目次へ戻る

【13年ぶり国内復活】超ド級のトヨタ ハイラックス 販売開始!

【13年ぶり国内復活】超ド級のトヨタ ハイラックス 販売開始!

トヨタは、大型ピックアップトラック『ハイラックス』を13年ぶりに日本市場への導入を決め、9月12日より販売開始しました。2004年に日本では販売終了したものの、いまだ人気の高いハイラックス。そんなハイラックスの情報をまとめています。


ハイラックス、13年ぶりの国内復活

トヨタは、13年ぶりに大型ピックアップトラック『ハイラックス』を日本市場へ導入、9月12日より販売開始しました。

ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180の国および地域で販売しており、累計世界販売台数は約1730万台に上ります。

一方で日本国内では、1ナンバークラスで毎年車検が必要になるなど、実用面で不利な点もあり、2004年に販売を終了しました。

しかしながら、販売終了後も、なお約9000名のオーナーがハイラックスを愛用していることからも人気の高さがうかがえます。

ハイラックスの復活を願う声が高まっていた中での日本販売とあって、喜ぶユーザーは多いのではないでしょうか。

トヨタのハイラックス 基本スペック 燃費・エンジン・トランスミッション

【スペック】

燃費:11.8km/L
エンジン:2.4L ディーゼルエンジン
駆動:4WD
トランスミッション :6 Super ECT
最高出力 :110kW[150PS]/3,400r.p.m.
最大トルク :400N・m[40.8kgf・m]/1,600~2,000r.p.m.
乗車定員 :5名

復活のハイラックスは、タイからの輸入モデル

タイで発売されたハイラックス(2015年モデル)

今回、13年ぶりの国内復活となるハイラックスは、タイからの輸入モデルです。

現地ではシングルキャブや2WDモデルなども生産されていますが、日本導入はダブルキャブのパートタイム4WDのみとなります。

トヨタ自動車は、小型ピックアップトラック『ハイラックス』の新型モデルを5月21日にバンコクで公開、同日よりタイ国内で発売した。

ハイラックスは1968年の発売以来、今回のフルモデルチェンジで8代目となる。これまでに世界180以上の国/地域で、累計1600万台以上を販売してきた。(2015年5月21日)

タイで販売されているハイラックス(2015)

気になる!ハイラックスのパワートレイン・燃費は

ハイラックス。エンジンは最高出力150ps、最大トルク400Nmを発生する2.4リットルディーゼル「2GD-FTV」を搭載しました。

高効率6速ATとの組み合わせで、走行燃費11.8km/リットル(JC08モード)を達成しています。

トヨタのハイラックス 走破性は

駆動システムはダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDを採用しています。

状況に応じて2輪駆動と4輪駆動を切り替えることにより、快適性と走破性を両立しました。

また、ヒルスタートアシストコントロールやアクティブトラクションコントロール、ダウンヒルアシストコントロールを設定することで、様々な路面状況に応じて駆動力を制御してくれます。

さらに高強度のフレームに加え、振動減衰を高めるサスペンションを採用し、オンロード・オフロードとも優れた走行安定性と乗り心地を確保しています。

トヨタのハイラックス エクステリア・インテリア

エクステリアは「タフ&エモーショナル」をコンセプトとしていて、厚みのある力強いフロントバンパー部と、薄く一体感のあるアッパーグリル、LEDヘッドランプと対比させることで、タフさと洗練さを表現しました。

またインテリアは、随所に施したシルバー加飾、青色で統一した室内イルミネーションなどで洗練さを演出しています。

ボディカラーはネビュラブルーメタリック、クリムゾンスパークレッドメタリックを含む5色を設定、内装色はブラックとしています。

トヨタのハイラックス 安全面はどうか

安全面では、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティや、車線逸脱の回避を支援するレーンディパーチャーアラートを搭載しました。

そのほか、デッキの低位置にスチールバンパーを設定することで荷物の積み降ろし時の乗降性を確保したほか、大型のアシストグリップを配置し、スムーズな車両の乗降に貢献します。

トヨタ ハイラックス グレード別価格

気になる価格ですが、エントリーグレードの「X」が326万7000円。

上級グレードの「Z」が374万2200円となっています。

現行ハイラックスの口コミ・評価・評判は?

ハイラックスを購入する、というときにやはり気になるのが評価ですよね。

そこで今回は現行ハイラックスのオーナーの口コミを調べてみました。

最新のクリーンディーゼルにも劣らない、燃費を叩き出す、トヨタの中でも最高傑作と名高いエンジン、載せ替え無しで46万キロ走破、いまだに燃費は 16km/L で今のSUV部門で比較しても最高レベルにある名車。是非復活を望む、中古の取引価格は高い

平成2年ハイラックスディーゼル SUV部門はじめ全部門通じても、燃費達成率151%とダントツの記録です。乗り方次第ですが・・・古いので、データには反映されませんが

ハイラックスに用いられているクリーンディーゼルの、燃費の良さを称賛する意見が見られました。

最後に

トヨタの大人気大型ピックアップトラック、ハイラックスが満を持して復活します。

ハイラックスの開発責任者、前田昌彦チーフエンジニア(トヨタ自動車CVカンパニー、CV製品企画、ZBチーフエンジニア)はハイラックスについて、「自分のファッションを彩るように、自己主張の強い人が乗る。若い人に乗って欲しいし、そういった人が興味を持つのではないか」と、新たなユーザーの開拓にも期待をよせるコメントをしていました。

ハイラックスは新たなユーザーを獲得できるか?注目ですね。

関連する投稿


ハイエースがキャンピングカーに大変身!キャンピングカーでもっとカーライフを楽しもう!

ハイエースがキャンピングカーに大変身!キャンピングカーでもっとカーライフを楽しもう!

今、ハイエースベースのキャンピングカーが人気です。暑い夏も終わり、いよいよアウトドアに最適なシーズンがやってきました。そして今ブームとなっているのがキャンピングカーです。今こそ、おすすめしたい!そんなハイエースベースのキャンピングカーをご紹介します。


100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)は、1990年代にブームとなって以来、すっかり定着した感があります。当初は路外走行性能に重きが置かれていましたが、現在のSUVは、より居住性重視、ファッション性重視となっています。本記事では100万円以下で購入できる国産SUVを5車種選び、ご紹介します。


トヨタのセダン プレミオ/アリオン中古車価格まとめ

トヨタのセダン プレミオ/アリオン中古車価格まとめ

日本の正統派セダンといえば、トヨタの「プレミオ」「アリオン」と言っていいでしょう。かつては、ファミリーカーがセダンというイメージが多くあったのですが、現在の日本市場で少なくなってきているのは事実としてあります。今回は、そんなトヨタのプレミオとアリオンの中古価格をまとめましたので、一緒に見ていきましょう。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が、10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・ワールドプレミア・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。【9月10日更新】


トヨタのミライ 中古価格まとめ

トヨタのミライ 中古価格まとめ

世界初の量産型燃料電池自動車「ミライ」の最新情報はごらんになりましたか?入手したいけれど高額で、新車ではなかなか手が出せないと感じる人も多いかと思います。そこで、ミライに適応されている残価50%の4年リースや補助金の情報も合わせてまとめました。中古車価格もまとめたので一緒に見ていきましょう。


最新の投稿


「道の駅」許田(きょだ) やんばる物産センターで沖縄観光をお得に楽しく

「道の駅」許田(きょだ) やんばる物産センターで沖縄観光をお得に楽しく

「道の駅」許田 やんばる物産センターは沖縄県北部の名護市にある沖縄県の道の駅第一号です。地元の特産品や工芸品だけでなく、観光地の格安チケットも手に入るスポットなのでぜひチェックしてみてください。お食事は沖縄のソウルフードが楽しめますよ。


小倉駅のお土産はこれで完璧!小倉駅おすすめお土産20選

小倉駅のお土産はこれで完璧!小倉駅おすすめお土産20選

博多駅の手前に位置する小倉駅。九州の玄関口として、位置する小倉駅は、駅構内でも沢山のお土産が売っています。今回は、小倉駅で特におすすめのお土産20選を紹介していきます。


【おすすめ10選】車用空気清浄機まとめ

【おすすめ10選】車用空気清浄機まとめ

快適にドライブするために、様々なグッズが販売されています。特に車内の空気は、同乗者の気分を特に左右するものです。雨の日など、窓を開けられない場合もありますし、お子さんが同乗しているときに窓を開けたくない方もいるかもしれません。車内の空気を清浄するグッズをご紹介します。


ハイエースがキャンピングカーに大変身!キャンピングカーでもっとカーライフを楽しもう!

ハイエースがキャンピングカーに大変身!キャンピングカーでもっとカーライフを楽しもう!

今、ハイエースベースのキャンピングカーが人気です。暑い夏も終わり、いよいよアウトドアに最適なシーズンがやってきました。そして今ブームとなっているのがキャンピングカーです。今こそ、おすすめしたい!そんなハイエースベースのキャンピングカーをご紹介します。


【e燃費調べ】燃費の良いハッチバックベスト10

【e燃費調べ】燃費の良いハッチバックベスト10

自動車では定番となっているボディタイプの1つであるハッチバック、今回は現行車で燃費に優れるハッチバック車両ベスト10を紹介します。カーナリズムの兄弟サイト・e燃費に登録されているデータをもとに見ていきましょう。(e燃費調べ・2019年9月現在)