目次へ戻る

ホンダ アーバンEVコンセプト ホンダの今後のEV戦略が見える!?

ホンダ アーバンEVコンセプト ホンダの今後のEV戦略が見える!?

ホンダが発表した、アーバンEVコンセプト。このアーバンEVコンセプト、ホンダにとっては重要な意味合いを持つ車なんです。


ホンダ アーバンEVコンセプト

ホンダは9月12日に、『アーバンEVコンセプト』を発表しました。実車は、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開されます。

アーバンEVコンセプトとは?


アーバンEVコンセプトとは、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカーのこと。

新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込みました。

ホンダは、9月12日に開幕するフランクフルトモーターショーにて、ホンダ『アーバンEV』コンセプトを世界初公開すると発表した。

ホンダは、2025年をめどに欧州四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2を電動化車両に置き換えるという目標達成に向けて、電動化を推進しており、今回初公開するアーバンEVコンセプトは、将来の量産EVモデルの方向性を示すものとなる。

そのほか、ホンダブースでは、欧州初公開となる新型『CR-Vハイブリッド』プロトタイプ(欧州仕様)、『シビック・ハッチバック・ディーゼル』モデルなどを展示する。

アーバンEVコンセプト スペックは

ホンダ フィット

現時点では、全長がフィットより100mm小さいということがわかっています。
フィットのボディサイズは全長3955×全幅1695×全高1525なので、全長3,855mm程度、と考えられます。

スマート EVコンセプトカー

車のフロントには、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示することができます。

メッセージを表示できると言えば、スマートもフロント部分にメッセージを表示していましたね。

アーバンEVコンセプト インテリアは

インテリアは、細いAピラーと、フロント全体を覆うワイドなフロントガラスが特徴。

後部ヒンジ式のコーチドアから乗降します。

室内には、異なる素材で仕上げられたベンチシートが2脚配置され、乗車定員は4名。

ダッシュボードのメイン画面には、バッテリーの残量を含むさまざまな車両情報が表示されるとのことです。

未だ謎が多いアーバンEVコンセプト 続報は?

未だ、謎が多いホンダのEVアーバンコンセプト。

9月12日より開催されているフランクフルトモーターショーにて、初公開されたものの、スペックなどの情報はまだ不明な点が多いです。

東京モーターショーにて、新たな情報が出るでしょうか。

【9月13日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

http://matome.response.jp/articles/661

日本最大級のモーターショー。東京モーターショーについて出展車をまとめた記事はこちら。

【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

http://matome.response.jp/articles/843

世界最大級の規模ともいわれるフランクフルトモーターショー。気になる方はこちら。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報

関連する投稿


ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。しかし二代目に至っては時代が追い付いてきたかのように人気を維持しています。この記事ではその特徴と魅力をご紹介していきます。


今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

乗るのが嬉しい!「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、そして気になる燃費や中古価格などをまとめてみました。「ホンダ CR-Z」に乗り換えをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

他のメーカーにもさまざまなハイブリッドシステムがある中で、ホンダのハイブリッド「i-MMD」のシステムは本命ハイブリッドといわれています。2019年10月にも発売される新型フィットへの展開も確実視されているホンダのハイブリッドは何が優れているのでしょうか? ホンダフィット ハイブリッドの魅力を見ていきましょう。


スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

今ではもう生産されなくなった「アコードツアラー」。しかし、海外でも高い人気を誇っています。この「アコードツアラー」を中古で購入しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

『ステップワゴン スパーダ』(以降、スパーダ)は、従来のステップワゴンとは異なる専用フロントグリルを与えられるなど主に意匠面での差別化が図られたモデルです。今回はこの、少しヤンチャなスパーダのこれまでと現在についてお話ししていきます。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。