目次へ戻る

【インドネシアモーターショー】三菱エクスパンダーがお披露目!他

【インドネシアモーターショー】三菱エクスパンダーがお披露目!他

インドネシアモーターショーにて、三菱のエクスパンダーがワールドプレミアされました。今回はエクスパンダーをはじめ、インドネシアモーターショーで披露された内容を厳選してまとめています。


三菱、エクスパンダーがモーターショーにて披露

8月10に開幕した「インドネシア国際オートショー」(インドネシアモーターショー)。

このインドネシアという地で、ワールドプレミアとなったのが、三菱の新型車『エクスパンダー』です。

同車のマーケティングを担当した三菱自動車商品戦略本部商品企画部の前川裕史さんは想定ユーザーについて「ライバルよりも若いファミリーを狙っていく」との言葉。

「ライバルに相当する小型MPVがどんなユーザーに購入されているのかを調べたのですが、比較的に年齢層の高いファミリーが顧客となっていることがわかりました。そこで、我々は少し若い層を狙っていこうと思います」

ライバルに比べて大胆で個性的ながらスタイリッシュなデザインはもちろん、若い人たちに向けてのアピールのひとつなんです。

エクスパンダー、インテリアはどうなの?

気になるのはインテリア。

エクスパンダーのインテリアは、より高い上級感を演出して差をつけるため、ダッシュボード表面を革張り風に見せるステッチを入れたり、ATでもシフトレバーにブーツを備えたり、見た目の質感を高めていました。

けれども見た目だけではなく、空調のダイヤルの操作フィーリングを向上させるなど操作感でも配慮しています。

そのうえ快適性や実用性にも注力し、たとえば「2列目と3列目シートのフラットアレンジができつつ、2列目はタンブルフォールディングして乗降時に足元が広くなる」というライバルにはないシートアレンジの幅を実現。

会場の中でとりわけ注目を浴びていたと感じられる「エクスパンダー」。このクルマに関する人々の期待と注目度は間違いなく高いです。

豪華なハイエースの実態に迫る!!!

トヨタブースに展示されていた『ハイエース』。

外観は一見すると、ごくごく一般的なスーパーロングのワイドボディ。

ですが!室内が違っていました。

なんと日本のカタログモデルには存在しない、2列目と3列目にロングスライドのセパレートシートを組み合わせた、11人乗りのラグジュアリー仕様だったんです。

日本でコミューターとして販売されている「グランドキャビン」との最大の違いは、シートアレンジです。

シートレイアウトは1列目から3-2-2-4で合計11人乗り。

2列目と3列目はゆったりと座れる左右独立のロングスライド+オットマン付きで、シートベルトまで内蔵されたシートを装着。

形状や機能からみて『アルファード/ヴェルファイア』系のシートを流用しているのでしょうか、ぜいたくな空間の使い方になっています。

ハイエースラグジュアリー、お値段約530万円

また、注目したいのがフロア。

実は、シートレールが埋め込まれており、ロングスライドを可能としています。

東南アジアでは、こういった車両がミニバンの代わりとして移動や送迎に使われるケースも多いです。

インドネシアで多く走っている小型MPVよりも広い居住空間を備え、セダンには乗りきれないまとまった人数でもゆったりと移動できるというわけ。

この「ハイエースラグジュアリー」の価格は6億4000万ルピア(約530万円)と、アルファードのベースグレードの2/3程度の価格になっていました。

このハイエースですが、先にも述べたように、日本ではカタログモデルとしては販売されていません。

【インドネシアモーターショー2017】カスタムではなくトヨタ製、豪華な ハイエース | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/08/14/298594.html

インドネシア国際オートショー2017(インドネシアモーターショー)のトヨタブースに展示されていた『ハイエース』。外観はごく一般的なスーパーロングのワイドボディだが、室内を覗いて驚いた。

ダイハツは新たなコンセプトカー2台を初公開!

ダイハツはGIIAS(インドネシア国際オートショー)2017で『DN F-SEDAN』、『DN MULTISIX』という2台のコンセプトカーを初公開しました。

いずれもコンパクトクラスにおける、新しい価値観を提案するものです。2台ともダイハツと、現地法人のアストラ・ダイハツモーターが共同でデザインしたものになります。

DN F-SEDAN(DN Fセダン)


DN F-SEDAN(DN Fセダン)はクーペ風のシルエットを持つAセグメントの小型セダン。

現在アストラ・ダイハツのラインナップにセダンは存在せず、これまでなかったカテゴリーの市場可能性を探る目的で提案されたものだと推測されます。

Fセダンの車体寸法は全長4200mm、全幅1695mm、全高1430mm。
排気量は1.2リットルを想定しているということから、エントリーモデルとして人気を集めている『AYLA』(アイラ)よりもわずかに上級に位置づけていることがわかります。

アイラでも上級グレードでは1.2リットルを搭載しているものの、販売の中心は1リットルです。

DN MULTISIX(DNマルチシックス)

一方、DN MULTISIX(DNマルチシックス)もまた、従来にないMPVのキャラクターを持っています。

全長4310mm、全幅1720mm、全高1695mmという車体寸法。

これは、ベストセラーMPVの『XENIA』(セニア)を上回ります。しかしセニアが7人乗りであるのにたいして、マルチシックスは6人乗り。

そしてスライド式のセンターコンソールを採用して、ウォークスルーを実現しているというのもセニアに勝る点。

インドネシアではMPVがファミリーカーの主流になっているが、そこにコンパクトながらラグジュアリーなモデルを投入したい意向があるようですね。

ちなみに、この2台のコンセプトカーのどちらも「DN」と名前にありますが、この意味は「Daihatsu New」のことだとダイハツの丸谷勝己デザイン部長は話しました。

そしてグリルやバンパー開口部、前後ランプの形状は、どちらもよく似たものになっています。

これが「インドネシアにおける、ダイハツの次世代モデルのスタイリングテーマなのか?」という問いに対して丸谷部長はただ微笑むのみでした。

いかがでしたか。
インドネシアモーターショーは8月10日~20日までの開催です。

関連する投稿


12月1日発売 トヨタ ハイエース 一部改良!歴代ハイエースを振り返る

12月1日発売 トヨタ ハイエース 一部改良!歴代ハイエースを振り返る

トヨタの大人気ワンボックス・ハイエースが、一部改良されて12月1日より発売開始されました。これにちなんで、本記事では「歴代ハイエース」をまとめてみました。 初代~最新のハイエースまで!ハイエース好きさん、必見です。


【日本発売は12月】レクサスRXが3列シート・7人乗りに!新型RX L登場!

【日本発売は12月】レクサスRXが3列シート・7人乗りに!新型RX L登場!

レクサスRX新型の3列シートロングバージョンとなるRX Lがロサンゼルスモーターショー2017にて世界初公開されました。日本発売は12月。7人乗りの3列シートRX Lが見られるのももう間もなくです!全長×全幅、ホイールベースなどの現時点で判明しているスペックから、価格予想他、最新画像までRX Lの速報をお届けします。


【ロサンゼルスモーターショー2017】最新情報!出展車・日程まとめ

【ロサンゼルスモーターショー2017】最新情報!出展車・日程まとめ

ロサンゼルスモーターショー2017が12月1日より開催されます。このモーターショーでは毎年多くの新型車が出展されます。外国車はもちろんですが、日本車もたくさん出展されますよ!今回は、ロサンゼルスモーターショー2017で出展されると噂される車種を紹介します。【11月30 日更新】


トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエースが生誕50周年を迎えました。そしてハイエースおよびレジアスエースを一部改良、12月1日から販売開始予定です。今回の一部改良で、どういった点が変更になるのでしょうか。改めて見ていきたいと思います。


【1月12日~14日開催】東京オートサロン2018 関連情報まとめ

【1月12日~14日開催】東京オートサロン2018 関連情報まとめ

東京オートサロン2018はもうすぐです。本記事では東京オートサロン2018関連の情報をまとめています。開催場所・開催概要・チケット料金・開催日程・来場者数予測など。随時更新します。【11月9日更新】


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。