目次へ戻る

【豆知識】自動車のナンバープレート。ひらがな・数字の意味を解説!

【豆知識】自動車のナンバープレート。ひらがな・数字の意味を解説!

車やバイクのナンバープレート。日常生活でよく目にする見慣れたものですが、正式な名称や役割など、意外と知られていないことが多々あります。今回は自動車のナンバープレートについて、種類、名称、役割などについてを調べ、まとめました。


ナンバープレートの種類と名称


日ごろよく目にするナンバープレート。
ナンバープレートが何のためにあり、どのような役割を果たしているのかを正式に理解している、という人は多くないと思います。

現在、日本の自動車保有台数は2016年の調べで8000万台を超えています。

そのうち登録されている自動車の台数は 約4800万台で、ナンバープレートはこの登録されている莫大な数の車を管理し、識別するのに非常に大事な役割を果たしています。

自動車ナンバープレートの「正式名称」は車両の区分によって3つに分けられており、自動車の種類によって色や形などが変わってきます。

画像は2017年4月1日より導入された「図柄入りナンバープレート」の第一弾、ラグビーワールドカップ仕様のナンバープレート。

車両によって区分される正式名称は下記の通りとなっています。

自動車登録番号標

まず、一つ目の正式名称が、「自動車登録番号表」です。

自動車登録番号表は、登録自動車(普通車)に取り付けるナンバープレートとなっています。

対象となるのは普通自動車、小型自動車、大型特集自動車となっていて、二輪車は除きます。

車両番号標

二つ目の名称は、「車両番号表」。

軽自動車や自動二輪車と、その他(自動車登録番号表に記載されている以外)の自動車の場合のナンバープレートとなっています。

標識(原動機付自転車番号標)

最後の正式名称は、「標識(原動機付き自転車番号表)」です。

こちらは、小型特殊自動車や名称の通り、125cc以下の原動機付自転車などの市区町村の条例に基づく地方税の課税のためのナンバープレートとなっています。

ナンバープレートの役割

本来の役割

ナンバープレートの取付けを義務付けている道路運送車両法が意図している本来のナンバープレートの役割は、以下の2つを証明する役割を担うものとなります。

①車が自動車登録ファイルに登録されているという証明。

②車が自動車検査を受けて、保安基準に適合しているという証明。

ナンバープレートがついている。イコール、保安基準に適合することを前提に登録を受けた車両であり、その車を運転することを許可されている。という証明になっています。

また、車を所持するときに必要な行政手続を完了しているという証明にもなります。

付随されている役割

自動車を購入し、自動車登録を完了させる際、しなければならない手続きとして、下記の項目があります。

①自動車保管場所証明の取得
自動車の保管場所(駐車場や車庫)が確保されている車庫証明の取得。

② 自動車損害賠償責任保険契約の締結。
自動車を運転するときに法律によって加入が義務づけられている保険(強制保険、自賠責保険)に加入。

③ 自動車重量税の納付。
自動車の重量に対して支払う税金(自動車重量税)の納付。
及び、自動車税、自動車取得税の納付。

ナンバープレートを付けることによって、上記の事柄もしっかり行われていることの証明になります。

社会的な役割


上記の役割とは別に、ナンバープレートの色で、軽自動車との区別や、自家用車と事業車との区別などの車種の識別の役割もあります。

白地に緑の文字が、登録自動車(普通車)、緑地に白文字が事業車(普通車)、黄色地に黒文字が自家用の軽自動車、黒地に黄色の文字が事業用の軽自動車となっています。

また、レンタカーの乗り逃げ防止や、轢き逃げの捜査、速度取り締まりなどの社会的な役割も果たしています。

ナンバープレートの表示内容

つづいては、ナンバープレートの表示内容について説明します。

ナンバープレートには以下の4つの表示項目があります。

①地域名

管轄運輸支局・自動車検査場を表す地名です。 2017年7月現在、全部で117種類の地域名が登録されています。

②分類番号

自動車の種別、及び用途による分類を表示する3桁の数字です。

普通貨物自動車は、1・「 10~19」及び「100~ 199」
普通乗合自動車は、2・「20~29」及び「200~299」
普通乗用自動車は、3・「30~39」及び「300~399」

小型貨物自動車は、4・「40~49」及び「400~499」
         6・「60~69」及び「600~699」
小型乗用自動車は、5・「50~59」及び「500~599」
         7・「70~79」及び「700~799」

特種用途自動車は、8・「80~89」及び「800~899」
大型特殊自動車は、9・「90~99」及び「900~999」
建設機械に該当する
大型特殊自動車は、0・「00~09」及び「000~099」

上記法則に基き設定されています。
ちなみに、「普通乗用自動車」と「小型乗用自動車」の違いは、車両のサイズが、長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.0m以下で、エンジンの総排気量が660ccを超え、2,000cc以下のものが「小型乗用自動車」、それ以上のものを「普通乗用自動車」としています。

③ひらがな

普通自動車、事業用、自家用などの区別のための表示

■自家用車…さすせそ たち てと なにぬねの はひふほ まみむめも やゆ らりるろ
■事業用社…あいうえ かきくけ を
■レンタカー…わ、れ
■駐留軍人用車両…よ、EHKMTY
上記のような法則性に基き、ナンバープレートに表示されるひらがなは設定されています。


ちなみにナンバープレートのひらがなは、

「お、し、へ、ん」

が使われていないのをご存知でしょうか?

「お」は「あ」と混同するため。「し」は死を連想させるため。
「へ」は屁を連想させるため。「ん」は読みづらいため。ということです。

④一連指定番号

1から9999までの4桁以下の数字。

1999年から希望ナンバー制が導入され、好きな数字を選べるようになり、個人のアイデンティティー表現の一つの手段ともなっています。

「7777」などの人気の番号や、地域名が富士山の「3776」などは抽選となっています。

こちらの記事にて、ラグビーワールドカップの図柄入りナンバーの情報を交えながらですが、希望番号への変更方法などまとめていまのでご参照下さい。「問い合わせ先」に関しては、軽自動車の問い合わせ先一覧になりますのでご注意下さい。

封印について

「封印」とは、自動車のナンバープレート(後方のみ)の左上に設置されている、アルミ製のキャップのようなものです。

役割としては、登録を受けた自動車が真正なナンバープレートを表示していることを証明する、及びナンバープレートの取り外し(盗難等)を防止するためという目的のもと封印がなされています。

また、2004年9月からは自動車の「封印」は自己破壊型に変更されており、特殊工具などを使い、封印を無理に抜き取るなどすると、画像のように封印の頭部分がめくれる仕組みになっています。

封印を盗み、盗難車に利用される事件、例があったことから、封印を新しくし、悪用を防ぐ目的で変更されています。

ちなみに、この「封印」。対象となっているナンバープレートは、「自動車登録番号標」のみなため、「車両番号票」に該当する、軽自動車などは封印がなされていません。

普通車など、封印が必要な自動車の封印が無い、若しくは封印が破損した状態での走行は違反となるので注意が必要です。

ナンバープレート 違反の基準


2016年4月から、道路運送車両法施行規則の一部の改正によりナンバープレートにカバーやステッカーを付けたり貼ることが禁止され、一定の位置に一定の方法で表示しなければ道交法違反になるようになりました。

これにより、無色透明のカバーであっても、装着が禁止されています。

シールなどを貼り付ける、汚れなどでナンバーが見えない場合、回転させて表示すること、折り返すことも違反となってしまいます。

ナンバープレートの「フレーム」に関しては、文字・数字を隠さないものであれば、従来通りに使用可能ということです。

第十九条 自動車は、国土交通省令で定めるところにより、第十一条第一項(同条第二項及び第十四条第二項において準用する場合を含む。)の規定により国土交通大臣又は第二十五条の自動車登録番号標交付代行者から交付を受けた自動車登録番号標及びこれに記載された自動車登録番号を見やすいように表示しなければ、運行の用に供してはならない。(車両番号標の表示の義務等)

第七十三条 検査対象軽自動車及び二輪の小型自動車は、国土交通省令で定める位置に第六十条第一項後段の規定により指定を受けた車両番号を記載した車両番号標を表示し、かつ、その車両番号を見やすいように表示しなければ、これを運行の用に供してはならない。
(罰則)
第百九条 次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。
一 (前略)、第十九条、・・・・・第七十三条第一項・・・・の規定に違反した者

違反した場合、50万円以下の罰金となる可能性がありますのでご注意下さい。

最後に


何気なくみていたナンバープレートですがかなり色々な役目があり、様々な法則を元に決められています。

これからドライブの際など、道行く車のナンバープレートを見て、会話のネタにすることもできるのではないでしょうか。

ナンバープレートに関連する記事はこちらから

関連する投稿


 カーテレビは2種類?ワンセグとフルセグの違いは

カーテレビは2種類?ワンセグとフルセグの違いは

カーナビは車の行き先も表示されますが、停車中であればテレビも視聴することが可能です。そのテレビを電波を受信してみることができるシステムがワンセグとフルセグです。でも、ワンセグのカーナビとフルセグのカーナビってどんな特徴があるのか?カーナビは自分でつけられるのか紹介していきます。


8ナンバーの維持費は本当に安いの?条件や取得方法を解説!

8ナンバーの維持費は本当に安いの?条件や取得方法を解説!

パトカーや消防車、また最近では福祉車両など特殊用途自動車に割り振られる8ナンバーですが、普通車両である3や5ナンバーとどのような違いがあるのでしょうか。改造にかかる費用を出してまで税金や車検費用、保険などの維持費でメリットがあるのか?取得条件は何なのか?8ナンバーを徹底解析していきましょう。


【小さいが正義】パワーウェイトレシオを解説!そもそもパワーウェイトレシオとは

【小さいが正義】パワーウェイトレシオを解説!そもそもパワーウェイトレシオとは

パワーウェイトレシオとは1馬力が支える重さのことで、小さいほど加速に優れると言えます。いまさら聞けない計算方法や、コンパクトカー、ミニバンの性能ランキングを確認していきましょう。みんなの注目はマツダのロードスターについても解説します。


【知らない人必見】フジツボマフラーってなに?

【知らない人必見】フジツボマフラーってなに?

乗り物好きにはたまらない、フジツボマフラー。この記事ではまず、マフラーまたフジツボマフラーについて説明し、フジツボマフラーの仕組み・構造、寿命について触れます。また、音や性能面について説明し、音量の規制がどのように車検に影響するのか触れます。さらにフジツボ製品を2つほど紹介します。


ディーラーとは?販売店との違いや特徴を解説

ディーラーとは?販売店との違いや特徴を解説

車の購入はとても大きな買い物。安全の面からもしっかりと選んで、かつお得に安心して購入したいですよね。車を買う場所として、ディーラー、販売店がありますが、違いや特徴は知っていますか?ここでは、ディーラーと販売店の相違点、メリット・デメリットを解説。車の購入場所の参考にしてみてください。


最新の投稿


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方も少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか? この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについても触れていきます。 また、プリウスのバッテリーが上がってしまうその原因とその対策についても紹介します。 最後に、プリウスのバッテリーの核心である駆動バッテリーと補機バッテリーについて、交換目安や充電方法などを軸に詳しく掘り下げます。