目次へ戻る

ホンダ アコード新型!今出ている情報集めてみた

ホンダ アコード新型!今出ている情報集めてみた

アメリカンホンダの情報によると、ホンダアコードに新型が登場します!とのこと。気になる新型アコードについて、今出ている情報をまとめてみました。


ホンダ アコードに新型が登場

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは7月14日に、米国ミシガン州デトロイトにおいて、新型『アコード』を初公開しました。

気になる新型、10世代目モデルとされています。

初代アコードについて知りたい

初代 アコード

初代アコードは1976年に発売されました。

以来、米国での累計販売台数は1300万台を超えています。

1982年11月からは、メアリーズビル、オハイオの両工場で、現地生産を開始。35年間のアコードの米国累計生産台数は、1100万台を超えています。
大人気の車種ですね。

10世代目となる新型アコード、その外観はどんな感じ?

10世代目となる新型アコードは、外観をモダンでスポーティ、プレミアムなセダンを目指してデザインされています。

大胆で直立したフロントマスクは、大型エアインテークの上に位置し、9灯フルLEDヘッドライトが。

先代比で全長は10mm短くしながら、ホイールベースは55mm延長。

全幅は10mmワイドになり、全高は15mm低くしました。

新型アコード、室内はどんな感じ?


室内は、シートはわずかに内側に配置し、乗員の腰、肩、頭上の移動の自由度を高めた、ホイールベースの延長により、後席足元の空間は、先代比でおよそ50mm増えました。

ホンダによると、新型アコードはクラスで最も後席が広いモデルのひとつになるそうです。

後席が広くなれば、よりファミリーや大人数での移動も楽になりますし、嬉しい限りです。

ゴルフバックが4つも収納可能!?燃費も優れたホンダのアコード

http://matome.response.jp/articles/337

ホンダというメーカーが抱えるラインナップにおいて、北米や欧州を含めた世界市場において非情に重要な役割を果たしているアコード。また、エンジン小型化によって収納スペースの拡大にも成功しました。SPORT HYBRID i-MMDを搭載しているので燃費性能にも優れています。

新型アコード、エンジンはどんな感じ?

アコードの新作には、ダウンサイズエンジンを搭載しています。

直噴ガソリン直列4気筒ターボエンジンは、排気量が1.5リットルと2.0リットルの2種類。

トランスミッションは、1.5リットルが6速MTまたはCVT、2.0リットルは6速MTまたは新開発の10速ATを組み合わせます。

ホンダいわく、「FF乗用車への10速AT採用は、新型アコードが初めて」とのことです。

エンジン:直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン
最大出力:192hp/5500rpm
最大トルク:26.6kgm/1500~5000rpm

とのこと。

先代の自然吸気の2.4リットル直列4気筒ガソリンエンジンに対して、排気量を大幅に縮小しながら、2.4リットルの185hp、25kgmを上回るスペックを獲得しています!!

もちろん!ハイブリッドもあるぞ!

そして、アメリカンホンダは、「新型アコード ハイブリッド」についても発表しています。

新型アコード ハイブリッドには、ホンダの新世代の2モーターハイブリッドテクノロジーを搭載。

新しいハイブリッドパワートレインには、ホンダの量産エンジンで最高の40%以上の熱効率を持つ2.0リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジンを採用します。

また、ホンダが新開発した電動モーターは、重希土類(レアアース)をまったく使用しない熱間加工ネオジム磁石を、『フリード ハイブリッド』に続いて採用しているのが特徴。

新型アコードハイブリッドのパワーや燃費などの詳細は、今後明らかにされる予定です。

過去のアコードオーナーの口コミ 評価 評判は?

アコード新型を購入したいと思っている方にとって、気になるのがやはり、今のアコードの評価、評判ですよね。

というわけでアコードの評判をe燃費より調べてみましたのでご紹介いたします。

普通に走っていると燃費がよく、ハイブリットが欲しいと思ったことがありません。しかも、レッドゾーンの8400回転まで軽々回るK20Aは最高のエンジンです。唯一困ったことは、次に欲しい車がないということです。

通勤片道11km22分。エアコンONで12km/l。長距離だと16~17いくな。まあまあいいんじゃないかなあ。ボディ剛性高いし、電動パワステ上出来。少しサスが硬めだけどそれも慣れれば問題ないレベル。静かでクイックなハンドリングも併せてクールなマイカーと覚えますよん

CR6型です。4年目に入り走行距離6万キロ近くとなり、純正で履いていたタイヤに傷も付いていたため、山は十分に残っていましたが安全を重視し、静粛性を優先し高価なタイヤに履き替えました。結果、最近では冬タイヤ以外の季節なら20kmも走れば25km/Lは普通に走れましたが、タイヤ更新でロードノイズ低減と乗り心地向上を得た代わりに、10%近く燃費が悪化することとなりました。(涙)それでも同サイズの他車に比べて遙かに良い燃費なのが救いです。

11年乗り、23万キロ余り走りました。エンジンは調子いいです。さすがホンダですね。4WDですが、カタログ値以上に走ります。10km以下になったことはなかったと記憶しています。高速だけだったら、最高で17kmでした。ハイブリッドなみですね。もう少し乗りたかったけど、足回りや、ラジエーター、ランプ切れなどいろいろ出てきたので5月末でお別れです。ありがとう。

いかがでしたでしょうか。

ホンダにとっては、北米~欧州を含めた世界市場において、重要な存在のアコード。
新型についても期待が高まりますね。

関連する投稿


ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。しかし二代目に至っては時代が追い付いてきたかのように人気を維持しています。この記事ではその特徴と魅力をご紹介していきます。


今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

乗るのが嬉しい!「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、そして気になる燃費や中古価格などをまとめてみました。「ホンダ CR-Z」に乗り換えをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

他のメーカーにもさまざまなハイブリッドシステムがある中で、ホンダのハイブリッド「i-MMD」のシステムは本命ハイブリッドといわれています。2019年10月にも発売される新型フィットへの展開も確実視されているホンダのハイブリッドは何が優れているのでしょうか? ホンダフィット ハイブリッドの魅力を見ていきましょう。


スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

今ではもう生産されなくなった「アコードツアラー」。しかし、海外でも高い人気を誇っています。この「アコードツアラー」を中古で購入しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

『ステップワゴン スパーダ』(以降、スパーダ)は、従来のステップワゴンとは異なる専用フロントグリルを与えられるなど主に意匠面での差別化が図られたモデルです。今回はこの、少しヤンチャなスパーダのこれまでと現在についてお話ししていきます。


最新の投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本県には道の駅が多数存在しており、地元の名物が買えたり人気のフードが食べられたりするところがあります。 そんな熊本ので人気のある道の駅を10選集めてみました。


【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

約13年ぶりにモデルチェンジした日野の大型トラック「プロフィア」の最新装備や、価格から特徴とその魅力などについてご紹介していきます。


マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表しました。4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/hとのこと。気になる最新情報をまとめました。