トップへ戻る

ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

プジョー・シトロエン・ジャポンは、9月25日より、7人乗りSUVへ生まれ変わった新型5008を発売しました。この5008、もともとはミニバンとして発売されていました。新型になって何が変わったのでしょうか。新型5008について最新情報をまとめてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


プジョー 新型5008 ボディタイプはSUV

プジョー・シトロエン・ジャポンは、ミニバンから7人乗りSUVに生まれ変わった新型プジョー『5008』を9月25日より発売しました。

プジョーの公式サイトによれば、プジョーは今後、SUVというカテゴリーをメインステージにおき、SUVを通じて、新しいドライビング体験を創造し続ける、としています。

ミニバンであった先代5008から一転、新型5008がSUVに生まれ変わって発売されることにも、プジョーの考えが表れています。

プジョー 新型5008 ボディサイズ・燃費・他スペック

プジョーの新型5008は『3008』同様、新プラットフォーム「EMP2」を採用しています。

ボディサイズは全長4640×全幅1840(1860mm:GT)×全高1650mm、ホイールベースは2840mmです。

 
プジョー 5008 ボディサイズ・燃費(5008 Allure参考)/caption>
全長×全幅×全高(mm)4640×1840×1650mm
燃費消費率(JC08モード)(km/L)13.9km/リットル
ホイールベース(mm)2840
乗車定員(名)7
燃費(km/L)13.6
最高出力(kW/rpm)121(165ps)/6000
最大トルク(Nm/rpm)240/1400-3500

全幅・全高は3008と同等レベル、フロントオーバーハングからフロントドアまでは共通で、ホイールベースを165mm、全長を190mm長くし、ボディサイズを拡大しました。

プジョー 新型5008 床下収納・3列シート・室内空間がスゴイ

倒すことで

大きな空間が

5008新型は、大人7人がゆったりと座れる3列シートを確保しました。ミニバン時代、3列目が少し狭い、という意見がありましたが、今回の刷新により、改善されていると考えられます。

2列目シートは独立3座でそれぞれ15cmの前後スライドと5段階のリクライニングが可能です。

荷室容量は5人乗車時では762リットル(VDA法)、2列目シートを畳んだ2人乗車では1862リットルの積載容量を実現。

またパッセンジャーシートバックまで倒すと、約3.2mの長尺物も積載可能とのこと。

さらに3列目の2座は取り外し可能で、その下には両側合計で約38リットルの床下収納を備えています。これなら、お子さんが多いご家庭や、荷物が多いご家庭でも重宝すること間違いなしですね。

床下には収納スペースが

【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

https://matome.response.jp/articles/858

12月14日より発売される新型CX-8。このSUVも3列シートなんです。

プジョー 3008とは?

プジョー 3008

2017年の3月に日本導入を発表した新型SUV『3008』。
3008は、プジョーの新しいベンチマークとなることを目指して開発された肝入りのモデル。全長と全高が5008よりも小さく仕上がっています。

「洗練された本格SUVデザイン」とするエクステリアは、直立したフロントフェイスと大型グリル、長くフラットなボンネット、高いウェストラインとワイドなプロテクター、フロントのアンダーガード、そして大径18インチホイールがSUVとしての力強さを演出。さらに先進的なヘッドライトと、3D LEDリアコンビランプ、ブラックダイヤモンドルーフが先進感とプレミアム感を醸し出す。ボディサイズは、全長4450mm×全幅1840mm×全高1630mm。

i-Cockpit と呼ぶインストルメンタルパネルは、未来的な空間を創りだす。デジタルグラフィックスによる12.3インチの画面、ダッシュボード中央の8インチタッチスクリーン、そしてその下にピアノの鍵盤のように並べられたトグルスイッチは、見た目の美しさだけだなく全ての機能を直感的に操作できるようデザインされている。

プジョー世界販売、15%増の上半期!プジョーのSUV2008 3008

http://matome.response.jp/articles/737

プジョーは、世界販売が15パーセント増という数字を出しました。その立役者が、今人気のSUVモデル。今回はプジョーの人気車種2008、3008、5008についてまとめています。

プジョー 新型5008 グレード別価格

NEW 5008 GT BlueHDi

NEW 5008 Allure

プジョーの新型5008には、グレードが2つ用意されています。

●NEW 5008 GT BlueHDi
(2.0L BlueHDiディーゼルエンジン 6速EAT 5ドア)4,540,000円(税込)

●NEW 5008 Allure
(1.6L ツインスクロールターボガソリンエンジン 6速EAT 5ドア) 4,040,000円(税込)

【最後に】 SUVとして生まれ変わった プジョー 新型5008

今までも、外国車のミニバンとしてはコンパクトなサイズ感であったことから、日本でも使い勝手がよく好評だった、5008が、SUVとして発売されました。

続々と発売される群雄割拠のSUV市場に、新たな風が舞い込みそうです。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。