目次へ戻る

マツダ アクセラ 次期型「SKYACTIV-X」導入第一弾車なるか?

マツダ アクセラ 次期型「SKYACTIV-X」導入第一弾車なるか?

マツダの人気車種、アクセラ。そんなアクセラ次期型に、次世代エンジン「SKYACTIV-X」が初搭載されるのでは?と予測されるスクープ画像があがってきました。アクセラ次期型が気になる人も、「SKYACTIV-X」って?という人も本記事をご覧ください。


マツダのアクセラ、新型プロトタイプ登場!あの最強エンジン「SKYACTIV-X」が!?

マツダが誇る、Cセグメント世界戦略車『アクセラ』(海外名:マツダ3)。

次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイト、Spyder7のカメラが捉えました。

今回はこのSpyder7情報を基に、アクセラ新型についてまとめました。

マツダ アクセラ新型 注目すべきはSKYACTIV-Xの文字!

この画像は、現行型のボディによるテスト車と見られますが、注目すべきはボディ側面に書かれた「SKYACTIV-X」の文字!この「SKYACTIV-X」、みなさんはご存知でしょうか。

【覚えておきたい】SKYACTIV-Xとは

マツダは、ガソリン混合気をピストンの圧縮によって自己着火させる「圧縮着火」を世界で初めて実用化し、次世代エンジン「SKYACTIV-X」を2019年から導入すると2017年の8月に発表しました。

現行使用しているエンジン、「SKYACTIV-G」に比べて、大幅なトルク向上が見込めます。また、「SKYACTIV-D」と同等以上の燃費率を図るとも言われています。

一言でいえば、「SKYACTIV-X」は、今後の展開も目が離せない、大注目のエンジンなんです。

SKYACTIV-Xは、ガソリンおよびディーゼルエンジンの特長を融合した、新しいマツダ独自の内燃機関で、優れた環境性能と出力・動力性能を両立。圧縮着火によるエンジンレスポンスの良さとエア供給機能を活用し、現行「SKYACTIV-G」に比べて全域で10%以上、最大30%におよぶ大幅なトルク向上を実現する。

また圧縮着火で可能となるスーパーリーン燃焼によって、エンジン単体の燃費率は現行SKYACTIV-Gと比べて最大で20~30%程度改善。2008年時点の同一排気量の同社ガソリンエンジンから35~45%の改善、最新「SKYACTIV-D」と同等以上の燃費率を実現する。

SKYACTIV-Xの導入は、マツダが8月8日に公表した長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」実現に向け、発表したもの。同宣言ではこのほか、CO2排出量の本格的削減や先進安全技術「i-ACTIVSENSE」標準装備化のグローバル展開など、クルマの持つ魅力である「走る歓び」によって、「地球」「社会」「人」それぞれの課題解決を目指す新しいチャレンジが盛り込まれている。

「SKYACTIV-X」はスゴイエンジン!しかし実用化は一苦労で

SKYACTIV-Xは、「HCCI」(予混合圧縮着火)と呼ぶガソリンを希薄燃焼させる技術を採用し、現在の「SKYACTIV-G」よりも約20~30%の燃費向上や30%近いトルクアップが見込める新世代エンジン。ではあるのですが、これまではその制御が難しく実用化には至りませんでした。

マツダによれば、SKYACTIV-Xは2019年から導入されることが明かされているものの、今回のスクープを見る限りでは、その第一弾が次期アクセラとなる可能性が高いと予測できますね。

SKYACTIV-Xエンジンを搭載した次期アクセラの燃費は、ハイブリッド車と遜色ない30km/リットル近くまで伸びることが予想されます。

10月に開催される東京モーターショーでの出展が公式に予告されているSKYACTIV-X。

そこで見られるのはこのアクセラでしょうか、はたまた別のスペシャルモデルか。期待大ですね!

【おまけ】商品改良された『アクセラ』発売は9月21日から

マツダは、スポーツコンパクト『アクセラ』を商品改良、先進安全技術を全機種で標準装備し、9月21日より販売を開始する。

マツダは、初心者から高齢者まで幅広いユーザーに安全・安心なクルマを提供するため、2017年度中に国内主要5車種へ先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備することを公表しており、今回のアクセラにより全5車種が出揃うこととなる。

商品改良されたアクセラ、気になる価格は?

今回の商品改良では安全面の充実(ハイ・ビーム・コントロールシステム」または「アダプティブ・LED・ヘッドライト」を全機種で標準装備など)や、「360°ビュー・モニター」をマツダ車として初採用されるなどといった改良が見られます。

価格はアクセラスポーツおよびセダンが182万5200円から331万0200円でハイブリッドが250万5600円から287万9000円の設定です。

次期型アクセラもいいですが、9月21日から発売される改良されたアクセラも気になるところですね。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 アクセラ

関連する投稿


【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


【2019年発売!?】マツダ新型ロータリースポーツ始動!RX-9か?

【2019年発売!?】マツダ新型ロータリースポーツ始動!RX-9か?

『RX-8』後継モデルとされる『RX-9』(仮称)の開発テスト車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて激写しました。今回はRX-9(仮)の最新情報についてお届けします。発売は2019年?本当にRX-8の後継なのか?気になる真相は…?


マツダの軽トール、フレアワゴン。価格、スペック、評価や燃費は?

マツダの軽トール、フレアワゴン。価格、スペック、評価や燃費は?

使い勝手の良さを追求し、先進の安全技術と充実した機能も備えているマツダの軽自動車のフレアワゴン。どのように使いやすいのか、なぜ人気なのか、フレア・フレアクロスオーバーとどのように違うのか、今回はこのフレアワゴンの魅力について、燃費などのスペックや価格、ユーザーの方からの口コミ評価など様々な視点から徹底的に解説します。


【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


最新の投稿


年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、 雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの走行テスト結果を動画で公開しました。年末年始、ご家族や友人と楽しいドライブのために雪道でのタイヤによる走行性能の違いをチェックしましょう。


【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

トヨタが2017年の東京モーターショーでワールドプレミアした、FRハイブリッドスポーツカー『GR ハイブリッドスポーツ コンセプト』。2019年にも市販化される可能性があるというレポートが欧州から届きました。最新情報をお届けいたします!!


愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

漫画や映画や小説などでたびたび登場する、空飛ぶ車…。夢のような話が2018年にはかなうかもしれません。米国オレゴン州に本拠を置くサムソンモーターズは2018年に空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』を発売する計画を発表しました。


10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

ベストジーニストやベストカー、ベストファーザーなど「ベスト〇〇」は数ありますが、車好きのみなさんは、優秀なエンジンを選ぶ「10ベストエンジン」なるものがあることをご存知でしょうか。もちろん日本車・国産車のエンジンもベスト10に入っていましたよ!!


【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

三井ダイレクト損害保険株式会社は、年末年始(2017年12月22日~2018年1月3日)に高速道路を利用して長距離移動をする、もしくはする予定がある18歳~69歳の男女1,000人へ「年末年始の長距離移動」に関するアンケート調査を行いました。その結果からみえた2017年末の動向を見てみましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング