トップへ戻る

トヨタ プリウス 完全網羅!! 価格・燃費・口コミ、評判は?

トヨタ プリウス 完全網羅!! 価格・燃費・口コミ、評判は?

プリウスが気になっていたものの購入を迷っている方、もっとプリウスを知りたい、そんな方々向けに、改めてプリウスの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。必見ですよ。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


貴方は本当にプリウスを、知ってる?

トヨタが1997年から製造・発売を開始した世界初の量産ハイブリッド専用車、そして、このハイブリッド専用車を中心としたハイブリッド専用車のブランド(商標)、それがプリウスです。

4代目となる現行プリウスは、2015年に発売されました。

先代とはちがって、少し鋭利な雰囲気のヘッドランプになったほか、内装もグレードアップ、また「TNGA」を初導入しています。

これを見るに、プリウスは燃費、カタログ燃費ともに優秀だと言えます。

新車販売総合…プリウス がトップ奪還(5月)

4代目になって以降、少し販売台数が伸び悩んだり、人気が落ち着いてきたのでは?と噂されてもいたプリウス。

しかし、そんなことはありませんでした。
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した5月の車名別新車販売台数(速報)によると、トヨタ『プリウス』が1万5092台(前年同月比29.9%減)を販売し、7か月ぶりのトップに返り咲きました。

※5月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:プリウス(トヨタ)1万5092台(29.9%減)
2位:N-BOX(ホンダ)1万3118台(14.2%増)
3位:C-HR(トヨタ)1万2872台
4位:ミラ(ダイハツ)1万0562台(96.8%増)
5位:ムーヴ(ダイハツ)1万0448台(105.9%増)
6位:デイズ(日産)1万0198台
7位:ノート(日産)9992台(59.7%増)
8位:タント(ダイハツ)9868台(12.5%減)
9位:ワゴンR(スズキ)8807台(54.4%増)
10位:フリード(ホンダ)8626台(253.5%増)

プリウスに初採用!トヨタのTNGAとは?


プリウスに初採用された、TNGAとは、次世代車両技術「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字をとった呼び名です。

他の車種では、カムリや、C-HRにも採用されていますね。

この技術を活かして、エンジン・トランスミッション・ハイブリッドシステムを一新し、2017年以降、新型パワートレインの搭載車種を一気に拡大していくとトヨタは発表しています。

TNGAにより、開発リソースを削減しながらも、動力性能・燃費性能・ボディ剛性といった様々な面での大幅な向上を実現可能にしました、

「TNGA」って何??トヨタの次世代車両技術をわかりやすく解説!

http://matome.response.jp/articles/77

「もっといいクルマづくり」を目的にしたトヨタの次世代車両技術「TNGA」。ここではTNGAとはそもそも何か?また、TNGAに関連する新技術などをわかりやすく、詳しくまとめていきます。

知ってる?プリウスにはプリウスα(アルファ)とPHVがある

こちらはプリウスα(アルファ)

プリウスだけど、プリウスじゃない!プリウスの兄弟プリウスα

http://matome.response.jp/articles/588

プリウスαを知っていますか?プリウスαは単にプリウスの車体をのばしてワゴンスタイルにした車ではないんです。居住空間、荷室スペース、空力性能など相反する課題をひとつひとつクリアし試行錯誤を重ねてできたのがプリウスαなんです。プリウスとはいわば人間の兄弟のようなプリウスαについて紹介します。

プリウスα(プリウス アルファ)とは、トヨタが2011年に発売したハイブリッド専用ステーションワゴン、ミニバンのことです。

プリウスの派生車種ですね。

こちらはプリウスPHV

そして、2017年2月15日にプラグインハイブリッドモデルである、「プリウスPHV」が発売され話題になりました。

プラグインハイブリッド、と聞いて気になるのは充電ですよね。

プリウスPHV新型は100V、200Vのふたつの普通充電/急速充電インレットが完備されています。急速充電の場合、約80%充電が約20分で行え、自宅に急速充電機能がなくても、一般回路で14時間かければ100V/6A充電が可能となっています。

200V/16Aであれば2時間20分と非常に早い充電が可能ですので、安心して運転できますよ。

【新型プリウスPHV】ついに発売開始!気になる価格/スペック大公開!

http://matome.response.jp/articles/93

2017年2月15日。トヨタからついに新型プリウスPHVが発売開始となりました。こちらの記事では価格はもちろんの事、燃費、スペックの情報などを詳しく掲載していきます。

【若者が持ってる車】新成人のクルマ所有率、4年ぶりに上昇!人気車は?

http://matome.response.jp/articles/768

若者の車離れが叫ばれている中、ソニー損保が嬉しい発表をしました。それは、新成人の車所有率が上がっているとのこと!そして若者に人気の車は何なのか、少しだけ気になりませんか?本記事ではこれらについてまとめてみました。

トヨタ プリウス 基本情報

■参考:S
全長×全幅×全高:4,540×1,760×1,470(mm)
ホイールベース :2,700(mm)
乗車定員 :5名
車両重量 :1,360kg
エンジン最高出力 :5.3kW(7.2ps)
エンジン最大トルク:55Nm(5.6kgf・m)

トヨタ プリウス エクステリア

トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部第3デザイン室長の児玉修作さんによれば、現行プリウスのエクステリアは、新プラットフォームによる低重心なスポーティさを意識しています。

空力性能をアイコニックに特徴付けした新しいトライアングルシルエット。

そして、外から見ても視界が向上したことがわかる、という3つをデザインの狙いとしています

また、3代目プリウスの視界に対しては、あまりいい評価がもらえていなかったことから、4代目プリウスはクルマのベースとなる基本性能を少しでも向上させることを目標とし、視界の向上にも力を注いでいたそうです。

具体的には左右方向にラウンドさせたリアウインドウを採用することで、片側で80mm拡大。

さらにサイドのベルトラインの位置をガラスが昇降できるぎりぎりの位置まで下げています。

また、3代目はフィックスウインドウをAピラーの沿って配しており、実際に室内から見ると、小さな小窓になっている。児玉さんは、「ユーザー目線で考えると、この部分も確実に視界をよくすべきだと、細いディビジョンバー(Aピラーとベルトラインを結ぶバー)と、フィックスウインドウにより、3代目よりも格段にこの視界は向上させた」と話す。

次に、「TNGAで成し得た低フード化により、先端では70mm、カウル位置(フロントウインドウとボンネットの境)では62mm下がっている」。さらに、3代目ではワイパーが視線から見ると少し高い位置にあったが、「視線からワイパーを見えないように、できるだけ下げた」とし、その結果、目標をクリアしたことを語った。

Responseの記事はこちらから

トヨタ プリウス インテリア

トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部第3デザイン室長の児玉修作さんによれば、プリウスのインテリアデザインは、歴代プリウス同様に、「表示系遠方・操作系手元配置」という、プリウスの培ってきた内装のDNAを汲んでいるのだそうです。

この、プリウスのDNAを4代目ではアイコニックに表現したいとの思いから、中央のメーターからディスプレイまで、インパネにぐるりと巻き付くようなレイヤー構成の意匠にしました。このデザインで、視線を集めるポイントとしている、と話しています。

また、高性能さを表現するため、カチッとした素材でテック感を出し、一方でインパネとドアトリムは柔らかい素材や造形を使うことにより、「人が心地よく包まれた内装空間にしたいという思いでデザインした」と児玉さん。

プリウスのインテリアは、「日々ユーザーが乗る空間として飽きの来ない、ホッとできる空間」を目指しています。

トヨタ プリウス 燃費

プリウス、というと多くの人が「燃費の良い車」という認識ですよね。
実際には燃費はどれくらい優秀なのでしょうか。

プリウスの公式サイトによれば、カタログ燃費は34.0~40.8km/Lとなっています。
すばらしい低燃費です!

カタログ燃費はわかった、実燃費はどうなの?

プリウスのカタログ燃費は、すばらしい数字でした。

一方で、少し車に詳しい人なら、「いやいや、いくらカタログ燃費が良くても、実際の実燃費が良くなきゃ意味ないでしょ」と思いませんか?

そんな人たちにも安心していただける情報をご紹介しちゃいます!

イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」は4月3日、1年間に集計した実用燃費データを集計し、ランキング形式にまとめた「e燃費アワード2016-2017」を発表。総合部門トップは実燃費24.3km/リットルのトヨタ『プリウス』となった。

■e燃費アワード2016-2017(各部門トップ)
・新型車:日産ノート(e-POWER)…21.2km/リットル
・ガソリン車:スズキ・スイフト…17.7km/リットル
・ハイブリッド車:トヨタ・プリウス…25.1km/リットル
・軽自動車:スズキ・アルト…23.5km/リットル
・輸入車:フォルクスワーゲンup!…16.8km/リットル
・燃費達成率:トヨタ・ランドクルーザープラド(ディーゼル)…92.4%(10.9km/リットル)
・ディーゼル車:マツダ・デミオ…19.4km/リットル
・総合:トヨタ・プリウス…25.1km/リットル

e燃費調べ

やっぱり時代は低燃費!燃費のよい車はどれ?

http://matome.response.jp/articles/70

低燃費の実現が、すべての軽自動車に求められているこの時代。やはり環境保護や省エネルギー社会を無視することはできない現実があります。利便性と環境への配慮を両立したおすすめの車をご紹介します。

プリウス=燃費がいい、というのは本当でしたね。

トヨタ プリウス グレード別価格

【2WD】
特別仕様車 S“Safety Plus”: 2,693,520円
Aプレミアム“ツーリングセレクション” : 3,199,745円
Aプレミアム : 3,107,455円
A“ツーリングセレクション” : 2,926,800円
A : 2,777,563円
S“ツーリングセレクション” : 2,628,327円
S : 2,479,091円
E : 2,429,018円

【E-Four】
特別仕様車 S“Safety Plus”:2,887,920円
Aプレミアム“ツーリングセレクション” : 3,394,145円
Aプレミアム : 3,301,855円
A“ツーリングセレクション” : 3,121,200円
A : 2,971,963円
S“ツーリングセレクション” : 2,822,727円
S : 2,673,491円

グレードによって値段が多少異なりますが、約270万~330万円の価格設定になっています。

トヨタ プリウス 中古価格

プリウスを低価格で購入したい、と思っている人であれば、中古車はどうでしょうか。

中古であれば、年式、状態などにもよりますが、約210万円~300万円ほどで購入できます。

新車にこだわらない、という方であれば、中古車もオススメです。

トヨタ プリウス 口コミ・評価・評判

満タン法で24.23km/L走りました。
セダン、SUV,ミニバンと乗り継いで、久々にドラポジの低い車に乗り換えました。
静かで疲れない車です。

驚異の燃費にビックリ! カタログ燃費に挑戦中!最近は他の車に乗らなくなりました。
後ろのお車御免なさい!

土曜は東北道メインで200キロで、リッター29キロ
日曜は16号メイン渋滞3キロ1時間含む100キロで、リッター26キロ
ほとんどノーマルモードです。右側車線を走りたいのでecoモードは無理でした。高速はたまに飛ばしましたが、静寂性はかなり良い。
カーブは安定して良く曲がるので、楽しい。
顔はデビルマンのようで、まだ慣れません。サイドからリアを上から見るとガラス含めてカッコいい。
ナビは進化を感じないが、いろいろな安全機能は良い。
凄く満足しています。

乗り方によってかなり変わります(((o(*゚▽゚*)o)))良い車ですo(^▽^)o車は進化してますね〜(((o(*゚▽゚*)o)))

片道30kmの高速通勤をしています。できるだけ、EVで走れるように、90km平均で
走行しています。最近、1L = 30km平均です。妻の車はAQUAですが、それよりも燃費が良く、技術の進歩を感じます。ただ、収納が不足していますね。

燃費がいい。という声から、もう少し収納があれば…。という声までさまざまでした。

ただ、燃費に関しては個人の乗り方やライフスタイルにも関係してくるので、一概にいい悪いとは言えなそうですね。

※口コミはすべてe燃費から引用

いかがでしたか。

今回はトヨタのハイブリッド車、プリウスについてご紹介しました。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。