目次へ戻る

【9月29日】ついに発売開始!ホンダ新型シビック!価格・詳細情報!

【9月29日】ついに発売開始!ホンダ新型シビック!価格・詳細情報!

2017年9月29日(金)、ついにホンダから新型シビックが3タイプ同時に発売開始となります。こちらの記事では、新型シビックの価格、スペックなどの情報を改めてまとめて記載しています。


新型シビック 発売開始は9月29日(金)から!

7月27日、ホンダから新型シビックシリーズの3タイプ、「シビック ハッチバック」、「シビック セダン」、「シビック TYPE R」が2017年9月29日金曜日に発売開始となる旨が、ついに正式に発表となりました。

こちらの記事では、10代目となった新型シビックの3タイプについての情報を再度まとめて掲載いたします。

ホンダ 新型シビックシリーズ 概要とタイプ別の特徴・価格

ホンダの新型シビックシリーズは、Cセグメントにおいて、トップクラスの「操る喜び」の提供を目指し、サーキットを含め、様々な走行シーンでの運動性能を高めるプラットフォームを新開発。

「TYPE R」の目指す”究極の運動性能”を実現するこのプラットフォームを核に、3タイプ同時に開発し、各タイプの個性を活かしながら、シリーズ全体としてのポテンシャルを飛躍的に向上させています。

「TYPE R」は、ベース車からのチューンアップではなく、開発当初より「TYPE R」として目指す理想の姿をゼロから追求し、スポーツ性能の向上を実現。さらには、街中での乗りやすさや居住性、快適性なども向上しています。

「ハッチバック」と「セダン」は、広さや使い勝手の良さはもちろん、「TYPE R」の走りの資質を受け継ぎ、よりスポーティーな運動性能が実現されています。下記にて各タイプ毎の特徴や価格についての情報をまとめています。

新型シビック ハッチバック/セダンの特徴

まずは、新型「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」についての特徴です。

ホンダ シビック セダン(左)とシビック ハッチバック(右)

デザイン:機能美の追求。ダイナミックな走りを高めるロー&ワイドなデザイン

新型の「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」は、ロー&ワイドを基本として、機能美を追求したデザインとなっていて、ダイナミック性能を高めながらも、より美しいスタイリングを実現しています。

新型シビック セダン

「シビック セダン」は、クーペのようなルーフラインに、彫刻のような堅い質感のサイドパネルを持つ、先進的で質感の高いフォルムが特長となっています。

新型シビック ハッチバック

「シビック ハッチバック」は、セダンと基本骨格を共有しながらも、ダイナミックで軽快なリアビューとなっていて、より高いスポーティーさを演出しています。

走り:「操る喜び」を目指し、機敏な走りと安定性を高次元で両立

新型シビック ハッチバックと、シビックセダンは、新開発のプラットフォームをベースとした、高剛性、軽量かつ低重心・低慣性なボディーにより、優れた空力特性となっていて、高速域での安定性にを高め、高い静粛性となっています。

新型シビック専用にチューニングした、低回転から高回転まで伸びのある1.5L VTEC TURBOエンジンと、加速性能を向上させるCVTとの組み合わせにより、ターボラグを感じさせない、リニアでパワフルな加速フィールを実現。

シャシーは、マクファーソン・ストラット式フロントサスペンション、マルチリンク式リアサスペンション、デュアルピ二オン可変ギアレシオEPSなどの採用で、俊敏なハンドリングと高速走行時の安定性を高次元で両立しています。

またシビック ハッチバックは、排気流量を増加させる「センターエキゾーストシステム」を採用するとともにプレミアムガソリン仕様となっており、セダンと比べ、さらに高出力・高トルクな設定となっています。

CVTと6速マニュアルトランスミッションも選択可能で、よりスポーティーな走りをお楽しみいただけます。

快適性:ゆとりある室内空間とトップレベルの広い荷室、世界初の横開きカーゴエリアカバー

Cセグメントにおいてはトップクラスのゆとりある室内空間、開口部も大きく、かつ大容量な荷室となっていて、使いやすさも追求されています。

さらにシビック ハッチバックは、左右どちらにも引き出しや巻き取りが可能な、世界初となる横開きのカーゴエリアカバーが採用されています。

安全性:ホンダ センシングを標準装備

安全性能に置いても、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備としています。

ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心で快適な運転と、事故回避を支援します。

ホンダ安全技術「ホンダセンシング」高性能な自動ブレーキが魅力

http://matome.response.jp/articles/199

自動ブレーキによる衝突回避機能などを総合的に備えた、ホンダの安全運転支援パッケージ「ホンダセンシング(Honda SENSING)」 その仕組みと特徴、8つの安全機能、搭載車種についてまとめました。

ホンダセンシングについての詳しい説明はこちらの記事をご覧下さい。

新型シビック ハッチバックの価格・カラー

ホンダ新型シビックハッチバックの価格とボディカラーについては、下記となっています。

■タイプ:シビック ハッチバック
■駆動方式:FF
■変速:CVT / 6MT

■価格:CVT・6MT共に 2,800,440円(税込)

■ボディカラー 全5色
ホワイトオーキッド・パール
ルナシルバー・メタリック
クリスタルブラック・パール
フレームレッド
ブリリアントスポーティブルー・メタリック

※ホワイトオーキッド・パールのみオプションとして37,800円(税込)の費用が掛かります。

新型シビック セダンの価格・カラー

ホンダ新型シビックセダンの価格とボディカラーについては、下記となっています。

■タイプ:シビック セダン
■駆動方式:FF
■変速:CVT

■価格:CVT 2,650,320円(税込)

■ボディカラー 全5色
ホワイトオーキッド・パール
ルナシルバー・メタリック
クリスタルブラック・パール
プレミアムクリスタルレッド・メタリック
コスミックブルー・メタリック

※ホワイトオーキッド・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリックはオプションとしてそれぞれ、37,800円(税込)、59,400円(税込)の費用が掛かります。

新型シビック TYPE Rの特長

新型シビックシリーズは、開発当初より「TYPE R」を見据え、プラットフォームを新開発しています。

先代モデルと比較し、ねじり剛性の向上や、ボディーも約16kgの軽量化、低重心化、ホイールベースとトレッドの拡大などによって、さらに優れた走行の安定性を追求したモデルとなっています。

シャシーは、圧倒的な安定性を実現するマルチリンク式リアサスペンションを新たに採用したほか、先代モデルからさらに進化したデュアルアクシス・ストラット式フロントサスペンション、アダプティブ・ダンパー・システムなど制御技術も進化し、運動性能を大幅に向上させています。

2017年4月に行われたニュル 北コースでの走行テストでは、FFモデルとして最速(2017年4月現在) の、7分43秒80というラップタイムを記録。

先代モデルと比べタイムを7秒近くタイムを更新するなど、運動性能の高さが証明されています。

パワートレインも更に進化

パワートレインは、先代モデルからさらに進化した、新型「シビック TYPE R」専用の2.0L VTEC TURBOエンジン(最高出力235kW[320PS]、最大トルク400N・m[40.8kgf・m])を搭載。

エンジン制御技術も進化し、低回転域での高トルクかつハイレスポンスな立ち上がりと、全開領域での高出力化を実現。

6速マニュアルトランスミッションのローレシオ化や軽量シングルマス・フライホイールの採用により、加速性能も更に向上しています。

レブマッチシステムを採用

また、減速操作に合わせてエンジンの回転数が自動で調整されるレブマッチシステムをホンダ車として、初めて採用。

これにより減速時のアクセル操作が不要となり、ステアリングやブレーキにより集中した運転が可能となりました。またドライバーの好みで、レブマッチシステム自体をオフにすることも可能となっています。

走行シーンに合わせた3つのドライブモード

サーキットでの走行性能はもちろんのこと、一般道においてのグランドツアラー性能も大きく進化しています。

ドライビングモードには、ベストバランスの「SPORT」、ダイナミック性能を追求した「+R」、さらに、日常の快適性にも配慮した「COMFORT」の3つのモードが選択可能となっています。

モードスイッチを操作することでダンパー・ステアリング・スロットルなど制御デバイスのセッティングを瞬時に変更し、サーキットから市街地まで、さまざまなシーンに応じた高いパフォーマンスを発揮します。

新型シビック TYPE Rの価格・カラー

ホンダ新型シビック TYPE R の価格とボディカラーについては、下記となっています。

■タイプ:シビック TYPE R
■駆動方式:FF
■変速:6MT

■価格:4,500,360円(税込)

■ボディカラー 全4色
チャンピオンシップホワイト
クリスタルブラック・パール
フレームレッド
ブリリアントスポーティブルー・メタリック

上記の価格となっています。

まとめ

ホンダ新型シビック ハッチバック、セダン、TYPE R。発売開始となる9月29日が待ち遠しいですね。価格は違えど、やはりタイプRが気になりますね。

また、7月30日(日)から、新型シビックをモチーフにした企業広告「Go, Vantage Point.」も展開するようです。レスポンスチャンネルも新型シビックの情報については随時、更新指定校と思っていますので是非、お楽しみに。

以前の新型シビックについての記事はこちらから

ホンダの新型 シビック タイプR 発売は2017夏予定か

http://matome.response.jp/articles/507

今夏発売予定の新型『シビック タイプR』が、ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80のラップタイムを記録したとホンダが発表しました。FFモデル最速ラップを更新したそうです。そんな新型シビック タイプRについてまとめてみました。

ホンダ シビック ハッチバック 新型 情報まとめ

http://matome.response.jp/articles/561

10世代目となる新型『シビック』は3種のラインアップで日本市場に投入されます。そのうちのひとつが『シビック ハッチバック』です。新型「タイプR」のベースでもあるハッチバックは、スポーティさが際立つシルエットに仕上げられているのが特徴です。

新型シビック 最新のニュースをチェックしたい方はこちらから

ホンダ シビックニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/special/recent/1181/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80+%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF

ホンダ シビックに関するニュースまとめ一覧。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗記。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドなどエコカーの最新情報や分析コラムなど。毎日約120回更新。“いま”のクル…

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 シビック

関連する投稿


ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダのシビックが満を持して2017年9月に国内復活を遂げました。名車と名高いシビック。今回はフルモデルチェンジを行った新型シビックセダンについて、新車価格・燃費・スペック・試乗評価・エンジン性能・タイプ別売れ筋・人気は?などといった最新情報をお届けいたします。そしてシビックの人気ぶりがわかるエピソードも…。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-V(シーアールブイ)が復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、e-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載される!?かも!


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【新車で買える】2017年マニュアル車(MT車)まとめ

【新車で買える】2017年マニュアル車(MT車)まとめ

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2017年現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。