目次へ戻る

【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

世界最大級の規模ともいわれるフランクフルトモーターショーが9月12日にドイツにて開幕します。二年に一度のビッグモーターショー、出展メーカー、見どころ、気になるワールドプレミアは…?など、ドイツには行けないけれどもモーターショーが気になる!という方に情報を随時更新しお届けします。


9月12日より開幕!ドイツ・フランクフルトモーターショー2017

9月12日、何の日かご存知ですか?

そう、ドイツで二年に一度行われるフランクフルトモーターショーが開催される日です。
フランクフルトモーターショーは、世界でも最大と呼ばれるモーターショー。
今年もこのモーターショーで多くのワールドプレミアが行われると予想されています。

※2017年は、9月12日~9月13日がプレスデー、一般デーは9月14日~24日の日程です。

フランクフルトモーターショーのチケットはこちらから購入です。

【10月19日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

http://matome.response.jp/articles/661

【10/19情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

フランクフルトモーターショー 主な出展メーカー

【主な出展メーカー一覧】

■日本:トヨタ レクサス スバル マツダ スズキ
■ドイツ:メルセデスベンツ AMG スマート アウディ フォルクスワーゲン ポルシェ
■イタリア:フェラーリ ランボルギーニ ブガッティ マセラティ
■イギリス:マクラーレン ジャガー レンジローバー
■フランス:ルノー シトロエン
■アメリカ:ライスラー
■スウェーデン:ボルボ

【押さえておきたい】フランクフルトモーターショー見どころピックアップ

ビッグモーターショーなだけあって、出展メーカー数はもとより、出展される車種はかなり多いです。

今回開催されるフランクフルトモーターショーのトピック、出展車種などの情報緒を知りたいという方向けに、押さえておきたいメーカー&車種をのをご紹介します。

国産車メーカー ピックアップ

【トヨタ】大幅改良のランクルプラドがワールドプレミア!

トヨタモーターヨーロッパは8月31日に、フランクフルトモーターショー2017にて、改良新型『ランドクルーザー』を初公開すると発表しました。

欧州市場では、『ランドクルーザー200』は、『ランドクルーザーV8』の名前で販売しており、『ランドクルーザープラド』が、ランドクルーザーを名乗っています。

フランクフルトモーターショー2017で初公開予定なのは、ランドクルーザー プラドの改良新型モデル。

現行ランドクルーザー プラドは2013年9月、ビッグマイナーチェンジを受け、フロントマスクを一新。

2015年6月には、新開発の2.8リットルクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を、国内向けに初搭載するなど、進化を続けてきましたが、今回ワールドプレミアされるのは、現行プラドにとって、2度目の大幅改良を受けるモデル。

その詳細は公表されていないですが、フロントマスクを中心にした外観の変更や、安全性能の向上が図られるとの情報もありますので、ランクルオーナーでなくても気になる発表となりそうですね。

【スズキ】スイフトスポーツを世界初公開

スイフトスポーツは2005年の初代モデル発売以来、スズキのスポーティなイメージを牽引してきたモデルですね。

3代目となる新型スイフトスポーツ。

世界中のスポーツドライブファンにさらなる刺激を与えるクルマに進化したそうです。

また、この新型スイフトスポーツ。ターボエンジンを搭載し、トランスミッションには6速MTが設定されると予測されています。

【ホンダ】アーバンEVコンセプト、世界初公開

ホンダは、フランクフルトモーターショーにて、ホンダ『アーバンEV』コンセプトを世界初公開すると発表しました。

ホンダは、2025年をめどに欧州四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2を電動化車両に置き換えるという目標達成に向けて、電動化を推進しています。

今回初公開するアーバンEVコンセプトは、将来の量産EVモデルの方向性を示すものとなりそうです。

そのほか、ホンダブースでは、欧州初公開となる新型『CR-Vハイブリッド』プロトタイプ(欧州仕様)、『シビック・ハッチバック・ディーゼル』モデルなどを展示予定です。

海外メーカー ピックアップ

【奇瑞汽車】欧州進出第一号を公開予定!ボディタイプはSUV?

中国の奇瑞汽車は、フランクフルトモーターショーにて新型コンパクトSUVを初公開すると発表しています。

奇瑞汽車は数年以内に、欧州市場に進出する計画を掲げており、欧州進出の際には、第一号車として投入されるのが、この新型コンパクトSUVとなる模様。

この新型コンパクトSUV。ターゲットは都市部に住む若くアクティブな顧客。欧州の顧客のデザイン、品質、走行性能、衝突安全性に対する期待を、上回ることを目指しています。

【メルセデスベンツ】メルセデス、「コンセプト EQ A 」公開

メルセデスベンツはフランクフルトモーターショー2017で、初公開する電動車ブランド「EQ」の新型コンセプトカーの車名を『コンセプトEQ A』と発表するとともに、同車の最初の画像を公開しました。

EQは、メルセデスベンツが新たに立ち上げた電動パワートレイン車に特化したブランド。同ブランドの最初のコンセプトカーが、SUVクーペの『ジェネレーションEQ』でした。

そして9月3日に、メルセデスベンツは、新型コンセプトカーの最初の画像を公開。

同時に、車名を、コンセプトEQ Aと発表しました。公開された画像からは、LEDヘッドライトに大型グリルと、コンパクトカーでありながら高い存在感をアピールしているのが確認できますね。

【メルセデスベンツ】メルセデスAMGプロジェクト ワン始動

メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは9月1日、ドイツで9月12日に開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開予定の『メルセデスAMGプロジェクト ワン』に関して、最高速が350km/hを超えると発表しました。

メルセデスAMGプロジェクト ワンは、メルセデスAMGの創業50周年を記念し、F1技術を搭載した公道走行可能な市販車、「ハイパーカー」として開発中です。

エンジンは、F1マシンの1.6リットルV型6気筒ターボがベース。この1.6リットルV型6気筒ターボエンジンに、フロント2個、リアに1個のモーターを組み合わせたハイブリッドとし、加速時などにエンジンのパワーをアシストします。

ハイブリッドパワートレインは、システム全体で1000hp以上のパワーを獲得。

EVモードも備えており、最大で25kmのゼロエミッション走行を実現する、そんな車です。

【スマート】EVコンセプトカーを初公開

メルセデスベンツ傘下のスマート。

『ビジョンEQフォーツー』の概要を明らかにしました。ビジョンEQフォーツーは、未来の『フォーツー』の方向性を示唆したコンセプトカーです。

ビジョンEQフォーツーのボディサイズは、全長2699mm、全幅1720mm、全高1535mmのボディサイズは、都市部におけるカーシェアリングで、高い取り回し性を発揮する設計となっています。

このビジョンEQフォーツー、フランクフルトモーターショーにてワールドプレミアすると発表されています。

特徴そしてのひとつが、バンパーの開口部にメッセージを表示できる点。

「On my way」の文字は、将来の車車間でのメッセージのやりとりを想定したものでしょうか。メッセージがやりとりできるかも、なんてより愛車に愛着がわいてしまいますね。

スマートは、「未来はここから始まる。明日のアーバンモビリティに対して、スマートのビジョンを提示する」と説明しています。

【BMW】Z4 と 8シリーズ の各次期型を出展予定

コンセプトZ4

BMWのフランクフルトモーターショー2017の出展内容は、2台のコンセプトカーが主役となりそうです。

BMWの出展予定のコンセプトカーでは、『コンセプトZ4』と『コンセプト8シリーズ』。

コンセプトZ4は、2018年に発売予定の次期『Z4』のデザインスタディモデル。

BMWグループの新しいデザインの方向性を示唆したコンセプトカーでもあります。

なお、次期Z4に関しては、トヨタ『スープラ』後継車と共同開発されていると伝えられています。

日独2強がタッグを組んだスポーツカーは、注目度が高いと言えそうです。

スープラ 時期型

コンセプト8シリーズ

コンセプト8シリーズは、2018年に市販される新型『8シリーズクーペ』を示唆したコンセプトカーです。

1999年に初代が生産を終了した8シリーズが、およそ20年ぶりに復活を果たす。コンセプト8シリーズは、BMWブランドの最上級クーペ。

一目見れば、BMWとわかるフォルムを持つ一方で、新しいデザインアイデアを導入したインテリアは、ドライバー重視の設計が見て取れます。

【BMW】BMW i3 改良新型に、最新コネクト採用か

さらに、BMWは改良新型『i3』に最新の車載コネクティビティを採用し、実車をフランクフルトモーターショー2017において初公開すると発表しています。

改良新型i3には、「iDrive」オペレーティングシステムの最新バージョンを導入しており、iDriveオペレーティングシステムは、インフォテインメント、通信、ナビゲーション機能を制御するための直感的なインターフェイスを提供してくれます。

改良新型i3には、広範囲の先進運転支援システムを導入。ドライバーの負担を軽減し、さまざまな交通状況でのサポートを提供する。その一例が、オプションの「パーキングアシスタンスパッケージ」。駐車距離制御、反転カメラ、パーキングアシスタントが含まれており、適切な駐車スペースが選択されると、アクセル、ブレーキ、ギア、ステアリングホイールを制御し、自動駐車を行う。

また、「ドライビングアシスタントプラス」は、シティブレーキ機能、スピードリミッター情報、ストップ&ゴー機能を備えたアクティブクルーズコントロール、および安全な車間を維持する交通渋滞アシスタントを備えた衝突および歩行者警告を組み込む。60km/h以下で、部分的な自動運転が可能。センサーは、車線や標識、道路の幅、前方を走行する車両などを検知する。

さらにドライバーは、ドライビングエクスペリエンスコントロールスイッチを使用してSPORTモードを選択することも可能。アクセルレスポンスやハンドリング特性が変化する。加速と回生ブレーキの両方で、車両の安定性を高める車輪速度制限機能を装備。雪や濡れた路面での走行安定性を引き上げている。

【BMW】M8、GTEレーサーを初公開か

BMWはBMW『M8 GTE』を初公開すると発表しました。

同車は、BMWが2018年シーズンのFIA WEC(世界耐久選手権)に参戦するために開発を進めているレーシングカーです。

M8 GTEは、新型BMW『8シリーズクーペ』の高性能グレード、『M8』がベース車両となります。

M8の市販車は2018年に登場する予定。BMWはこのタイミングに合わせる形で、WECとその一戦のルマン24時間耐久レースに、M8 GTEを投入する計画を掲げています。

M8 GTEは、WECのLM-GTEクラスにエントリーし、フェラーリ、ポルシェ、アストンマーチンなどの強豪と競う予定。

BMWは「M8 GTEは耐久レースにとって、理想的な資格を備えている」と、早くもその完成度に自信を示しています。

【MINI】EVとPHVを出展予定

BMWグループのMINIも、モーターショー2017の出展内容を発表しています。

MINIのフランクフルトモーターショー2017のハイライトは、MINI『エレクトリックコンセプト』。同車は、2019年に市販予定のMINIブランドのEVを示唆したスタディモデルとなる予定。

このEVに先行して、一部市場で販売が開始されたMINI 『クーパー S E クロスオーバー ALL4』も、フランクフルトモーターショー2017に出展。

電動化車両を重視する姿勢を示す。同車は、MINIブランド初の市販プラグインハイブリッド車(PHV)。EVモードの航続は42km。この効果もあり、欧州複合モード燃費47.6km/リットルの低燃費を実現します。

この他、人気の新型MINI『クロスオーバー』と新型MINI『クラブマン』も出展予定。

MINI『ハッチバック』の3ドアと5ドア、MINI『コンバーチブル』と、フルラインナップが顔をそろえることになりそうですね。

さらにMINIは豊富なオプション、アクセサリーやライフスタイルの最新モデルをラインナップ。ブランドの魅力を多角的にアピールしていきます。気になりますね。

【VW】 ゴルフ スポーツバン に改良新型

フォルクスワーゲンは、フランクフルトモーターショー2017において、改良新型『ゴルフ スポーツバン』を初公開すると発表しました。

ゴルフ スポーツバンは2014年春に、欧州デビュー。『ゴルフ』ファミリーのミニバン、『ゴルフ プラス』の後継車となります。

ゴルフ プラスと比較して、このゴルフ スポーツバンは、室内空間を拡大しています。
とくに後席は、前後に180mmのスライドが可能になり、荷室容量は、最大で1500リットル以上(VDA計測法)と家族にも優しい十分な容量を保持しています。

そんな『ゴルフ スポーツバン』ですが、デビュー以来、初の大幅改良が施されたモデルがフランクフルトモーターショーで初公開される、ということで注目が集まっています。

【シトロエン】シトロエン、C3 エアクロス 初公開予定!!

シトロエンは、ドイツで9月12日に開幕するフランクフルトモーターショー2017において、『C3エアクロス』をワールドプレミアすると発表しています。C3エアクロスは、『C5エアクロス』に続くシトロエンのSUVシリーズ。

C3エアクロスは、シトロエンブランドの新たなコンパクトSUVというわけですね。

C3エアクロスでは、シトロエンの最新デザイン言語を全長4150mmのコンパクトボディに表現。

4種類のルーフの色をはじめ、90種類の外装の組み合わせが可能となっており、パーソナライゼーションを重視しました。

室内には、最新の車載コネクティビティを搭載しました。

ヘッドアップディスプレイやスマートフォン用のワイヤレス充電システムなど、4種類の最新コネクト技術を導入。12種類の運転支援システムを含む安全技術も採用されています。

【ルノー】SYMBIOZ 公開予定

ルノーはフランクフルトモーターショー2017において、コンセプトカー『SYMBIOZ』を初公開予定です。

SYMBIOZは、ルノーが未来のモビリティビジョンを提示するコンセプトカー。具体的には、2030年までに実現する自動運転、電動化、コネクテッドモビリティを提案した1台となります。

車名のSYMBIOZとは、古代ギリシャ語の「一緒に生きる」を意味する「sumbiosis」に由来。末尾の「Z」は、ルノーのEVに共通する「ゼロエミッション技術」を指します。

ルノーによると、SYMBIOZが具現化する未来の自動車は、その環境、道路網のインフラストラクチャー、そして居住者のデジタルライフスタイルと調和して、恒久的な相互作用をもたらすとのこと。

【シェフラー】新世代の電動アクスル初公開予定!

自動車メーカー…ではありませんが、ドイツに本拠を置く自動車部品大手、シェフラーも、フランクフルトモーターショー2017において、初公開を控えています。

その名も新世代の電動アクスル。

シェフラーのフランクフルトモーターショー2017のテーマは、「未来のモビリティ社会のために」。低エミッションやゼロエミッションドライブのための未来技術を中心に、出展していきます。

フランクフルトモーターショー2017で初公開される新世代の電動アクスルは、ハイブリッド車やEV向けのモジュールシステムソリューションの中核部品になるもので、最新のサーマルマネジメントモジュール(TMM)によって実現され、エンジン、トランスミッションの冷却回路を制御します。

シェフラーは将来的に、ハイブリッド車やEV向けのすべての製品とシステムソリューションを独立した電動モビリティ事業部門にまとめ、シェフラーの電動化技術の開発を電動モビリティ事業部門で一元管理することを目指しています。

最後に

いかがでしたか。
続報・最新情報はResponseチャンネル、Responseでも追いかけていきますので、気になる方は要チェックです!

フランクフルトモーターショーニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/special/recent/73/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC

フランクフルトモーターショーに関するニュースまとめ一覧。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗記。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドなどエコカーの最新情報や分析コラムなど。毎日約120回更新。…

【世界初公開】フェラーリ ポルトフィーノ カリフォルニアTの後継車!

http://matome.response.jp/articles/864

フランクフルトモーターショーにて、フェラーリ初の電動リトラクタブルハードトップ装備のオープンカー・ポルトフィーノがワールドプレミアされました。このポルトフィーノ、カリフォルニアTの後継車になります。本記事ではポルトフィーノの最新情報をお知らせします。

関連するキーワード


モーターショー

関連する投稿


【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


【アジアの美人】インドネシアモーターショー2017のコンパニオン

【アジアの美人】インドネシアモーターショー2017のコンパニオン

東南アジアのモーターショーではあたりまえの光景となっているステージモデル/コンパニオンの大量投入。インドネシア国際オートショー2017(インドネシアモーターショー2017)でもその状況にかわりはなく、会場内であちこちのブースで洗練された女性が花を添えていました。


【インドネシアモーターショー】三菱エクスパンダーがお披露目!他

【インドネシアモーターショー】三菱エクスパンダーがお披露目!他

インドネシアモーターショーにて、三菱のエクスパンダーがワールドプレミアされました。今回はエクスパンダーをはじめ、インドネシアモーターショーで披露された内容を厳選してまとめています。


【東京モーターショー2017】 前もって準備しておきたい○○

【東京モーターショー2017】 前もって準備しておきたい○○

東京モーターショーが待ちきれない車好きの貴方!着々と準備は進んでいますよ。今回はそんなわけで今出ている東京モーターショー2017のお得情報についてまとめました。


【超接近】東京オートサロン2018! 開催概要/コンパニオン/情報まとめ

【超接近】東京オートサロン2018! 開催概要/コンパニオン/情報まとめ

今年も上半期が終了、折り返しに差し掛かっていますね。そう、つまり東京オートサロン2018ももうすぐだということです。本記事ではオートサロン2018、今わかっている情報をまとめています。


最新の投稿


あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

車の中のニオイは人によって気になります。家族やデートなどで誰かを乗せる時、良いニオイを演出したいし、またプライベート空間として、自分に合ったニオイで、心地よくドライブを楽しみたいものです。車の芳香剤をいくつかご紹介します。


ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボ発、高性能ブランド、ポールスター。ブランド初のオリジナルモデル『ポールスター1』が登場しました。今回はこのポールスター1について、最新情報をお届けします。 EV航続距離・スペック・価格などをまとめています。


日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産の車、と聞かれたら何の車を思い浮かべますか?マーチ、ノート…。日産には魅力的な車が多いですが、今回ご紹介するのはキューブです。カワイイ見た目とは裏腹に、パワー面もしっかりしているキューブ。今回はこのキューブの、中古価格や色、口コミ、スペック、燃費などについて見ていきます。


新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

マイナーチェンジされた新型ステップワゴンは、スパーダに待望のハイブリッド車が設定されたり、「ホンダセンシング」が全車標準装備になったりと、話題満載の改良になりました。となると、ステップワゴンを選ぶとしたら、ベストチョイスは話題のスパーダハイブリッドでしょうか?それとも・・・


どうなる!?日産!!大規模リコールの末、国内全工場で出荷停止…

どうなる!?日産!!大規模リコールの末、国内全工場で出荷停止…

2017年10月19日の夜、日産は無資格検査の発覚後も続けて無資格検査を行っていたとし、緊急記者会見をし国内にある6ヶ所全ての工場で車の出荷を停止し、さらに約3万4000台を追加でリコールするとの発表をしました。最新の情報からどういった経緯で起こった事件なのかをまとめます。