目次へ戻る

やっぱり時代は低燃費!燃費のよい車はどれ?

やっぱり時代は低燃費!燃費のよい車はどれ?

低燃費の実現が、すべての軽自動車に求められているこの時代。やはり環境保護や省エネルギー社会を無視することはできない現実があります。利便性と環境への配慮を両立したおすすめの車をご紹介します。


低燃費のお手本! スズキ アルト

スズキのアルトといえば、低燃費で有名な自動車ですが、その背景にはスズキの社運をかけての努力があることはいうまでもありません。

車両全体の軽量化に努めながらも、スペースを確保するということが、最大の課題とされてきました。環境保護や省エネルギー社会を実現するためには、低燃費の実現に大きな期待が寄せられてきました。

軽自動車として常にトップクラスの人気を誇るスズキアルトの取り組みは、他の自動車メーカー各社にとってのお手本ともいうべき存在としてとらえられています。

マツダ キャロル

燃費の低さを追い求める動きは、日本の自動車メーカー各社に広まっています。マツダにおいても、人気車のキャロルを低燃費にすることに成功しました。

キャロルといえば、マツダが現在でも販売する車の中では、一番の歴史を持つことで知られています。近年では、スズキアルトのOEM車として、多くの人に愛される存在になっています。

時代とともに、モデルチェンジを繰り返しており、その人気を不動の物にしてきました。車体の軽量化やエンジンの改良などをすることで、低燃費が実現しています。

スズキ アルトラパン

女性向けに作られた車として知られているのが、アルトラパンです。そのかわいらしい形状が女性に受けるとしてデザインされました。ラパンは、フランス語でウサギを意味する言葉です。

そのユニークなネーミングも人気を呼び、たちまちヒット車の仲間入りをしました。男性が運転するには、どこか物足りなさを感じるかもしれませんが、女性にとっては、特別な空間を感じながら運転することができるとして、支持を集めてきました。

燃費についても、まずまず良いとされており、環境への配慮もなされている車です。

おすすめの軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶ2017年最新情報!

http://matome.response.jp/articles/555

【2017年5月16日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車価格、中古車価格(中古車平均価格)、ユーザー評価などの情報をまとめて掲載しています。

求められる環境への配慮

エアコンの使用頻度や乗車人数などによっても、異なりますが、総じていえば、軽自動車の燃費は優秀といえるのではないでしょうか。

二酸化炭素の排出規制や排ガス規制などといった言葉が頻繁に聞こえるようになるなど、環境への配慮は以前にも増して必要になっています。

自動車メーカー各社には、厳しい注文がつけられています。車に乗ることの利便性や快適性といったプラスの面と環境への配慮といったことを満たすのは、軽自動車といえるでしょう。

軽自動車の素晴らしさが改めて浮き彫りになっています。

ホンダ ヴェゼル

ホンダのヴェゼルはSUV車で、ハイブリッド車とガソリン車の両方が揃っています。

燃費はハイブリッド車は23.4Km/Lで、ガソリン車は20.6Km/Lです。ガソリン車は変速ショックがないためスムーズに走行し、燃費が良くなるようにSVTを搭載しています。

衝突軽減ブレーキ機能で、発進の誤作動を防げます。

エコアシスト装備により、燃費が良くても楽しいドライブが可能です。デザインからも運転がしたくなるような上品な色合いと、空間作りにこだわり心地よさが感じられます。

マツダ CX-3

マツダのCX-3はSUVで燃費は23Km/Lで、i-ELOOPシステム搭載で蓄えた電気を無駄なく使って低燃費を実現しています。

i-stop搭載でアドリングストップで、環境に優しく燃費向上に繋がっています。i-DM機能も搭載されており、運転操作の無駄を省いた運転をサポートしてくれます。デザインは上質でありながら、機能性は落としていません。

シートは身体に沿った形状で、座り心地が良く長時間ドライブでも疲れ知らずです。ペダルがオルガン式でかかとがずれないため、疲れにくいです。

ヴェゼルとCX-3 どっちがおすすめ?

マツダ CX-3 & ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルの4WDディーゼルとCX-3の2WDディーゼルを、実際に乗り比べるために1時間のドライブを試しています。

CX-3は、トルクがガソリンとエンジンと同等のものを発生する事が分かっています。ディーゼルであるため軽量設計で、振動も抑えてあるため静かな走りを実感出来ます。ヴェゼルはレスポンスが鋭い事から、追い越しもスムーズに可能です。

燃費はCX-3は18Km/Lをマークし、ヴェゼルは18.6Km/Lを記録しています。CX-3の方が2WDであるため、燃料コストが安く済みます。

購入するなら…?

マツダ CX-3 & ホンダ ヴェゼル

走行を比べると両車とも安定しているが、上質なのはCX-3です。旋回性が高く路上が不安定でも進路が乱れる事がなく、しっかとりた運転が可能です。

燃費を比べるとCX-3は21km/Lなのに対して、ヴェゼルは23.2km/Lとヴェゼルの方が低燃費になっています。実用燃費としてはCX-3は軽油を使用して1リッタ―120円で、ヴェゼルはレギュラーガソリンが140円になります。

軽油の価格の方が下回るためCX-3の方が燃料費は安く出来ますが、燃費ではヴェゼルの方がお得です。

低燃費と言えば!トヨタ プリウス

世界でも1位を争う程有名な自動車メーカーのトヨタの車種に、プリウスがあります。そのプリウスの燃費は、40.8km/Lです。

このプリウスは3代目で、世界トップクラスの低燃費を実現しています。また購入する時に選ぶポイントの1つになるデザインは、かっこよさを追求しているものの乗り心地も考えられています。

サスペンションを支えた造りになっていますので、乗った時に安定した走行が可能です。エンジン音も今までと比べると静かで、運転していても気持ちの良い走りが体感出来ます。

トヨタ プリウスPHV

トヨタのプリウスPHVは価格が2529018円で、燃費が40.8KM/Lです。乗車する人も歩行者にも安全な装置を搭載していて、4つの機能で衝突を回避してくれます。室内は広々としており、長時間運転でも疲れ知らすの乗り心地です。

操作も一目で分かりやすい、シンプルな機能になっています。内装もグレード別に変更が可能で、インテリアも自分の好みにカスタマイズが出来ます。外観はグリーン・レッド・メタリックの3色を用意していて、トヨタ初の技術開発で生まれたカラーです。

プリウスとプリウスPHVの違い、わかる?

トヨタのプリウスPHVのPHVとはプラグインハイブリッドの事で、いわゆるプリウスのハイブッド車の事です。

そのハイブリッド車が、プラグを用いる事で充電が出来るようになっています。従来型のプリウスとの走行距離の違いは26.4KM/Lでしたが、新型は60KM/Lと飛躍的に伸びています。燃費は従来型は31.6KM/Lで、新型は37KM/Lと低燃費が実現しています。

バッテリーにはリチウムイオンを採用した事で、従来型と比べると総エネルギーは8.8Kwhと約2倍になっています。

アメリカでも販売開始

トヨタ プリウス 新型(北米仕様)

トヨタ自動車の米国法人は2016年10月上旬に、新型プリウスPHVの販売を開始しました。アメリカで発売された新型は換算燃費が56Km/Lで、2個のモーターが搭載されりおります。

従来と比較すると発電機として使用していたモーターを、新型では走行用としても使用しています。

2つのモーターにより、EVとしての走行距離が大幅に拡大出来ています。バッテリーが小型でありながらも大容量になり、最大走行距離を伸ばす事に大成功です。これによりアメリカの市場でも、燃費性能に優れた車の完成です。

関連する投稿


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10  10位~6位

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10 10位~6位

2019年も多くの新型車が登場し、自動車市場を刺激しています。そこで、筆者が考える上半期に発表・発売された国産車の普通車、軽自動車のフルモデルチェンジからマイナーチェンジ、そしてお買い得な特別仕様の中から今年買うべき新型車のベスト10をご紹介します。まずは10位から6位!とはいえ、順位はあまり気にせず楽しんでくださいね。


【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

燃費だけでなく、パフォーマンスも高いディーゼルエンジン。乗用車ではイメージが薄いかもしれませんが、マツダは幅広い車種でディーゼルエンジンを展開しています。不具合やリコールの話題が出ましたが、維持のポイントを押さえれば大丈夫。圧縮比の知識はもちろん、オイル交換や維持の方法、販売中の車種や中古価格についてもご紹介します。


【最新版】人気・おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【最新版】人気・おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報を随時更新し掲載しています。


最新の投稿


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10  10位~6位

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10 10位~6位

2019年も多くの新型車が登場し、自動車市場を刺激しています。そこで、筆者が考える上半期に発表・発売された国産車の普通車、軽自動車のフルモデルチェンジからマイナーチェンジ、そしてお買い得な特別仕様の中から今年買うべき新型車のベスト10をご紹介します。まずは10位から6位!とはいえ、順位はあまり気にせず楽しんでくださいね。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格、中古車価格などをまとめてみました。【7月更新】


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。