+αの魅力」として、車体剛性を高めるために、ハイテン材を投入してがらも、従来比最大80kgの軽量化を果たし、走行抵抗の低減といった技術で“燃費”の余裕を作り上げたうえで、走行性能などにその余裕を振り分け、従来どおりの最高35.2km/Lという低燃費を維持しながらも、初代ミライースで燃費の犠牲になっていた走行性能、とりわけユーザーから要望が多かった発進や追い越し時の加速性能を向上させ、ストレスを感じさせない走りを実現させています。

高い質感と満足感が得られるデザイン

いつでも、誰でも気軽に乗れる軽であっても、このクルマ一台で全てをまかなう必要のあるユーザーにとって、走ればいいというものではありません。カーライフを楽しむだけの広さや使い勝手、運転したくなるスタイリングも重要です。この点も初代ミライースでは「我慢」する項目でした。

そこで「+αの魅力」として、内外装のデザインと上質感が加えられました。ノーズを長く見せてドアから連続する立体的なフロントフェイスやサイドのキャラクターラインの一直線の通し方など全体的に上質感を表現させたデザイン。左右に広がる水平基調のインストルメントパネルは、スッキリとした圧迫感がなく、インテリア全体が黒を基調としたシンプルなデザインで、シックでモダンな雰囲気になり、明るい色合いで女性受けするかわいらしさを表現しがちな他の軽とは異なる、大人の上品さが感じられます。

これらも初代で「安っぽさ」が目立ったミライースとはまったく異なるイメージを与えています。

まとめ

けっして一番を狙わないが、常に時代の先頭を走る役目を担っているのが、ミライースとライバルであるスズキのアルトです。この両車は、常にメーカーの最新技術とコンセプトを背負ってデビューし、後に続くトールワゴンなどの派生車種を牽引していくのです。

流行りはより広いトールワゴンであり、女性目線の車種ですが、軽自動車に求められるすべてを持ち、さらに+αまで手に入れたミライースは、これからも日本の誇るスタンダードであり続けるでしょう。

関連する投稿


【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

全国軽自動車協会連合会は1月10日、2018年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表しました。ホンダ『N-BOX』が過去最高の24万1870台(前年比10.7%増)を販売し、4年連続トップとなっています。


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【1月9日更新】


【スバルの軽】軽自動車生産の歴史を現行販売モデルと合わせて振返る

【スバルの軽】軽自動車生産の歴史を現行販売モデルと合わせて振返る

スバルはその社名に引けを取らないくらいきら星のように光り輝く軽自動車をいくつも生み出してきましたが、今現在、残念ながら軽自動車の生産を終了しています。しかし、OEM供給により軽自動車の販売は継続しています。今回は、スバルの軽自動車の歴史を振返りながら、OEM提供にて現行販売されているスバルの軽自動車を紹介しています。


4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

雪道などでスリップしづらい4WDには様々な種類があり、その特徴や仕組みを知っておけば車を買い替えるときなどにも役立ちます。本記事では四駆のお勧めハイブリッド車・軽自動車・スポーツカーをそれぞれ2~3車種ずつ紹介しています。更にそれぞれの車種の特徴やセールスポイント、車種情報、スペック等についても記載しています。


最新の投稿


USJ周辺のおすすめ駐車場13選!料金が安いのは?予約はできる?

USJ周辺のおすすめ駐車場13選!料金が安いのは?予約はできる?

大阪市此花区に位置するテーマパーク、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)。本記事ではUSJ周辺の駐車場を、予約可能か、料金はどれくらいか、年パスがあるとお得になる情報等、ユニバ周辺での駐車場探しに役立つ情報を掲載しています。


BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWは1月16日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)を本国で発表しました。現行7シリーズがデビューからおよそ3年半を経て、初の本格改良を受けています。最新情報をお届けいたします!


マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダから発売されているSUVは沢山ありますね。その中でも一番コンパクトサイズなのがCX-3(シーエックススリー)です。コンパクトサイズのため、街乗りはもちろん、SUVとしていろんな用途で楽しめる車ですね。そんなCX-3について改めてスペック・価格・中古価格・評価など様々な角度から調べてみました。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

トヨタのSUV、RAV4。このRAV4ハイブリッド新型がこの春欧州にて発売されます。さらにトヨタは、RAV4ハイブリッド新型の燃費も発表しました。2019年春に日本でも発売されるとあって今大注目のRAV4。本記事では欧州仕様のRAV4ハイブリッド新型のハイブリッド性能に焦点を当てました。