トップへ戻る

【2018年初頭か】三菱新型SUVエクリプス クロス 発売日 価格 スペック

【2018年初頭か】三菱新型SUVエクリプス クロス 発売日 価格 スペック

三菱の「エクリプス」が新たな新型SUV「エクリプス クロス」と生まれ変わって発売されます。本記事では、エクリプス クロスの性能・発売日・価格などの観点からエクリプス クロスについてご紹介しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【復活】三菱のエクリプスがエクリプス クロスに生まれ変わった

今年春に行われたジュネーブモーターショーで世界初公開された三菱自動車の新型コンパクトSUV、それが『エクリプス クロス』です。

エクリプス クロスは、未舗装路を走行するのに十分な最低地上高を持つSUVでありながら、シャープでダイナミックなクーペSUVフォルムの新世代モデル。

【ジュネーブモーターショー2017】三菱の強みはSUV!エクリプス復活

http://matome.response.jp/articles/149

三菱自動車は、2017年3月7日にスイスで開幕した「ジュネーブモーターショー2017」で新型SUV「エクリプス クロス」の実車を世界初公開しました。三菱の新たな方向性を斬新なクーペタイプのデザインで表現した新世代SUVの第1弾となる「エクリプス クロス」の情報と画像をまとめました。

【開発者に聞く】エクリプス クロス、最大の特徴とは

エクリプス クロス最大の特徴は、やはりクーペタイプのSUVというデザインにあります。

『アウトランダー』や『RVR』などで先行採用されている三菱SUVのフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」はさらに進化していました。

ひと目で三菱車とわかるキャッチーさを持たせながら、彫りの深いサイドデザイン、そして2分割ガラスをそなえるクーペタイプのリアのシルエットは、これまでの三菱車とは一味違ったスタイリッシュさを実現しています。

デザイン最優先で

このクルマを開発するにあたっては、「とにかくデザインが最優先だった」と語る山内氏。そしてエクリプス クロスのデザインは、単に新型車の目新しさだけを追求したものではなく、「これから先の三菱のクルマを示す、ひとつのキープロダクトになる。そういう思いで開発を進めてきました。ここまで徹底的にデザインにこだわったことは(三菱車では)ないのではないか」とそのねらいを話す。

デザインを最優先するために、設計エンジニア達と衝突することもあった。その最たる部分がクーペSUVデザインを実現するためのリアセクションだ。屋根の後端を低くするクーペスタイルは、外観のスタイリッシュさを表現する一方で、車内からの後方視界を犠牲にしてしまう。だが三菱としては実用性や安全性を犠牲にすることはあり得ないと考えた。後ドアの切り込みの位置や、リアの2分割ガラスの“仕切り”をどれだけ細くできるか、荷室の容量と後席スペースの両立など、「とにかく工夫をして、デザインをうまく実現するためにどうしたら良いかを徹底的に考えた」。

三菱 エクリプス クロス新型 基本情報

ボディサイズ:全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm
ホイールベース:2670mm
パワートレイン:1.5リットルダウンサイジングターボガソリンエンジン/2.2リットルクリーンディーゼルターボエンジン
※日本ではクリーンディーゼル車と、ガソリン車がラインナップ予定

エクリプス クロス インテリアは

インテリアは、開発責任者の山内裕司プログラム・ダイレクター氏いわく、空間サイズ的には「ちょっと狭いと感じるかもしれない」ものの、これを逆手に取って、デザインの力で「包まれ感」を演出しています。

「できるだけ乗った瞬間にお客様にワクワクしてもらって、早く走りに行きたいっていうのを演出したいと。タッチパッドコントローラやそのレイアウトも、ドライバーのディストラクション(気が散る要素)がないように、徹底的にエンジニア達と喧嘩をしあいました」のだそうです。

エクリプス クロス 発売日はいつ?

気になる発売日ですが、まだはっきりとした日程は決まっていません。

エクリプス クロスは2017年内に欧州での販売を開始、日本では2018年初頭に発売される見通しとなっています。

エクリプス クロス 価格は?

エクリプス クロス新型の価格についても、まだわかっていません。

ですが、三菱から発売されているSUV、アウトランダーは280万円~320万円ほど。

アウトランダーよりもコンパクトなエクリプス クロスはこの値段より若干低めの、260万円~300万円ほどの価格設定になるのでは?と予想できます。

最後に

1989年に、北米を中心として販売開始され、のち日本でも販売されたスポーツコンパクトカー、エクリプス。

三菱自動車の大人気車種が新たな装いで発売されるとあって、発売日が待ちきれませんね。

いまだ公式ページもオープンしていないため、不明点も多いですが、今後、情報が出次第追加していきますのでお楽しみに!

関連するキーワード


三菱 車種情報 SUV

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。