トップへ戻る

ジューク新型に、進化したe-POWER搭載か!?e-POWERって何?

ジューク新型に、進化したe-POWER搭載か!?e-POWERって何?

フランクフルトモーターショーにて、日産の人気SUV・ジュークにe-POWERが搭載されるかも、というニュースが入ってきました。この、e-POWERとは何なのか、この点も踏まえてジュークについてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産の人気SUV・ジュークにe-POWER搭載!?

※最新の日産デザインを参考にして作成したCG図

日産の人気コンパクト・クロスオーバーSUV『ジューク』新型に関する情報を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7が入手しました。

新型では、『ノート』に搭載され販売を伸ばしているEVパワートレーン「e-POWER」が採用される可能性があるということです。

現行 ジュークってどんなSUV?

現行ジューク

【2017年最新】国産&外車でおすすめのコンパクトSUV10選を一挙比較!

http://matome.response.jp/articles/708

近年、急激に販売台数を伸ばしているコンパクトSUV。おすすめのSUVをまとめました。ジュークはもちろん、あの人気SUVも入っているかも?しれません。

現行ジュークは日産から2010年に発売され、以来個性的な内外装デザインを武器に、北米や欧州でも人気車種となっているコンパクト・クロスオーバーSUVです。

世界初の「デュアルインジェクター」を採用することで今までのSUVよりも効果的に燃費性能を向上させたこともジュークの特徴の1つです。

デザインが魅力のコンパクトSUV 日産ジューク!評判 中古価格 スペックは?

http://matome.response.jp/articles/709

今大人気のSUV。最近ではコンパクトなSUVが特に人気ですね。新しく2017年から発売されたコンパクトなクロスオーバーSUV、C-HRの売れ行きが好調なことからも明らかです。今回はC-HRと同じくコンパクトサイズのSUV、日産が誇るジュークについてご紹介します。

現行 ジューク 基本情報・スペック・ボディサイズ・燃費

現行のジューク。スペックはこのような数字になっています。

 
日産 ジューク ボディサイズ・スペック
全長×全幅×全高(mm)4,135×1,765×1,500~1,570
ホイールベース(mm)2,530
乗車定員(名) 5
燃費消費率(JC08モード)(km/L) 13.4~18.0
車両重量 1,200~1,390

また、エンジンですが、日本仕様には、世界初のデュアルインジェクター採用の1.5リットル直列4気筒エンジンを搭載します。

その後、新開発の1.6リットル直列4気筒直噴ターボエンジン搭載モデルがラインナップされ、走りの面でも強化されています。

日産 現行ジューク 口コミ・評価・評判は

ジュークに乗っているユーザーさんの口コミや、評判、評価はどうなのでしょうか。
実際に意見を見てみると、
燃費が良くて嬉しいという意見が上がっていました。

日産のBプラットフォームとは思えない強靭な車体に驚きました。アーバンセレクションは車高ダウンに加え、ダンパーに手が入れられているので、ノーマルより更に運転が楽しくなっています。曲がるのが楽しみです。四つ角などで速度が落ちると副変速機のロー変速側に移行するため、再加速時にロー側⇒ハイ側への変速でもたつくことがあります。ここが唯一の玉に瑕ポイントですね。

現在2年間で15600㌔乗ってます。
燃費は最高で18.71㌔/ℓ(高速8割と田舎道)、平均14.17㌔/ℓ、それなりにストレスなく飛ばしつつエコも意識して運転してます。運転が楽しい車で、デザインも個性的で納得ですね。ノーマル1500ccですからパワーないですけれど不満は
ありません。

日産ノートにも搭載されている、e-POWERとは

e-POWERについて簡単に説明すると、日産が2016年に新しく開発した、新型のパワートレインです。

100%モーターの力だけで走行し、エンジンは発電専用となっているのが特徴です。

エンジンで発電して、モーターで走る。そのため、電気自動車をガソリン車のような感覚で楽しむことができます。

また、「それならこれまでのハイブリッド車とe-POWERは何が違うのか」という疑問がわく人もいるかもしれません。

これまでのハイブリッド車では、エンジン・モーターそれぞれを動力として、その時その時に効率がいい方を選択、もしくは併用での走行をしてきました。

一方、e-POWERはエンジンもあるものの、発電専用のため、動力としての使用はできません。

この点がハイブリッド車とe-POWERの一番の違いと言えます。

スポーツタイプからe-POWERまで「日産 ノート」

http://matome.response.jp/articles/362

e-POWERという優れたエンジンシステムが搭載された日産ノートは、走りがスムーズで快適に運転することができます。また、日産のモータースポーツブランドであるNISMOのバリエーションもあります。そのほかにも、多くの良いとこがコンパクトに詰まった車となっています。

新型ジューク、進化したe-POWERが搭載の可能性!?

ニッサン グリップス コンセプト(参考画像)

日産ジュークの次期型には、1.2リットル直列3気筒ダウンサイジングターボエンジンに電気モーターを組み合わせた進化版のe-POWERが搭載される可能性も示唆されています。

実現すれば、燃費は31km/リットル~33km/リットルあたりまで大きく飛躍すると考えられ、その出力も気になるところです。

ジューク新型 ワールドプレミアは、東京モーターショーか

ジューク新型、ワールドプレミアは東京モーターショー2017ではないか、と噂されています。

SUV市場は今やかなりの激戦ですが、ジュークe-POWERの登場は、新たな風を吹き込みそうですね。

東京モーターショーの記事もぜひ、チェックしてみてください。

【10月19日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

http://matome.response.jp/articles/661

【10/19情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

http://matome.response.jp/articles/587

ジュークのライバル!トヨタが満を持して発売した、クロスオーバーSUV・C-HRについて記事をまとめています。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


最新の投稿


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。