目次へ戻る

スバル レガシィ アウトバック/B4 改良新型発表!アイサイト強化!

スバル レガシィ アウトバック/B4 改良新型発表!アイサイト強化!

スバルは、スバルのSUV、「レガシィ アウトバック」「レガシィ B4」の改良新型を発売することを発表しました。本記事では、レガシィ アウトバック、レガシィB4の基本情報・スペック・価格についてまとめています。


【10月5日発売】スバル レガシィ アウトバック/B4の改良新型

SUBARU(スバル)は、『レガシィ アウトバック/B4』を大幅改良し、10月5日に発売することを発表しました。

この、アウトバックとB4、ステーションワゴン型SUVのアウトバック、セダンタイプのB4、とボディタイプが違います。

レガシィは、この2つのバリエーション2つを展開しており、さらにそれぞれ標準仕様と上級仕様であるLimitedのグレード2つ展開で高い人気を誇っています。



スバル レガシィアウトバック/B4 基本スペック ボディサイズ・燃費

レガシィ アウトバック新型

10月5日より発売されるレガシィ アウトバックとB4のボディサイズ、燃費についてまとめます。

 
スバル レガシィアウトバック ボディサイズ、燃費
全長×全幅×全高(mm)4820×1840×1605
ホイールベース(mm)2745
乗車定員(名) 5
燃料消費率(km/ℓ) (国土交通省審査値)14.8
 
スバル レガシィB4 ボディサイズ、燃費
全長×全幅×全高(mm)4800×1840×1500
ホイールベース(mm)2750
乗車定員(名) 5
燃料消費率(km/ℓ) (国土交通省審査値)14.8

スバル レガシィアウトバック/B4 改良新型 注目はアイサイト

今回の大幅改良では、レガシィ アウトバック/B4ともに、安全性能をさらに強化しています。

運転支援システム「アイサイト」に後退時自動ブレーキシステムを追加し、全車速域追従機能付クルーズコントロールの車速域を0km/h~約120km/hに拡大したほか、「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターや、ハイビーム照射時に対向車・先行車への眩惑を防ぐアダプティブドライビングビームを採用しました。

さらにステアリング連動ヘッドランプも搭載し、全方位の安全性能を大幅に高めています。

スバル アイサイト「ツーリングアシスト」へ!アイサイトの機能まとめ

http://matome.response.jp/articles/675

スバルのアイサイト、アイサイト・ツーリングアシストへと進化します。このように日々進化するアイサイト。「アイサイト?あればぶつからないんでしょ」とか思っているあなた!ちゃんと知らないともったいないですよ!この記事を読んだ後は、スバルのアイサイトはここまで進化してるんだよ!と人に教えたくなること、間違いなしです。

アイサイトについての情報は詳細情報は上記の記事よりご覧下さい。

スバル レガシィ アウトバック/B4 パワステ改良・燃費向上

また、フロント&リヤサスペンションのチューニング変更、電動パワーステアリングの改良、ブレーキブースター特性変更などにより、フラットな乗り心地と安定感のあるリニアなハンドリングを実現に成功しました。

加えて、エンジン部品の軽量化やフリクション低減および制御の見直しや、リニアトロニックチェーンの改良により、静粛性と燃費を向上させました。

スバル レガシィ アウトバック/B4 エクステリア・インテリア

レガシィ アウトバック/B4のエクステリアは、新デザインのLEDランプやフロントグリル、FRバンパーなどを採用し、それぞれの個性をさらに際立たせるデザインに一新しました。

アウトバックは上質さや力強さ、存在感を強調するデザインとし、B4はより上質かつスポーティなデザインとしています。

また、新色を2色追加。「ワイルドネスグリーンメタリック」と「クリムゾンレッドパール」を採用しました。

インテリアは、センターパネルのデザインを一新して先進性を高めるとともに、インストルメントパネルにダブルステッチを施したほか、小径化した新デザインのステアリングホイールを採用して質感を向上。

また、後席USB電源の追加やオートドアロック機能の採用などにより、利便性を大きく高めています。

スバル レガシィ アウトバック/B4 気になる価格は?

気になる価格についてまとめました。
価格は、アウトバックが329万4000円、アウトバック リミテッドが356万4,000円。

B4が302万4000円、B4 リミテッドが324万4000円です。

中古車価格やユーザーからの評価、口コミは?

マイナーチェンジ前のレガシィアウトバックの中古車価格、ユーザー評価や口コミを下記の記事にてまとめて掲載しています。マイチェン前モデルの中古情報などが気になる方は是非チェックしてみてください。

スバル レガシィ アウトバック 中古価格 燃費 価格 口コミまとめてみた

http://matome.response.jp/articles/743

現行 レガシィ アウトバックの基本情報・口コミなどをまとめています。

最後に

いかがでしたか。
現行アウトバック/B4と比べて、全体的に改良が施されたスバルのレガシィ アウトバック/B4。

発売は2017年10月5日予定です。

関連する投稿


【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

新型レクサスLSが10月19日より発売されました。まさにレクサスの中のレクサスともいえるレクサスLSがフルモデルチェンジして登場です。最高級フラッグシップセダンであるレクサスLS新型の、基本情報・スペック・価格・ハイブリッド・燃費ほかレクサスLS新型の気になる情報について見ていきます。


【10月19日発売開始】世界初が満載!!レクサスLS 新型情報まとめ

【10月19日発売開始】世界初が満載!!レクサスLS 新型情報まとめ

レクサスLS新型の情報が続々と上がってきています。今回はレクサスLSについて改めてまとめてみました。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【2017年10月18日更新】


ボルボ新型XC60 10月16日より発売 価格は599万円から!

ボルボ新型XC60 10月16日より発売 価格は599万円から!

ボルボの新型XC60が10月16日より発売されました。ボルボXC60の、基本情報・スペック・価格・エクステリア・インテリアなど、気になる情報をまとめています。


最新の投稿


あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

車の中のニオイは人によって気になります。家族やデートなどで誰かを乗せる時、良いニオイを演出したいし、またプライベート空間として、自分に合ったニオイで、心地よくドライブを楽しみたいものです。車の芳香剤をいくつかご紹介します。


ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボ発、高性能ブランド、ポールスター。ブランド初のオリジナルモデル『ポールスター1』が登場しました。今回はこのポールスター1について、最新情報をお届けします。 EV航続距離・スペック・価格などをまとめています。


日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産の車、と聞かれたら何の車を思い浮かべますか?マーチ、ノート…。日産には魅力的な車が多いですが、今回ご紹介するのはキューブです。カワイイ見た目とは裏腹に、パワー面もしっかりしているキューブ。今回はこのキューブの、中古価格や色、口コミ、スペック、燃費などについて見ていきます。


新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

マイナーチェンジされた新型ステップワゴンは、スパーダに待望のハイブリッド車が設定されたり、「ホンダセンシング」が全車標準装備になったりと、話題満載の改良になりました。となると、ステップワゴンを選ぶとしたら、ベストチョイスは話題のスパーダハイブリッドでしょうか?それとも・・・


どうなる!?日産!!大規模リコールの末、国内全工場で出荷停止…

どうなる!?日産!!大規模リコールの末、国内全工場で出荷停止…

2017年10月19日の夜、日産は無資格検査の発覚後も続けて無資格検査を行っていたとし、緊急記者会見をし国内にある6ヶ所全ての工場で車の出荷を停止し、さらに約3万4000台を追加でリコールするとの発表をしました。最新の情報からどういった経緯で起こった事件なのかをまとめます。