目次へ戻る

【インドネシアモーターショー2017】三菱エクスパンダーがお披露目!他

【インドネシアモーターショー2017】三菱エクスパンダーがお披露目!他

インドネシアモーターショーにて、三菱のエクスパンダーがワールドプレミアされました。今回はエクスパンダーをはじめ、インドネシアモーターショーで披露された内容を厳選してまとめています。


三菱、エクスパンダーがモーターショーにて披露

8月10に開幕した「インドネシア国際オートショー」(インドネシアモーターショー)。

このインドネシアという地で、ワールドプレミアとなったのが、三菱の新型車『エクスパンダー』です。

同車のマーケティングを担当した三菱自動車商品戦略本部商品企画部の前川裕史さんは想定ユーザーについて「ライバルよりも若いファミリーを狙っていく」との言葉。

「ライバルに相当する小型MPVがどんなユーザーに購入されているのかを調べたのですが、比較的に年齢層の高いファミリーが顧客となっていることがわかりました。そこで、我々は少し若い層を狙っていこうと思います」

ライバルに比べて大胆で個性的ながらスタイリッシュなデザインはもちろん、若い人たちに向けてのアピールのひとつなんです。

エクスパンダー、インテリアはどうなの?

気になるのはインテリア。

エクスパンダーのインテリアは、より高い上級感を演出して差をつけるため、ダッシュボード表面を革張り風に見せるステッチを入れたり、ATでもシフトレバーにブーツを備えたり、見た目の質感を高めていました。

けれども見た目だけではなく、空調のダイヤルの操作フィーリングを向上させるなど操作感でも配慮しています。

そのうえ快適性や実用性にも注力し、たとえば「2列目と3列目シートのフラットアレンジができつつ、2列目はタンブルフォールディングして乗降時に足元が広くなる」というライバルにはないシートアレンジの幅を実現。

会場の中でとりわけ注目を浴びていたと感じられる「エクスパンダー」。このクルマに関する人々の期待と注目度は間違いなく高いです。

豪華なハイエースの実態に迫る!!!

トヨタブースに展示されていた『ハイエース』。

外観は一見すると、ごくごく一般的なスーパーロングのワイドボディ。

ですが!室内が違っていました。

なんと日本のカタログモデルには存在しない、2列目と3列目にロングスライドのセパレートシートを組み合わせた、11人乗りのラグジュアリー仕様だったんです。

日本でコミューターとして販売されている「グランドキャビン」との最大の違いは、シートアレンジです。

シートレイアウトは1列目から3-2-2-4で合計11人乗り。

2列目と3列目はゆったりと座れる左右独立のロングスライド+オットマン付きで、シートベルトまで内蔵されたシートを装着。

形状や機能からみて『アルファード/ヴェルファイア』系のシートを流用しているのでしょうか、ぜいたくな空間の使い方になっています。

ハイエースラグジュアリー、お値段約530万円

また、注目したいのがフロア。

実は、シートレールが埋め込まれており、ロングスライドを可能としています。

東南アジアでは、こういった車両がミニバンの代わりとして移動や送迎に使われるケースも多いです。

インドネシアで多く走っている小型MPVよりも広い居住空間を備え、セダンには乗りきれないまとまった人数でもゆったりと移動できるというわけ。

この「ハイエースラグジュアリー」の価格は6億4000万ルピア(約530万円)と、アルファードのベースグレードの2/3程度の価格になっていました。

このハイエースですが、先にも述べたように、日本ではカタログモデルとしては販売されていません。

【インドネシアモーターショー2017】カスタムではなくトヨタ製、豪華な ハイエース | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/08/14/298594.html

インドネシア国際オートショー2017(インドネシアモーターショー)のトヨタブースに展示されていた『ハイエース』。外観はごく一般的なスーパーロングのワイドボディだが、室内を覗いて驚いた。

ダイハツは新たなコンセプトカー2台を初公開!

ダイハツはGIIAS(インドネシア国際オートショー)2017で『DN F-SEDAN』、『DN MULTISIX』という2台のコンセプトカーを初公開しました。

いずれもコンパクトクラスにおける、新しい価値観を提案するものです。2台ともダイハツと、現地法人のアストラ・ダイハツモーターが共同でデザインしたものになります。

DN F-SEDAN(DN Fセダン)


DN F-SEDAN(DN Fセダン)はクーペ風のシルエットを持つAセグメントの小型セダン。

現在アストラ・ダイハツのラインナップにセダンは存在せず、これまでなかったカテゴリーの市場可能性を探る目的で提案されたものだと推測されます。

Fセダンの車体寸法は全長4200mm、全幅1695mm、全高1430mm。
排気量は1.2リットルを想定しているということから、エントリーモデルとして人気を集めている『AYLA』(アイラ)よりもわずかに上級に位置づけていることがわかります。

アイラでも上級グレードでは1.2リットルを搭載しているものの、販売の中心は1リットルです。

DN MULTISIX(DNマルチシックス)

一方、DN MULTISIX(DNマルチシックス)もまた、従来にないMPVのキャラクターを持っています。

全長4310mm、全幅1720mm、全高1695mmという車体寸法。

これは、ベストセラーMPVの『XENIA』(セニア)を上回ります。しかしセニアが7人乗りであるのにたいして、マルチシックスは6人乗り。

そしてスライド式のセンターコンソールを採用して、ウォークスルーを実現しているというのもセニアに勝る点。

インドネシアではMPVがファミリーカーの主流になっているが、そこにコンパクトながらラグジュアリーなモデルを投入したい意向があるようですね。

ちなみに、この2台のコンセプトカーのどちらも「DN」と名前にありますが、この意味は「Daihatsu New」のことだとダイハツの丸谷勝己デザイン部長は話しました。

そしてグリルやバンパー開口部、前後ランプの形状は、どちらもよく似たものになっています。

これが「インドネシアにおける、ダイハツの次世代モデルのスタイリングテーマなのか?」という問いに対して丸谷部長はただ微笑むのみでした。

いかがでしたか。
インドネシアモーターショーは8月10日~20日までの開催です。

関連する投稿


レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

4月に行われた上海モーターショー2019にて、レクサスブランド初のミニバン、LMが初公開されましたね。レクサスのLMはトヨタの高級ミニバン、アルファードやヴェルファイアを超える!?と多くの人から高い期待が寄せられているミニバンと言えます。日本発売はあるのか?いつ発売されるのか?気になる最新情報を見ていきましょう。


【東京モーターショー2019】ホンダ NSX タイプR、東京モーターショーで公開?

【東京モーターショー2019】ホンダ NSX タイプR、東京モーターショーで公開?

ホンダのスーパースポーツ、『NSX』に「タイプR」が設定される可能性が示唆されていましたが、10月に行われる東京モーターショー2019でワールドプレミアされる可能性が高いことが新たにわかっています。最新情報をまとめています。


【東京モーターショー2019】2019年10月24日開幕!開催情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】2019年10月24日開幕!開催情報など最新情報まとめ

2019年に開催される、東京モーターショー2019ですが、開催日程が決定しました。2019年10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・東京モーターショー2017の振り返りなど。随時更新予定です。【6月24日更新】


【2019年保存版】2019年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

【2019年保存版】2019年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

世界中で開催されている海外のモーターショー。本記事では2019年に開催決定&開催が予定されているモーターショー情報をまとめています。東京モーターショー、フランクフルトモーターショー、ジュネーブモーターショー、デトロイトモーターショー、ロンドンモーターショー他。公式サイトへのリンクも貼っています。随時更新予定です。


車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

グランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! この記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


最新の投稿


トヨタ 新型スープラ 価格・スペック・エクステリア画像ほか 最新情報

トヨタ 新型スープラ 価格・スペック・エクステリア画像ほか 最新情報

トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等の予想記事に加えて、発売後の最新情報や価格・スペック・大量のエクステリア画像・インテリア画像についてもまとめました。【7月21日更新】


シボレー コルベット・スティングレイ新型!コルベット初の右ハンドル仕様も

シボレー コルベット・スティングレイ新型!コルベット初の右ハンドル仕様も

シボレーのスポーツカー、コルベット。8世代目となるコルベット・スティングレイ新型が7月18日に発表されました。本記事ではそんなコルベット・スティングレイの最新情報についてまとめています。


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

さて、2019年上半期に発売された新型車の中から、筆者的ベスト10を選ぶ本記事!残すところベスト5のみとなりました。いよいよ話題の新型車が登場します。7月に多くの新型車が登場しますが、それに先行して6月までにも各メーカーの主力級の新型車が登場しているんですよ。1位ははたしてどの車なのでしょうか。まずは5位からです。


スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

2017年12月にスズキより発売された新型クロスオーバーワゴン「クロスビー」発売から1年以上が経過となったクロスビーですが、実際の試乗評価やユーザーなどの口コミ・評判はどうなのか?についてと中古車価格についてをまとめて掲載しています。また、2018年のクロスビーの販売台数についても合わせて紹介しています。


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10  10位~6位

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10 10位~6位

2019年も多くの新型車が登場し、自動車市場を刺激しています。そこで、筆者が考える上半期に発表・発売された国産車の普通車、軽自動車のフルモデルチェンジからマイナーチェンジ、そしてお買い得な特別仕様の中から今年買うべき新型車のベスト10をご紹介します。まずは10位から6位!とはいえ、順位はあまり気にせず楽しんでくださいね。