目次へ戻る

ジューク新型に、進化したe-POWER搭載か!?e-POWERって何?

ジューク新型に、進化したe-POWER搭載か!?e-POWERって何?

フランクフルトモーターショーにて、日産の人気SUV・ジュークにe-POWERが搭載されるかも、というニュースが入ってきました。この、e-POWERとは何なのか、この点も踏まえてジュークについてまとめています。


日産の人気SUV・ジュークにe-POWER搭載!?

※最新の日産デザインを参考にして作成したCG図

日産の人気コンパクト・クロスオーバーSUV『ジューク』新型に関する情報を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7が入手しました。

新型では、『ノート』に搭載され販売を伸ばしているEVパワートレーン「e-POWER」が採用される可能性があるということです。

現行 ジュークってどんなSUV?

現行ジューク

【2017年最新】国産&外車でおすすめのコンパクトSUV10選を一挙比較!

http://matome.response.jp/articles/708

近年、急激に販売台数を伸ばしているコンパクトSUV。おすすめのSUVをまとめました。ジュークはもちろん、あの人気SUVも入っているかも?しれません。

現行ジュークは日産から2010年に発売され、以来個性的な内外装デザインを武器に、北米や欧州でも人気車種となっているコンパクト・クロスオーバーSUVです。

世界初の「デュアルインジェクター」を採用することで今までのSUVよりも効果的に燃費性能を向上させたこともジュークの特徴の1つです。

デザインが魅力のコンパクトSUV 日産ジューク!評判 中古価格 スペックは?

http://matome.response.jp/articles/709

今大人気のSUV。最近ではコンパクトなSUVが特に人気ですね。新しく2017年から発売されたコンパクトなクロスオーバーSUV、C-HRの売れ行きが好調なことからも明らかです。今回はC-HRと同じくコンパクトサイズのSUV、日産が誇るジュークについてご紹介します。

現行 ジューク 基本情報・スペック・ボディサイズ・燃費

現行のジューク。スペックはこのような数字になっています。

 
日産 ジューク ボディサイズ・スペック
全長×全幅×全高(mm)4,135×1,765×1,500~1,570
ホイールベース(mm)2,530
乗車定員(名) 5
燃費消費率(JC08モード)(km/L) 13.4~18.0
車両重量 1,200~1,390

また、エンジンですが、日本仕様には、世界初のデュアルインジェクター採用の1.5リットル直列4気筒エンジンを搭載します。

その後、新開発の1.6リットル直列4気筒直噴ターボエンジン搭載モデルがラインナップされ、走りの面でも強化されています。

日産 現行ジューク 口コミ・評価・評判は

ジュークに乗っているユーザーさんの口コミや、評判、評価はどうなのでしょうか。
実際に意見を見てみると、
燃費が良くて嬉しいという意見が上がっていました。

日産のBプラットフォームとは思えない強靭な車体に驚きました。アーバンセレクションは車高ダウンに加え、ダンパーに手が入れられているので、ノーマルより更に運転が楽しくなっています。曲がるのが楽しみです。四つ角などで速度が落ちると副変速機のロー変速側に移行するため、再加速時にロー側⇒ハイ側への変速でもたつくことがあります。ここが唯一の玉に瑕ポイントですね。

現在2年間で15600㌔乗ってます。
燃費は最高で18.71㌔/ℓ(高速8割と田舎道)、平均14.17㌔/ℓ、それなりにストレスなく飛ばしつつエコも意識して運転してます。運転が楽しい車で、デザインも個性的で納得ですね。ノーマル1500ccですからパワーないですけれど不満は
ありません。

日産ノートにも搭載されている、e-POWERとは

e-POWERについて簡単に説明すると、日産が2016年に新しく開発した、新型のパワートレインです。

100%モーターの力だけで走行し、エンジンは発電専用となっているのが特徴です。

エンジンで発電して、モーターで走る。そのため、電気自動車をガソリン車のような感覚で楽しむことができます。

また、「それならこれまでのハイブリッド車とe-POWERは何が違うのか」という疑問がわく人もいるかもしれません。

これまでのハイブリッド車では、エンジン・モーターそれぞれを動力として、その時その時に効率がいい方を選択、もしくは併用での走行をしてきました。

一方、e-POWERはエンジンもあるものの、発電専用のため、動力としての使用はできません。

この点がハイブリッド車とe-POWERの一番の違いと言えます。

スポーツタイプからe-POWERまで「日産 ノート」

http://matome.response.jp/articles/362

e-POWERという優れたエンジンシステムが搭載された日産ノートは、走りがスムーズで快適に運転することができます。また、日産のモータースポーツブランドであるNISMOのバリエーションもあります。そのほかにも、多くの良いとこがコンパクトに詰まった車となっています。

新型ジューク、進化したe-POWERが搭載の可能性!?

ニッサン グリップス コンセプト(参考画像)

日産ジュークの次期型には、1.2リットル直列3気筒ダウンサイジングターボエンジンに電気モーターを組み合わせた進化版のe-POWERが搭載される可能性も示唆されています。

実現すれば、燃費は31km/リットル~33km/リットルあたりまで大きく飛躍すると考えられ、その出力も気になるところです。

ジューク新型 ワールドプレミアは、東京モーターショーか

ジューク新型、ワールドプレミアは東京モーターショー2017ではないか、と噂されています。

SUV市場は今やかなりの激戦ですが、ジュークe-POWERの登場は、新たな風を吹き込みそうですね。

東京モーターショーの記事もぜひ、チェックしてみてください。

【10月19日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

http://matome.response.jp/articles/661

【10/19情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

http://matome.response.jp/articles/587

ジュークのライバル!トヨタが満を持して発売した、クロスオーバーSUV・C-HRについて記事をまとめています。

関連する投稿


日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。リーフNISMOはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン・ジャポンは、DSオートモビルズのフラッグシップかつ初のSUVとなる『DS7クロスバック』を7月17日より発売しました。2019年にはPHEVも搭載予定となるDS7クロスバック。最新情報をお届けいたします。


【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

ポルシェのクロスオーバーSUV『カイエン』に、初のクーペが設定されることが確実になりました。数年前から噂のあったカイエンクーペですが、ついに最初のプロトタイプを激写。今明らかになっている最新情報をお届けいたします。


【50周年記念】日産GT-R イタルデザイン仕様が7月12日 世界初公開!

【50周年記念】日産GT-R イタルデザイン仕様が7月12日 世界初公開!

2018年6月29日、日産自動車とイタルデザイン(Italdesign)は共に50周年となることを記念し、共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」の詳細を発表しました。本記事にて、現在公開されているデザイン等詳細の情報をお届けします。


最新の投稿


日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。リーフNISMOはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!