目次へ戻る

【9月4日発表】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

【9月4日発表】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

2016年のパリモーターショーにて、発表された、メルセデスベンツの次世代EVコンセプト。それが「EQ」です。この新EVブランドEQ、そして最初のコンセプトカー・EQCについて最新情報をまとめています。


メルセデスベンツの新ブランド、EQとは

このEQとは、メルセデスベンツが新たに立ち上げたEVに特化したブランドのことです。

EQというブランド名には、エレクトリック・インテリジェンス、エモーション&インテリジェンスの意味が込められています。

そして、同ブランドの最初のコンセプトカーが、「ジェネレーションEQ」です。

EQ第1弾コンセプトカー・SUVクーペタイプのジェネレーションEQ

ジェネレーションEQ

【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

https://matome.response.jp/articles/843/

フランクフルトモーターショー2017において、メルセデスベンツ、EQコンセプトも紹介されました。

ジェネレーションEQは、メルセデスベンツ『GLEクーペ』や『GLCクーペ』と同様、SUVクーペとしてデザインされています。

ライバルとしては、BMWのiシリーズが筆頭に挙げられます。

BMW『i vision dynamics(アイ ビジョン ダイナミクス)』

BMWグループは21日、新ブランドとして「BMW i」を立ち上げると発表した。EVやプラグインハイブリッドなど、次世代環境対応車を取り揃えるブランドとなる。(2011年)

ジェネレーションEQ、性能は?

ジェネレーションEQの性能はどんなものなのでしょうか。

ジェネレーションEQには、2個の強力なモーターを搭載しています。

最大出力408ps、最大トルク71.4kgmを引き出します。

このパワフルなモーターのおかげで、0-100km/h加速5秒以下の性能を発揮。二次電池は、蓄電容量70kWhという大容量のリチウムイオンバッテリー。

1回の充電で、最大500km走行できる実用性を持っています。

ジェネレーションEQ、改め「EQC」が先行予約受注を開始

メルセデスベンツが、2019年から生産予定のEQブランドの最初の市販EV、『EQC』。公式発表の1年以上も前にして、同車の先行予約受注が、早くもノルウェーで開始されました。

このEQCは2016年秋、フランスで開催されたパリモーターショーで初公開されたコンセプトカー、『ジェネレーションEQ』の市販版にあたります。

これらの情報はメルセデスベンツのノルウェー公式サイトが明らかにしたもの。

既にメルセデスベンツEQCの先行予約受注を開始しています。

EQ第2弾 新コンセプトカー・メルセデス EQ Aがお目見え

そして、続くメルセデスベンツのEQブランド・第2弾がフランクフルトモーターショーにて登場しました。

それがコンセプトEQ A。

「EQ」が開発した新たなコンセプトカーです。

SUVクーペの『ジェネレーションEQ』に続くブランド第2弾モデルで、コンセプトEQ Aでは、ボディがコンパクトハッチバックになっています。

コンセプトEQ A ボディサイズ・パワートレインは

ボディサイズは、全長4285mm、全幅1810mm、全高1428mm、ホイールベース2729mmです。

また、コンセプトEQAのEVパワートレインは、2個のモーターが、合計で最大出力272hp、最大トルク51kgmを発生。

4輪を駆動する4WDとなり、0~100km/h加速およそ5秒の性能を発揮します。

二次電池は、蓄電容量60kWh以上のリチウムイオンバッテリー。

1回の充電での航続は、およそ400kmを実現した。急速チャージャーを利用すれば、100km航続分のバッテリー容量を10分以内に充電できます。

スマホで電動車ライフを仮想体験!?新アプリ「EQレディ」

メルセデスベンツはスマートフォン向けの新アプリ、「EQレディ」を発表しています。

この、EQレディ、「EVやハイブリッド車などの電動車両への乗り換えを検討している顧客」がターゲット。

このEQレディを使えば、電動車両のある生活を仮想体験できるのが特徴です。

内燃機関搭載車に乗るユーザーの走行データを記録し分析。

仮に、メルセデスベンツやスマートの電動車両で同じ走行を行った場合、燃費やコストなどの面で、どれくらいのメリットが生じるかを教えてくれます。

EVと聞くと、少し高額であったりして手が出ない、という人もまだ多いかと思いますが、このEQレディを使えば、EVにした場合、日々どれだけコストカットできるのかも一目瞭然です。

メルセデスベンツのEQ 気になる今後は

EQブランド第1弾である、EQCですが、日本発売はあるのでしょうか。

今のところ、日本での発売についての情報はありませんので、続報に期待という他ありません。

また、EQブランドの今後の展開については、EQブランドから、SUV、サルーン、クーペ、カブリオレなどの市販車が登場する予定です。

更なる展開に期待です。

また、メルセデスベンツといえば、メルセデスベンツEクラス・初のクロスオーバーSUV、オールテレインも話題です。オールテレインが気になる方は下記の記事も合わせてご覧ください。

Eクラスにオールテレイン誕生。メルセデス初クロスオーバーSUVの価格とは

https://matome.response.jp/articles/889

高級車でおなじみのメルセデス・ベンツ。そのEクラスにSUVタイプが登場します。その名も、「オールテレイン」。 メルセデス・ベンツにとって、初のクロスオーバーSUVとなるオールテレイン。本記事ではメルセデス・ベンツEクラスのSUVに関する最新情報をお届けします。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

歴史あるメルセデスベンツのSLクラスの歴代モデルや気になる燃費、そして中古価格などをまとめてみました。買い替えを検討されている方は是非ご覧ください。(※情報は2019年4月現在のもの)


【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

メルセデスベンツは9月14日、メルセデスマイバッハ(Mercedes-Maybach)ブランド初のSUVを今秋、初公開すると発表しました。いったいどんなSUVになるのでしょうか。期待が高まります。


BMW M235iクーペはMTでも楽しめる車|スペックや中古価格を紹介

BMW M235iクーペはMTでも楽しめる車|スペックや中古価格を紹介

BMW M235iクーペは、BMWのコンパクトな2ドアクーペです。今回は、BMW M235iの特徴からスペック、評判や中古価格などを解説していきます。 購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。


BMW M2クーペから進化したBMW M2コンペティション|中古価格やスペックを紹介

BMW M2クーペから進化したBMW M2コンペティション|中古価格やスペックを紹介

人気のBMW M2クーペをさらに進化させたBMW M2コンペティション。かなりのハイパフォーマンスを誇るBMW M2コンペティションの性能やスペック、口コミ・評判から中古価格などを解説していきます。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)