目次へ戻る

スバル インプレッサ改良新型発表!アイサイトがより進化!発売日は?

スバル インプレッサ改良新型発表!アイサイトがより進化!発売日は?

スバル、インプレッサ改良新型が発表されました。インプレッサと言えば、スバルの中でも特に人気車種ということもあって期待が高まります。 価格は?アイサイトはどうなるの?発売日はいつ?等、本記事ではスバル インプレッサ改良新型についてまとめています。


スバル インプレッサ改良新型発表!アイサイトがさらに進化した

SUBARU(スバル)は、『インプレッサ』改良モデルを発表、10月5日より販売を開始します。

今回の改良では、アイサイトの夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加。

さらにアイサイトセイフティプラス(メーカーOP)としてサイドビューモニター機能を追加し、総合安全性能を高めました。

スバル インプレッサ G4とスポーツの違いって?

こちらがインプレッサG4 改良新型

こちらがインプレッサスポーツ改良新型

スバルのインプレッサについて改めて見てみましょう。

スバルのインプレッサには、G4、スポーツという2種類のモデルが用意されています。

この違いですが、4ドアセダンのG4。
5ドアハッチバックモデルのスポーツ。

というように、ボディタイプに違いが見られます。

スバル インプレッサ スポーツ ボディサイズ・燃費

 
スバル インプレッサ スポーツ ボディサイズ、燃費
全長×全幅×全高(mm)4460×1775×1480
ホイールベース(mm)2670
乗車定員(名) 5
燃料消費率(km/ℓ) (国土交通省審査値)16.0~18.2

スバル インプレッサ G4 ボディサイズ・燃費

 
スバル インプレッサ G4 ボディサイズ、燃費
全長×全幅×全高(mm)4625×1775×1455
ホイールベース(mm)2670
乗車定員(名) 5
燃料消費率(km/ℓ) (国土交通省審査値)16.0~18.2

スバル インプレッサ 改良新型 カラーバリエーション

インプレッサ改良新型、カラーバリエーションは7種類。

クリスタルホワイト・パール
アイスシルバー・メタリック
クリスタルブラック・シリカ
ダークグレー・メタリック
ピュアレッド
ダークブルー・パール
クォーツブルー・パール

上記のラインアップで展開されています。

スバル インプレッサ 改良新型 グレード別価格

スバルのインプレッサ改良新型、グレード別価格についてもまとめました。
インプレッサはG4・SPORTがあり、細かく価格が変わります。
ライフスタイルや予算に合わせて、自分の一台を選ぶことが可能です。

【インプレッサ G4】
1.6i-L EyeSight 2WD 1,944,000円
1.6i-L EyeSight AWD 2,160,000円

2.0i-L EyeSight 2WD 2,181,600円
2.0i-L EyeSight AWD 2,397,600円

2.0i-S EyeSight 2WD 2,397,600円
2.0i-S EyeSight AWD 2,613,600円

【インプレッサSPORT】
1.6i-L EyeSight 2WD 1,944,000円
1.6i-L EyeSight AWD 2,160,000円

2.0i-L EyeSight 2WD 2,181,600円
2.0i-L EyeSight AWD 2,397,600円

2.0i-S EyeSight 2WD 2,397,600円
2.0i-S EyeSight AWD 2,613,600円

現行インプレッサ 口コミ・評価・評判は

現行 インプレッサスポーツ

それでは、現行インプレッサに乗っているオーナーさんたちの口コミ・評価・評判はどんなものなのでしょうか。調べてみました。

インプレッサ スポーツ

高速区間はほぼアイサイト。
ほぼスムーズで一部渋滞あり。
エアコンは付け放し。
14.28km/lはもう少し伸びて欲しいところ。
しかし快適さがハンパない。
この安定性は何物にも代えがたい。
もう直ぐ1回目の車検だけど、勿論通すつもり。

2リッターについているIモードが、低燃費を実現するにはすこぶる優秀。しかし0km加速がすこし鈍重に感じる。2000回転~2500回転でギアを上げてスピードを出し、アクセルワークで1500回転で維持していれば、上り勾配がきつくない高速道路なら16km/L~18km/Lは走ってくれる。下りならさらに良い。
エンジンレスポンスがいいSモードでは、0km~30kmの加速、60km~100kmの加速については、べた踏みではないアクセルワークであるのならターボ車のように速い。この車はすり足で走ることを得意とするように設計されていると感じた。

燃費の良さ、安定性について、称賛のコメントがありました。

スバルには、スバルを愛してやまない「スバリスト」という方々がいらっしゃいますが、コメントにも熱量を強く感じます。

インプレッサ G4

備え付けの燃費計で現在リッター9.5キロを行ったり来たり。
都心部に住んでるのでMT車だとストップ&ゴーが少し大変です。
でも毎日楽しいです(*´∇`*)
フルタイム4駆なのでストップ&ゴーが多いと少し燃費が悪いです。
川崎まで高速で行く用事があるんですが、そういう時は燃費がグングン伸びます(笑)
60リッターくらい入るのかな、片道16キロの会社の往復と神奈川方面への出張、
休日の利用など合わせて月2回ほどの給油をしています。
会社が西側にあるので着くまでに坂道も多く走っていますが、4駆なので何人乗せても坂道発進でエンストなんてまずありません。
そういう点でも、良いなと思いました。スバルで大満足♪

公表燃費16キロはとても出ないと思いますが、実値12キロくらいを目標に運転しようと思います。
あ、ちなみにエアコンガンガンオーディオガンガンの状態で使用して月2回程度の給油です。

インプレッサG4も、同じく「満足感がある」というコメントがありました。

新型続々!スバル人気車種 インプレッサ、フォレスター、XV比較!!

http://matome.response.jp/articles/37

スバルの人気車、新型インプレッサ。なぜこんなに人気があるのか、今までのインプレッサと何が違うのでしょうか?おすすめは??他、スバルの新型フォレスター、新型XVと比較してみました。結果はいかに?

最後に

大人気のスバル、インプレッサ改良新型について今回はまとめました。
他にも、BRZや、レガシィなども改良新型が発表されています。

気になる方はぜひ、チェックしてみてください。

スバル BRZ改良新型登場!走りが進化!価格は?発売日は?

http://matome.response.jp/articles/856

SUBARU(スバル)は、FRスポーツ『BRZ』を改良し、10月5日に発売します。本記事ではBRZ改良新型についてまとめています。

スバル レガシィ アウトバック/B4 改良新型発表!アイサイト強化!

http://matome.response.jp/articles/855

スバルは、スバルのSUV、「レガシィ アウトバック」「レガシィ B4」の改良新型を発売することを発表しました。本記事では、レガシィ アウトバック、レガシィB4の基本情報・スペック・価格についてまとめています。

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【閉幕】東京オートサロン2018!開催概要/コンパニオン/出展情報他【振り返り】

【閉幕】東京オートサロン2018!開催概要/コンパニオン/出展情報他【振り返り】

東京オートサロン2018が1月12日(金)より幕張メッセにて開幕します。本記事ではオートサロン2018をより楽しめる情報を詰め込みました。押さえておきたいコンパニオン、主要メーカーの出展車両情報、開催概要や場所、チケット情報、来場者数他。東京オートサロン2018の気になる最新情報をまとめています。【2月5日日更新】


【東京オートサロン2018】スバル出展情報発表!VIZIVパフォーマンスSTIコンセプト

【東京オートサロン2018】スバル出展情報発表!VIZIVパフォーマンスSTIコンセプト

東京オートサロン2018最新情報。スバルが東京オートサロン2018の出展情報を更新しました。VIZIVパフォーマンスSTIコンセプト他。スバルの最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。