目次へ戻る

高畑充希のCMでおなじみ!オールマイティなムーヴキャンバス知ってる?

高畑充希のCMでおなじみ!オールマイティなムーヴキャンバス知ってる?

デザイン×ベンリ=あたらしい。 たくさんのできることで夢を描けるクルマ、それがムーヴキャンバス。 たくさんの魅力をまとめてみました。


ムーヴキャンバス概要・走行性能

カーオブザイヤーでスモールモビリティ賞受賞の、ムーヴキャンバスとは

デキる、ミニバス。でおなじみのムーヴキャンバス。

メーカーによるムーヴキャンバスのターゲット層はズバリ“実家住まいの独身女性がターゲット”なのだとか。
しかし、ちょっと待ってください。男女。むしろ老若男女、どなたでもどうぞ!とアピールすべきなクルマ、それがムーヴキャンバスだと思います。

たとえば「自分はもう子育て世代ではないが、軽ミニバンの使い勝手のよさは魅力に感じる」、そんなユーザーの気持ちを十分に吸引できるポテンシャルはありますよ。

そんなムーヴキャンバスをご紹介します。

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2016-2017」は9日、イヤーカーとは別に、スモールモビリティ部門賞としてダイハツ『ムーヴキャンバス』を表彰した。日本カー・オブ・ザ・イヤー公式ホームページのコメントでは「新しい軽自動車ワゴン像を提案した」と評価している。

見た目はなんだかバスみたい!?デザイン、ボディーカラー

気になるムーヴキャンバスのデザインを見ていきましょう。

ムーヴキャンバスは、これまでのダイハツのワゴン系の、『ムーヴ』や『タント』のような角々とした機能一点張りな感じとも違うし、若い女性ウケを狙った『ココア』のような感じとも違い、顔の印象の強さが目につく『キャスト』の感じとも違う、ということがまず言えます。

ボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1655mm、ムーヴより少しだけ高い。けれどタントのようなハイト系でもない、という微妙な高さを持っています。

スタイリングの基本は機能重視のスクエアなワゴンスタイルですが、角が適度に丸められていてどこにも鋭いエッジが目につかないです。そしてなんと、全高1700mm以下の軽で初、両側電動スライドドアを採用しているのがポイントです。

ボディカラーもムーヴキャンバスは他の車とは一味違います。

通常の単色仕様の他に、ルーフやボディサイドの一部にホワイトもしくはグレーに塗った2トーンのストライプカラーが選択可能なんです。なかでも、ファインミントメタリックにパールホワイトを組み合わせたモデル等を見てみると、旧いクルマに馴染みのある年代は、フォルクスワーゲンのマイクロバスを連想するような見た目。

実はそのことはメーカー自身もちゃんと意識しています。なので、「キャンバス」という車名の綴りは、色々なことができる=canと、マイクロバスの=busを組み合わせた、canbusという造語から来ているのだそうです。

エンジンシステム、気になる燃費状況


2WDは28.6km/L、4WDでは27.4km/Lの低燃費を実現しています。
この秘密は、TOPAZNEO、ツインカムDVVT3気筒12バルブエンジンを搭載しているからです。

このTOPAZとは、Top from AtoZの略のことで、パワー、エコロジー、信頼性など、全ての面でトップレベルを目指したパワーユニットという意味の造語のこと。このエンジンだから、パワフルかつクリーンな走行が可能なんですね。

ムーヴキャンバス車内空間・収納

ラゲッジスペース

ムーヴキャンバスの売りは、分割で操作できる便利なリヤシートと床下も有効活用できる荷室です。
大容量深底ラゲ―ジアンダーボックスを採用しているため、そこのボックスにさまざまなものが置けます。
さらに、ボードを跳ね上げ、固定することで背の高い観葉植物なんかも置けてしまいます!

実際のラゲッジの開口部地上高は、低めの『タント』580mmよりも高い650mm。これは『ムーヴ』、『キャスト』と同じくらいです。

注目したいのは、後席240mmスライドをいかしたラゲッジ奥行きのフレキシビリティ。後席後端時で330mmはムーヴ、キャストと同じで、270mmのタントよりもたっぷりです。

さらに後席を前端にスライドさせれば奥行きはクラス最大級の580mmに達します。天井高もムーヴ、キャストより高い875mmもあり(ムーヴ840mm、キャスト790mm)かなりの荷物を積載できる。

シートはどうなの?

リヤシートは、分割ロングスライド、つまりこれは、左右別々にスライド可能です。そして後席乗員のそれぞれの体格に合わせて、足元を広げたり、荷物の量や大きさによっても調整可能で、とても便利です。また、リヤシートバック上のレバーで、荷室側からもリクライニングや前倒しの操作ができます。
前のヘッドレストを外して、ロングソファモードにしたり、 後席を前倒しにすれば、広いラゲ―ジスペースにしたりと、あなたに合わせてカスタムし放題です。

ムーヴキャンバス装備・安全性

安全装備

ムーヴキャンバスには、レーダーレーザーやカメラが搭載されています。
衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」により、さまざまな状況時でも安全を支援してくれます。
つまり、衝突回避支援ブレーキ機能、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、誤発信抑制制御機能(前方・後方)、先行者発進お知らせ機能
がムーヴキャンバスには搭載されている、ということになります。
これなら、安心して運転可能ですね。

また、ムーヴキャンバスは安全面においてこんなシステムやサポートがあります。

視界をサポートするAFS。これは、運転しやすい視界をサポートしてくれます。 ステアリング操作に合わせてヘッドランプが可動。カーブなどで進行方向の視認性を高めます。

そして、進化した衝突安全ボディ〈TAF(タフ)〉
TAFは、Total Advanced Functionボディの略。総合的に衝突安全機能が進化したボディをムーヴキャンバスは持っています。

フロントサイドメンバーを高効率エネルギー吸収構造とするとともに、最適化・合理化を極めた骨格構造からなる、軽量かつ衝撃吸収性能の向上や強固なキャビンを実現したボディ。そしてこのボディは歩行者にもやさしいんです。万一の対人事故を考慮し、フードやフェンダー、ワイパーピボットなどの各所に衝撃緩和装置・吸収スペースを設定することで、歩行者保護性能をより高めています。

バリエーション・価格

気になる、ムーヴキャンバスの価格はいったいどれくらいなのでしょうか。
ムーヴキャンバスは、グレードが幅広く設定されています。
通常のグレードと価格は次のようになっています。

G“SA Ⅱ”は、2WDが1,490,400円で、4WDが1,614,600円です。X“リミテッド SA Ⅱ”2WDが1,425,600円、4WDは1,549,800円。
X“SA Ⅱ” は2WDが1,360,800円で、4WDが1,485,000円。Xは、2WDが1,296,000円、4WDが1,296,000円。
L“SA Ⅱ” は2WDが1,252,800円で、4WDが1,377,000円。Lは2WDが1,188,000円、4WDが1,312,200円です。

そして、もう少しグレードをあげたい、という方はムーヴキャンバス、メイクアップグレードもオススメです。

実際にムーヴキャンバスに乗ってみると?

それでは、実際にムーヴキャンバスに乗った感想はどうなのでしょうか。

『ムーヴ』の派生モデルとして登場した『ムーヴキャンバス』。ターゲットユーザーは未婚の娘と親の世帯。娘も母親も乗るクルマ…ということですが、これがちょっともったいなく感じます。
というのも50歳を過ぎたオッサンの私が乗っても、まったく違和感なしで運転できる、んだそうです。
よくある女性仕様車に乗ると、こっ恥ずかしい思いをすることがあるが、ムーヴキャンバスは乗っていても別に恥ずかしくもなければ、違和感も感じないとのこと。

ムーヴキャンバスは軽自動車なので、全長×全幅については3395×1475mmとほかの軽自動車と同様。全高は1655mmとユーティリティ系軽ワゴンとしては中間レベルの高さ。この全高で両側スライドドアを採用したのはムーヴキャンバスが初。スライドドアならではのリヤシートへのアクセスのよさは、ユーティリティ系としては大きな利点。しかも全高が高くないので、走らせて気持ちいいという大きなメリットもあります。

車高を抑えたこともあり、ハンドリングは自然で素直です。スッとロールし、同じ速度で戻って姿勢を落ち着かせることができます。エンジンとシャシーのバランスもよく、普通の軽自動車としての完成度が高いです。とのことでした。

是非とも、一家に一台、欲しい車ですね。

おすすめの軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶ2017年最新情報!

http://matome.response.jp/articles/555

【2017年5月16日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車価格、中古車価格(中古車平均価格)、ユーザー評価などの情報をまとめて掲載しています。

女性におすすめの人気車種もご紹介。燃費、広さ、人気モデルから選ぶオススメの軽自動車情報はこちら。

関連する投稿


日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018にもノミネート・10ベストカーにも選出されているホンダの新型N-BOX(エヌボックス)…。各所で賞を受賞しているその理由とは…。今回は改めてN-BOXの魅力に迫ります。フルモデルチェンジしたN-BOXの性能・試乗評価・燃費・評判・評価など。気になる情報満載です。


10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

9月にフルモデルチェンジを行い、売れ行きも好調・今波に乗っている軽トールワゴン。それがホンダの新型N-BOX/N-BOXカスタムです。N-BOXのドレスアップモデルであるN-BOXカスタム。試乗感想やスペック、燃費性能、また人気カラーTOP3の記載。本記事では改めて新型N-BOXカスタムについてまとめています。


燃費が超優秀なマツダの軽 キャロル 価格、評価、完全網羅!

燃費が超優秀なマツダの軽 キャロル 価格、評価、完全網羅!

マツダの人気軽自動車、「キャロル」の情報をお届けします。キャロルが気になる、そんな方々向けにスペック、燃費、ユーザー評価等をまとめました。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。


スズキの軽トールワゴン スペーシアカスタム!価格や評価は?詳細一覧

スズキの軽トールワゴン スペーシアカスタム!価格や評価は?詳細一覧

スズキのスペーシアカスタムってどのような車で、スペーシアとの違いはなんだろうと思っている方も多いと思います。今回はスペーシアではなく、スペーシアカスタムに焦点を当て、スペックや価格、そしてユーザーの口コミ評価など様々な視点で魅力をお伝えしていきたいと思います。


最新の投稿


【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

読者の皆様が「遊園地 × 車」から連想される乗り物は何ですか?ゴーカート?それともジェットコースターでしょうか?こちらの記事はニュースカフェで過去に行われた、観覧車に1人で乗るのはアリかナシか?というアンケート結果と、1人観覧車にオススメの情報を掲載しています。


ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダの最強カー、シビック。新型シビックが2017年の9月に発売して話題になりましたね。シビックの売れ行きが好調すぎて、納車は2018年の夏ごろになるなど大人気のシビック。今回は今わかっている新型シビックにまつわる最新トピックスをまとめてお届けいたします。


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

新型レクサスLSが10月19日より発売されました。まさにレクサスの中のレクサスともいえるレクサスLSがフルモデルチェンジして登場です。最高級フラッグシップセダンであるレクサスLS新型の、基本情報・スペック・価格・ハイブリッド・燃費ほかレクサスLS新型の気になる情報について見ていきます。【11月20日更新】


日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018にもノミネート・10ベストカーにも選出されているホンダの新型N-BOX(エヌボックス)…。各所で賞を受賞しているその理由とは…。今回は改めてN-BOXの魅力に迫ります。フルモデルチェンジしたN-BOXの性能・試乗評価・燃費・評判・評価など。気になる情報満載です。