目次へ戻る

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


愛車大好き!愛車遍歴フェスティバルという存在

ここ数年、毎年のようにお台場で5月に開催されている愛車遍歴フェスティバル2017。

貴方はこのイベントをご存知でしたか。

本イベント、そもそもの母体になっているのは、BS日テレで放送中の人気番組「おぎやはぎの愛車遍歴」。

この番組、簡単に概要を説明すると、お笑いタレントのおぎやはぎと、自動車評論家・竹岡圭氏がゲストを迎えて、ゲストの愛車遍歴を徹底的に紹介するというもの。

ちなみにですが、おぎやはぎのお二人は、かなりの車好きです。

小木さんは、18歳の時にホンダプレリュード4WSを購入、一方矢作さんは21歳のときにフィアット、パンダを所持して以来、いろんな車に乗っているようですよ。

BS日テレ - 「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」番組サイト

http://www.bs4.jp/aisya_henreki/index.html

「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」について知りたい方はこちら

この愛車イベント、一見の価値あり

思わず出展したくなっちゃう!?


「『愛車遍歴』をたどればその人の人生が見えてくる!」が、「おぎやはぎの愛車遍歴」の基本スタンス。

しかし。このスタンス、芸能人やタレントに限ったことではないんだ。と改めて感慨深い気持ちにさせてくれるのが本イベントです。

様々なクルマに出会えるということも、本イベントの魅力ですが、何より、そのクルマを我が子同然で可愛がっているオーナーから、様々な話を聞くこともできます。

そして、なんと言っても、クルマとの関係や、なれそめ、どういう間柄かなど、書かれたカードがウィンドウに掲げられており、これを読むのがすごく面白いです。
この、オーナーの魂の声を感じられるのが、このイベントの魅力でもあります。

このコメントに魂の叫びを感じます

車好き、自分の車大好きな人には、とってもおすすめのイベントです。

そんな貴方の愛車、どれくらい乗ってる??

そんな中、NEWSCAFEでは、気になるアンケート調査を実施していました。

そのアンケートとは、ユーザーから寄せられた「愛車は15万km以上走行する…アリかナシか?」というもの。

いくら大好きな愛車であっても、一生乗り続けるのはさすがに厳しい。となると、いつ乗り替えるか?という乗り替えのタイミングに悩んじゃいますよね。

気になる結果はどうだったのでしょうか。

NewsCafeアリナシコーナーには、ユーザーから「愛車は15万km以上走行する…アリかナシか?」という調査希望が寄せられたようだ。これは既存の統計とはまた違う、面白いテーマではないだろうか。日本車は優秀、きちんとメンテナンスしていれば滅多なことではつぶれない…だからこそ「車の乗り替えタイミング」には人それぞれ悩むものだ。「新型車が出たら」「○○年使ったら」「○○km以上走ったら」、なかには「自動車税との兼ね合い」という人もいるだろう。調査結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ?ナシ?】貴方は愛車を15万km以上走行させる???

【アリ派】アリ。車が走る限り…!

いやいや、15万キロなど言わず、壊れるまでコイツと走り続けるよ!!という愛車至上主義な方々の意見がこちら。

■乗れば乗るほど愛着もわくもんさ。大切に乗ってるよ。

■オイル交換等々メンテナンスをしっかりしていれば、それ以上だって大丈夫!

■最近の日本車は壊れないし燃費もイイネ!

■ドイツが作った名車ワーゲンは30万キロ走った。愛着があった。

■コロコロ変えられるほど裕福でないから頑張ってもらってます。

■既に越えてる。買い替える資金もないし乗り潰す予定。

■買った時点でそれ以上。欲しい車がもう新車販売していない。

■壊れるまで乗り倒す(笑)!

■想い出を乗せてくれた車に感謝。無事故無違反。

■車が走る限り。

買い替えるお金がない!というとても現実的な意見から、愛着があって替えられない、という意見までさまざまです。

【ナシ派】ナシ!だいたい10年くらいで乗り替えるから…

いやいや、さすがにそれはちょっと…。という愛車愛精神と常識を両天秤にかけた方の意見はこちら。

■そこまでは無理じゃ…。

■エコで環境にもいい車に乗り替える時代だと思います。

■いつも、だいたい10年くらいで乗り替えるので。

■ほとんど乗らない。10年で5万kmいかない

■1年で1万kmも走らないので15年だと修理や整備にお金がかかる。

■私鉄・地下鉄・JR・自転車・徒歩で不自由なく暮らしてるので関係ない。

■そうしたかったが、都心に引っ越したため泣く泣く手放した(泣)。

■車持ってないもん(笑)。

■免許がない。

■車を持ってないのでナシにしたが! 整備さえすれば問題なしだ!

(そもそも免許がない。という意見などはカウントに入れていいのでしょうか…)

数字で見ると、アリ・ナシの割合は半々!なのだが…

愛車は15万km超、アリナシ、という調査に対して結果は、こうなりました!!

【アリ…49.9%】

【ナシ…50.1%】

この数字だけ見るとほぼ真っ二つですが、よくよく意見を見ると、【ナシ派】には「車を持っていない」「免許を持っていない」という回答も半数程度は含まれていました。

ですので、自動車を所有している人に限れば【アリ派】多数派ということになりますね!!!!

愛車、15万キロ以上走行アリナシ?この調査に対するコメント

所ジョージさんも言ってましたけど、古い車を整備して長く乗っている人のほうが、よっぽど『エコ』。そりゃ燃費性能だけを見れば最新のエコカーには敵いませんが、生産時の資源消費、コスト、co2排出などトータルで考えればエコだし、同じ車を長く乗ってる人を税制面で優遇すべきでは?

平成4年のスカイライン。もう23年経過してます。距離は25万キロを超えてますが、まだまだ元気。でもそれなりにメンテナンスはしてますし、部品交換もしてます。
唯一の欠点は交換部品が無くなって来ている事。でもまだまだ手放しませんよ!

15万キロ超でもダンパー替えればまた足回りしっかりしますよ!

愛車とは良く言ったもので、情が移ればすっと乗っていたいものです。

ただ雪国の場合、融雪剤を撒かれますから、エンジンは問題がなくても下回りが錆付いて、結局、ボディまでヤラれてしまうから、残念でならない。

金属の錆ない融雪剤を開発してもらいたい。

NewsCafe | 無料ニュースサイト

https://www.newscafe.ne.jp/?_ga=2.12095153.400638384.1503281184-1242261970.1502787153

無料ニュースサイトNewscafe(ニュースカフェ) 芸能、スポーツ、総合ニュースや、ファッション・ライフスタイル情報など、楽しいコンテンツが豊富です。

15万キロ超でも全然余裕!メンテナンスすればOK!やはり大好きな車に乗り続けたい。という力強い意見が数多く上がっていました。

いつまでも愛車に乗りたい、そんなオーナーに朗報

マツダ ロードスター初代

そんな、自分の愛車に乗り続けたい。と思うすべてのオーナーに朗報です。

ホンダやマツダ、日産といった大手メーカーでは、生産終了してしまってもいつまでも愛車に乗り続けたいと思うオーナーのために、「再生」支援を始めつつあります。

もちろん、ある程度の距離を走行したら、車を乗り替えることも手段の一つ。

ただ、どうしてもこの一台、この愛車に乗り続けたい、しかし生産終了で、メンテナンスが大変…。

というオーナーにとっては、とても嬉しいサービスになりそうです。

「いつまでも名車に乗り続けたい」ファンに答えた名車「再生」支援まとめ

http://matome.response.jp/articles/785

貴方は、自分の車が好きですか。もちろん、好きですよね。新型がでるたびに欲しくなる、という人もいる一方で、ずっと、自分の車に乗り続けたいと願う方も少なくないと思います。そんな方に朗報。自動車会社大手が、名車「再生」に力を入れています。今回は、ホンダ、マツダ、日産の再生支援について焦点をあててご紹介します。

関連するキーワード


ロードスター アンケート

関連する投稿


マツダの車種名が続々世界統一車名に!変わった車種名まとめ

マツダの車種名が続々世界統一車名に!変わった車種名まとめ

マツダの車種名が続々と世界統一の名前に変わってしまい、寂しいという方や驚かれた方もいるのではないでしょうか。 本記事ではあらためてどのクルマがどの名前になったのかをまとめています。アテンザ、デミオ、ロードスターほか。


マツダ新型ロードスターで運転する喜びを!

マツダ新型ロードスターで運転する喜びを!

初代NA型(ユーノスロードスター)から始まり、NB型、NC型そして最新のND型、受け継がれてきたマツダロードスターのマインド。そして、4代目のND型で「原点回帰」を志したロードスターとマツダですが、果たしてその願いは叶ったのでしょうか。


【豆知識】どれだけ知ってる?あの車の姉妹車・兄弟車は?まとめてみた!

【豆知識】どれだけ知ってる?あの車の姉妹車・兄弟車は?まとめてみた!

「今乗っているこの車、実はあのメーカーの兄弟車・姉妹車なんだって…!」こんな会話で盛り上がるかはさだかではありませんが、ちょっと知ってるとカーライフがちょっぴり楽しくなる!?そんなわけで本記事では、車の兄弟車・姉妹車を集めてみました。「何それ知ってる」というものから「ええ!?あの車が!」という車まで!


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。


【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

スバルは、新型軽トールワゴン『シフォン』を7月25日に発売すると発表しました。 新型シフォンは、日常での使い勝手の良さと安全性能を追求した軽乗用車です。開放感のある広い室内と、「ミラクルオープンドア」をはじめとする便利な機能・装備を採用しています。