目次へ戻る

メルセデスベンツAクラス次期型プロトタイプ!?Aクラスってどんな車?

メルセデスベンツAクラス次期型プロトタイプ!?Aクラスってどんな車?

メルセデスベンツ、Aクラス、新型プロトタイプと思われる車をSpyder7が激写しました。今回の記事では、メルセデスベンツAクラス新型・そして現行Aクラスの基本情報についてもまとめています。


【メルセデス Aクラス 次期型情報】AMGか??シルエットを確認

メルセデスベンツ『Aクラス』次期型のプロトタイプを捉えました。

偽装も軽く、露出したシルエットからは、丸みを帯び、低くワイドなデザインのノーズが確認出来ます。

しかもこの車両、ただのAクラスではありません。極端に低められた車高に大径ホイール、そしてツインエギゾースト…そう、このプロトタイプの正体は、ハイパフォーマンスモデルの『AMG A45』。

現行モデルは、最高出力381psを発揮する2リットル直列4気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速はポルシェ『911』並の4.5秒のハイパフォーマンスを持っていますが、次期型ではそれを凌駕するスペックが期待出来そうです。

メルセデスベンツ、Aクラス AMG A45 パワートレインは

次期型で噂されるパワーユニットは、9速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされる2リットル直列4気筒ターボエンジンで、最高出力は初の400ps超えが確実です。

420psとも伝えられています。0-100km/h加速は4.3秒と、もはや完全にスーパーカーの域ですね。

進化するのは、心臓部だけではありません。ルノー日産アライアンスと共有する「MFA2」プラットフォームを採用したボディは、ホイールベースを延長し居住空間をアップ。低いロングノーズによりこれまでで最もスポーティなシルエットとなっています。

続報に期待です。

本記事はこちら

さらに!Aクラス・次期型にはセダンが…!?

コンセプトAセダン

メルセデス最小の4ドアサルーンとなる『Aクラス セダン』(仮称)プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

捉えた開発車両は、2017年4月の上海モーターショーで初公開された『メルセデスベンツ コンセプトAセダン』の市販版にあたる。

日本導入は2019年と予想され、販売予想価格は「CLA」より安く設定される見込みとなっています。

メルセデスベンツ Aクラスとは 概要

メルセデスベンツのAクラスは、ベンツのエントリークラスとなっているハッチバック型のコンパクトカーです。

ベンツ、と聞くと高級車で購入できない、というイメージを持たれる方もいるかと思いますが、Aクラスは296万円~という価格設定になっています。

メルセデスベンツ Aクラス スペック

【現行メルセデスベンツのスペック】

ボディサイズ:全長4,300mm×全幅:1,780mm×全高1,435mm
車両重量:1450kg
最高出力:122ps/5000rpm
最大トルク: 20.4kg・m/1250-4000
JC08モード燃費:17.6km/L
価格:2,960,000 円(税込)

※Aクラス180スタイルを参照

メルセデスベンツ Aクラス グレード別価格

メルセデスベンツ、Aクラス、現行のグレードは4つあります。

■A 180 Style 2,980,000円
■A 180 AMG Style 3,470,000円
■A 250 SPORT 4MATIC 4,950,000円
■Mercedes-AMG 45 4MATIC 7,110,000円

メルセデスベンツ Aクラス 実際の評価は?

新しくなって、走りがよくなった!!

だが、走りの方は大いに変わっていた。特筆すべきは乗り心地の向上だと思う。従来のAクラスは、とりわけリアから侵入する突き上げ感が気になったのだが、こいつはほとんど感じられない。勿論旧型と全く同じ道路を走ったわけではないのだが、総じて落ち着き感が高くなり、不意を打たれるようなガツンとくる入力は一切なかった。そして全体的に非常にしなやかな印象に変化した。

メルセデスベンツらしさを感じる造りに…

スポーツ性を意識させるモデルながら極端な不快さは与えず、それでいて、オンザレール感覚は抜群。路面の凹凸からくる入力をボディがしっかりと受け止め、しなやかな足取りとともにタイヤが常に路面を捉えて走る。シートは張り出しを抑えた形状ながら、体幹をしっかりと支えるもので、連続するカーブの走行でも上体がブレにくく、正確な運転操作に結びついていく。

また、エンジン、トランスミッション、ステアリングのアシスト量などを変化させられるダイナミックセレクトはスポーツ/コンフォートのモードが選択できるだけでなく、燃費志向の走りへの切り替えも可能。気分やシチュエーションに応じて最適な走行環境を演出してくれるあたりは、乗員が過ごしやすいドライブシーンを提供するメルセデスベンツらしさが感じられる部分でもある。

Aクラス、と言っても、さすがはメルセデスベンツ。走りも、ベンツらしさも妥協していないことがわかります。

特に現行のAクラスについては、乗りごこちがいいという声をよく見かけました。

まとめ

本記事では、メルセデスベンツ、Aクラス次期型の最新情報と、現行Aクラスの基本情報についてお伝えしました。

次期型のメルセデスベンツ、Aクラスに更なる期待ですね。Aクラス、新型ですが、早くても2019年頃ではないかと言われています。

関連するキーワード


メルセデスベンツ 車種情報

関連する投稿


メルセデスベンツVクラス 新車・中古車価格 スペック 燃費 評価まとめ

メルセデスベンツVクラス 新車・中古車価格 スペック 燃費 評価まとめ

メルセデスベンツのワンボックスタイプのミニバン。それがVクラスです。 ミニバンの購入を検討している人は、Vクラスはどうでしょうか。本記事ではメルセデスベンツVクラスの 新車・中古車価格 スペック 燃費 評価についてまとめています。


メルセデスベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)|新型の性能から現在の中古価格まで紹介

メルセデスベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)|新型の性能から現在の中古価格まで紹介

メルセデス・ベンツで展開しているクロカン(SUV) 「ベンツ Gクラス」。 1979年に登場して以降、2018年に初のフルモデルチェンジを行いました。 この記事では「Gクラス」と新しいモデルに関して性能や中古価格などご紹介しています。


これがキャンピングカー?新型キャンピングカーが豪華すぎる!

これがキャンピングカー?新型キャンピングカーが豪華すぎる!

キャンピングカー大手の「レジャー・トラベルバン社」は、メルセデスベンツ『スプリンター』をベースとしたキャンピングカー、『2020 Unity Rear Lounge Concept』(ユニティ・リアラウンジ・コンセプト)を世界初公開しました。このキャンピングカー、何がすごいって色んな意味で豪華すぎるんです。


【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツGLC改良新型登場

【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツGLC改良新型登場

メルセデスベンツは、3月5日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー2019において、改良新型『GLC』(Mercedes-Benz GLC)を初公開すると発表しました。改良されたGLCはどのように進化したのでしょうか。


【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツ 第2の電動SUVを発表

【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツ 第2の電動SUVを発表

メルセデスベンツは2月20日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、『コンセプトEQV』(Mercedes-Benz Concept EQV)を初公開すると発表しました。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。