目次へ戻る

マツダ アクセラ 次期型「SKYACTIV-X」導入第一弾車なるか?

マツダ アクセラ 次期型「SKYACTIV-X」導入第一弾車なるか?

マツダの人気車種、アクセラ。そんなアクセラ次期型に、次世代エンジン「SKYACTIV-X」が初搭載されるのでは?と予測されるスクープ画像があがってきました。アクセラ次期型が気になる人も、「SKYACTIV-X」って?という人も本記事をご覧ください。


マツダのアクセラ、新型プロトタイプ登場!あの最強エンジン「SKYACTIV-X」が!?

マツダが誇る、Cセグメント世界戦略車『アクセラ』(海外名:マツダ3)。

次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイト、Spyder7のカメラが捉えました。

今回はこのSpyder7情報を基に、アクセラ新型についてまとめました。

マツダ アクセラ新型 注目すべきはSKYACTIV-Xの文字!

この画像は、現行型のボディによるテスト車と見られますが、注目すべきはボディ側面に書かれた「SKYACTIV-X」の文字!この「SKYACTIV-X」、みなさんはご存知でしょうか。

【覚えておきたい】SKYACTIV-Xとは

マツダは、ガソリン混合気をピストンの圧縮によって自己着火させる「圧縮着火」を世界で初めて実用化し、次世代エンジン「SKYACTIV-X」を2019年から導入すると2017年の8月に発表しました。

現行使用しているエンジン、「SKYACTIV-G」に比べて、大幅なトルク向上が見込めます。また、「SKYACTIV-D」と同等以上の燃費率を図るとも言われています。

一言でいえば、「SKYACTIV-X」は、今後の展開も目が離せない、大注目のエンジンなんです。

SKYACTIV-Xは、ガソリンおよびディーゼルエンジンの特長を融合した、新しいマツダ独自の内燃機関で、優れた環境性能と出力・動力性能を両立。圧縮着火によるエンジンレスポンスの良さとエア供給機能を活用し、現行「SKYACTIV-G」に比べて全域で10%以上、最大30%におよぶ大幅なトルク向上を実現する。

また圧縮着火で可能となるスーパーリーン燃焼によって、エンジン単体の燃費率は現行SKYACTIV-Gと比べて最大で20~30%程度改善。2008年時点の同一排気量の同社ガソリンエンジンから35~45%の改善、最新「SKYACTIV-D」と同等以上の燃費率を実現する。

SKYACTIV-Xの導入は、マツダが8月8日に公表した長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」実現に向け、発表したもの。同宣言ではこのほか、CO2排出量の本格的削減や先進安全技術「i-ACTIVSENSE」標準装備化のグローバル展開など、クルマの持つ魅力である「走る歓び」によって、「地球」「社会」「人」それぞれの課題解決を目指す新しいチャレンジが盛り込まれている。

「SKYACTIV-X」はスゴイエンジン!しかし実用化は一苦労で

SKYACTIV-Xは、「HCCI」(予混合圧縮着火)と呼ぶガソリンを希薄燃焼させる技術を採用し、現在の「SKYACTIV-G」よりも約20~30%の燃費向上や30%近いトルクアップが見込める新世代エンジン。ではあるのですが、これまではその制御が難しく実用化には至りませんでした。

マツダによれば、SKYACTIV-Xは2019年から導入されることが明かされているものの、今回のスクープを見る限りでは、その第一弾が次期アクセラとなる可能性が高いと予測できますね。

SKYACTIV-Xエンジンを搭載した次期アクセラの燃費は、ハイブリッド車と遜色ない30km/リットル近くまで伸びることが予想されます。

10月に開催される東京モーターショーでの出展が公式に予告されているSKYACTIV-X。

そこで見られるのはこのアクセラでしょうか、はたまた別のスペシャルモデルか。期待大ですね!

【おまけ】商品改良された『アクセラ』発売は9月21日から

マツダは、スポーツコンパクト『アクセラ』を商品改良、先進安全技術を全機種で標準装備し、9月21日より販売を開始する。

マツダは、初心者から高齢者まで幅広いユーザーに安全・安心なクルマを提供するため、2017年度中に国内主要5車種へ先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備することを公表しており、今回のアクセラにより全5車種が出揃うこととなる。

商品改良されたアクセラ、気になる価格は?

今回の商品改良では安全面の充実(ハイ・ビーム・コントロールシステム」または「アダプティブ・LED・ヘッドライト」を全機種で標準装備など)や、「360°ビュー・モニター」をマツダ車として初採用されるなどといった改良が見られます。

価格はアクセラスポーツおよびセダンが182万5200円から331万0200円でハイブリッドが250万5600円から287万9000円の設定です。

次期型アクセラもいいですが、9月21日から発売される改良されたアクセラも気になるところですね。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 アクセラ

関連する投稿


【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

新しいSUV・マツダのCX-8。12月14日発売ではあるものの、発売前から話題になっています。今回はそんなマツダのCX-8の、続報についてご紹介します。


【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり発売日は12月14日となっています。本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


マツダ CX-9に2018年モデル登場!日本逆輸入・日本発売はあるのか?

マツダ CX-9に2018年モデル登場!日本逆輸入・日本発売はあるのか?

マツダのCXシリーズの最も大きなボディサイズを誇るSUV、それがCX-9です。CX-9は北米向けに生産・販売されており、2017年8月現在、日本販売はされていません。今後、日本での発売はあるのか?気になる情報をまとめました。


最新の投稿


あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

車の中のニオイは人によって気になります。家族やデートなどで誰かを乗せる時、良いニオイを演出したいし、またプライベート空間として、自分に合ったニオイで、心地よくドライブを楽しみたいものです。車の芳香剤をいくつかご紹介します。


【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボ発、高性能ブランド、ポールスター。ブランド初のオリジナルモデル『ポールスター1』が登場しました。今回はこのポールスター1について、最新情報をお届けします。 EV航続距離・スペック・価格などをまとめています。


日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産の車、と聞かれたら何の車を思い浮かべますか?マーチ、ノート…。日産には魅力的な車が多いですが、今回ご紹介するのはキューブです。カワイイ見た目とは裏腹に、パワー面もしっかりしているキューブ。今回はこのキューブの、中古価格や色、口コミ、スペック、燃費などについて見ていきます。


新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

マイナーチェンジされた新型ステップワゴンは、スパーダに待望のハイブリッド車が設定されたり、「ホンダセンシング」が全車標準装備になったりと、話題満載の改良になりました。となると、ステップワゴンを選ぶとしたら、ベストチョイスは話題のスパーダハイブリッドでしょうか?それとも・・・