目次へ戻る

【マツダ新型CX-5】売上絶好調のCX-5!"深化"したポイントを徹底紹介

【マツダ新型CX-5】売上絶好調のCX-5!"深化"したポイントを徹底紹介

2016年12月に予約を開始し、2017年2月に発売となったマツダのSUV「CX-5」。こちらの記事ではCX-5の深化したポイント、性能、デザインなどの情報をメインにまとめています。


2017年2月発売! フルモデルチェンジとなったCX-5

マツダからクロスオーバーSUVである新型CX-5が初めてフルモデルチェンジされ、2016年12月15日より予約受付を開始し、2017年2月2日、ついに販売開始となりました。

予約受注されている台数は、かなりの絶好調のようで、月間の販倍台数目標の約3.8倍となる9055台に上っているようです。(2月2日時点)

新型CX-5 (右)と先代のCX-5(左)

先代のCX-5は、「SKYACTIV技術」、「魂動デザイン」を全面的に採用し、新世代マツダ商品群のさきがけとし、2012年2月に登場していました。

旧CX-5は、日本においてクリーンディーゼル車市場を切り開き、マツダの販売の4分の1を占め、2016年9月時点で累計150万台を生産しています。新型のCX-5は、「走る歓びのさらなる"深化"」をうたい、洗練された"大人のSUV"として生まれ変わりました。

満を持して登場! マツダがほこるCX-5 気になる情報完全網羅!

http://matome.response.jp/articles/50

2012年に初代CX-5は登場しました。スカイアクティブテクノロジーが搭載されて、車の新時代の幕開けと言っても言い過ぎではないでしょう。そして、フルモデルチェンジを迎えて、2017年、CX-5は新たな世界へと走り出します。

パワートレイン

パワートレインは3種設定されており、ガソリン車から「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-G 2.5」、ディーゼル車は「SKYACTIV-D 2.2」。

いずれも6速ATとの組み合わせで計8グレードを展開していて、価格は246万2400円~352万6200円となっています。

ディーゼルエンジンには他ラインアップで先行採用されている「DE精密加給制御」「ナチュラル・サウンド・スムーザー」「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を採用していて、爽快な加速感と静粛性の高い上質な走りを実現したとしている。

また、エンジンの駆動トルクを制御し、スムーズなハンドリングを実現させる「G-ベクタリングコントロール」を先代には搭載していなかったが、CX-5としては新型にて初の採用となっています。

背の高めなSUV特有である横揺れを防いで、安定性が高まり快適な乗り心地を実現しているようです。

深化したエクステリア・魂動デザイン

魂動デザインを引き続き継承している新型CX-5のデザインですが、こちらも正当進化と呼べる"深化"をしています。

「日本の美意識」に改めて注目しており、無駄な要素を削ぎ落とすことで生まれる「洗練された力強さ」をキーワードにし、「成熟した骨格」「品格のあるフォルム」「仕立ての良い質感」の3つの軸を具現化しています。

先代のCX-5は動物的な躍動感を表現したテーマでしたが、新型は「大人の感性」を刺激する風格の表現を目指したようです。

カラーについては、マツダ車を象徴するカラーとして販売の2割強を占める人気色である「ソウルレッドプレミアムメタリック」から、「ソウルレッドクリスタルメタリック」へと進化しています。

マツダ独自の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」をさらに進化させ、透過層には、新開発の高彩度な赤色の顔料を用いて、赤色をよりピュアに発色。

反射層には、極薄の高輝度アルミフレークに加えて、光を吸収してシェードの濃さを強める「光吸収フレーク」を採用し、従来は2層必要だった深みの表現を1層で実現。

また、アルミフレークのサイズを均一化するなどで、より緻密に光の反射をコントロール。ハイライトの鮮やかさとシェードの深みを大幅に向上させた。

そして最も目を引くフロントマスクですが、ヘッドライトの薄型化や左右への広がりを強調したシグネチャーウイング(グリルを縁取るシルバーのパーツ)により水平基調の動きを強調し、低くワイドに見せることで力強さを表現。

また、立体感のある造形としたことで荒々しくも鋭い表情を実現させています。

前後のトレッドを10mm拡大しタイヤをより外側に配置させ、Aピラーを約35mm後退させた他、ヘッドランプからリアタイヤへとつながるラインを強調すること等により、四肢をしっかりと踏ん張るような力強い骨格を視覚的にも表現しています。

洗練された美しさ 上質なインテリア

インテリアに関しては、マツダブランドとしての哲学である「人間中心」の考え方を改めて追求しています。


操作機器や計器類などを左右対称に配置しており、ドアトリムを含めて水平基調とすることで運転に集中出来る心地よい緊張感と広がりのある空間となっています。

また、シフトノブを約60mm上方に設置し操作性を高めたほか、Aピラーの後退による視界性能の向上、前後シートの構造見直しによる乗り心地の改善など、全乗員の居心地のよさを追求しています。

なお、本革シートを採用した最上位グレードの「Lパッケージ」は全グレード別の売上で49%と約半数を占める売上となっているようです。

人間中心のクルマづくり

マツダは、人間中心の設計、クルマ作りいわゆるHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)に、強いこだわりを持っており、他社にはない特徴を盛り込んできています。

例の一つとしてあげるのが、ヘッドアップディスプレイです。ドライバーの正面にスピードメーターやカーナビの案内情報を表示し、運転中の視線移動を最小限に抑えることで、わき見運転を未然に防ぐ効果があるデバイス。

一般的にはヘッドアップディスプレイは高級車に装着されることが殆どだが、マツダは「デミオ」にも用意。そして、他車種も含めたマツダ車のヘッドアップディスプレイ装着率は、他のどの国内メーカーよりも高いそうです。

これは、人間中心設計にこだわるマツダが、意図的にそういった商品展開をしているからに他ならないということです。

そして当然ですが、新型CX-5はこのヘッドアップディスプレイも大きく進化しています。

比較的簡易な「コンバイナー型」がマツダの主流でしたが、今回は、表示をより遠くへ"飛ばせる"フロントガラス照射型となっています。

表示を遠くに飛ばしたほうが、運転中のドライバーの焦点距離の調整が少なくて済むので、より疲れにくく、外界の異変に気づきやすいメリットがあるようです。

コストをかけてでも、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の向上に取り組むマツダの姿勢が現れた改良と言えるでしょう。

ボディサイズ

ボディサイズに関しては、全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm、ホイールベース2700mm。先代のCX-5と比較すると全長が5mmプラス、逆に全高は15mmダウンしている。全幅は変わっておりません。

新型CX-5はマツダ車の弱点を克服!

フルモデルチェンジとなった新型CX-5は、弱点を真摯に高めるため、全社をあげて開発したクルマの第一弾だということです。

マツダ車の弱点として、「静粛性」と「乗り心地」が、弱点として挙げられるようですが、そこを真摯に高めるため取り組んだのが、新型CX-5だということです。

マツダの竹下仁商品本部本部長は全面改良した『CX-5』について「我々の弱点を真摯に高めようということで、かなり全社をあげて開発したクルマの第一弾」と明かす。

竹下本部長は「静粛性と乗り心地は正直言って我々の弱点だった」とした上で、「そこには色んな背景や理由があるが、そこはちゃんと真摯にきちっと高めようということで取り組んだのが、新型CX-5」と述べた。

静粛性の改善

まず静粛性に関しては、競合車であるホンダの「CR-V」や、VW(フォルクスワーゲン)の「ティグアン」と比較していたようですが、ロードノイズや風騒音など様々な走行中のノイズの要素は、あるラインを越すと気にならなくなるレベルがあるようで、そのそれぞれのラインを超えようじゃないかと、取り組んだようです。

競合車に勝てば良いというのではなく、人間が気にならないレベルまで静粛性を高めようということでやった。今後出ていくクルマも同じ考え方でやっていく」と竹下本部長は語る。これにより新型CX-5は走行騒音を先代に比べて時速20km低い車速レベルに低減している。

乗り心地の改善

もうひとつの弱点である乗り心地に関しては、乗り心地に影響する部品の範囲を幅広くとらえるようにしたとのこと。例で言うと、乗り心地をタイヤで解決するという考え方もあるが、操安性やロードノイズに課題がでる。

そこでタイヤやダンパー、バネ、さらにボディーも乗り心地に大きく起因するため、乗り心地に影響する部品を幅広くとらえ、それを1つ1つどうあるべきか詰めていく地道な作業をしたとのこと。

その地道な作業に加え、先にあげている「G-ベクタリングコントロール」をCX-5に初採用し、快適な乗り心地を手に入れている。

ハンドリングに加え、新型CX-5で見違えるほどよくなったのが乗り心地である。4つの足がしなやかに動き、荒れた路面でもダイレクトな突き上げに悩まされることがない。とくにリアシートの乗り心地がよくなった。新型CX-5の素性のよさがよく分かるのが低ミューの雪道だ。この過酷なステージで、新型CX-5は非凡な実力の一端を見せつけた。

【マツダ CX-5 新型】竹下商品本部長「我々の弱点を高めるべく全社あげて開発」 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/12/26/287598.html

マツダの竹下仁商品本部本部長は全面改良した『CX-5』について「我々の弱点を真摯に高めようということで、かなり全社をあげて開発したクルマの第一弾」と明かす。

最後に

2017年2月に発売開始となった新型CX-5。このクルマにかけるマツダの思いが非常に良く伝わる1台といえるんじゃないでしょうか。

マツダの商品本部長がインタビューに対し、下記のように答えてくれています。

商品本部長の竹下仁氏は「新型CX-5で、マツダがクルマをどう進化させていきたいかという思想をある程度表現できたという自負はあります。進歩に終わりはありませんが、初代にお乗りいただいているお客様はもちろん、これまでマツダ車は眼中になかったというお客様にも良い印象を持っていただけると思う」と自信を示した。

SUVの購入を検討している方は是非この機会に新型CX-5を候補にしてみては如何でしょうか。

【マツダ CX-5 雪上試乗】クルマが“G”を教えてくれる、という感覚…井元康一郎 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2017/01/05/287893.html

今年2月に発売されるマツダのCDセグメントクロスオーバーSUV、新型『CX-5』の先行雪上試乗会が北海道にあるマツダの耐寒試験場、剣淵テストコースで行われたので、インプレッションをお届けする。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-5 SUV

関連する投稿


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

街中をさっそうと走り抜ける大型のカッコいいアメ車SUVの魅力について解説しているページです。アメ車SUVの魅力や人気車種・メーカー、あるいは中古のアメ車SUVの選び方や人気のカスタムカーまで幅広く役立ち情報をご紹介しています。国産好きもアメ車SUVに興味がある方も是非ご覧ください。


トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタを代表するSUVであり、日本の高級SUVの代名詞でもあるランドクルーザーの『プラド』を中古で買いましょう。何故中古で買うのか?中古のどこが良いのか?疑問にお答えしながら進めて参ります。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

スバル レガシィアウトバックは、人気のクロスオーバーSUVです。しかし、その歴史は古く、SUVとしての性能はかなり高く、実力派であると言えます。今回は歴代のレガシィアウトバックから最新モデルまで、特徴やスペック、中古価格などをご紹介していきます。


最新の投稿


令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

2019年のゴールデンウィークは4月27日~5月6日まで、最大で10日間の大型連休となります。ゴールデンウィーク期間中の渋滞予測から、最も渋滞が予測される日をご紹介します。【4月25日更新】


行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。