目次へ戻る

【EV特化ブランド】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

【EV特化ブランド】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

2016年のパリモーターショーにて、発表された、メルセデスベンツの次世代EVコンセプト。それが「EQ」です。この新EVブランドEQ、そして最初のコンセプトカー・EQCについて最新情報をまとめています。


メルセデスベンツの新ブランド、EQとは

このEQとは、メルセデスベンツが新たに立ち上げたEVに特化したブランドのことです。

EQというブランド名には、エレクトリック・インテリジェンス、エモーション&インテリジェンスの意味が込められています。

そして、同ブランドの最初のコンセプトカーが、「ジェネレーションEQ」です。

EQ第1弾コンセプトカー・SUVクーペタイプのジェネレーションEQ

ジェネレーションEQ

【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

https://matome.response.jp/articles/843/

フランクフルトモーターショー2017において、メルセデスベンツ、EQコンセプトも紹介されました。

ジェネレーションEQは、メルセデスベンツ『GLEクーペ』や『GLCクーペ』と同様、SUVクーペとしてデザインされています。

ライバルとしては、BMWのiシリーズが筆頭に挙げられます。

BMW『i vision dynamics(アイ ビジョン ダイナミクス)』

BMWグループは21日、新ブランドとして「BMW i」を立ち上げると発表した。EVやプラグインハイブリッドなど、次世代環境対応車を取り揃えるブランドとなる。(2011年)

ジェネレーションEQ、性能は?

ジェネレーションEQの性能はどんなものなのでしょうか。

ジェネレーションEQには、2個の強力なモーターを搭載しています。

最大出力408ps、最大トルク71.4kgmを引き出します。

このパワフルなモーターのおかげで、0-100km/h加速5秒以下の性能を発揮。二次電池は、蓄電容量70kWhという大容量のリチウムイオンバッテリー。

1回の充電で、最大500km走行できる実用性を持っています。

ジェネレーションEQ、改め「EQC」が先行予約受注を開始

メルセデスベンツが、2019年から生産予定のEQブランドの最初の市販EV、『EQC』。公式発表の1年以上も前にして、同車の先行予約受注が、早くもノルウェーで開始されました。

このEQCは2016年秋、フランスで開催されたパリモーターショーで初公開されたコンセプトカー、『ジェネレーションEQ』の市販版にあたります。

これらの情報はメルセデスベンツのノルウェー公式サイトが明らかにしたもの。

既にメルセデスベンツEQCの先行予約受注を開始しています。

EQ第2弾 新コンセプトカー・メルセデス EQ Aがお目見え

そして、続くメルセデスベンツのEQブランド・第2弾がフランクフルトモーターショーにて登場しました。

それがコンセプトEQ A。

「EQ」が開発した新たなコンセプトカーです。

SUVクーペの『ジェネレーションEQ』に続くブランド第2弾モデルで、コンセプトEQ Aでは、ボディがコンパクトハッチバックになっています。

コンセプトEQ A ボディサイズ・パワートレインは

ボディサイズは、全長4285mm、全幅1810mm、全高1428mm、ホイールベース2729mmです。

また、コンセプトEQAのEVパワートレインは、2個のモーターが、合計で最大出力272hp、最大トルク51kgmを発生。

4輪を駆動する4WDとなり、0~100km/h加速およそ5秒の性能を発揮します。

二次電池は、蓄電容量60kWh以上のリチウムイオンバッテリー。

1回の充電での航続は、およそ400kmを実現した。急速チャージャーを利用すれば、100km航続分のバッテリー容量を10分以内に充電できます。

スマホで電動車ライフを仮想体験!?新アプリ「EQレディ」

メルセデスベンツはスマートフォン向けの新アプリ、「EQレディ」を発表しています。

この、EQレディ、「EVやハイブリッド車などの電動車両への乗り換えを検討している顧客」がターゲット。

このEQレディを使えば、電動車両のある生活を仮想体験できるのが特徴です。

内燃機関搭載車に乗るユーザーの走行データを記録し分析。

仮に、メルセデスベンツやスマートの電動車両で同じ走行を行った場合、燃費やコストなどの面で、どれくらいのメリットが生じるかを教えてくれます。

EVと聞くと、少し高額であったりして手が出ない、という人もまだ多いかと思いますが、このEQレディを使えば、EVにした場合、日々どれだけコストカットできるのかも一目瞭然です。

メルセデスベンツのEQ 気になる今後は

EQブランド第1弾である、EQCですが、日本発売はあるのでしょうか。

今のところ、日本での発売についての情報はありませんので、続報に期待という他ありません。

また、EQブランドの今後の展開については、EQブランドから、SUV、サルーン、クーペ、カブリオレなどの市販車が登場する予定です。

更なる展開に期待です。

また、メルセデスベンツといえば、メルセデスベンツEクラス・初のクロスオーバーSUV、オールテレインも話題です。オールテレインが気になる方は下記の記事も合わせてご覧ください。

Eクラスにオールテレイン誕生。メルセデス初クロスオーバーSUVの価格とは

https://matome.response.jp/articles/889

高級車でおなじみのメルセデス・ベンツ。そのEクラスにSUVタイプが登場します。その名も、「オールテレイン」。 メルセデス・ベンツにとって、初のクロスオーバーSUVとなるオールテレイン。本記事ではメルセデス・ベンツEクラスのSUVに関する最新情報をお届けします。

関連するキーワード


メルセデスベンツ BMW

関連する投稿


【スクープ】BMW 1シリーズ新型コックピット激写!1シリーズに迫る

【スクープ】BMW 1シリーズ新型コックピット激写!1シリーズに迫る

近々フルモデルチェンジが噂されている、BMWのエントリーハッチバック『1シリーズ』ですが、この次期型のコックピットを、レスポンスの兄弟サイトであるSpyder7のカメラが初めてとらえました。今回は新型BMW1シリーズに迫りながら、改めて1シリーズについてまとめてみました。


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【東京モーターショー2017】BMW 主要出展車両まとめ

【東京モーターショー2017】BMW 主要出展車両まとめ

東京モーターショー2017が始まりました。この記事ではBMWが東京モーターショー2017に出展している、主な出展車両の画像をまとめています。【10月30日更新】


【東京モーターショー2017】メルセデスベンツ 主要出展車両まとめ

【東京モーターショー2017】メルセデスベンツ 主要出展車両まとめ

東京モーターショー2017が始まりました。この記事ではメルセデスベンツが東京モーターショー2017に出展している、主な出展車両の画像をまとめています。【10月30日更新】


BMW、3代目新型『X3』を発表!東京モーターショー2017でお披露目予定

BMW、3代目新型『X3』を発表!東京モーターショー2017でお披露目予定

BMWジャパンは、3代目となる新型『X3』を発表しました。X3 xDrive20d M Sportは年内にデリバリー開始です。今回は新しくなったX3新型についてご紹介します。


最新の投稿


マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバックのマツダアクセラスポーツ。アクセラはセダンもありますが今回はスポーツの方にスポットを当てて、基本スペックや価格、ユーザーの口コミ評価などを合わせて詳しくご紹介していきます。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

人を魅了するデザインと質感を持ち、さらに軽やかで素晴らしい走行性能で大人気のマツダデミオ。一体どのような車でなぜ人気なのか、スペックや新車・中古車価格、燃費性能やユーザーの口コミ評価までじっくりと見ていきたいと思いますので、デミオが気になる方は是非参考にしてみてください。


マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

2002年に発売が開始されたマツダのアテンザ。2度のフルモデルチェンジを経て現行モデルに至ります。アテンザのボディタイプにはセダンとワゴン(スポーツワゴン)の2種類が設定されています。本記事ではアテンザセダンの方に注目し、スペックや価格、ユーザー評価まで様々な視点から魅力をお伝えしていきます。


トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエースが生誕50周年を迎えました。そしてハイエースおよびレジアスエースを一部改良、12月1日から販売開始予定です。今回の一部改良で、どういった点が変更になるのでしょうか。改めて見ていきたいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング