目次へ戻る

【9月29日】ついに発売開始!ホンダ新型シビック!価格・詳細情報!

【9月29日】ついに発売開始!ホンダ新型シビック!価格・詳細情報!

2017年9月29日(金)、ついにホンダから新型シビックが3タイプ同時に発売開始となります。こちらの記事では、新型シビックの価格、スペックなどの情報を改めてまとめて記載しています。


新型シビック 発売開始は9月29日(金)から!

7月27日、ホンダから新型シビックシリーズの3タイプ、「シビック ハッチバック」、「シビック セダン」、「シビック TYPE R」が2017年9月29日金曜日に発売開始となる旨が、ついに正式に発表となりました。

こちらの記事では、10代目となった新型シビックの3タイプについての情報を再度まとめて掲載いたします。

ホンダ 新型シビックシリーズ 概要とタイプ別の特徴・価格

ホンダの新型シビックシリーズは、Cセグメントにおいて、トップクラスの「操る喜び」の提供を目指し、サーキットを含め、様々な走行シーンでの運動性能を高めるプラットフォームを新開発。

「TYPE R」の目指す”究極の運動性能”を実現するこのプラットフォームを核に、3タイプ同時に開発し、各タイプの個性を活かしながら、シリーズ全体としてのポテンシャルを飛躍的に向上させています。

「TYPE R」は、ベース車からのチューンアップではなく、開発当初より「TYPE R」として目指す理想の姿をゼロから追求し、スポーツ性能の向上を実現。さらには、街中での乗りやすさや居住性、快適性なども向上しています。

「ハッチバック」と「セダン」は、広さや使い勝手の良さはもちろん、「TYPE R」の走りの資質を受け継ぎ、よりスポーティーな運動性能が実現されています。下記にて各タイプ毎の特徴や価格についての情報をまとめています。

新型シビック ハッチバック/セダンの特徴

まずは、新型「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」についての特徴です。

ホンダ シビック セダン(左)とシビック ハッチバック(右)

デザイン:機能美の追求。ダイナミックな走りを高めるロー&ワイドなデザイン

新型の「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」は、ロー&ワイドを基本として、機能美を追求したデザインとなっていて、ダイナミック性能を高めながらも、より美しいスタイリングを実現しています。

新型シビック セダン

「シビック セダン」は、クーペのようなルーフラインに、彫刻のような堅い質感のサイドパネルを持つ、先進的で質感の高いフォルムが特長となっています。

新型シビック ハッチバック

「シビック ハッチバック」は、セダンと基本骨格を共有しながらも、ダイナミックで軽快なリアビューとなっていて、より高いスポーティーさを演出しています。

走り:「操る喜び」を目指し、機敏な走りと安定性を高次元で両立

新型シビック ハッチバックと、シビックセダンは、新開発のプラットフォームをベースとした、高剛性、軽量かつ低重心・低慣性なボディーにより、優れた空力特性となっていて、高速域での安定性にを高め、高い静粛性となっています。

新型シビック専用にチューニングした、低回転から高回転まで伸びのある1.5L VTEC TURBOエンジンと、加速性能を向上させるCVTとの組み合わせにより、ターボラグを感じさせない、リニアでパワフルな加速フィールを実現。

シャシーは、マクファーソン・ストラット式フロントサスペンション、マルチリンク式リアサスペンション、デュアルピ二オン可変ギアレシオEPSなどの採用で、俊敏なハンドリングと高速走行時の安定性を高次元で両立しています。

またシビック ハッチバックは、排気流量を増加させる「センターエキゾーストシステム」を採用するとともにプレミアムガソリン仕様となっており、セダンと比べ、さらに高出力・高トルクな設定となっています。

CVTと6速マニュアルトランスミッションも選択可能で、よりスポーティーな走りをお楽しみいただけます。

快適性:ゆとりある室内空間とトップレベルの広い荷室、世界初の横開きカーゴエリアカバー

Cセグメントにおいてはトップクラスのゆとりある室内空間、開口部も大きく、かつ大容量な荷室となっていて、使いやすさも追求されています。

さらにシビック ハッチバックは、左右どちらにも引き出しや巻き取りが可能な、世界初となる横開きのカーゴエリアカバーが採用されています。

安全性:ホンダ センシングを標準装備

安全性能に置いても、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備としています。

ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心で快適な運転と、事故回避を支援します。

ホンダ安全技術「ホンダセンシング」高性能な自動ブレーキが魅力

http://matome.response.jp/articles/199

自動ブレーキによる衝突回避機能などを総合的に備えた、ホンダの安全運転支援パッケージ「ホンダセンシング(Honda SENSING)」 その仕組みと特徴、8つの安全機能、搭載車種についてまとめました。

ホンダセンシングについての詳しい説明はこちらの記事をご覧下さい。

新型シビック ハッチバックの価格・カラー

ホンダ新型シビックハッチバックの価格とボディカラーについては、下記となっています。

■タイプ:シビック ハッチバック
■駆動方式:FF
■変速:CVT / 6MT

■価格:CVT・6MT共に 2,800,440円(税込)

■ボディカラー 全5色
ホワイトオーキッド・パール
ルナシルバー・メタリック
クリスタルブラック・パール
フレームレッド
ブリリアントスポーティブルー・メタリック

※ホワイトオーキッド・パールのみオプションとして37,800円(税込)の費用が掛かります。

新型シビック セダンの価格・カラー

ホンダ新型シビックセダンの価格とボディカラーについては、下記となっています。

■タイプ:シビック セダン
■駆動方式:FF
■変速:CVT

■価格:CVT 2,650,320円(税込)

■ボディカラー 全5色
ホワイトオーキッド・パール
ルナシルバー・メタリック
クリスタルブラック・パール
プレミアムクリスタルレッド・メタリック
コスミックブルー・メタリック

※ホワイトオーキッド・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリックはオプションとしてそれぞれ、37,800円(税込)、59,400円(税込)の費用が掛かります。

新型シビック TYPE Rの特長

新型シビックシリーズは、開発当初より「TYPE R」を見据え、プラットフォームを新開発しています。

先代モデルと比較し、ねじり剛性の向上や、ボディーも約16kgの軽量化、低重心化、ホイールベースとトレッドの拡大などによって、さらに優れた走行の安定性を追求したモデルとなっています。

シャシーは、圧倒的な安定性を実現するマルチリンク式リアサスペンションを新たに採用したほか、先代モデルからさらに進化したデュアルアクシス・ストラット式フロントサスペンション、アダプティブ・ダンパー・システムなど制御技術も進化し、運動性能を大幅に向上させています。

2017年4月に行われたニュル 北コースでの走行テストでは、FFモデルとして最速(2017年4月現在) の、7分43秒80というラップタイムを記録。

先代モデルと比べタイムを7秒近くタイムを更新するなど、運動性能の高さが証明されています。

パワートレインも更に進化

パワートレインは、先代モデルからさらに進化した、新型「シビック TYPE R」専用の2.0L VTEC TURBOエンジン(最高出力235kW[320PS]、最大トルク400N・m[40.8kgf・m])を搭載。

エンジン制御技術も進化し、低回転域での高トルクかつハイレスポンスな立ち上がりと、全開領域での高出力化を実現。

6速マニュアルトランスミッションのローレシオ化や軽量シングルマス・フライホイールの採用により、加速性能も更に向上しています。

レブマッチシステムを採用

また、減速操作に合わせてエンジンの回転数が自動で調整されるレブマッチシステムをホンダ車として、初めて採用。

これにより減速時のアクセル操作が不要となり、ステアリングやブレーキにより集中した運転が可能となりました。またドライバーの好みで、レブマッチシステム自体をオフにすることも可能となっています。

走行シーンに合わせた3つのドライブモード

サーキットでの走行性能はもちろんのこと、一般道においてのグランドツアラー性能も大きく進化しています。

ドライビングモードには、ベストバランスの「SPORT」、ダイナミック性能を追求した「+R」、さらに、日常の快適性にも配慮した「COMFORT」の3つのモードが選択可能となっています。

モードスイッチを操作することでダンパー・ステアリング・スロットルなど制御デバイスのセッティングを瞬時に変更し、サーキットから市街地まで、さまざまなシーンに応じた高いパフォーマンスを発揮します。

新型シビック TYPE Rの価格・カラー

ホンダ新型シビック TYPE R の価格とボディカラーについては、下記となっています。

■タイプ:シビック TYPE R
■駆動方式:FF
■変速:6MT

■価格:4,500,360円(税込)

■ボディカラー 全4色
チャンピオンシップホワイト
クリスタルブラック・パール
フレームレッド
ブリリアントスポーティブルー・メタリック

上記の価格となっています。

まとめ

ホンダ新型シビック ハッチバック、セダン、TYPE R。発売開始となる9月29日が待ち遠しいですね。価格は違えど、やはりタイプRが気になりますね。

また、7月30日(日)から、新型シビックをモチーフにした企業広告「Go, Vantage Point.」も展開するようです。レスポンスチャンネルも新型シビックの情報については随時、更新指定校と思っていますので是非、お楽しみに。

以前の新型シビックについての記事はこちらから

ホンダの新型 シビック タイプR 発売は2017夏予定か

http://matome.response.jp/articles/507

今夏発売予定の新型『シビック タイプR』が、ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80のラップタイムを記録したとホンダが発表しました。FFモデル最速ラップを更新したそうです。そんな新型シビック タイプRについてまとめてみました。

ホンダ シビック ハッチバック 新型 情報まとめ

http://matome.response.jp/articles/561

10世代目となる新型『シビック』は3種のラインアップで日本市場に投入されます。そのうちのひとつが『シビック ハッチバック』です。新型「タイプR」のベースでもあるハッチバックは、スポーティさが際立つシルエットに仕上げられているのが特徴です。

新型シビック 最新のニュースをチェックしたい方はこちらから

ホンダ シビックニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/special/recent/1181/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80+%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF

ホンダ シビックに関するニュースまとめ一覧。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗記。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドなどエコカーの最新情報や分析コラムなど。毎日約120回更新。“いま”のクル…

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 シビック

関連する投稿


ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。しかし二代目に至っては時代が追い付いてきたかのように人気を維持しています。この記事ではその特徴と魅力をご紹介していきます。


今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

乗るのが嬉しい!「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、そして気になる燃費や中古価格などをまとめてみました。「ホンダ CR-Z」に乗り換えをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

他のメーカーにもさまざまなハイブリッドシステムがある中で、ホンダのハイブリッド「i-MMD」のシステムは本命ハイブリッドといわれています。2019年10月にも発売される新型フィットへの展開も確実視されているホンダのハイブリッドは何が優れているのでしょうか? ホンダフィット ハイブリッドの魅力を見ていきましょう。


スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

今ではもう生産されなくなった「アコードツアラー」。しかし、海外でも高い人気を誇っています。この「アコードツアラー」を中古で購入しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

『ステップワゴン スパーダ』(以降、スパーダ)は、従来のステップワゴンとは異なる専用フロントグリルを与えられるなど主に意匠面での差別化が図られたモデルです。今回はこの、少しヤンチャなスパーダのこれまでと現在についてお話ししていきます。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。