目次へ戻る

【13年ぶり国内復活】超ド級のトヨタ ハイラックス 販売開始!

【13年ぶり国内復活】超ド級のトヨタ ハイラックス 販売開始!

トヨタは、大型ピックアップトラック『ハイラックス』を13年ぶりに日本市場への導入を決め、9月12日より販売開始しました。2004年に日本では販売終了したものの、いまだ人気の高いハイラックス。そんなハイラックスの情報をまとめています。


ハイラックス、13年ぶりの国内復活

トヨタは、13年ぶりに大型ピックアップトラック『ハイラックス』を日本市場へ導入、9月12日より販売開始しました。

ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180の国および地域で販売しており、累計世界販売台数は約1730万台に上ります。

一方で日本国内では、1ナンバークラスで毎年車検が必要になるなど、実用面で不利な点もあり、2004年に販売を終了しました。

しかしながら、販売終了後も、なお約9000名のオーナーがハイラックスを愛用していることからも人気の高さがうかがえます。

ハイラックスの復活を願う声が高まっていた中での日本販売とあって、喜ぶユーザーは多いのではないでしょうか。

トヨタのハイラックス 基本スペック 燃費・エンジン・トランスミッション

【スペック】

燃費:11.8km/L
エンジン:2.4L ディーゼルエンジン
駆動:4WD
トランスミッション :6 Super ECT
最高出力 :110kW[150PS]/3,400r.p.m.
最大トルク :400N・m[40.8kgf・m]/1,600~2,000r.p.m.
乗車定員 :5名

復活のハイラックスは、タイからの輸入モデル

タイで発売されたハイラックス(2015年モデル)

今回、13年ぶりの国内復活となるハイラックスは、タイからの輸入モデルです。

現地ではシングルキャブや2WDモデルなども生産されていますが、日本導入はダブルキャブのパートタイム4WDのみとなります。

トヨタ自動車は、小型ピックアップトラック『ハイラックス』の新型モデルを5月21日にバンコクで公開、同日よりタイ国内で発売した。

ハイラックスは1968年の発売以来、今回のフルモデルチェンジで8代目となる。これまでに世界180以上の国/地域で、累計1600万台以上を販売してきた。(2015年5月21日)

タイで販売されているハイラックス(2015)

気になる!ハイラックスのパワートレイン・燃費は

ハイラックス。エンジンは最高出力150ps、最大トルク400Nmを発生する2.4リットルディーゼル「2GD-FTV」を搭載しました。

高効率6速ATとの組み合わせで、走行燃費11.8km/リットル(JC08モード)を達成しています。

トヨタのハイラックス 走破性は

駆動システムはダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDを採用しています。

状況に応じて2輪駆動と4輪駆動を切り替えることにより、快適性と走破性を両立しました。

また、ヒルスタートアシストコントロールやアクティブトラクションコントロール、ダウンヒルアシストコントロールを設定することで、様々な路面状況に応じて駆動力を制御してくれます。

さらに高強度のフレームに加え、振動減衰を高めるサスペンションを採用し、オンロード・オフロードとも優れた走行安定性と乗り心地を確保しています。

トヨタのハイラックス エクステリア・インテリア

エクステリアは「タフ&エモーショナル」をコンセプトとしていて、厚みのある力強いフロントバンパー部と、薄く一体感のあるアッパーグリル、LEDヘッドランプと対比させることで、タフさと洗練さを表現しました。

またインテリアは、随所に施したシルバー加飾、青色で統一した室内イルミネーションなどで洗練さを演出しています。

ボディカラーはネビュラブルーメタリック、クリムゾンスパークレッドメタリックを含む5色を設定、内装色はブラックとしています。

トヨタのハイラックス 安全面はどうか

安全面では、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティや、車線逸脱の回避を支援するレーンディパーチャーアラートを搭載しました。

そのほか、デッキの低位置にスチールバンパーを設定することで荷物の積み降ろし時の乗降性を確保したほか、大型のアシストグリップを配置し、スムーズな車両の乗降に貢献します。

トヨタ ハイラックス グレード別価格

気になる価格ですが、エントリーグレードの「X」が326万7000円。

上級グレードの「Z」が374万2200円となっています。

現行ハイラックスの口コミ・評価・評判は?

ハイラックスを購入する、というときにやはり気になるのが評価ですよね。

そこで今回は現行ハイラックスのオーナーの口コミを調べてみました。

最新のクリーンディーゼルにも劣らない、燃費を叩き出す、トヨタの中でも最高傑作と名高いエンジン、載せ替え無しで46万キロ走破、いまだに燃費は 16km/L で今のSUV部門で比較しても最高レベルにある名車。是非復活を望む、中古の取引価格は高い

平成2年ハイラックスディーゼル SUV部門はじめ全部門通じても、燃費達成率151%とダントツの記録です。乗り方次第ですが・・・古いので、データには反映されませんが

ハイラックスに用いられているクリーンディーゼルの、燃費の良さを称賛する意見が見られました。

最後に

トヨタの大人気大型ピックアップトラック、ハイラックスが満を持して復活します。

ハイラックスの開発責任者、前田昌彦チーフエンジニア(トヨタ自動車CVカンパニー、CV製品企画、ZBチーフエンジニア)はハイラックスについて、「自分のファッションを彩るように、自己主張の強い人が乗る。若い人に乗って欲しいし、そういった人が興味を持つのではないか」と、新たなユーザーの開拓にも期待をよせるコメントをしていました。

ハイラックスは新たなユーザーを獲得できるか?注目ですね。

関連する投稿


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

大幅マイナーチェンジでどう変わった? 2015年12月9日に発売されたトヨタ プリウス4WDをトヨタ自動車は2018年12月17日に大規模マイナーチェンジしました。発売から丸三年を経過したプリウス4WDはどう変わったのか、一緒に見て行きましょう!


トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタのヒット車種「プリウス」は、幾度となく進化を遂げてきました。最近のモデルでは、個性的なフロントフェイスが採用されユーザーからの指示離れも目立ってきており、ライバル車が次々に進化していくこともあり売り上げや人気は低迷してます。今回の記事では、燃費性能や走行性能に優れている「プリウス」の特徴や歴史を各モデルごとに詳しく解説していきます。


トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン「アリオン」の歴代モデルを性能や燃費、中古価格ごとにまとめてみました。 今後、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。