目次へ戻る

スバル レガシィ アウトバック/B4 改良新型発表!アイサイト強化!

スバル レガシィ アウトバック/B4 改良新型発表!アイサイト強化!

スバルは、スバルのSUV、「レガシィ アウトバック」「レガシィ B4」の改良新型を発売することを発表しました。本記事では、レガシィ アウトバック、レガシィB4の基本情報・スペック・価格についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【10月5日発売】スバル レガシィ アウトバック/B4の改良新型

SUBARU(スバル)は、『レガシィ アウトバック/B4』を大幅改良し、10月5日に発売することを発表しました。

この、アウトバックとB4、ステーションワゴン型SUVのアウトバック、セダンタイプのB4、とボディタイプが違います。

レガシィは、この2つのバリエーション2つを展開しており、さらにそれぞれ標準仕様と上級仕様であるLimitedのグレード2つ展開で高い人気を誇っています。



スバル レガシィアウトバック/B4 基本スペック ボディサイズ・燃費

レガシィ アウトバック新型

10月5日より発売されるレガシィ アウトバックとB4のボディサイズ、燃費についてまとめます。

 
スバル レガシィアウトバック ボディサイズ、燃費
全長×全幅×全高(mm)4820×1840×1605
ホイールベース(mm)2745
乗車定員(名) 5
燃料消費率(km/ℓ) (国土交通省審査値)14.8
 
スバル レガシィB4 ボディサイズ、燃費
全長×全幅×全高(mm)4800×1840×1500
ホイールベース(mm)2750
乗車定員(名) 5
燃料消費率(km/ℓ) (国土交通省審査値)14.8

スバル レガシィアウトバック/B4 改良新型 注目はアイサイト

今回の大幅改良では、レガシィ アウトバック/B4ともに、安全性能をさらに強化しています。

運転支援システム「アイサイト」に後退時自動ブレーキシステムを追加し、全車速域追従機能付クルーズコントロールの車速域を0km/h~約120km/hに拡大したほか、「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターや、ハイビーム照射時に対向車・先行車への眩惑を防ぐアダプティブドライビングビームを採用しました。

さらにステアリング連動ヘッドランプも搭載し、全方位の安全性能を大幅に高めています。

スバル アイサイト「ツーリングアシスト」へ!アイサイトの機能まとめ

http://matome.response.jp/articles/675

スバルのアイサイト、アイサイト・ツーリングアシストへと進化します。このように日々進化するアイサイト。「アイサイト?あればぶつからないんでしょ」とか思っているあなた!ちゃんと知らないともったいないですよ!この記事を読んだ後は、スバルのアイサイトはここまで進化してるんだよ!と人に教えたくなること、間違いなしです。

アイサイトについての情報は詳細情報は上記の記事よりご覧下さい。

スバル レガシィ アウトバック/B4 パワステ改良・燃費向上

また、フロント&リヤサスペンションのチューニング変更、電動パワーステアリングの改良、ブレーキブースター特性変更などにより、フラットな乗り心地と安定感のあるリニアなハンドリングを実現に成功しました。

加えて、エンジン部品の軽量化やフリクション低減および制御の見直しや、リニアトロニックチェーンの改良により、静粛性と燃費を向上させました。

スバル レガシィ アウトバック/B4 エクステリア・インテリア

レガシィ アウトバック/B4のエクステリアは、新デザインのLEDランプやフロントグリル、FRバンパーなどを採用し、それぞれの個性をさらに際立たせるデザインに一新しました。

アウトバックは上質さや力強さ、存在感を強調するデザインとし、B4はより上質かつスポーティなデザインとしています。

また、新色を2色追加。「ワイルドネスグリーンメタリック」と「クリムゾンレッドパール」を採用しました。

インテリアは、センターパネルのデザインを一新して先進性を高めるとともに、インストルメントパネルにダブルステッチを施したほか、小径化した新デザインのステアリングホイールを採用して質感を向上。

また、後席USB電源の追加やオートドアロック機能の採用などにより、利便性を大きく高めています。

スバル レガシィ アウトバック/B4 気になる価格は?

気になる価格についてまとめました。
価格は、アウトバックが329万4000円、アウトバック リミテッドが356万4,000円。

B4が302万4000円、B4 リミテッドが324万4000円です。

中古車価格やユーザーからの評価、口コミは?

マイナーチェンジ前のレガシィアウトバックの中古車価格、ユーザー評価や口コミを下記の記事にてまとめて掲載しています。マイチェン前モデルの中古情報などが気になる方は是非チェックしてみてください。

スバル レガシィ アウトバック 中古価格 燃費 価格 口コミまとめてみた

http://matome.response.jp/articles/743

現行 レガシィ アウトバックの基本情報・口コミなどをまとめています。

最後に

いかがでしたか。
現行アウトバック/B4と比べて、全体的に改良が施されたスバルのレガシィ アウトバック/B4。

発売は2017年10月5日予定です。

関連する投稿


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。


【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!


今、中古車が熱い!スバルの中古車5選

今、中古車が熱い!スバルの中古車5選

新車が欲しい。でも、欲しい車は高くて買えない。そんな貴方は中古車を考えたことはありますか?中古車の魅力はその価格、一年経過しているだけでワンランク上の車種を買う事も可能なのです。今回はそんな魅力的な中古車の中から、人気のスバル車を5車種選んでみました。


その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

レズバニから、ギリシャ神話最大の英雄の名を名付けられた最強カーが登場するとの情報が入ってきました。その名はヘラクレス。いったいどんな車に仕上がっているのか?注目が集まります。


日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の新たな電動SUV、アリアが登場します。市販版は7月に発表されるとのこと。本記事では今わかっている最新情報をまとめてお届けいたします。


最新の投稿


ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

最近よく聞く「ドライブレコーダー」という言葉。「取り付けたいとは思っているけど、種類が豊富で何を選んだらよいのかわからない」という方も多いかと思います。今回は、そんな方向けに数あるドライブレコーダーの中でも、最もお手軽に取り付けられるミラー型ドライブレコーダーのおすすめをご紹介します。


家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

キャンプをしたいけど外出できない。それならいっその事、家で車を使ってキャンプというのはどうでしょう?今回は、車中泊におすすめのグッズや便利なキャンプグッズをいくつかご紹介したいと思います。


メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデス・ベンツは、フルモデルチェンジを受けた都市型クロスオーバーSUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。そこで、2代目となった新型「GLA」とはどんな車種なのか?また、同時にデビューした7人乗りの新型SUV「GLB」との違いを比較しながら解説していきます。


カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

皆さんカーリースという物をご存知でしょうか?車を所有する方法の一つにカーリースがあります。その中でも今回はカーコンカーリース(もろコミ)についてご紹介したいと思います。


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。